カンツォーネ

カンツォーネ、イタリアン・ポップスの、“出来れば”知られざる話を致しましょう。

 
1
3
4
6
7
9
10
12
13
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04

サンレモに出なかった歌手達 62 アルト・サックス、ファウスト・パペッティ 1

 歌手でありませんが日本では人気のあったアルト・サックス奏者のファウスト・パペッティを紹介しましょう。ソロ演奏家なのでエピソードが少なく彼のディスコ・グラフィーが中心となってしまいます。お許しください。

ファウスト・パペッティ (Fausto Papetti)

1923128日ミラノの北スイス国境近くの町ヴィッジュ(Viggiù)生、1999615日サンレモ没、アルト・サックス奏者。

.

             msM-77042ms・M-77042 

 

活動期間1955 – 1999

所属レコード会社:Jolly, Durium, CBS, Fonit Cetra

サンレモ音楽祭出場0回:

サンレモ音楽祭出品0曲:

公式サイト

 

 

 ファウスト・パペッティのプロとしての音楽経歴は1955年に始まります。いくつかのジャズ・オーケストラを経た後、ドラムスのプーポ・デ・ルカ(Pupo De Luca)、ベースのエルネスト・ヴィッラ(Ernesto Villa)、ピアノのジャンフランコ・ボネスキ(Giampiero Boneschi)、アコーディオンのエツィオ・レオーニ(Ezio Leoni)のメンバーでイ・メネストレッリ・デル・ジャズ(I Menestrelli del Jazz)というジャズ・バンドを結成しました。バンド名はジャズの吟遊詩人たちと言う意味です。

 

 ワルター・グルトラー(Walter Guertler)のミュージック・レーベルに所属し、多くの番組の出演やコンサートをこなしていました。 また彼のレコード会社グルトラー(トニー・ダララやアドリアーノ・チェレンターノを輩出し、後にSAARとなります)からSP盤やLPも出したそうです。

 

 彼らのレコードは55年にバンド名をタイトルとした25cmLPを発売したり、声の出る葉書で何曲か出ているのか確認できます。

 

VIT-1540 (1955 Vox) 25cmLP I Menestrelli del Jazz

.Rapsodia Svedese

.O Sole Mio (オ・ソーレ・ミオ)

.Cara Piccina (カラ・ピッチーナ)

.Lili

.Copehagen (コペンハーゲン)

.Boogie Woogie Tahiti

.Luna Rossa (ルナ・ロッサ)

.Nu Quarto e Luna (三日月様)

.Peanut Vendor (南京豆売り)

10.Cieli Azzurri

11.Ridolini Stomp

                            VIT-1540VIT-1540 

 

 このアルバム・ジャケットがイタリアでは有名なイラストレイターで漫画家グイド・クレパックス(Guido Crepax)が書いたもの、そちらの方でも人気アイテムになっているようです。グイドはCGDの重鎮だったフランコ・クレパックス(Franco Crepax)の弟で、リコルディ・レコードのシンボル・マークをデザインした人でもあります。

 

C6-M18 (1957Phonoscope, Switzerland) Flexi Che Lla La (ケ・ラ・ラ) [Corrado Lojacono (コラッド・ロヤコーノ)Avec Les  Menestrelli Del Jazz (イ・メネストレッリ・デル・ジャズ)]

C17-M18 (?年 Phonoscope, Switzerland) Flexi Che Lla La (ケ・ラ・ラ) [Corrado Lojacono (コラッド・ロヤコーノ)Avec Les  Menestrelli Del Jazz (イ・メネストレッリ・デル・ジャズ)]

C6-M18C6-M18 C17-M18C17-M18

 

C6-M16 (1957 Phonoscope, Switzerland) Flexi Che Lla La (ケ・ラ・ラ) [Corrado Lojacono (コラッド・ロヤコーノ)Avec Les  Menestrelli Del Jazz (イ・メネストレッリ・デル・ジャズ)]

C6-M16C6-M16 C7-M15C7-M15

C7-M15 (1957 Phonoscope, Switzerland) Flexi Guaglione (ガリオーネ) [Corrado Lojacono (コラッド・ロヤコーノ)Avec Les  Menestrelli Del Jazz (イ・メネストレッリ・デル・ジャズ)]

 

Fonoscope‎-201 (1958 Fonoscope) Flexi Giulietta E Romeo [Tony Napolitano e  Roberta Corti con I Menestrelli Del Jazz‎]

Fonoscope‎-201Fonoscope‎-201 ZA-75ZA-75

ZA-75 (?年 Fonoscope) Flexi "C" Jam Blues [Menestrelli Del Jazz (イ・メネストレッリ・デル・ジャズ)]

 

 彼らはグルトラーのレコード会社でミュージック・レーベルの人気歌手トニー・ダララ(Tony Dallara)と知り合うことが出来て彼のバックを務めることもありました。

 

 59年ファウスト・パペッティはメネストレッリ・デル・ジャズから独立して、アルト・サックスのソロ奏者としてドゥリウムと契約します。ある日、大オーケストラのディレクターが映画「激しい季節(Estate Violenta)」のB面に入れる曲を探していました。

 彼は「激しい季節」を録音するにあたってオーケストラを使わず、パペッティのサックスをフューチャーした小編成委のバンドを使うことに即座に決め、ベース、ドラム、ギターのスタジオ・ミュージシャンを集めました。

 

 こうして彼はファウスト・パペッティ&リトミ(Fausto Papetti E Ritmi)として「激しい季節」でソロ・デビューしました。このデビュー盤はサントラ盤を上回る売上げで、翌60年の年間ヒット・ランク64位に入る大ヒットとなります。当時はシェラック盤(78回転SP盤)からヴィニール盤に切替わりようやく定着してきた時期で、両面1曲づつ入ったシングル盤か片面2~3曲入れたEP盤が主流で、ヒット歌手は月に2、3枚、年間20~30枚レコードを出すのが常套手段でした。

 

LdA-6731 (1959Durium - Durium) Estate Violenta (激しい季節)/Mio Impossibile Amore [Track B Giovanni Fenati :Dal Film "Vacanze D'Inverno"]

                 LdA-6731Ld・A-6731 

LdM-6767 (1959Durium - Durium) Colpevole (犯罪者)/Il Mare ()

 

 2枚目は59年サンレモ音楽祭の入賞曲2曲を出しました。彼のレパートリーはオリジナル曲ではなく、映画音楽や内外のヒット曲をアルト・サックスで演奏したカヴァー物でした。

 

LdM-6768 (1959Durium - Durium) Sulla Sabbia/Trionfo D'Amore

                  LdM-6792Ld・M-6792

LdM-6792 (1959Durium - Durium) La Dolce Vita (甘い生活)/Parlami Di Me (私に言って)

 

LdM-6793 (1959Durium - Durium) Till (愛の誓い)/Mare Incantato (魅惑のなぎさ)

LdA-6793 (1959Durium - Durium) Till (愛の誓い)/Mare Incantato (魅惑のなぎさ)

                  LdM-6793Ld・M-6793

 

LdM-6795 (1959Durium - Durium) Morgen (朝のひととき(モルゲン))/Scandalo Al Sole (A Summer Place) (夏の日の恋)

LdA-6795 (1959Durium - Durium) Scandalo Al Sole (A Summer Place) (夏の日の恋)/ Morgen (朝のひととき(モルゲン))

                  LdM-6795Ld・M-6795

 

 その後は年間100位以内に入る大ヒットを出しませんが、安定したセールスを確保し、60年に入り初めての4曲入りEP盤を出します。

 

epM-3213 (1960Durium - Durium) Estate Violenta (激しい季節)/Il Mare ()/Sulla Sabbia/Colpevole (犯罪者)

epM-3213ep・M-3213 epM-3221ep・M-3221

epM-3221 (1960Durium - Durium) Sax Alto Fausto Papetti E Ritmi

Mare incantato (魅惑のなぎさ)/Till (愛の誓い)/Scandalo Al Sole (A Summer Place) (夏の日の恋)/Morgen (朝のひととき(モルゲン))

 

LdM-6863 (1960Durium - Durium) Ebb Tide (Bassa Marea) (ひき潮)/ Cheek To Cheek (Guancia A Guancia) (チーク・トゥ・チーク)

LdA-6863 (1960Durium - Durium) Ebb Tide (Bassa Marea) (ひき潮)/ Cheek To Cheek (Guancia A Guancia) (チーク・トゥ・チーク)

                LdM-6863Ld・M-6863

 

LdM-6881 (1960Durium - Durium) Cinzia (チンチアのブルース)/ Il Nostro Concerto (愛のコンチェルト/ノートル・コンチェルト)

                LdM-6881Ld・M-6881

 

epM-3237 (1960Durium - Durium) Sax Alto Fausto Papetti E Ritmi

Il Nostro Concerto (愛のコンチェルト/ノートル・コンチェルト)/Cinzia (チンチアのブルース)/ Cheek To Cheek (Guancia A Guancia) (ク・トゥ・チ)/Ebb Tide (Bassa Marea) (ひき潮)

                 epM-3237ep・M-3237 

 

 

LdM-6902 (1960Durium - Durium) Nessuno Al Mondo (君だけの世界)/Too Much Tequila (Troppa Tequila) (テキラでヘベレケ)

LdA-6902 (1960Durium - Durium) Nessuno Al Mondo (君だけの世界)/Too Much Tequila (Troppa Tequila) (テキラでヘベレケ)

                 LdM-6902Ld・M-6902

 

LdM-6903 (1960Durium - Durium) Words (愛の言葉)/Bonheur

LdA-6903 (1960Durium - Durium) Words (愛の言葉)/Bonheur 

                 LdM-6903Ld・M-6903 

 

LdM-6924 (1960Durium - Durium) Tema Dal Film ''L'Appartamento''/Lonely Room (孤独の部屋のブルース)

                 LdM-6924Ld・M-6924

 

LdA-6925 (1960Durium - Durium) Sleep Walk/Gabbie (ギャビー)

LdM-6925 (1960Durium - Durium) Sleep Walk/Gabbie (ギャビー)

 

epM-3250 (1960Durium - Durium) Un Disco Per I Giovani!

Sleep Walk/Gabbie (ギャビー)/Lonely Room (孤独の部屋のブルース)/Words (愛の言葉)

                 epM-3250ep・M-3250

 

 デビュー翌年でファーストア・アルバムが発売されました。私は『Raccolta』を翻訳に困って「編集ベスト盤」としていますが、直訳では「コレクション」になります。彼の出したシングル盤を集めたアルバムは「Raccolta」を使い、このシリーズだけでも50枚ものアルバムを出すことになります

 

                      ms・A-77042a  msA-77042 ms・A-77042b

msM-77042 (1960Durium - Durium) Fausto Papetti Sax alto e ritmi (1a Raccolta) ) ※ジャケット画像は顔写真画像をご参照

msA-77042 (1968Durium - Durium) Fausto Papetti Sax alto e ritmi (1a Raccolta)

msAI-77042 (1960Durium - Durium) Fausto Papetti Sax alto e ritmi (1a Raccolta)

msAI-77042 (Durium - Durium) Cheek To Cheek Fausto Papetti

.Sleep Walk  

.Till (愛の誓い) 

.La Dolce Vita (甘い生活)  

.Estate Violenta  

.Too Much Tequila  

.Morgen (朝のひととき(モルゲン))  

.Le Bonheur (La Mia Felicità)  

.Sulla Sabbia  

. Words (Semplici Parole) (愛の言葉)

10. Gabbie (ギャビー)  

11.Scandalo Al Sole (A Summer Place) (夏の日の恋)  

12.Cheek To Cheek (Guancia A Guancia) (チーク・トゥ・チーク)  

13.Ebb Tide (Bassa Marea) (ひき潮)

14.Mare Incantato (魅惑のなぎさ)

15.Tema Dal Film ''L'Appartamento''

16.Nessuno Al Mondo

                        ms・AI-77042 msAI-77042 ms・AI-77042c   

 

LdM-6955 (1960Durium - Durium) What A Sky (太陽の誘惑)/Noi Due Sconosciuti (Strangers When We Meet) (逢う時はいつも他人)

LdA-6955 (1960Durium - Durium) What A Sky (太陽の誘惑)/Noi Due Sconosciuti (Strangers When We Meet) (逢う時はいつも他人)

                 LdM-6955Ld・M-6955 

 

epM-3256 (1960Durium - Durium) Sax Alto Fausto Papetti E Ritmi

What A Sky (太陽の誘惑)/Noi Due Sconosciuti (Strangers When We Meet) (逢う時はいつも他人)/ Tell Laura I Love Her (Di A Laura Che L'amo) (ロ-ラに告げて)/ The Green Leaves Of Summer (Le Verdi Foglie D'estate) (はるかなるアラモ))

                 epM-3256ep・M-3256

 

LdM-6956 (1961Durium - Durium) The Green Leaves Of Summer (Le Verdi Foglie D'estate) (はるかなるアラモ)/Tell Laura I Love Her (Di A Laura Che L'amo) (ロ-ラに告げて)

LdM-6956Ld・M-6956  LdM-6957Ld・M-6957

LdM-6957 (1961Durium - Durium) Liebelei (Breve Amore) (リーベライ(短かい恋))/Gillie (Gilly) (ジェリー)

 

LdM-6990 (1961Durium - Durium) Come Sinfonia (コメ・シンフォニア)/Al Di Là (アル・ディ・ラ)

LdM-6990Ld・M-6990  LdM-6999Ld・M-6999

LdM-6999 (1961Durium - Durium) Happy Whistler/Wonderland By Night (星空のブルース)

 

epM-3266 (1961Durium - Durium) Sanremo 1961

Come Sinfonia (コメ・シンフォニア)/Al Di Là (アル・ディ・ラ)/24 Mila Baci (24,000のキッス)/Il Mare Nel Cassetto (ひきだしの中の海)

                epM-3266ep・M-3266 

 

 

 

国内盤は次回から掲載、アルト・サックス、ファウスト・パペッティ 2は次回に続きます


スポンサーサイト

サンレモ音楽祭のコンピレーション(オムニバス)盤16 (1974年)

 イタリアではサンレモ音楽祭出場曲のコンピレーションが毎年数社から出ているのですが、1974年は音楽産業の不況と音楽祭の人気低下から、私が見付けたのはアリストンから出た盤のみでした。主力はリコルディ音源でCGDとアリストンが相乗りしたのが実態のようです。

 

ARLP-12113 (1974 Aristoni - Aristoni) 30cmLP Sanremo '74

.Senza Titolo (わかれの中に) ジルダ・ジュリアーニ (vf) Ariston

.Mon Ami TAngo (モナミ・タンゴ) レ・シャルロ(compl=f) Vogue

.Un Pò Di Coraggio (星の中の幻想) ロザンナ・フラテルロ (vf) Ricordi

.Sta Piovendo Dolcemente (そっと雨が降る) アンナ・メラート (vf) Ricordi

.Canta Con Me (僕と歌おう) カムビス (vm) Ricordi

.Sole Giallo (黄色い太陽) ミドル・オブ・ザ・ロド (compl=e) Ariola

.Monica Delle Bambole (人形のモニカ) ミルバ (vf)

.Valentintango (ヴァレンティン・タンゴ) ピエロ・フォッカーチャ (vm) Ariston

.A Modo Mio (道はひとすじ) ジャンニ・ナザーロ (vm) CGD

10.Per Una Donna, Donna (ローラがすべて) アントネッラ・ボタッツィ (vf) Spark

ARLP-12113AR・LP-12113  RMS-85184RMS-85184 

RMS-85184 (1974 Ri Fi - Ri Fi) Cassete Festival Di Sanremo 1974

.Ciao Cara, Come Stai? (さよならも言わずに) イヴァ・ザニッキ (vf) Ri Fi

.Cavalli Bianchi (白馬) リトル・トニー (vm) Fonit Cetra

.Fiume Grande (流れ去った青春) フランコ・シモーネ (vm) Ri Fi

.La Donna Quando Pensa (愛の想い) パオラ・ムジアーニ (vf) Bentler

.Ricomincerei (春ふたたび) ソニア・ジリオラ・コンティ (vf) Ri Fi

.In Controluce (逆光の中で) アル・バーノ (vm) EMI Italiana

.Notte Dell'Estate (夏の夜) ヴァレンティーナ・グレコ (vf) CiPiTi

.Il Mio Volo Bianco (白い飛行) エマヌエラ・コルテージ (vf) Fonit Cetra

.Sara' Domani (セルピコ) イヴァ・ザニッキ (vf) Ri Fi

10.Primavera Sanremese (サン・レモの春) エンリコ・イントラ楽団 (Orchestra Enrico Intra) Ri Fi

 

 優勝したイヴァ・ザニッキのリフィはカセット・テープでフォニット・チェトラ、EMIイタリアーナにベントラーとチピティ参加したようです。それでも曲数が揃わず、エンリコ・イントラ楽団の演奏曲とイヴァ・ザニッキの“セルピコ”を押込んでいます。キングが出した国内盤もこれに近い編成です。

 

 もう1本8トラーカセットで「Sanremo '74」と言うのを見つけたのですが、余りにも曲が揃い過ぎて怪しげなもの。レコード(カタログ番号)なし、画像を見ても文字だけで発売会社名もなし。いかにも『コピー』品のようです。

 

(1974Hi-Fi Recording) Stereo-8 Sanremo '74

.Ciao Cara, Come Stai? (さよならも言わずに) イヴァ・ザニッキ (vf) Ri Fi

.A Modo Mio (道はひとすじ) ジャンニ・ナザーロ (vm) CGDA

.Innamorati (恋人たち) ミーノ・レイターノ (vm) Durium

Questa È La Mia Vita (これが私の人生) ドメニコ・モドゥーニョ (vm) RCA Italiana

.Un Pò Di Coraggio (星の中の幻想) ロザンナ・フラテルロ (vf) Ricordi

.Cavalli Bianchi (白馬) リトル・トニー (vm) Fonit Cetra

.Se Hai Paura (もし、あなたが怖かったら) イ・ドモドッソーラ (coro) PDU

.Senza Titolo (わかれの中に) ジルダ・ジュリアーニ (vf) Ariston

.Il Matto Del Villaggio (村の狂人) ニコラ・ディ・バリ (vm) RCA Italiana

10. Occhi Rossi (バラ色の瞳) オリエッタ・ベルティ (vf) Polydor

11..In Controluce (逆光の中で) アル・バーノ (vm) EMI Italiana

12.Monica Delle Bambole (人形のモニカ) ミルバ (vf)

                     Hi-Fi Recording          

 

 国内盤はキングの優勝したイヴァ・ザニッキの曲を入れたオムニバス盤です。原盤はリフィ、アリストン、フォニット・チェトラ、CGD、ベントラーと集めても10曲にならず、イタリアのリフィが出したカセット・テープ同様にエンリコ・イントラ楽団の“サン・レモの春”を入れています。翌年ヴァレンティーナ・グレコのいるチピディを獲得し、シングル盤で“夏の夜”を出しました。

 

GP- 328 (19745 SEVEN SEAS - . キング) 30cmLP さよならも言わずにサン・レモ197 (SAN REMO 1974)

.さよならも言わずに (CIAO CARA, COME STAI?) イヴァ・ザニッキ (Iva Zanicchi)

.わかれの中に (SENZA TITOLO) ジルダ・ジュリアーニ (Gilda Giuliani)

.白馬 (CAVALLI BIANCHI) リトル・トニ (Little Tony)

.流れ去った青春 (FIUME GRANDE) フランコ・シモ (Franco Simone)

.サン・レモの春 (PRIMAVERA SANREMESE) エンリコ・イントラ楽団 (orch)

.道はひとすじ (A MODO MIO) ジャンニ・ナザ (Gianni Nazzaro)

.白い飛行 (IL MIO VOLO BIANCO) エマヌエラ・コルテジ (Emanuela Cortesi)

.春ふたたび (RICOMINCEREI) ソニア・ジリオラ・コンティ (Sonia Gigliola Conti)

.ヴァレンティン・タンゴ (VALENTINTANGO) ピエロ・フォッカチャ (Piero Focaccia)

10.愛の想い (LA DONNA QUANDO PENSA) パオラ・ムジア (Paola Musiani)

 

GP- 328GP- 328  MW-2089MW-2089   

 

MW-2089 (19745 RICORDI -ポリドール) 30cmLPサンレモ1974 (SAN REMO 1974)

.さよならも言わずに (CIAO CARA, COME STAI?) アルマンド・ロプレヴィテ (Armando Loprevite (vm))

.人形のモニカ (MONICA DELLE BAMBOLE) ミルバ (Milva)

.そっと雨が降る (STA PIOVENDO DOLCEMENTE) アンナ・メラ (Anna Melato)

.黄色い太陽 (SOLE GIALLO) イ・グリム (I Grimm (compl))

.別れの中に (SENZA TITOLO) アッスンタ・リッツォ (Assunta Rizzo (vf))

.もしあなたが恐かったら (SE HAI PAURA) ジャン・ピエレッティ (Gian Pieretti (vm))

.星の中の幻想 (UN PO' DI CORAGGIO) ロザンナ・フラテルロ (Rosanna Fratello)

.白馬 (CAVALLI BIANCHI) リトル・トニ (Little Tony)

.僕と歌おう (CANTA CON ME) カムビス (Kambiz)

10.白い飛行 (IL MIO VOLO BIANCO) エマヌエラ・コルテージ (Emanuela Cortesi)

11.ラがすべて (PER UNA DONNA, DONNA) アントネッラ・ボタッツィ (Antonella Bottazzi) 

 

 従来のポリドールはリコルディ・グループにイタリア・フォノグラムのポリドール・レーベルから出た歌手を加えていましたが、74年はオリエッタ・ベルティ(Orietta Berti)が出場したにもかかわらず、ベルティの“バラ色の瞳(Occhi rossi (tramonto d'amore))”は収録されず、国内盤はシングル盤のみの発売でした。おかげで私はオリエッタ・ベルティを買いそこないました。

 収録された歌手はリコルディとその傘下のレコード会社の歌手たちで、リコルディ本体はミルバ、アンナ・メラート、ロザンナ・ルラテルロ、カムビス。傘下のスパーク(Spark)のアントネッラ・ボタッツィは収録されたのですが、プロドゥットリ・アソシアーティ(Produttori Associati)のオーケストラ・スペッタコロ・ラオール・カサデイが入っていないのは残念な限りです。

 ポリドールの場合も従来のコンピ盤を作るには曲数が足りず、キングからフォニット・チェトラのリトル・トニーとエマルエラ・コルテージの2曲をレンタルしてもらっています。

 

 あと74年中に『サンレモ』のタイトルの付いたコンピ盤は2枚組1種類出ました。タイトル通りサンレモ音楽祭優勝曲を34曲集めた2枚組コンピレーションです。4曲が残念ながらオリジナル・ヴァージョンではありません。

 

GW- 2612 (19746SEVEN SEAS - キング) 30cm2LP サン・レモ優勝曲のすべて (I VINCITORI DI SAN REMO)

1-.さよならも言わずに (CIAO, CARA COMESTAI) イヴァ・ザニッキ (vf)

1-.失われた愛を求めて (UN GRANDE AMORE E NIENTE PIU') ペピ-ノ・ディ・カプリ (vm)

1-.虹の日々 (I GIORNI DELL'ARCOBALENO) トニ-・モレ- (TONY MORENO (vm))

1-.恋のジプシ- (IL CUORE E' UNO ZINGARO) パオロ・メンゴリ (PAOLO MENGOLI (vm))

1-.働かない者は恋するな (CHI NON LAVORA NON FA L'AMORE) アドリア-ノ・チェレンタ- (vm)

1-.涙のさだめ (ZINGARA) イヴァ・ザニッキ (vf)

1-.君を歌う (CANZONE PER TE) セルジョ・エンドリゴ (vm)

1-.愛のわかれ (NON PENSARE A ME) イヴァ・ザニッキ (vf)

1-.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO) ジリオラ・チンクェッティ (vf)

1-10.君に涙とほほえみを (SE PIANGI SE RIDI) ボビ-・ソロ (vm)

1-11.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI)) ジリオラ・チンクェッティ (vf)

1-12.ぼくの恋人 (UNO PER TUTTE) エミリオ・ペリコ- (vm)

2-.アディオ・アディオ (ADDIO, ADDIO) クラウディオ・ビルラ (vm)

2-.アル・ディ・ラ (AL DI LA') ベティ-・クルティス (vf)

2-.ロマンティカ (ROMANTICA) ジョニ-・ドレルリ (JOHNNY DORELLI (vm))

2-.チャオ・チャオ・バンビ-ナ (PIOVE) ドメニコ・モドゥ-ニョ (vm)

2-.ヴォラ-レ (NEL BLU DIPINTO DI BLU) ドメニコ・モドゥ-ニョ (vm)

2-.ギタ-の弦 (CORDE DELLA MIA CHITARRA) クラウディオ・ビルラ (vm)

2-.窓を開けて (APRITE LE FINESTRE) フランカ・ライモンディ (vf)

2-.悲しみよ今日は (BUONGIORNO TRISTEZZA) クラウディオ・ビルラ (vm)

2-.美しいママ (TUTTE LE MAMME) ジ-ノ・ラティルラ (vm)

2-10.秋の並木道 (VIALE D'AUTUNNO) カルラ・ボ- (vf)

2-11.飛べよ小鳩 (VOLA COLOMBA) ニラ・ピッツィ (vf)

2-12.花をありがとう (GRAZIE DEI FIORI) ニラ・ピッツィ (vf)

 

          GW- 2612GW- 261~2a 

 

 

 

1974年(第24回)サンレモ音楽祭は以上で終了です。

 

 次回は2月に開催される2018年第68回サンレモ音楽祭の最新ニュースをお伝えして、次々回から50年代60年代前半で紹介しきれなかった歌手もいますので、2年ほど前に書いていた「サンレモに出なかった歌手たち」をしばらく書く予定です。


2018年賀状

2018年賀状

2018年年賀状(犬)

 

 余り趣味に関係ない方や親戚関係には、流石レコードジャケットの年賀状は送れませんので、ごく普通の年賀状を出しています。画像をネット適当に頂くのも気が引け、幸い今年は戌年で、30数年前に飼っていた犬の写真がありましたので使いました。柴系雑種でおキャンな(メス)犬でした。娘のベンチブランコに乗せられて、チョット不安な表情です。

2018年年賀状(ジャケット)

          http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio

          http://plaza.rakuten.co.jp/cnz27hiro/

          http://cnzhrio.blog.fc2.com/

 

2016年12月〜2017年12月の約1年強の間に入手した盤を載せています。大体入手した順に内容は考慮せずに並べています。

 

 

 

 

使いましたジャケット画像は以下の通りです。

 ※表記は縦方向↓にAからG,横方向→1〜8の記号を付けています。

A1:PHCA- 1019 (1993 125PHILIPS - マーキュリー・ミュージック・エンタテインメント) CDパトリツィア・ポリ/軌跡 (PATRIZIA POLIZAURRA) パトリツィア・ポリ (vf=f) コルシカの女性歌手

A2: FSO30-03 (1976EDIZIONI PAOLINE - EDIZIONI PAOLINE,Italy) LP VOCI DAL SILENZIOENRICO INTRA エンリコ・イントラ (p, trio) クリスマス音楽

A3: POCL- 5155 (1995 421LONDON -ポリドール) CDパヴァロッティ・スーパー・ヒッツ! (tr) オペラのアリアからナポリターナ、ヴォラーレ、カルーソまでのベスト盤

A4: UNIVERSAL MUSIC-57426236 (20172UNIVERSAL - UNIVERSAL Mus. ITALIA) CDサンレモ2017 (SANREMO 2017) 2017サンレモ出場曲コンピ盤

A5: DIWM- 469(WQCP-  4690630-158182) (2006719CGD - ディスカス(ワーナー・ミュージック・ジャパン/W.C.C.,Italy ) CD イ・プー永遠の友だち (POOH/AMICI PER SEMPRE) 準国内盤

A6: K32Y-  186 (1986 5 5 SEVEN SEAS -キング) CDタリアヴィニ・リサイタル・イン・ジャパン (FERRUCCIO TAGLIAVINI RECITL IN JAPAN) フェルッチョ・タリアヴィ- (tr)

A7: FLPS-1546(1969FIESTA - FIESTA,USA) LP  サン・レモ1969/カンツォニッシマ1968 (SAN REMO 1969/CANZOONISSIMA 1968) オムニバス (原盤COMBO,Italy)

A8: LP- 8078 (19672LIBERTY -東芝音楽工業) LP魅惑のヴォイス (VIC DANA GOLDEN GREATS) ヴィック・ダナ (vm=a)

.モア (MORE)

 

B1: EQLP-1005 (1970 EQUIPE - EQUIPE,Italy) LP  NILLA PIZZI/SCRITTE PER ME ニラ・ピッツィ (vf)

B2: EQLP-1006 (1970 EQUIPE - EQUIPE,Italy) LP  CON TANTA NOSTALGIA - NILLA PIZZI/CANZONI, POESIE, LETTERE SCRITTE DAGLI EMIGRANTI ITALIANI  ニラ・ピッツィ (vf)

B3: MOCQ-5008 (1960 ODEON - CARISCH,Italy) LPルチアノ・タヨ (LUCIANO TAJOLI)

B4: PRD-20241(1981PARADISO -  CGD MESSAGERIE MUSICALI,Italy) LP ジャンニ・トーニ (GIANNI TOGNI)

B5: YS-  786C (19675 CBS COLUMBIA -日本コロムビア) LPマイ・ネーム・イズ・ヴィック・ダモン(MY NAME IS VIC/VIC DAMONE)

.アネマ・エ・コーレ [英] (WITH ALL MY HEART AND SOUL/ ANEMA E CORE [E])

.彼女に告げてよ (JUST SAY I LOVE HER/ DICITENCELLO VUJE [E])

B6: YX-6081(1974 VOGUE -東宝芸音) LPフレンチ・ポップス・オリジナル・ヒット (FRENCH POPS ORIGINAL HITS) オムニバス

.あれから一年 (君への言葉 []) (UN AN DEJA/ PENSIERI E PAROLE [F]) ジャン・フランソワ・ミカエル (JEAN FRANCOIS MICHAEL (vm=f))

B7: SPCR-20014 (1997AVANZ -  アヴァンツ) CDヴェード・ヌード (VEDO NUDOARMANDO TROVAIOLI) オリジナル・サウンドトラック

.クレイジー (CRAZY)  ウェス と エアーデイルス (WESS & AIREDALES (compl)) 

B8: SONG-80089 (19699CBS SONY - CBSソニ) モア (MORE)シャレード (CHARADE) アンディ・ウィリアムス (vm=a)

 

C1: IS-1007 (196011.10 KING INTERNATIONAL -キング) ばらのタンゴ (TANGO DELLA ROSE)ヴォラ・コロンバ(VOLA COLOMBA) ロッコ・グラナ- (vm=bg)

C2::45X-  100 (1968125 PHILIPS - 日本ビクター) LP ESSSプレゼンツ・ロマンティック・イタリー (E.S.S.S. PRESENTS ROMANTIC ITALY) イ・ムジチ・ナポレターニ (orch)

C3: SLS- 5022 (195910 VICTOR - 日本ビクター) LPハネムーン・イン・ローマ (HONEY MOON IN ROMA) カルロ・サビ-ナ楽団 (orch)

C4: SFX- 7604 (1967 8 PHILIPS - 日本ビクター) LP 素晴らしい世界音楽旅行イタリア編 (FAMOUS MUSIC OF THE WORLD - ITALY) オムニバス (クラシック)

C5: SRA-2643 (1970.25 RCA - 日本ビクター) LP ドリゴのセレナードタリアヴィーニ、愛のしらべ (ROMANZE DI SEMPREFERRUCCIO TAGLIAVINI) フェルッチョ・タリアヴィ- (tr)

C6: SFL- 7203 (196412 PHILIPS - 日本ビクター) LP 若人はアルプスに歌う (CORO TRE PINI/SU IN MONTAGNA) トレ・ピニ・アルペン合唱団 (coro)

C7: CL-136(195? KING -キング) 25cm LP  純愛カタリ・カタリ (CORE 'NGRATO)星と涙 (STELLE E LACRIME) ニラ・ピッツィ (vf)

C8: BS-7140 (196651 KING -キング)  しあわせ悲恋 [] (NESSUNO DI VOI [J]) 早坂  絃子 (vf=j)

 

D1: SDR-1102 (1965POLYDOR -日本グラモフォン) わが愛の詩/アモーレ・ミオ[日] (AMMORE MIO [J]) 高美 アリサ (vf=j)

D2: FS- 18 (1962425FONIT -  テイチク) アディオ・アディオ (ADDIO, ADDIO) ドメニコ・モドゥーニョ (vm) /いのち (VITA) ジョルジョ・コンソリーニ (vm)

D3: SCMQ-7069 (1967 COLUMBIA - EMI ITALIANA) IL MONDO CHE VUO!/ NEL SILENZIO (DI QUESTO GRANDE MONDO) イ・トロルス (I TROLLS (compl))

D4: YS-5008 (1961510MGM - 日本コロムビア) LPコニー・フランシス・イタリアン・ソング (CONNIE FRANCIS SINGS ITALIAN FAVORITES)

D5: PL-  727 (1987 PELLICANO - FONIT CETRA,Italy) LP ITALIAN GRAFFITI N2 1967 オムニバス (カンツォーネ)

D6: PL-  728 (1987 PELLICANO - FONIT CETRA,Italy) LP ITALIAN GRAFFITI N2 1968 オムニバス (カンツォーネ)

D7: CSMY-0520  (2005 5 KVZ MUSIC - CULTURELL EVENTS,Austria) CD ORCHESTRA ITALIANA NAPOLETANAサンドロ・クトッレーロ指揮イタリア・ナポリターナ楽団 (orch)

D8: SHP-2178 (19631VICTOR - 日本ビクター) LP セルジョ・フランキ/ロマンティック・イタリアン・ソング (ROMANTIC ITALIAN SONGS)

 

E1: ORL-8522 (1981ORIZZONTE - RICORDI,Italy) LP IVA ZANICCHI/CORAGGIO E PAURA...  (イヴァ・ザニッキ/勇気とおそれ)

E2::UNS-15537 (1967 U.A. INTERNATIONAL - UNITED ARTISTS,USA) LP IVA ZANICCHI/FRA NOI イヴァ・ザニッキ (vf)

E3: SHP-5702 (1968VICTOR - 日本ビクター) LP) エド・エームスゴールデン・ヒットを歌う (MY CUP RUNNETH OVER) . モア (MORE)

E4: DW-1029 (1971 115RICORDI -日本グラモフォン) 恋のとりこ (MALATTIA D'AMORE)/花のものがたり (STORIA DI UN FIORE) ドナテッロ (vm)

E5: MAL-0021 (1985 MASCAL RERORDS - RCA ITALIANA) IO VOGLI TESE MI VUOI BENE イ・プロヴィンチャ} (I PROVINCIA} (compl))

E6: SWG- 7155 (19699 VICTOR WORLD GROUPE -日本ビクター) ルデン・ボイスト二・マティン (GOLDEN VOICE OF TONY MARTIN)

12.ア・マン・ウィザウト・ラブ(愛の花咲くとき[英]) (A MAN WITHOUT LOVE (QUANDO M'INNAMORO [E]))

13.モア (MORE)

E7: WPCR-14984(2013522WARNER MUSIC - ワーナー・ミュ-ジック・ジャパン) CD小さな村の物語 イタリア 音楽集 (LA VITA DEI PICCOLI BORGHI D'ITALIA) オムニバス

E8: KP-29 (19613 KAPP - . 東芝音楽工業)  アリヴェデルチ・ローマ・ロック (ARRIVEDERCI ROMA)/リヴァー・リヴァー (RIVER, RIVER) ジミ-・モスビ- (vm=a)

 

F1: HN-1023 (195?ANGEL -東京芝浦電気工業) EPジーリ イタリア民謡集 (NEAPOLITAN SONGS) ベニアミ-ノ・ジ- (tr)

F2: B31P-15 (1963215日現代芸術社 -現代芸術社) 5Flexオペラ独唱歌集 (SONO-JOURNAL 68) オムニバス (クラシック) [ソノシート]

F3: EB-7107 (1962610KING -キング) ゴンドリ・ゴンドラ[日] (GONDOLI GONDOLA [J])/タンゴ・イタリアーノ[日] (TANGO ITALIANO [J])   洋子 (vf=j)

F4: HJ-5016 (19626ANGEL - 東芝音楽工業) マレキアーレ (MARECHIARE)/彼女に告げてよ (DICITENCELLO VUJE) ジュゼッペ・ディ・ステファーノ (tr)

F5: VFC-3705 (1979VICTOR - ビクターファミリークラブ(ビクター音楽産業)) 決定盤・世界の愛唱歌5 オー・ソレ・ミオ(イタリアのうた) オムニバス [特販物]

F6: RANK-1071 (196011TOP RANK - 日本ビクター) 月光のノクタ (DON'T WANT THE MOONGLIGHT (GUARDA CHE LUNA))/心のきずな (CONSPIRACY OF HEARTS) [映画「戦塵未だ消えず 」] ジョニー・コスタ楽団 (JOHNNY COSTA (p,orch=a))

F7: SHP-5238 (196311VICTOR - 日本ビクター) LP 窓辺のマンドリン (SERENATE E ROMANZE PER MANDOLIN) タオルミ-ナ・マンドリン楽団 (COMPLESSO A PLETTO DI TAORMINA (compl))

F8: SX- 229 (197212RCA - ビクター音楽産業) LP ヨーロッパ映画音楽/グランプリ・アルバム (EUROPEAN SCREEN THEME) オムニバス

 

G1: SRA-50201 (19664VICTOR - 日本ビクター) 2LP ヨーロッパ映画音楽大全集 (THE GREATEST SCREEN THEMES FORM EUROPEAN FILMS) オムニバス

G2: RA-5438 (197112 RCA - ビクター音楽産業) LP想い出のS盤アワーVol. (MEMORABLE HITS FROM S-BAN HOUR Vol.3 ) オムニバス

G3: RA-5439 (197112 RCA - ビクター音楽産業) LP想い出の盤アワーol. (MEMORABLE HITS FROM S-BAN HOUR Vol.4 ) オムニバス

G4: RA-5447 (19721 RCA - ビクター音楽産業) LP想い出の盤アワーol. (MEMORABLE HITS FROM S-BAN HOUR Vol.6 ) オムニバス

G5: SONI-95113 (197? CBS SONY - 国際情報社(制作CBSソニー)) LP ヨーロッパ・スクリーン・ミュージック(ベスト・オブ・ベスト・ム-ド・ポップス18シリ-ズ第13集) (EUROPEAN SCREE MUSIC GREATEST HITS (BEST OF BEST MOOD POPS 18 SERIES Vol.13) ) オムニバス  [特販物]

G6: OKB-008 (197010 ODEON - 国文社(東芝音楽工業)) LP デラックス・イン・ヨーロッパ・スクリーン (DELUXE IN EUROPE SCREEN)) オムニバス  [特販物]

G7: LL-  2349Y (1970410 PYE - 日本コロムビア) かわいいベリンダ (PRETTY BELINDA)/メイク・ノー・ミステイク (MAKE NO MISTAKE) クリス・アンドリュ- (CHRIS ANDREWS (vm=e))  ジャンニ・モランディの“ベリンダ(BELINDA)”の元曲です

 G8: KICP-1881 (20171115 SEVEN SEAS – キング) CD ジリオラ・チンクェッティ/愛の旅路 (Gigliola Cinquetti20.12) ジリオラ・チンクェッティ (vf) [来日記念盤] イタリア盤にボーナストラックとして“輝く女(ひと) <L>(LA DONNA CANNONE <L>)”が追加され、全12曲です

 

                                         以  上


インテルメッツォ ジリオラ・チンクェッティ日本公演&マルチェラのオーダーメイドファクトリー

 以下のようなジリオラ・チンクェッティの日本公演のことをお知らせして早半年が経ち、いよいよ11月18日今夕と明日19日夕方に開演されます。

 

 私事ですが、年金生活に入った関西に住む者にとって首都圏の公演に行くことは、4、5万円出費することは必至で、早々と諦めざるを得ませんでした。

 

 9月に入り一般売りもあったようですが、昔なら時間を作ることだけを心がけ、最悪高速バスを使って日帰りなんていう事もしたでしょうが、体力的に無理をすれば出来るかもしれませんが、もしもの事があり(本人の自己責任ですが)周りに迷惑をかけてしまうので如何なものかと思う年齢になり無茶は出来なくなりました。

 

 何方かから行ったお話を伺えれば、幸いです。

 

来日記念盤は11月15日発売です。

KICP-1881 (20171115SEVEN SEAS – キング) ジリオラ・チンクェッティ/

愛の旅路 (Gigliola Cinquetti20.12)

                      KICP-1881 

.海を裂いて(Lacrima In Un Oceano)

.流星が瞬く夜空(Brillano Le Stelle)

.恋い焦がれて(Fino A Sentirmi)

.今日はおでかけ(Andiamo Via)

.貴方と私の恋路(Ed Io E Te)

.愛は何処へ(Quale Amore)

.恋は偏西風(Se Adesso Fossi Vento)

.外は雨(Fuori Piove)

.真実の愛(Sei)

10.人生の旅路(Dove Va La Vita)

11.レディ・ジェーン(Lady Jane)
[ボーナストラック]
12.輝く女(ひと) <L>(La Donna Cannone <L>)

 

本国イタリアでは20151220 Lelaレーベルからでた最新(?現行では)盤です。

 

 

ジリオラ・チンクェッティ24年ぶりの来日公演の決定!! 異例の半年前告知

          夢見る想い~プレミアム・リサイタル 2017

 

http://www.gigliolajapan.com/main/ 

                                   Gigliola Cinquetti 2017・11cta)            

 

2017年11月18日(土)・19日(日)17時~ 

ライブホール CLUB CITTA’(クラブチッタ)

CLUB CITTA’1988年オールスタンディングの大型ライブホールの先駆けとしてオープン、一時代を築く。収容人数:スタンディング時 1300 / 椅子使用時 601

お問い合わせ:■Tel044-246-8888 (受付時間 平日12:0019:00)

          ■住所:〒210-0023 神奈川県川崎市川崎区小川町 5-7

          ■Mailinfoclubcitta@clubcitta.co.jp

 

公演スケジュール(2017/11/12017/11/30

 http://clubcitta.co.jp/schedule/?ym=2017-11

公演詳細 Gigliola Cinquetti 「夢見る想い~プレミアムリサイタル 2017」

  2017年11月18日(土) http://clubcitta.co.jp/detail/1644.html

  2017年11月19日(日) http://clubcitta.co.jp/detail/1645.html

  公演特設サイト       http://www.gigliolajapan.com/

公演詳細発表は2017年6月10日になります。

※当ブログと主催者とは関係ございません。各々の責任でお問合せ、チケット申込みはクラブチッタにして下さい。

 

 

ジリオラ・チンクェッティ (vf)  Gigliola Cinquetti

ジリオラ・チンクェッティ(Gigliola Cinquetti)1947年12月20日ヴェローナ生。彼女は裕福なインテリの家庭に生まれました。家族は父ルイージは建築設計士、母サラ、兄と1才上の姉ロッビ ROBBI (ロザビアンカROSABIANCA)でした。 歌手、画家、社会運動家、政治家。

 

 2000年以降は画家、社会運動家、政治家としての活動が主となっていますので、経歴は省略しております。2016年末突然新譜アルバムをリリース、2017年11月日本公演決定。

 

サンレモ音楽祭出場12回1964年優勝、65年入賞、66年優勝、68年8位、69年6位、70年6位、71年9位、72年9位、73年参加、85年第3位、89年18位、95年14位

所属レコード会社CGD (1963-83), BABY(85-86)Carisch (89), Ricordi (91), Mercury (95), PULL (97), D.V.MORE (99), Lela (2015)

 

詳しい経歴バイオグラフィ、国内盤・イタリア盤、のディスコグラフィーは私の過去ブログ

2012/6/11() ジリオラ・チンクェッティ~シングル盤コレクション(1)
http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/5893011.html
2012/10/26(
)ジリオラ・チンクェッティ~シングル盤コレクション追加情報2012.10.26
http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/7611610.html 

をご覧ください。 カテゴリー「ジリオラ・チンクェッティ」のホルダーをご覧になると便利です。

 

上記過去ブログでは日本のコンピレーション(オムニバス)盤をほとんど紹介しておりませんでした。国内のオムニバス盤を紹介しながら、再度ジリオラ・チンクェッティの略歴を紹介しております。ご興味があれば私の過去ブログをご覧ください。

 

 話は変わります

 

 マルチェラ(Marcella)のことです。本国ではマルチェラ・ベッラ(Marcella Bella)で活動した期間が長かったのですが、日本ではデビュー当時のマルチェラの方がなじみ深いのでマルチェラの表記で行きます。

 

 私のブログはコメントなど頂くことが非常に少なく、ましてや「ゲストブック」に書き込みがあるなんて思ってもいないので、長らく見ていませんでした。

 つい先日私のヤフー・ブログのゲストブックを点検したところ、ご覧いただくような書き込みがありました。

 

はじめまして、あまりにも情報が豊富な日本語のこのサイトに驚いています。

ところで、マルチェラ(Marcella Bella)のCBSとリコルディ時代のアルバム8枚を

紙ジャケCDBOXを企画しています。発売日は未定ですがこちらで紹介していただければ嬉しいです。よろしくお願いします。

https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=2408&cd=DQCP-707 

                            (2017/8/24() 午後 3:24

 

8月24日頃と言えば、ミルバのことを書き始めたところで、とてもほかの事に気を留める余裕もなかった時でした。

 

 ソニー・ミュージック・ショップのオーダーメイドファクトリーで「マルチェラ オリジナルアルバムコレクション 1979-1988¥ 12,960(税込)を作ろうという内容です。

 

オーダーメイドファクトリーとは

廃盤となり入手困難な商品や、新たなベスト盤企画、貴重な未発表音源やブックレットが付いた豪華BOXセットなど、様々なタイトルを皆様のご予約によって商品化してお届けするサービスです。

設定された予約期間内に、予約数が規定の数に達した場合のみ商品化決定となります

 

締切が11月20日と時間がありません。

 

申込み等する前に「ご利用規定等」をご熟読してください。
11月14日商品化が決定しましたので、申込むと予約購入しなければなりません。


 もっと早く気づいて入れはご紹介できたのですが、時間がありません。もし書き込まれるのなら、コメントにしていただければ、書き込まれたときに分かるのでそちらにしていただければ早くに発見できました。

 とは言え、お金の支払いなど関わることが発生するので、何方かよく分からない場合には紹介をためらいます。コメントも非公開を指定して頂き、お名前、ご連絡方法(メール・アドレスなど)をあらかじめ教えていただければ、スムースにブログで紹介できたと思います。

 

 今回は時間も残り少なく、取り敢えず紹介いたします。できれば画像も使いたかったのですが、ライツの関係で使えるのかどうかを関係者に確認したかったのですがその余裕もないので、ソニー・ミュージック・ショップ自体を紹介いたします。

 

 ジリオラ・チンクェッティの来日公演もイタリア関係のCDのライナーノーツや本を書いていらっしゃる片山伸さんからのお話でした。

 片山さんとは2012年7月に4枚組CD「ジリオラ・チンクェッティ/シングル・コレクション」をリリースされる時、何枚か国内シングル盤のジャケット画像を提供させていただいた関係で、チンクェッティ来日の情報をメールでいただいて直ぐに紹介することが出来ました。

 

 もし今後何か計画されていらっしゃるのなら、事前にお名前、連絡方法、計画されている内容を教えていただければ、私の名前、連絡方法もお知らせしますのでお手伝いできるかもしれません。その時はよろしくお願いします。

 

 

ジリオラ・チンクェッティ日本公演&マルチェラのオーダーメイドファクトリーは以上。


インテルメッツォ ~ ジャンカルロ・ルカリエッロ

 7月から1974年サンレモを書き3か月経ちました。何しろミルバの10回、ロベルト・ヴェッキオーニ、ミドル・オブ・ザ・ロード、リッカルド・フォッリが4回と長丁場で、今後も74年が最後となったドメニコ・モドゥーニョは書かないとどれ位になるかわかりません。一度この辺りで、インテルメッツォを入れてみましょう。

 プー、リッカルド・フォッリを扱った音楽プロデューサーのジャンカルロ・ルカリエッロを紹介します。既に何度か名前が出ましたが、プロデューサーの名前まで覚えていらっしゃる方も少ないと思います。

 

ジャンカルロ・ルカリエッロ Giancarlo Lucariello

 1945731日ナポリ生、レコード・プロデューサー、音楽、演劇演出家であり、出版社・レコード会社パラディーゾのオーナーでした。

 

                         Giancarlo Lucariello
 
    

  1968年ナポリ生まれの青年ジャンカルロ・ルカリエッロは音楽プロデューサーになる野心でミラノにやって来ます。ある時CGDに映画「女王陛下の007(Agente 007 Al Servizio Segreto Di Sua Maestà/On Her Majesty’s Secret Service)」の主題曲をルイ・アームストロング(Louis Armstrong)が歌っていた“愛はすべてを越えて((We Have) All the Time in the World)”が販売権が移籍し廃盤になっており、これをシングル盤としてり再発売すことを提案しました。傘下にあるリバティー・ユナイテッド・アーチスツ・ヨーロッパのユナイト・レーベルから発売し、成功しました。

 

UA-3172 (1970United Artists - Carosello) We Have All The Time In The World (愛はすべてを越えて)/Pretty Little Missy (プリティー・リトル・ミッシー)

UA-3172UA-3172  UA-35059UA-35059

UA-35059 (1971 United Artists - CBS Sugar) We Have All The Time In The World (愛はすべてを越えて)/Pretty Little Missy (プリティー・リトル・ミッシー)

 

 このことをCGDのナンバー3、副社長のフランコ・クレパックス(Franco Crepax)が知り、彼の下にジャンカルロ・ルカリエッロを雇入れました。71年ルカリエッロはCBSと契約したばかりのプーの担当になり、まだプロデューサーの経験がありませんでしたが、60年代のビートニック・バンドのことを良く知っていてプーのことを高く評価していました。

 最初の仕事は移籍第一弾のシングル“君をこの胸に (Tanta Voglia Di Lei)”の発売でした。夏のディスクで特別賞を受賞し、年間ヒット・ランク2位の驚異的な成績をおさめ、第二弾の“ペンシェロ(Pensiero)”も同8位のメガ・ヒットとなり、バンドのプーもプロディーサーのルカリエッロも大成功のスタートを切りました。

 

                                   Giancarlo Lucariello2           

       1972年 プーのメンバーとジャンカルロ・ルカリエッロ(左から2番目)

 

 73年メンバーのリッカルド・フォッリがソロ歌手になりたいと言ってプーを脱退し、RCAイタリアーナでレコードを出しましたが失敗し、75年ルカリエッロを頼って戻ってきます。

 

 その前年74年から75年に出すプーの新アルバム2枚の制作が始まります。交響楽団を使った壮大なアルバムの構想でしたが、ルカリエッロとプーのメンバーは交響楽団の使い方で意見が対立し、プーのメンバーによるセルフ・プロデュースに変更され、ルカリエッロはプーの担当を離れることになりました。

 

 その代わりにルカリエッロは大きな仕事を任されます。CGDのオーナー、ラディスラオ・シュガーの息子ピエロと結婚したカテリーナ・カセルリ(Caterina Caselli)がその歌手生命をかけたアルバム「組曲『』春』) (Primavera)」のプロデュースを手掛けます。プログレッシブで意欲的な仕上がりで、日本のカゼッリが好きなプログレ派の人たちには評判がよかったのですが、何分イタリア本国の人たちに人気がな、く販売実績が上がらずカテリーナ・カセッリは引退を決意しました。

 

CGD-69071 (1974 CGD - CBS Sugar) Primavera (組曲「春」)

              CGD-69071CGD-69071

 

 ルカリエッロがミラノに来てプロデューサーになろうとした時、理想のプロデューサー像がありました。それはアメリカのジョージ・マーティン(George Martin)とフィル・スペクター(Phil Spector)でした。イタリアでもプロデューサーという仕事が一般的になりつつありましたが、彼らはレコード会社のオーナーであり、歌手、指揮者・演奏家、作・編曲家や作詞家が音作り、レコード作りに関わっているのであって、この仕事だけで生きていくプロデューサー専業者がいませんでした。彼は常時スタジオで歌手、音楽家と音作りをし、音楽クリエーターとして彼らの人格にも関わる仕事を望んでいたようです。

 

 75年リッカルド・フォッリがRCAイタリアーナでの失敗でルカリエッロの元に戻ってきた時、プーとの仕事がなくなった事ばかりでなく、彼との仕事が最初の成功だった実績とリッカルドの将来性を見抜き、再び歌手として蘇らせたいという気持ちがあったこそ彼を受け入れられたのではないでしょうか。

 

 フォッリはその年にアルバム「リッカルド・フォッリ(Riccardo Fogli」」(年間ベスト・アルバム80位)を制作、そこからのシングルカットした“世界(Mondo)”が年間ヒット・ランク39位となる成功を得ました。

 

 同じ頃、マウリツィオ・ファブリツィオ(Maurizio Fabrizio)から紹介されたと思われる、声を痛めて休業していた72年サンレモ音楽祭でデビューした カルラ・ビッシ(Carla Bissi)をその後のアリーチェ、アリーチェ・ビスコンティ(Alice Visconti)の芸名で、CBSシュガーからイメージを一新したカンタウトリーチェとして再デビューさせました。

 

 こうして新たな歌手をプロデュースしていた矢先、77年CBSがCGDグループから分離独立する騒動に巻き込まれます。ルカリエッロの方針がはっきりしていたので彼の手がけた歌手たちはCGDに難なく移行し、トラブルは起きませんでした。

 

 77年彼は新たなプロジェクトを立ち上げます。ファンタジー(Fantasy)というバンドを結成し、メンバーは

・ルイジ・ロペス(Luigi Lopez)

・ダニーロ・ヴァオナ(Danilo Vaona)

・カルラ・ヴィスタリーニ(Carla Vistarini)

・トニー・チッコ(Tony Cicco)

・ヴィオラ・ヴァレンティーノ(Viola Valentino)

・リッカルド・フォッリ(Riccardo Fogli)

・ジャンカルロ・ルカリエッロ(Giancarlo Lucariello)

でした。

 作曲家ルイジ・ロペス(ギター)と作詞家でミタ・メディチの姉カルラ・ヴィスタリーニはリッカルド・フォッリの74年サンレモ音楽祭出場曲“共犯者たち”や復帰曲“世界”などの作家コンビ、作曲家ダニーロ・ヴァオナ(ヴォーカル)はカテリーナ・カセルリの「序曲『春』」にテーマ曲を提供しており、トニー・チッコは日本でチコとしてアルバム「夜の闇の中で(NOTTE)」も出ている元フォルムラ3のドラマーです。それにリッカルド・フォッリと、その奥さんヴィルジニア・ミンネッティ(Virginia Minnetti)がヴィオラ・ヴァレンティーノの芸名を名乗り、これ以降歌手として復帰します。

 

3C006-18305 (1977 EMI EMI ITALIANA) /Mama Don't Cry

3C006-183053C・006-18305 3C064-183063C・064-18306

3C064-18306 (1978 EMI – EMI ITALIANA) Fantasy  ‎– Uno

.L'ultimo Giorno

.Mama Don't Cry

.Scende La Sera

.Hollywood Superstar

.Thank You Baby

.Fantasy

.Cantando

.Oh Cara

.Emy Emy

10.Bye Bye Cecilia

 

 79年ルカリエッロは自分のプロデュース歌手達のためにレコード会社パラディーゾ(Paradiso)をCGDの傘下に設立、また音楽出版社パーキング(Parking Edizioni Musicali.)を作りしました。

                                               Paradizo

                    

 

 パラディーゾはリッカルド・フォッリ、ヴィオラ・ヴァレンティーノのほか新スターとしてジャンニ・トーニ(Gianni Togni)を輩出し、80年代の半ばには後にヴィンチェンツォ・スパンピナート(Vincenzo Spampinato)となるピエトロ・パン(Pietro Pan)を育てました。

 

 プロデュースでは81年にジャンニ・トーニのアルバム「ルナ(Luna)」、82年ミゲ-ル・ボセ(Miguel Bosé)の“Bravi Ragazzi”と翌年のアルバム「Milano-Madrid」に、83年トッキョーニョ(Toquinho)の“Acquarello”などを手がけました。

 

                       Giancarlo Lucariello3

          左からジャンカルロ・ルカリエッロ、ミゲ-ル・ボセ、マウリツィオ・ファブリツィオ(1983年)

 

 84年頃には音楽出版社ペンタゴノ(Pentagono)を作っています。翌85~86年ニュー・ミュージック系のニュー・グローリー(New Glory ‎)、フランチェスコ・ヘルツ(Francesco Hertz)のレコード制作をしています。

                                                     Pentagono

                  

 

 89年CGDがWEAミュージック・グループに買収される時に、パラディーゾを閉鎖し、カタログをCGDに売却しています。

 

 90年代にはトスカ(Tosca)、ジョルジァ(Giorgia)のプロデュースも手掛け、2000年以降イタリアの著作権管理団体SIAEの役員にも就任し、歌劇の監督もしています。

 

 

 

インテルメッツォ ~ジャンカルロ・ルカリエッロは以上です。  


プロフィール

cnz27hrio

Author:cnz27hrio
FC2ブログへようこそ! リンク切れの画像がある場合は、 http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio をご覧ください。

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR