FC2ブログ

カンツォーネ

カンツォーネ、イタリアン・ポップスの、“出来れば”知られざる話を致しましょう。

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO)74 1978年

 1973年、74年にオーガナイザーの一員に加わったヴィットリオ・サルヴェッティは75年のブルーノ・パレージ(Bruno Pallesi)が失敗した後、76年以降単独のオーガナイザーとなり3年目を迎えました。ただイタリアの不況と共にサンレモ音楽祭の人気や権威も低下し、77年の出場歌手が12歌手と最少規模となりました。そしてその手腕を問われましたが、78年はやや回復し、と言っても14歌手と寂しい限りですが、回復基調ではありました。

 

 78年はソロ歌手(5)、カンタウトゥーリ()、グループ()と3つにカテゴリーを分け、決勝進出歌手を選びました。出場歌手が多ければカテゴリー制もありますが、14歌手では余り意味がなさそうです。多分前年が優勝、第2位、第3位全てバンド(グループ)に占められたのでそれを避けようとしたのかもしれません。こうして決勝戦には各カテゴリーから3歌手づつ9歌手が決勝戦に進みました。

 

 

                 Rino Gaetano            Anna Oxa (1978)            

               リーノ・ガエターノ (IT)                    アンナ・オクサ (RCA)

 

第27回 1978年1月26日()~28日() サンレモ市アリストン劇場(Teatro Ariston di Sanremo)

司会:ベッペ・グリッロ(Beppe Grillo)、ステファニア・カジーニ(Stefania Casini)、マリア・ジョヴァンナ・エルミ (Maria Giovanna Elmi)
楽団指揮:エル・パサドール(El Pasador)

再演奏音楽家、テーマ曲:エル・パサドールことエンゲル・グァルディ(Henghel Gualdi)

オーガナイザー:ヴィットリオ・サルヴェッティ(Vittorio Salvetti)

 

[]は外人歌手数、1978年は外人の出場はなし

Dischi Ricordi [0] Ricordi 1[0]Ariston 2[0] ; Carosello [0])

RCA ITALIANA [0] RCA 2[]IT 1[0]);Spaghetti 1[0]

CGD [0] CGD 1[]Derby 1[0]);WEA Italiana 1[0]

Fonit Cetra []

EMI Italiana [0] (EMI 1[0])

Ri Fi [0]



 前年の送は第1夜、第2夜がラジオ中継のみ、ラジオ中継には初めて民放が参加しましたが、78年は第1夜、第2夜はラジオ、TV放送もなく最終夜だけ前年から始まったイタリア国内でもカラーでTV中継がされました。第1夜にゲスト出演したグレース・ジョーンズ(Grace Jones)が4曲歌ったミニ・ショーだけは数か月後にTVで放送されています。

 

 開催期間中は大雪でメイン・プレゼンターのマイク・ボンジョルノ(Mike Bongiorno)がサンレモ入り出来ず、ベッペ・グリッロが代役を務めますが進行はステファニア・カジーニ、会場内のインタビューはマリア・ジョヴァンナ・エルミがすることになったようです。さらに初日開催直前に、爆弾を仕掛けたとの情報が入り当日は厳戒態勢の中で開催されましたが、単なる嫌がらせで終わり、実害はありませんでした。

 

 

   Ciro Sebastianelli Beans Laura Luca            

   チロ・セバスティアネッリ (Derby)          ビーンズ (CGD)              ラウラ・ルーカ (Ricordi)

 

 78年サンレモ音楽祭の最大の話題はアンナ・オクサがパンク・ロッカーとして出場したことでした。しかも歌手デビューがサンレモの舞台という衝撃的な登場で賛否両論でしたが、アドリアーノ・チェレンターノ(Adriano Celentano)のサンレモ初登場した61年の時と比較されましたが、実際は彼女を売り出す手段だったようです。

 

 

 <優勝曲>

チャオとひとこと…E Dirsi Ciao (Aldo Stellita - Giancarlo Golzi - Piero Cassano - Carlo Marrale - Antonella Ruggiero) 出版社 ARISTON <34 >マティア・バザール (compl) Matia Bazar (AristonAR-00823 [45]

 

 AR-00823AR-00823  CM-  131CM- 131

  

  第2位 青春Un'Emozione Da Poco Ivano Fossati - Guido Guglielminetti) 出版社RCA MUSICA - R <30> アンナ・オクサ (vf) Anna Oxa RCA – RCA ITALIANAPB- 6144 [45]

 

PB- 6144PB- 6144  CM-  130CM- 130

 

第3位ジャンナ Gianna (Rino Gaetano) 出版社RCA – IT - R <17> リーノ・ガエターノ (vm) Rino Gaetano IT – RCA ITALIANAZBT- 7086 [45]

 

ZBT- 7086ZBT- 7086  CM-  130CM- 130

 

 

<入賞曲>

4位 暗がりIl Buio E Tu Osccar Avogadro - Daniele Pace - Ciro Sebastianelli) 出版社出版社SIAE <16> チロ・セバスティアネッリ (vm) Ciro Sebastianelli Derby CGDDBR-10026 [45]

 

DBR-10026DBR-10026  CI-20460CI-20460

5位 あなたひとり
Tu Sola Luigi Cappella - Anselmo Genovese) 出版社 FORTUNA <12> アンセルモ・ジェノヴェーゼ (vm) Anselmo Genovese Carosello Dischi RicordiCI-20460 [45]

 

 

6位 調和の幻想 Armonia E Poesia (Andrea Lo Vecchio - Santino Rocchetti) 出版社 USIGNOLO – SHESHA <11> サンティーノ・ロッケッティ (vm) Santino Rocchetti Cetra - Fonit CetraSP-1675 [45]

 

SP-1675SP-1675  PB- 6142SP-1675PB- 6142

 

7位 私の恋 Un Amore (Il Mio Amore) Marco Luberti - Kico Fusco) 出版社 JEANS – RCA - R <9> スコラ・カントルム (coro) Schola Cantorum RCA – RCA ITALIANAPB- 6142 [45]

 

 

8位 明日に夢みて Domani Domani (Dante Pieretti - Alberto Nicoletti) 出版社 ILLER <4> ラウラ・ルーカ (vf) Laura Luca Ricordi - Dischi RicordiSRL-10857 [45]

 

SRL-10857SRL-10・857  3C006-183163C・006-18316

 

9位 メッザノッテ 1/2 Notte) Zacar - Savino Grieco - Stefano Dammicco - Daniel Sentacruz) 出版社 BELRIVER <2> ダニエル・センタクルス・アンサンブル (compl) Daniel Sentacruz Ensemble EMI – EMI ITALIANA3C006-18316 [45]

 

 

<参加曲>

◆アンナ・アンナ Anna Anna Osccar Avogadro - Daniele Pace -  Donato Ciletti - Alerto Cavallaro) 出版社 SUVINI ZERONI - BLUE TEAMドナート・チレッティ (vm) Donato Ciletti Warner Bros.(WEA Italiana)) – CGDT-17047 [45]

 

T-17047T-17047  RFNNP-16737RFN・NP-16737

 

◆ひとりぼっち Ora Franco Marino - Claudio Rego - Enrico Intra - Donatella Rettore) 出版社 RI FI Mus. - ACCADEMIA ドラ・モローニ (vf) Dora Moroni Ri F i- Ri FiRFNNP-16737 [45]

 

 

◆雪のかおり 'N'addore 'E Castagne Mario Coppola - Robberto Carrino) 出版社 ARISTON ロベルト・カリーノ (vm) Roberto Carrino Ariston - Dischi RicordiAR-00820 [45]

 

AR-00820AR-00820 ZBSR-7047ZBSR-7047

 

◆テレ-ザが来れば Quando Teresa Verrà Simonluca - Marco Ferradini) 出版社 WIZ Mus. マルコ・フェッラディーニ (vm) Marco Ferradini Spaghetti RCA ITALIANAZBSR-7047 [45]

 

 

◆仲違い(なかたがい) Soli Antonio Bella - Gianni Bella) 出版社 SIAE ビーンズ、{} (compl) Beans CGD - CGDCGD-10050 [45]

 

            CGD-10050CGD-10050

 

 

出場曲は以上です。

 

 

 一方期待通りいかなかったのが優勝したマティア・バザールでした。彼らはその後独自の音楽を作り出していきます。

 こういうことは往々にあることで62年4位のトニー・レニス (Tony Renis)エミリオ・ペリコーリ (Emilio Pericoli)が歌った“クァンド・クァンド・クァンド (Quando Quando Quando)”が大ヒット、翌63年2人が歌って優勝した“僕の選ぶ人 (Uno Per Tutte)”は今一、同様にボビー・ソロ(Bobby Solo)の64年“ほほにかかる涙”と翌65年優勝曲“君に涙とほほえみを(Se Piangi Se Ridi)”、ニコラ・ディ・バリ(Nicola Di Bari)は70年“愛の贈りもの(La Prima cosa bella)”で初優勝し年間ヒット・ランク3位とメガ・ヒットになりましたが71年“恋のジプシー(16.Il Cuore è Cuno Zingaro)”で連続優勝したものの、年間ヒット・ランク16位と前年よりセールス面で後退してしまっています。

 

 

 

   Donato Ciletti   Marco Ferradini   Roberto Carrino
ドナ
ト・チレッティ (WEA Italiana) マルコ・フェッラディーニ (Spaghetti) ロベルト・カリーノ (Ariston)

 

 78年出場曲の成績は、優勝したマティア・バザールの“チャオとひとこと”は78年年間ヒット・ランク28位の大ヒットとなりましたが、それを凌ぐのはサンレモがデビューのアンナ・オクサが歌う“青春”の同14位、リノ・ガエターノの“ジャンナ”が13位と素晴らしい成績を残しました。

 その他では入賞4位チロ・セバスティアネッリの“暗がり”が同65位、入賞8位ラウラ・ルーカ“明日に夢みて”は同57位、“メッザノッテ”を歌ったダニエル・センタクルス・アンサンブルが同69位に入っています。

 

 参加曲で年間ヒット・ランク100位以内に入る番狂わせはありませんでしたが、入賞9曲中6」曲がランク・インしたのは成功したと言えます。

 オーガナイザーのヴィットリオ・サルヴェッティも出場曲合計で200万枚売上げたことは納得いったらしく、サンレモ音楽祭はなくならないと宣言しています。

 

 この年の一番の成功者はリノ・ガエターノでした。将来を期待されていたのですが、しかし81年僅か30才で亡くなりました。余りにも早すぎる死でした。

 

 

Dora Moroni Schola Cantorum Anselmo Genovese   

   ドラ・モローニ (Ri Fi)            スコラ・カントルム (RCA)     アンセルモ・ジェノヴェーゼ Carosello)         

 

 78年初参加のレコード会社はSPAGHETTI,のみです。

 

 スパゲッティ(SPAGHETTI)は77年ミラノでロークス(Rokes)のリーダーだったシェル・シャピロ(Shel Shapiro)とレコード・プロデューサーで作詞家のアレッサンドロ・コロンビーニ(Alessandro Colombini)、同プロディーサーシルヴィオ・クリッパ(Silvio Crippa)が新人育成のため設立しました。ここはロザリーノ(Rosalino)が移籍してロン(Ron)と改名し大歌手となったこと、エンリコ・ルッジェリ(Enrico Ruggeri)がバンドのデチベル(i Decibel)のメンバーとしデビューした事などが知られます。

 しかし思うほど新人が育たず80年代半ばに閉鎖しましたが、2010年に復活、活動を再開しました。RCAイタリアーナ・グループに入っています。

               SPAGHETTI         

 

 

サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO)1978年出場曲は以上です。

 

 

・優勝・入賞曲と参加曲を含め全体を言う場合、出場曲と表現します。

・順位をつけない入賞曲の頭には""を、参加曲の頭には""を付けます。

・太字は国内盤で出ていた曲と歌手。

・サンプル音声ファイルは著作権侵害を避け、音声映像は貼り付けておりません。全曲聞きたい方はYou-Tubeを探してください。見つかることもあります。


スポンサーサイト

サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO)73 1977年

 1977年第27回大会は第1回から使われていたサンレモ市カジノ付属劇場が改修のため市内のアリストン劇場に変更となり、広い舞台が確保されたのですが、遂に出場曲が12曲とサンレモ音楽祭始まって以来の縮小を余儀なくされました。

 

                Homo Sapiens2            Matia Bazar     

           ホモ・サピエンス (Ri Fi)             マティア・バザール (Ariston)

 

第27回 1977年3月3日()~5日() サンレモ市アリストン劇場(Teatro Ariston di Sanremo)

司会:マイク・ボンジョルノ(Mike Bongiorno)、マリア・ジョヴァンナ・エルミ(Maria Giovanna Elmi)
楽団指揮:リッカルド・ヴァンテッリーニ(Riccardo Vantellini)

再演奏音楽家:エンゲル・グァルディ(Henghel Gualdi)、ブルーノ・マルティーノ(Bruno Martino), グラウコ・マセッティ(Glauco Masetti)、エリー・ネーリ(Ely Neri.)によるオーケストラ・アッツーラ(Orchestra Azzurra)
オーガナイザー:ヴィットリオ・サルヴェッティ(Vittorio Salvetti)

 

[]は外人歌手数、1977年は外人の出場はなし

Dischi Ricordi [0] Carosello 1[0]Ariston [0] ; Produttori Associati [0])

CBS Sugar [0] CBS1[0]WEA Italiana 1[0]

Fonit Cetra [0]

Phonogram [0] (Philips 1[0])

Ri Fi [0]

Durium [0]

SAAR [0]

YEP [0]

ARIS [0]

 

 出場応募歌手は12歌手で全員が出場権を得ました。第1夜、第2夜はそれぞれ6歌手が登場し、各出場歌手は15分の枠で出場曲を歌うミニ・ショウを演じます。第3夜最終日に2歌手が一組となって勝ち残り対抗戦が行われます。会場内の透明ボックスに入った25人の審査員が投票し、セミ・ファイナル進出6歌手を選出しました。

 

 セミ・ファイナルも同様の方法で3歌手を選出し、3歌手が再度歌い、優勝、第2位、第3位を選ぶ方法がとられました。表彰3歌手が全てグループとなったのはサンレモ音楽祭始まって以来の出来事でした。

 

                       Daniela Davoli                 Umberto Napolitano                  

                    ダニエラ・ダヴォリ (Aris)     ウンベルト・ナポリターノ(Warner Bros)

 

 放送は第1夜、第2夜がラジオ中継のみ、ラジオ中継には初めて民放が参加しました。最終夜はイタリア向け放送が初めてカラー中継されています。また協賛に週刊誌「TVソリージ・エ・カンツォーニ」が付き、同誌は民放TVカナレ5の子会社で国営放送RAIと共存することになりました。これ以降会場内のパンフレットは同週刊誌が編集発行をしています。

 

 

 <優勝曲> 

涙の日曜日Bella Da Morire (Alberto Salerno - Renato Pareti) 出版社 SETTE BELLO <17>ホモ・サピエンス (compl) Homo Sapiensi (Ri Fi – Ri FiRFNNP-16699 [45]

 

 RFNNP-16699RFN・NP-16699  CM-   58CM- 58  

 

 

  第2位長い髪の少女Tu Mi Rubi L'Anima AntonelloDe Sanctis - Gabriella Padovan) 出版社SAAR - NUOVA IDEA <7> コラージェ、{} (compl) Collage,{I} UP – SAARUP-10009 [45]

 

UP-10009UP-10・009  YEP-00683YEP-00683 

 

第3位モニカ Monica (Angela Bini - Paolo Pinna - Gianfranco Simonelli) 出版社GABRIC <1> サント・カリフォルニア,{イ・} (compl) Santo California,{I} YEP Fonia ItalianaYEP-00683 [45]

 

 

<入賞曲>

◇グラン・プリ Gran Premio Vito Pallavicini - Michelle Vasseur - Salvatore Cutugno) 出版社出版社ASSO アルバトロス (compl) Albatros Carosello Dischi RicordiCI-20440 [45]

 

CI-20440CI-20440  6025-1656025-165 

Io Ti Porterei Leano Morelli) 出版社 ALFIERE レアーノ・モレッリ (vm) Leano Morelli Philips Phonogram6025-165 [45]

 

 

ぼくに恋するミエーレ Miele (Giancarlo Bigazzi - Toto Savio) 出版社 SIAE ジャルディーノ・ディ・センプリーチ、{イル} (compl) Giardino dei Semplici,{Il}i CBS - CBS Sugar5070(CBS) [45]

 

                      5070(CBS)5070(CBS)

 

 

<参加曲>

◆コンテ・チ・スト Con Te Ci Sto Unberto Napolitano) 出版社 ALFIERE - BLUE TEAM ウンベルト・ナポリターノ (vm) Umberto Napolitano Warner Bros.(WEA Italiana)) – Messaggerie MusicaliT-16911 [45]

 

T-16911T-16911  SP-1642SP-1642

 

◆ほほえみのために Dedicato A Te Andrea Lo Vecchio - Santino Rocchetti) 出版社 ALFIERE - USIGNOLOサンティーノ・ロッケッティ (vm) Santino Rocchetti Cetra Fonit CetraSP-1642 [45]

 

 

◆あなたなら ...E Invece Con Te! Daniela Davoli - Andrea Zarrillo) 出版社 SIAE ダニエラ・ダヴォリ (vf) Daniela Davoli Aris – ArisAN- 439 [45]

 

                       AN- 439AN- 439 

 

 

◆恋の冒険 Ma Perchè (Aldo Stellita - Piero Cassano - Carlo Marrale) 出版社 ARISTON マティア・バザール (compl) Matia Bazar Ariston Dischi RicordiAR-00772 [45]

 

AR-00772AR-00772  CM-  131CM- 131 

 

 

◆オー!カルメラ! Oh! Carmela! Donatella Rettore - Claudio Rego) 出版社 SIAE ドナテッラ・レットーレ (vf) Donatella Rettore Produttori Associati Dischi RicordiPANP-3264 [45]

 

PANP-3264PA・NP-3264  Ld・A-7958Ld・A-7958 

 

◆夢みるくちづけ Tesoro Mio Luigi Albertelli - Corrado Conti - Franco Cassano)出版社 DURIUM ストラーナ・ソチェタ (coro) Strana Società,{ La} Durium - DuriumLd・A-7958 [45]        

 

出場曲は以上です。

 

 

 75、76年出場曲の成果は惨憺たるものでしたが、出場曲が少なかった割に5曲が年間ヒット・ランク100位以内に入りました。優勝曲“涙の日曜日”が19位、第2位“長い髪の少女”12位、第3位“モニカ”、入賞の“ぼくに恋するミエーレ”は49位、参加曲の“恋の冒険”を歌ったマティア・バザールが42位と全て若者の人気のあるバンド編成のアーティストたちが成功をしています。

 そしてマティア・バザールは同年もう1曲の“ソロ・トゥ(.Solo tu)”がナンバー・ワン・ヒットで年間ヒット・ランク3位というメガ・ヒット曲となり、77年サンレモ音楽祭の真の成功者とされました。

 

 

 Santo California    Collage    Giardino dei Semplici1  

 サント・カリフォルニア (YEP)            コラージェ (UP)          ジャルディーノ・ディ・センプリーチ (CBS)

 

 

 出場メンバーが12歌手と寂しい大会となりましたが、ゲスト陣の方は豪華でドメニコ・モドゥーニョ(Domenico Modugno)、イヴァ・ザニッキ(Iva Zanicchi)、マルチェラ(Marcella)、ウェスとドリ・ゲッツィ(Wess e Dori Ghezzi)、ダニエル・センタクルス・アンサンブル(Daniel Sentacruz Ensemble)、ユリ&ジュリー(Juli & Julie)、米国のバリー・ホワイト(Barry White)やリック・ディーズ(Rick Dees)、英国のジョン・マイルズ(John Miles)、ベルギーのチョコラ(Chocolat's)と多彩な顔ぶれでした。

 

 77年初参加のレコード会社はAris, Warner Bros.(WEA Italiana), YEPです。

 

 アリス(Aris)は74年ローマで映画「続夕陽のガンマン」などの映画プロデューサー、アルド・ポミリア(Aldo Pomilia)と妻でキューバ出身のダンサー、映画女優のチェロ・アロンソ(Chelo Alonso)が設立しました。映画音楽、プログレ・ロック、カンツォーネを手掛け、プログレ・バンドのセミラミス(I Semiramis)から独立し、まだアンドレア・ザッリッロ(Andrea Zarrillo)といっていたミケーレ・ザッリーロ(Michele Zarrillo)やサンレモ出場歌手ダニエラ・ダヴォリ (Daniela Davoli)などを育てました。80年に活動を停止しています。 

              Aris   

 

 イェップ(Yep )も74年ローマでフランコとエリオ・パルンボ(Franco ed Elio Palumbo)兄弟によって設立されました。エリオは国営放送RAIで音楽番組に携わり、その後ミーノ・レイターノ(Mino Reitano)などのマネージャーをしていました。イェップはサント・カリフォルニア、ロマンス(I Romans)、95年にサンレモ音楽祭で優勝したジョルジァ(Giorgia)の両親のデュエット・チーム、ユリ&ジュリー(Juli & Julie)を輩出して、メロディ・ポップのレーベルとして知られるようになりました。80年代にはサンレモ音楽祭出場歌手フルヴィア・フォルトゥナート(Flavia Fortunato)を送出しますが、80年代末には活動を停止しました。

 しかし91、92年には再びリタ・フォルテ(Rita Forte)をサンレモ音楽祭に出場させ、ヌオヴァ・イェップとして活動を始めますが、95年遂に閉鎖してしまいます。

             Yep   Nuoova Yep

             

 

 最後はワーナー・ブラザーズ(Warner Bros.(WEA Italiana))です。58年米国でワーナー・ブラザーズ映画の子会社として設立され、イタリアでCGDやリコルディがライセンス販売をしていました。70年代半ばワーナー、エレjクトラ、アトランティックの3社がグループを結成し、米国外において3社のレーベルを統合し海外法人を設け、イタリアでは75年WEAイタリアーナが設立されCGDが販売権を得ました。

 88年経営不振に陥ったCGDはワーナー・グループ傘下のイースト・ウェストに買収され、現在はワーナー・ミュージック・インターナショナル傘下ワーナー・ミュージック・イタリアに入り、破綻して買収されたヌオヴァ・フォニット・チェトラ(Nuova Fonit Cetra)と共にCGDイースト・ウェスト(CGD East West)を構成しています。
            WARNER  WEA 

 


 あとコラージェのアップ
(UP)についてはSAARが75年に作ったポピュラー音楽のレーベルで80年まで使用され、SAARに吸収されました。
                  UP

                     

 

サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO)1977年は以上です。

 

 

・優勝・入賞曲と参加曲を含め全体を言う場合、出場曲と表現します。

・順位をつけない入賞曲の頭には""を、参加曲の頭には""を付けます。

・太字は国内盤で出ていた曲と歌手。

・サンプル音声ファイルは著作権侵害を避け、音声映像は貼り付けておりません。全曲聞きたい方はYou-Tubeを探してください。見つかることもあります。


サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO)72 1976年-3

 サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO) 1の冒頭にサンレモ音楽祭は『新曲コンテストです。 新曲、未発表曲すなわち音楽祭で歌唱・演奏されるまで、公に発表されてはいけないことなのです。このことを忘れるとサンレモ音楽祭が正しく理解できないと思います。』と書きました。

 音楽祭は冬のリヴィエラの閑散期対策もありますが、イタリアの音楽産業振興策で発表した『新曲』が売れなければ目的を達成しません。また有望な新人歌手が現れ、レコード会社、音楽出版社を潤おさなければなりません。75年のような状態では困るのです。

 

 76年は年間ヒット・ランクに入る曲が6曲有りました。ニ桁欲しいところですが、音楽業界の不況の中では文句も言えないでしょう。優勝曲“ふたりだけの秘密”69位、第2位“誰と一緒” 89位、第3位“雨の中の瞳”22位、同“別離のロ-マ空港”52位、6位“サンバリオ”51位、8位“リンダ・ベラ・リンダ”12位という結果で、日本でも“哀しみのソレアード(Soleado)”が大ヒットしたダニエル・センタクルス・アンサンブルが一番売れて大成功をおさめました。

 

                    Maggie Mae                 Daniel Sentacruz Ensemble               

                        マギ-・メイ (RCA)              ダニエル・センタクルス・アンサンブル (EMI Italiana)

 

 

 

第26回 1975年2月19日()~21日() サンレモ市カジノ付属劇場

司会:ジャンカルロ・ガルダバッシ(Giancarlo Guardabassi);セレーナ・アルバーノ(Serena Albano);マッダレーナ・ガッリアーニ(Maddalena Galliani);ステッラ・ルーナ(Stella Luna);ロレーナ・ロゼッタ・ナルドゥッリ(Lorena Rosetta Nardulli);ティツィアナ・ピーニ(Tiziana Pini);カルラ・ストラーノ・パヴェーゼ(Karla Strano Pavese)
楽団指揮:リッカルド・ヴァンテッリーニ(Riccardo Vantellini)

再演奏音楽家:エンゲル・グァルディ(Henghel Gualdi) 楽団、ブルーノ・マルティーノ(Bruno Martino), グラウコ・マセッティ楽団(Glauco Masetti)、エリー・ネーリ楽団(Ely Neri.)
オーガナイザー:サンレモ観光協会(Comune di Sanremo)

芸術監督:ヴィットリオ・サルヴェッティ(Vittorio Salvetti)

[]は外人歌手数

CBS Sugar [0] CBS4[]Derby 1[] Splash 1[] ; Smash[]Libra[0]

Dischi Ricordi [0] Ricordi 3[]);Carosello 1[]Real Music [] ; Disco Più [0])

RCA Italiana [1] (RCA 4[1]Hello 1[]FMA[])

Fonit Cetra 2[]

Phonogram [0] (Polydor[]Philips 1[0])

EMI Italiana []

Durium []

Ariston []

Phonotype (Bella Record) []

 

 ゲストも豪華な顔ぶれでした。外人では日本女性ファン(追っかけ)が多勢いたスペインの歌う貴公子フリオ・イグレシアス(Julio Iglesias)、イタリア出身でフランス(正しくはベルギー)のシャンソン歌手アダモ(Adamo)、日本でも大ヒットした“フィ-リング(Feelings) の自作自演歌手、ブラジルのモーリス・アルバート(Morris Albert)、アメリカの女性ロッカー、スージー・クァトロ(Suzi Quatro)、日本で絶大な人気のあった英国(スコットランド)のアイドル・グループ、ベイシティー・ローラース(Bay City Rollers)、実は日本でもレコードが出ていたドイツのコーラス・グループでレス・ハンフリーズ・シンガーズ(Les Humphries Singers)、50年代少女の頃からリトル・エスターとして歌い続けたアメリカのジャズ・シンガーのエスタ-・フィリップス(Ester Phillips)などなど。

 

 イタリア人ゲストでは「サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO71 1976年-2」で書いた総合司会者をドタキャンしたドメニコ・モドゥーニョがゲスト出演、自分のヒット曲“愛のヴァイオリン(Il Maestro Di Violino)”を歌い、満場の喝さいを受けご機嫌でお帰りになりました。

 それにお騒がせナンバー2は桃チーム・キャプテンを直前逃亡したリタ・パヴォーネ(Rita Pavone)が“E... Zitto Zitto”を歌い、チャッカりシングル盤まで出しました。

 さらにクラシック界からベテラン・テノール歌手マリオ・デル・モナコ(Mario Del Monaco)が“広がりゆく愛(Un Amore Così Grande)”を歌い話題になり、日本でもサンレモ・オムニバス国内盤に収録されています。

 

 

           Armonium           Silvano Vittorio             

                アルモニュウム (EMI Italiana)                   シルヴァ-ノ・ヴィットリオ (Ricordi)    

      

 

<参加曲>

孤独の朝 E Tu Mi Manchi Andrea Lo Vecchio - Simonluca) 出版社ALFIERE – USIGNOLO サンティーノ・ロッケッティ (vm) Santino Rocchetti Cetra – Fonit CetraSP-1607 [45]

 

  SP-1607SP-1607 ZEL-50492ZEL-50492 

 

◆フェミニスト La Femminista Leo Chiosso - Eduardo Alfieri) 出版社 アントニオ・ブオノーモ (vm) Antonio Buonuomo Hello – RCA ItalianaZEL-50492 [45]

 

初めての想い Il Mio Primo Rossetto Alberto Salerno - Umberto Napolitano) 出版社 ロザンナ・フラテルロ (vf) Rosanna Fratello Ariston – AristonAR-00724 [45]

  

AR-00724 AR-00724  6025-1496025-149 

 

◆自由に生まれる Nata Libera Leano Morelli - Enzo Crippa) 出版社 ALFIERE レアーノ・モレッリ (vm) Leano Morelli Philips – Phonogram6025-149 [45]

 

 

◆人形のねがい Noi Due Romina Power - Albano Carrisi) 出版社 MAIALINOロミナ・パワ- (vf) Romina Power Libra – CBS SugarLBR-1203 [45]

 

LBR-1203LBR-1203  TPBO-1204TPBO-1204 

 

◆シング・マイ・ソング Sing My Song Cesare De Natale - Piero Darini) 出版社 RCA Mus. マギー・メイ (vf=d) Maggie Mae RCA RCA ItalianaTPBO-1204 [45]

 

 

◆落ちた星 Stella Cadente Enzo Stavola - Franco Zulian) 出版社 BELRIVER アルモニュウム (compl) Armonium EMI EMI Italiana 3C006-18147 [45]

3C006-181473C・006-18147  DPN-7203DPN-7203 

 

◆家に帰る Torno A Casa Paolo Limiti - Elide Suligoj) 出版社DISCO PIU' ヴァンナ・レア- (vf) Vanna Leali Disco Più - Dischi RicordiDPN-7203 [45]

 

 

◆凡人Uomo Qualunque Franco Migliacci - Enzo Maria Picciotta - Dario Farina) 出版社MI-MOエツィオ・ピチョッタ (vm) Ezio Picciotta RCA – RCA ItalianaTPBO-1200 [45]

 

TPBO-1200TPBO-1200  SRL-10794SRL-10・794 

◆ここにおいで Vieni Andrea Lo Vecchio - Silvano Vittorio) 出版社JUBAL シルヴァーノ・ヴィットリオ (vm) Silvano Vittorio Ricordi - Dischi RicordiSRL-10794 [45]

 

 

 

      Patrizio Sandrelli       Carlo Gigli     Leano Morelli       

     パトリツィオ・サンドレッリ (Smash)      カルロ・ジッリ (RCA Italiana)        レア-ノ・モレッリ (Philips)

 

 

 

 初参加レコード会社、レアル・ミュージック(Real Music)は1976年に歌手のドゥルピ(Drupi)、彼を見出した作詞家ルイジ・アルベルテッリ(Luigi Albertelli)と作・編曲家エンリコ・リッカルディ(Enrico Riccardi)の3人で設立したレコード会社です。

                     

                             Real Music

 設立第1作がミコ (ドン・ミコ) (Miko (Don Miko))の76年サンレモ音楽祭出場曲“火遊び (Signora Tu)”でした。作詞家、作曲家が作ったレコード会社なので多くの新人をデビューさせましたが成功しなかったようです。ピエロ・フォッカチャ (Piero Focaccia)も1枚シングル盤を出しましたが結局はドゥルピのワン・マン会社で、80年にはドゥルピとアルベルテッリとの関係も終わり、ドゥルピはフォニット・チェトラに移籍し、レアル・ミュージックは閉鎖されました。

 

 

 フォノタイプ(Phonotype)ジャンニ・ナザーロ(Gianni Nazzaro)アンジェラ・ルーチェ (Angela Luce) など何人かの歌手の項目で登場してきた会社名ですが、76年サンレモ音楽祭に傘下にあるベッラ・レコード(Bella Record)が出場歌手を出しましたので、紹介いたしましょう。

 
                 Phonotype

 

 この会社はラファエレ・エスポジート(Raffaele Esposito)がナポリで1901年ナポレターナ・レコード会社 (現在の名前は1918年に採用される)と呼ばれるイタリアで最初にレコードを製造する施設をもった会社を設立しました。

 

 第二次世界大戦前はナポリターナ歌手、オペラ歌手が歌ったSP盤、50年代以降はヴィニール製のシングル盤やLP盤を作りました。また59年に若いブルーノ・ヴェントリーニ(Bruno Venturini)をデビューさせたレコード会社でした。

 

 会社はラファエレの叙勲した息子アメリコ(Americo)、孫のフェルナンド(Fernando)、ロベルト(Roberto)兄弟やエンツォ(Enzo)などエスポジート一族が引継いでいきました。70年代には作詞家アルベルト・ショッティ(Alberto Sciotti)が芸術監督に入っています。

 

 ユングハンス(Junghans)、レオンディスコ(Leondisco)、カディス(Cadis)、エウロ・プレイ(Euro Play)、ユニヴァーサル(Universal)、ベッラ・レコード(Bella Record)、ファンス(Fans)、カッパ・O(Kappaò)など多くの子会社やレーベルを傘下に収めています。

 

 80年代に入り経営規模を縮小しましたが、現在もナポリのレコード会社として活動を続けています。

 

 ベッラ・レコード(Bella Record)はフォノタイプ(Phonotype)創業者ラファエレ・エスポジート(Raffaele Esposito)の孫フェルナンド(Fernando)、ロベルト(Roberto)兄弟やエンツォ(Enzo)が1972年に設立した会社です。

 

               Bella Record  

 

 ナポリに拠点を置くプログレッシブ・ミュージックのジャコモ・シモネッティ(Giacomo Simonelli)からメロディアスなパオラ・ムジアーニ(Paola Musiani)を幅広く扱うレコード会社を目指し、78年RCAイタリアーナの販売網にも入りましたが経営が悪化し、80年に独立レーベルの活動を停止しました。

 

 

 

サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO)1976年以上です。

 

 

・優勝・入賞曲と参加曲を含め全体を言う場合、出場曲と表現します。

・順位をつけない入賞曲の頭には""を、参加曲の頭には""を付けます。

・太字は国内盤で出ていた曲と歌手。

・サンプル音声ファイルは著作権侵害を避け、音声映像は貼り付けておりません。全曲聞きたい方はYou-Tubeを探してください。見つかることもあります。


サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO)71 1976年-2

 何かと揉め事の多いサンレモ音楽祭ですが、26回は総合司会者で右往左往したようです。司会者陣を見ていただければわかるようにジャンカルロ・ガルダバッシに女性アシスタントが6人も就く豪華さ(異常さ)!

 去年のショボい舞台を知っている芸術監督ヴィットリオ・サルヴェッティは豪華な外人歌手を含むゲストを呼びました。そのゲストに対抗できる大物総合司会者として、サンレモの看板、ミスター・ヴォラーレ、ドメニコ・モドゥーニョ(Domenico Modugno)に決めたのですが、開催3日前のドタキャンをされてしまいます。モドゥーニョのための豪華女性司会者はそのままで、元歌手のガルダバッシが代役に立ちました。

 

              Albatros       Gloriana     

                  アルバトロス (Carosello)               グロリア- (Bella Record)

 

 第26回はセクシー音楽祭、ポルノ・フェスティヴァルとも言われました。ペピーノ・ディ・カプの優勝曲“ふたりだけの秘密”はガール・フレンドが恋人の前でストリップの真似事をし、恥ずかしくなり「Non Lo Faccio Più (もうこれ以上しない)」と言う歌で、ある報道では出場30曲中17曲に性的表現があるとしています。イタリア(国営放送RAI)には厳しい検閲がありこれまでにも多くの曲が修正をさせられました。

 

 1959年第9回で4位になったユーラ・デ・パルマ(Jula De Palma)の歌った“あなた(TUA)”は大ヒットしたのですが、RAIから男女関係を連想させる余りにも「官能的」過ぎる歌とされ、十年間国営放送RAIに出られませんでした。当時放送局はRAIしかなく、放送に出られないことは歌手にとって刑務所に入れられると同様な仕打ちでした。

 

 批判も上がる中、性的表現というには厳密過ぎる点もありますが、検閲を跳ねのける状況も芽生えてきたようでした。

 

第26回 1975年2月19日()~21日() サンレモ市カジノ付属劇場

司会:ジャンカルロ・ガルダバッシ(Giancarlo Guardabassi);セレーナ・アルバーノ(Serena Albano);マッダレーナ・ガッリアーニ(Maddalena Galliani);ステッラ・ルーナ(Stella Luna);ロレーナ・ロゼッタ・ナルドゥッリ(Lorena Rosetta Nardulli);ティツィアナ・ピーニ(Tiziana Pini);カルラ・ストラーノ・パヴェーゼ(Karla Strano Pavese)
楽団指揮:リッカルド・ヴァンテッリーニ(Riccardo Vantellini)

再演奏音楽家:エンゲル・グァルディ(Henghel Gualdi) 楽団、ブルーノ・マルティーノ(Bruno Martino), グラウコ・マセッティ楽団(Glauco Masetti)、エリー・ネーリ楽団(Ely Neri.)
オーガナイザー:サンレモ観光協会(Comune di Sanremo)

芸術監督:ヴィットリオ・サルヴェッティ(Vittorio Salvetti)

[]は外人歌手数

CBS Sugar [0] CBS4[]Derby 1[] Splash 1[] ; Smash[]Libra[0]

Dischi Ricordi [0] Ricordi 3[]);Carosello 1[]Real Music [] ; Disco Più [0])

RCA Italiana [1] (RCA 4[1]Hello 1[]FMA[])

Fonit Cetra 2[]

Phonogram [0] (Polydor[]Philips 1[0])

EMI Italiana []

Durium []

Ariston []

Phonotype (Bella Record) []

 

 

                 Nuova Gente            Strana Societa      

                 ヌオ-ヴァ・ジェンテ (FMA)         ストラ-ナ・ソチェタ (Durium) 

 

  放送は予選第1夜、第2夜はラジオ放送しかなくTV中継があったのは決勝の最終夜のみでした。決勝戦はユーロヴィジョンの国際中継されますが、イタリア国内は白黒画像でしかも放送事故が多発したようです。一方ユーロヴィジョン中継国にはカラー映像が流されました。イタリア国内のカラー放送は翌77年からになります。

 

 また象徴だったカジノ付属劇場での開催は第26回で終り、翌77年から広いアリスン劇場に変更されます。カジノ付属劇場は狭く、舞台に楽器を持込むバンドが増え、歌手の入換えにも時間がかかり、またバック・コーラスやバック・ダンサーの使用も制限され、番組構成上も制約が大きく使い辛くなっていたようです。

 

 開催日程も3月までずれ込んでいましたが2月中旬に戻し、ロミナ・パワーは予選落ちしましたが4月開催のユーロヴィジ・ソング・コンテストのイタリア代表にアル・バーノ&ロミナ・パワーとする発表を早々としました。

 

 

 <入賞曲> 

 11位 オ-マルOmar (Luciano Beretta - Mario Battaini) 出版社 KARMA <16>オリエッタ・ベルティ (vf) Orietta Berti (Polydor – Phonogram2060-115 [45]

 

 2060-1152060-115 LdA-7911Ld・A-7911  

 

 12位 二人で行こう Andiamo Via (Luigi Albertelli - Corrado Conti - Franco Cassano) 出版社 DURIUM <11> ストラーナ・ソチェタ (compl) La Strana Società (Durium – DuriumLdA-7911 [45]

 

 

 13位 二つの物語 Due Storie Dei Musicanti (Sergio Bardotti - Luis Enriquez Bacalov) 出版社 USIGNOLO <10> リッキとポ-ヴェリ (coro) Ricchi e Poveri (Cetra – Fonit CetraSP-1606 [45]

 

 

SP-1606SP-1606  SM-6008SM-6006 

 

14位 暁に消えて Piccola Donna Addio (Enzo Stavolo - Franco Zulian) 出版社SUGAR <9> パトリツィオ・サンドレッリ (vm) Patrizio Sandrelli Smash CBS SugarSM-6008 [45]

 

 

15位 海にいた時 Quando C'Era Il Mare (Sergio Endrigo) 出版社 JUBAL - NOAH'S ARK <6> セルジョ・エンドリゴ (vm) Sergio Endrigo Ricordi Dischi RicordiSRL-10793 [45]

 

SRL-10793SRL-10・793  REAN-14001REAN-14001 

 

15位 火遊び Signora Tu (Pier Michele Bozzetti -Graziano Pegoraro)出版社 REAL Mus. <6> ミコ {ドン・ミコ} (vm) Miko (Don Miko) Real Music Dischi RicordiREAN-14001 [45]

 

 

17魂を探せ Cercati Un'Anima Oscar Avogadro -Daniele Pace - Donato Ciletti - Claudio Cavallaro) 出版社 SIAE <5> プロフェ-ティ (compl) I Profeti CBS CBS Sugar4041(CBS) [45]

 

4041(CBS)4041(CBS)  ZFM-5O403ZFM-5O403 

 

18位 恋の不安 Che Sarei (Pippo Landro - Ettore Cardullo) 出版社 FMA - RCA <3> ヌオーヴァ・ジェンテ (compl) La Nuova Gente FMA RCA ItalianaZFM-5O403 [45]

 

 

<参加曲>

◆貧しき者の歌 La Canzone Dei Poveri Raffaele Mallozzi - Nunzio Gallo) 出版社PICCOLA VELAグロリア- (vf) Gloriana Bella Record - PhonotypeBR-178 [45]

 

BR-178BR-178  DBR- 4039DBR- 4039 

◆愛の廃家 Una Casa Senza Nome Daniele Pace - Mario Panzeri - Lorenzo Pilat) 出版社 SIAE ウンベルト・ルーピ (vm) Umberto Lupi Derby CBS SugarDBR- 4039 [45]

 

 

 

残りの参加曲は次回に続きます

 

 

     Antonio Buonomo         Umberto Lupi        Ezio Picciotta  

    アントニオ・ブオノーモ (Hello)     ウンベルト・ル-ピ (Derby)  エツィオ・ピチョッタ (RCA Italiana)

  

 

 ディスコ・ピュ(Disco Più)は1976 年にミラノに設立されました。設立当初にダリダ(Dalida)のイタリア語曲の権利を取り、レコード会社経営に成功しました。ディストリビューションは設立後76年リコルディに委託しましたが、77年以降はCGDに変更されました。

 ディスコ・ミュージックを主力にしたことが成功し、後にDVモアも傘下に収めて現在も活動を続けています。

                                           Disco Più

                 

 

 

 FMAは1975年に自作自演歌手、音楽プロデューサー、シンセサイザー演奏家フェデリコ・モンティ・アルドゥイーニ(Federico Monti Arduini)が設立しました。

                                    FMA

            

 

 1961年自作自演歌手演奏家フェデリコ・モンティ・アルドゥイーニとしてブルー・ベルからデビューしました。ブルーベル(Bluebell Records)はベルディスク(Belldisc)プロドットリ・アソシアーティ(Produttori Associati)と社名が変わっていきます。歌手として数枚のシングル盤を出しましたが、彼はプロデューサー、作・編曲家のアルフェモ(Arfemo)としての腕を買われてブルー・ベルで働いたようです。

 

 その後クリフ・リチャード(Cliff Richard)に“オール・マイ・ラヴ(All My Love)”を提供、またジョルジョ・ガーベル(Giorgio Gaber)に歌詞を提供しています。

 

 72年彼はリコルディのポピュラー部門のジェネラル・ディレクターに就任し、約15年間在籍、また同年から75年までポリドールの副ジェネラル・ディレクターと芸術監督も務めていました。そして73年サンレモ音楽祭でウェスとドリ・ゲッツィの出場曲“二つの恋と一つの涙 (Tu Nella Mia Vita)”を提供し6位入賞、73年年間ヒット・ランク25位の大ヒットになりました。

 

 一方ムーグ・シンセサイザー演奏家のイル・グァルディア-ノ・デル・ファ-ロ(Il Guardiano del Faro) としてリコルディからデビューし、ポリドール、RCAイタリアーナ、FMA、フォニット・チェトラなどレコード会社を渡り歩きヒットを出していきます。

 

 ポリドールの職を離れた後、初めて自分のレコード会社を立ち上げました。名称は自分の名前の頭文字を取って FMAにしました。直ぐに翌76年ヌオーヴァ・ジェンテ(La Nuova Gente)をサンレモ音楽祭に出場させ、“恋の不安(Che Sarei)”で入賞させました。しかし独立レコード会社として存在したのは76年の1年間だけで、その後はプロダクション、版権管理会社として大手レコード会社の傘下でレコード原盤制作を続けました。

(フェデリコ・モンティ・アルドゥイーニの事は機会があればまた書きたいと思います)

 

 

 

サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO)1975年は次回に続きます

 

 

・優勝・入賞曲と参加曲を含め全体を言う場合、出場曲と表現します。

・順位をつけない入賞曲の頭には""を、参加曲の頭には""を付けます。

・太字は国内盤で出ていた曲と歌手。

・サンプル音声ファイルは著作権侵害を避け、音声映像は貼り付けておりません。全曲聞きたい方はYou-Tubeを探してください。見つかることもあります。


サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO)70 1976年-1

 前年はレコード会社の協力がなく空前の失敗と言われ、サンレモ音楽祭も最早これまで、開催も危ぶまれました。

 しかしイタリアらしく前年の失敗にもめげず、歴史のある音楽祭らしく復活を見せます。前年排除された73、74年のオーガナイザー、ヴィトリオ・サルヴェッティ(Vittorio Salvetti)が戻り陣頭指揮をとります。

 

               Sandro Giacobbe           Romina Power  

           サンドロ・ジャコッベ (CBS)               ロミナ・パワ- (Libra)

 

 参加レコード会社は9グループ、19レーベルで前年救済措置のOSIを請負ったCBSシュガーがトップの8歌手、リコルディとRCAのグループ3社で20歌手(全体の3分の2)を占める寡占状態となりました。前年実績のリフィは出場歌手を出していませんが、各社とも前年と違いスター歌手、若手有望歌手を出場させ、特に3分の1がバンド、グループ歌手で若者を意識した構成でした。

 

 

第26回 1975年2月19日()~21日() サンレモ市カジノ付属劇場

司会:ジャンカルロ・ガルダバッシ(Giancarlo Guardabassi);セレーナ・アルバーノ(Serena Albano);マッダレーナ・ガッリアーニ(Maddalena Galliani);ステッラ・ルーナ(Stella Luna);ロレーナ・ロゼッタ・ナルドゥッリ(Lorena Rosetta Nardulli);ティツィアナ・ピーニ(Tiziana Pini);カルラ・ストラーノ・パヴェーゼ(Karla Strano Pavese)
楽団指揮:リッカルド・ヴァンテッリーニ(Riccardo Vantellini)

再演奏音楽家:エンゲル・グァルディ(Henghel Gualdi) 楽団、ブルーノ・マルティーノ(Bruno Martino), グラウコ・マセッティ楽団(Glauco Masetti)、エリー・ネーリ楽団(Ely Neri.)
オーガナイザー:サンレモ観光協会(Comune di Sanremo)

芸術監督:ヴィットリオ・サルヴェッティ(Vittorio Salvetti)

[]は外人歌手数

CBS Sugar [0] CBS4[]Derby 1[] Splash 1[] ; Smash[]Libra[0]

Dischi Ricordi [0] Ricordi 3[]);Carosello 1[]Real Music [] ; Disco Più [0])

RCA Italiana [1] (RCA 4[1]Hello 1[]FMA[])

Fonit Cetra 2[]

Phonogram [0] (Polydor[]Philips 1[0])

EMI Italiana []

Durium []

Ariston []

Phonotype (Bella Record) []

 

                 Profeti            Santino Rocchetti        

                  イ・プロフェ-ティ (CBS)         サンティ-ノ・ロッケッティ (Cetra)  

      

 

 予選の方法が全く新しい方法になり、複雑で一般視聴者には理解が難しかったようです。出場30歌手を各5歌手にAからEまで6チームに分けます。キャプテン2歌手(太字)は無条件で最終夜の決勝戦に進出、予選勝ち抜き(下線)、敗者復活(太下線)の勝者が入賞となります。

・赤チーム

ウェスとドリ・ゲッツィオリエッタ・ベルティストラ-ナ・ソチェタ、ロザンナ・フラテッロ、レア-ノ・モレッリ、サンティ-ノ・ロッケッティ

・橙チーム

ダニエル・センタクルス・アンサンブル, ドゥルピミコアルバトロス,アルモニウム、シルヴァ-ノ・ヴィットリオ

・青チーム

カマレオンティ, サンドロ・ジャコッベオペラプロフェーティ、ヴァンナ・レア-リ、ウンベルト・ル-ピ 

・緑チーム

ペピーノ・ディ・カプリ, セルジョ・エンドリゴパトリツィオ・サンドレッリ、アントニーノ・ブオノーモ、グロリア-ナ、ロミナ・パワー

・桃チーム

パオロ・フレスクラ,リッキとポーヴェリカルロ・ジッリヌオ-ヴァ・ジェンテ、エツィオ・ピチョッタ、マギー・メイ

 

 最終日は予選の結果に関係なく得票順に優勝歌手、第2位、第3位が表彰され、以下入賞18位まで発表されました。なお第3位が同点でサンドロ・ジャコッベとアルバトロスが分け合いました。なお青組のカマレオンティ, サンドロ・ジャコッベ、オペラ、プロフェーティ3歌手がグループ賞を取りました。

 

 

 

 <優勝曲> 

ふたりだけの秘密 Non Lo Faccio Più (Depsa - Fanrozop Berlincioni - Sergio Iodice) 出版社 SPLASH <46>ペピーノ・ディ・カプリ (vm) Peppino Di Capri (Splash – CBS SugarSPH-1023 [45]

 

 SPH-1023SPH-1023  CM-    3CM- 3 

 

 

  第2位誰と一緒 Come Stai, Con Chi Sei Cristiano Minellono - Umberto Balsamo) 出版社 KARMA - DURIUM <40> ウェスとドリ・ゲッツィ (duo) Wess & Dori Ghezzi Durium(Circus) – DuriumCNA-9343 [45]

 

CNA-9343CN・A-9343  4043(CBS)4043(CBS) 

 

第3位 雨の中の瞳Gli Occhi Di Tua Madre (Daniele Pace - OscarAvogadro - Sandro Giacobbe) 出版社INSIEME - SUCCESSO <36> サンドロ・ジャコッベ (vm) Sandro Giacobbe CBS CBS Sugar4043(CBS) [45]

 

 

第3位 別離のロ-マ空港 Volo AZ 504 (Vito Pallavicini - Salvatore Cutugno) 出版社 ASSO <36> アルバトロス (compl) Albatros Carosello Dischi RicordiCI-20410 [45]

 

CI-20410CI-20410  CM-   28CM- 28 

              

 

<入賞曲>

5位二つの指輪Due Anelli Antonio De Sanctis - Paolo Frescura) 出版社出版社RCA MUSICA - R <30> パオロ・フレスクラ (vm) Paolo Frescura RCA - RCA ItalianaTPBO-1207 [45]

 

            TPBO-1207TPBO-1207 

6位サンバリオ Sambariò Enrico Riccardi - Luigi Albertelli) 出版社 R.R.R. <24> ドゥルピ (vm) Drupi Ricordi – Dischi RicordiSRL-10792 [45]

 

SRL-10792SRL-10・792  DWQ-6003DWQ-6003 

 

 

7位 もっと強く Più Forte 出版社 MI-MO <23> カルロ・ジッリ (vm) Carlo Gigli RCA - RCA ItalianaTPBO-1175 [45]

 

                        TPBO-1175TPBO-1175 

 

8位 リンダ・ベラ・リンダ Linda Bella Linda Franco Specchia - Zacar - Paolo Principe -Daniel Sentacruz) 出版社 BELRIVERダニエル・センタクルス・アンサンブル (compl) Daniel Sentacruz Ensemble EMI – EMI Italiana3C006-18148 [45]

 

3C006-181483C・006-18148  EOR-20298EOR-20298 

 

 

9位また失った恋 L'Ho Persa Ancora Filiberto Ricciardi - OscarAvogadro - Daniele Pace) 出版社 SIAE オペラ (compl) Opera CBS CBS Sugar4042(CBS) [45]

 

4042(CBS)4042(CBS)  4038(CBS)4038(CBS) 

 

10位ガラスの心 Cuore Di Vetro Carlo Bigazzi - Toto Savio) 出版社 APRIL Mus. カマレオンティ (compl) Camaleonti CBS – CBS Sugar4038(CBS) [45]

 

 

残りの入賞曲は次回に続きます

 

 

 

   Vanna Leali     Opera       Paolo Frescura

ヴァンナ・レア- (Disco Più)           オペラ (CBS)                  パオロ・フレスクラ (RCA Italiana)

 

 

 76年初参加のレコード会社はBella Record (Phonotype), Derby (CGD), Disco Più, FMA, Libra, Real Music Smash,の7()社です。ダービーはCGDのサブ・レーベルで既に1965年日本の伊東ゆかりが出場した時にレコードを出して、名前だけは相当早い時点で出ていますが、色々経過もありまして、ここで紹介しておきましょう。

 

 ダービー(Derby)は76年時点ではCBSシュガーから発売されていますが、CGDのサブ・レーベルとして62年に外国人歌手がイタリアでレコーディングしたレコードを発売するために作られました。同年9月に64年サンレモ音楽祭に出場したジル・フィールズ&フラタニティ・ブラザース(GIL FIELDS & FRATERNITY Brs. (duo=a)が歌うアメリカのペリ-・ボトキン(Perry Botkin)が作った曲のイタリア語版“Topolino”を皮切りにレーベルは始まりました。

               
                               Derby     

 

 伊東ゆかりのイタリアでのデビュー盤、65年サンレモ音楽祭出場盤もダービーから出ています。

 

DB-5107 (1965年? DERBY - CGD) L'Amore Ha I Tuoi Occhi (恋する瞳)/L'Amore è Partito (過ぎ去った恋)

DB-5107DB-5107  DB-5111DB-5111   

DB-5111 (1965年? DERBY - CGD) Poco Dopo (ポコ・ドポ)Qunado Ci Sei TuQuando Cade Un Fiore (花のおちるとき)

 

 ところが65年後半から新人開発レーベルを持っていなかったCGDは新人歌手のレコードをダービーから出すようになります。初めてデビューした中で成功したのはセルジョ・レオナルディ (Sergio Leonardi)でした。年間ヒット・ランクに入るヒットを出し、70年サンレモ音楽祭に入賞しています。

 

 その後も74年のジャンニ・ベッラ(Gianni Bella)などイタリア人歌手がデビューして、レーベルの性格は曖昧になっていきます。77年のCGDとCBSの分離の際は発足の経緯からCGDに残り、CGDの経営悪化で80年にレーベルを閉じました。

 

 

 スマッシュ(Smash)は正式名称をスマッシュ・オリジナル・キャスト(La Smash Original Cast)と言います。米マーキュリー(Mercury)のサブ・レーベルのスマッシュやRCAイタリアーナの映画音楽のサブ・レーベル、オリジナル・キャストがありますし、ペピーノ・ディ・カプリ(Peppino Di Capri)スプラッシュ(Splash)とも別の会社です。

 
                                   

                       Smash   

 

 72年に音楽プロデューサー、フランコ・ラブリオーラ(Franco Labriola)がローマで設立した会社です。スマッシュを設立後に彼の名前が出てきますが、それ以前では余り見かけない名前です。76年サンレモ音楽祭出場歌手パトリツィオ・サンドレッリなどを育てました。76年末経営不振で閉鎖したようです。

 

 

 リブラ(Libra)アル・バーノ (Al Bano)が1974年デビューしたEMIイタリアーナから独立し、結婚したロミナ・パワー(Romina Power)と設立しました。レコードの発売は75年から始めました。この二人のレコード以外は製作されず、やはり独立会社は難しかったのか、81年に版権を管理するプロダクションとして残し、レコード製作は中止しました。この後アル・バーノとロミナ・パワーはベビー・レコーズに所属します。

 

                        Libra    

 

 

 

 

サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO)1976年は次回に続きます

 

 

・優勝・入賞曲と参加曲を含め全体を言う場合、出場曲と表現します。

・順位をつけない入賞曲の頭には""を、参加曲の頭には""を付けます。

・太字は国内盤で出ていた曲と歌手。

・サンプル音声ファイルは著作権侵害を避け、音声映像は貼り付けておりません。全曲聞きたい方はYou-Tubeを探してください。見つかることもあります。


プロフィール

cnz27hrio

Author:cnz27hrio
FC2ブログへようこそ! リンク切れの画像がある場合は、 http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio をご覧ください。

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR