カンツォーネ

カンツォーネ、イタリアン・ポップスの、“出来れば”知られざる話を致しましょう。

 
2
3
5
6
8
9
11
12
14
15
17
18
20
21
23
24
26
27
29
30
04

インテルメッツォ ~ カヴァー色々・夢のナポリターナほか

 昨年2016年8月9日「インテルメッツォ ~ 2016年前半で買ったもの 2 (カヴァーのお話)」の最後に『他に坂本九や中原美紗緒のレコードも手に入れていたのですが、字数制限もありますので、またの機会と言うことで、今回のインテルメッツォを終了いたしましょう。』で終わっているので、書いておきましょう。

 

2016年前半に手に入れた盤が私の持っている坂本九のカヴァーの中で一番古い物でした。

 

JP-5054 (196012TOSHIBA - 東芝音楽工業) 遥かなるアラモ (THE GREEN LEAVES OF SUMMER)/ 夢のナポリターナ (LUNA NAPOLETANA) 坂本九 (SAKAMOTOSAKAMOTO KYU)、ダニー・飯田 と パラダイスキング (DANY IIDA & PARADISE-KING)

 

JP-5054JP-5054 EB-7026EB-7026

 

EB-7026 (19601215KING –キング) ルナ・ナポリターナ(夢のナポリターノ LUNA NAPOLETANA)/ バイアの小道 (DANS LES RUES DE BAHIA/ TOO MUCH TEQUILAテキラでヘベレケ) 

 

 日本版ウィキペディア「ルナ・ナポリターナ」では『イタリアの歌手であるマリノ・マリーニ (Marino Marini) が歌唱したものである。イタリア語による原曲には「別れた今も、同じように光っている。私にもう一度、愛の光を下さい」と言う意味の歌詞がある。』とされています。実にうまくと言うか、曖昧に表現しています。私もこれまでイタリアの曲と判断しがたく、日本盤カヴァーに手を出していませんでした。

 

LdA- 6788 (1960 Durium Durium) Oh, Oh, Rosy (オー・オー・ロージー)/Luna Napoletana (夢のナポリターノ) 

 

LdA- 6788Ld・A- 6788 SCO-1007SCO-1007

 

SCO-1007 (19611 SEECO - 日本ビクター) 夢のナポリターノ (LUNA NAPOLETANA)/オー・オー・ロージー (OH, OH, ROSY)

 

 作者のクレジットはO.GautschyDanpa あるいは、この二人にV.Panzutiが加わっています。フルネームはOscar Gautschy, Dante Panzuti, Virgilio.Panzutiでダンパはイタリアの作詞家、パンツーティはイタリアの作曲家なのですが、Gautschyだけがイタリア語で読み辛い、敢えて読めばガウツーキで不明な人物です。4CDボックスの「イタリアン・ポップス・コレクション」(VFD-89515)のリーフレットでは『パンツーティとオスカー・ガウチが作曲しています』となっています。

 

 作詞・作曲者のフルネームはディアゴスティーニ社が出したCD付隔週刊ゴールデン・ポップス6号(2006110日)に載ったもので、他にコピーライトは 1960 by Giri Edizioni Musicali Riunite,Milano, Italy (国内は新興楽譜出版扱)の表記がされています。(D社のゴールデン・ポップスの資料的信頼性は高いと思われます)

 

インターネットでOscar Gautschyなる作曲家の事を調べますが、手掛かりになるような資料は見つけ出せませんでした。ただ「Gautschy O.」で検索をかけた中で以下のものを見つけました。

 

国立国会図書館サーチ(http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024471262-00

ルナ・ナポリターナ Luna Napoletana

詳細情報

タイトル:ルナ・ナポリターナ Luna Napoletana  著者:ガウスキー 作曲  著者:[paroles Francaises de] [Louis Rey]  著者:[paroles Italiennes de] [Danpa]  著者:[音羽たかし] [訳詞] 

著者標目:Gautschy, O  著者標目:Rey, Louis  著者標目:Danpa  著者標目:音羽, たかし, -2009  出版地(国名コード):JP  出版地:東京  出版社:新興楽譜出版社 出版年:1960 

大きさ、容量等:楽譜 1 ; 26cm  注記 :唄: ザ・ピーナッツ  価格:50 JP番号:22330129 

別タイトル:Luna Napoletana  出版年月日等:c1960  NDLCYM311  NDC9版):767.8 : 声楽  対象利用者:一般  資料の種別:楽譜  言語(ISO639-2形式):jpn : 日本語

 

 60年に新興楽譜出版がザ・ピーナッツのカヴァー曲の楽譜を出し、国立国会図書館に所蔵され、それには作曲者はガウスキー作曲でイタリア語歌詞のダンパより、フランス語歌詞のルイ・レイ(Louis Rey)の方が先に書かれているようです。

 

 そこで少し気になる盤があります。現物を持ってなく、少々のデータとジャケット写真だけが手がかりです。

 

DP-1208 (1961POLYDOR -日本グラモフォン) 夢のナポリターナ (LUNA NAPOLETANA)/日曜はいやよ (NEVER ON SUNDAY) コラファス {又はジョルジュ・コラファス} (Geores Korafas) [原盤 Vogue, France]

 

DP-1208DP-1208 LPPM-1052LPPM-1052

 

LPPM-1052 (1961 POLYDOR -日本グラモフォン) 30cmLP想い出の“P盤”ヒット・パレード第2集 (MEMORIAL“P RECORD”HIT PARADE Vol.2)

11.グリ-ン・フィールズ (GREENFIELDS)

12.夢のナポリターノ (LUNA NAPOLETANA)

 コラファス {又はジョルジュ・コラファス} (Geores Korafas) [原盤 Vogue, France]

 

 ジョルジュ・コラファスはエジプト生まれのギリシャ系フランス人歌手・演奏家でイタリアの曲もカヴァーしている人です。可能性として“夢のナポリターノ”がフランスの曲あるいはフランスで音楽活動をしている人の曲かもしれない、ということでした。Gautschyの名前は“夢のナポリターノ”でしかお目にかかれないので、“愛のシャリオ”のように有名な人が、仮のペンネームで作曲したと可能性も否定できません。

 

ついでなので私のしっているジョルジュ・コラファスの国内盤を上げておきます。

 

SCO-4001 (1961SEECO - 日本ビクター) 25cmLP月影のマジョルカ~ヒット・パレード・ベスト10 (YOUR HIT PARADE!)

. 月影のマジョルカ (IT IS WRITTEN IN THE SKY)

 

SCO-4001SCO-4001 DP-1228DP-1228

 

DP-1228 (1961 POLYDOR -日本グラモフォン) キリ・ウォッチ (KILI WATCH)/ ラ・ガッタ (LA GATTA)

 

LL-  2052LT (19676COLUMBIA INTERNATIONAL - 日本コロムビア) ミスタ-・ジョン (MR. JOHN)/ イエス・アイ・ノウ (I KNOW, YES I KNOW) [Italdisc 原盤]

 

              LL-  2052LTLL- 2052・LT

 

 ミーナのデビューしたイタルディスクのオーナー、ダヴィデ・マタロン(Davide Matalon)はカイロ生まれのエジプト系イタリア人で、ジョルジュ・コラファスもエジプト生まれで仲が良かったと見え、イタリアでのレコードはイタルディスクから出していたようです。

 

夢のナポリターノはイタリア系アメリカ人歌手ルー・モンテ(Lou Monte)もカヴァーしています。

 

SJET-7113 (19629REPRISE - 日本ビクター) 30cmLP 郷愁のナポリ (LOU MONTE SINGS THE GREAT ITALIAN-AMERICAN HITS)

.ザッツ・アモーレ (THAT'S AMORE)

.16トン [伊・英] (SIXTEEN TONS [IE])

.帰れソレントへ [英・伊] (SORRENTO)

.ボラーレ [英・伊] (VOLARE [IE])

.アブラッチアミ (ABBRACCIAMI)

.アイム・ウォーキン [英・伊] (I'M WALKIN' [IE])

.ア・グッド・マン [英・伊] (A GOOD MAN IS HARD TO FIND [IE])

.ローマのギター (CHITARRA ROMANA)

.オー・ソレ・ミオ (O SOLE MIO)

10.夢のナポリターノ (LUNA, LUNA, LUNA LU)

11.ビア・ベネート (VIA VENETO)

12.君をわが腕に抱くとき (COMM'E BELLA A STAGIONE)

 

                         SJET-7113SJET-7113

 

 話は大きくそれてしまいました。話を戻しましょう。

坂本九が歌ったイタリアの曲はもう1枚しか確認でいていません。2曲とも外国曲のカヴァーですが、イタリア物はA面の“この世のある限り”です。パオロ・メンゴリのカンタジーロ・ジローネB(新人部門)優勝曲“死ぬほど好き”です。坂本九が“この世のある限り”のタイトルでカヴァーして以降はパオロ・メンゴリも坂本九のタイトルに従いました。

 

TP- 2425 (197155 TOSHIBA - 東芝音楽工業) この世のある限り [日] (死ぬほど好き [日} MI PIACI DA MORIRE [J])/ マドンナ (MADONNA)

 

             TP- 2425TP- 2425

 

HIT-1809 (1970920 SEVEN SEAS キング) 死ぬほど好き (MI PIACI DA MORIRE)/心のうずき (BATTICUORE)

 

HIT-1809HIT-1809 HIT-1907HIT-1907

 

HIT-1907 (19718 SEVEN SEAS キング) この世のある限り (MI PIACI MORIRE)/君だけに生きる (ORA RIDI CON ME)

 

 中原美紗緒の手に入れたレコードは25cmLP盤でした。中原美紗緒は東京芸術大学製学科出身のキング・レコードに長い間所属されていたシャンソン歌手でフランスの曲を歌っていました。戦後から50年代はカンツォーネがフランスに入り、シャンソンとして歌われており、そのような曲をカヴァーされていました。後年はカンツォーネはカンツォーネとして曲をカヴァーされまます。

 

SKF-  80 (19625KING - KING) 25cm LPピアニッシモ/中原美紗緒シャンソン・アルバムVol. (PIANISSIMOMISAO NAKAHARA)

.ピアニッシモ [日・仏] (PIANISSIMO [JF])

.ヌ・レ・ザムール [] (NOUS LES AMOUREUX [J])

.水にながして [日・仏] (NON JE NE REGRETTE RIEN  [JF])

.ペピト ([日・仏]     PEPITO [JF])

.トン・アデュー [] (TON ADIEU [J])

.最後のダンスは私と [日・仏] (GARDE-MOI LA DERNIERE DANSE [JF])

.青いシャボン玉 [日・仏] (青い泡がいっぱい [日・仏] LE MILLE BOLLE BLU [JF])

.パム・パラム・パム [日・仏] (PAM PARRAM PAM [JF])

 

               SKF-  80SKF- 80

 

 この盤でイタリアの曲は7の“青いシャボン玉”のみです。61年サンレモ音楽祭で、ミーナ(MINA)ネリー・フィオラモンティ(NELLY FIORAMONTI)が歌い4位になった曲です。日本でのカヴァーも少ないですし、中原美沙緒のCD化盤でもあまり収録されない曲です。

 

 

 

インテルメッツォ ~ カヴァー色々・夢のナポリターナほか は以上です。




スポンサーサイト

サンレモ音楽祭のコンピレーション(オムニバス)盤14 (1972年)

 1971年に続きRCAイタリアーナが圧倒的な強さで6人の出場歌手を確保し、ニコラ・ディ・バリが優勝しました。しかしこの大会から1曲1歌手制に変わり、出場歌手枠が半減し各年度のコンピレーションでもオリジナル歌手でそろえることが難しくなってきました。しかしビクター音楽産業、キングから30cmLPがポリドールから4曲入りコンパクト盤の3種のコンピレーション(オムニバス)盤が発売されています。

 

 まず、ビクター音楽産業からは優勝曲が収録されオリジナル曲5曲入りのLPが出ました。国内盤は全曲入賞曲にこだわったため、参加曲、リタ・パヴォオーネの“友達の恋人(Amici mai)”が未収録だったのが残念なところです。しかし若いクラウディオ・バリオーニやファンの多かったルイゼール、プログレ・バンドのカピトロ6が聞けたことは幸いでした。

 

RCA-5003 (19726RCA - ビクター音楽産業) 30cmLPサンレモ1972 (SAN REMO 1972)

.虹の日々 (I GIORNI DELL'ARCOBALENO)

.愛の真実 (RE DI DENARI)

.恋の忘却 (NON VOGLIO INNAMORARMI MAI)

.地中海のバラ (MEDITERRANEO)

.ジェザエル (JESAHEL)

.桜の少女 (UN DIADEMA DI CILIEGE)

.街をけっとばせ (UN CALCIO ALLA CITTA')

.青春の汗 (VADO A LAVORARE)

.青い山脈 (MONTAGNE VERDI)

10.好きなんだ (TI VOGLIO)

11.すみれのように (COME LE VIOLE)

12.グランデ広場 (PIAZZA GRANDE)

13.瞳にしびれて (SE NON FOSSE FRA QUESTE MI BRACCIA LO INVENTEREI)

14.恋よまわれ (GIRA L'AMORE);

 1,11 ニコラ・ディ・バリ (NICOLA DI BARI); 2 ナダ (NADA); 3,13クラウディオ・バリオーニ (CLAUDIO BAGLIONI); 4,14 ルイゼール (LOUISELLE); 5,6,10 カピトロ6 (CAPITOLO 6 ); 7ドメニコ・モドゥーニョ (DOMENICO MODUGNO); 8ジャンニ・モランディ (GIANNI MORANDI); 9グラチェーラ (GRACIELA); 12 ルチオ・ダルラ (LUCIO DALLA)

 

RCA-5003RCA-5003  PSR-  72PSR- 72 

 

PSR-  72 (19722 RCA RCA Italiana) 30cmLP Sanremo '72

.I Giorni Dell'Arcobaleno (虹の日々) Nicola Di Bari

.Re Di Denari (.愛の真実) Nada

.Non Voglio Innamorarmi Mai (恋の忘却) Claudio Baglioni

.Mediterraneo (地中海のバラ) Louiselle

.Jesahel (ジェザエル) Capitolo 6

.Amici Mai (友達の恋人) Rita Pavone

.Un Calcio Alla Cittá (街をけっとばせ) Domenico Modugno

.Vado A Lavorare (青春の汗) Gianni Morandi

.Montagne Verdi (青い山脈) Graciela

10.Ti Voglio (好きなんだ) Capitolo 6

11. Come Le Viole (すみれのように) Nicola Di Bari

12.Piazza Grande (グランデ広場) Lucio Dalla

13.Se Non Fosse Tra Queste Mie Braccia Ia Inventerei (瞳にしびれて) Claudio Baglioni

14.Gira L'Amore (恋よまわれ) Louiselle

 

 キングはCGDのコンピ盤をベースにフォニット・チェトラ・グループ(キング・ユニヴァーサルとカロセッロを加えた)とアリストン、ジョリー(SAAR)の原盤で作っています。CBSのブラジルの歌手、ロベルト・カルロスはCBSソニーが版権を持っているので除外されたのが残念です。

 

GP-  80 (19726 SEVEN SEAS - . キング) 30cmLP第22回サンレモ音楽祭 (FESTIVAL DI SAN REMO 1972)

.すみれのように (COME LE VIOLE) ペピーノ・ガリアルディ (PEPPINO GAGIARDI)

.虹の日々 (I GIORNI DELL'ARCOBALENO) トニー・モレーノ (TONY MORENO)

.ジェザエル (JESAHEL) デリリウム (DELIRUM)

.青春の汗 (VADO A LAVORARE) トニー・モレーノ (TONY MORENO

.地中海のバラ (MEDITERRANEO) エルザ・モナーレ (ELSA MONARE)

.チャオ・アミコ・チャオ (CIAO AMICO CIAO) アグアヴィーヴァ (AGUAVIVA)

.桜の少女 (UN DIADEMA DI CILIEGE) リッキとポーヴェリ (RICCHI e POVERI)

.恋よまわれ (GIRA L'AMORE) ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI)

.青い山脈 (MONTAGNE VERDI) マルチェラ (MARCELLA);

10.恋の忘却 (NON VOGLIO INNAMORARMI MAI) ジャンニ・ナザーロ (GIANNI NAZZARO)

11.すてきだったあの人 (ERA BELLO IL MIO RAGAZZO) アンナ・イデンティチ (ANNA IDENTICI)

12.さよならを云った心 (IL MIO CUORE SE NE VA) カルラ・ビッシ {アリーチェ} (CARLA BISSI {ALICE})

14.哀愁の日々 (CI SONO GIORNI) ピノ・ドナッジォ (PINO DONAGGIO)

 

GP-  80GP- 80  FG-5102FG-5102 

 

FG-5102 (19722CGD CBS Sugar) 30cmLP Sanremo 1972

.Gira L'Amore (Caro Bebè) (恋よまわれ) Gigliola Cinquetti

.Amici Mai (友達の恋人) Anita Mazzini

.Piazza Grande (グランデ広場) Andrea Surdi

.Jesahel (ジェザエル) Andrea Surdi

.Un Gatto Nel Blu (愛の中のネコ) Roberto Carlos

.Non Voglio Innamorarmi Mai (恋の忘却) Gianni Nazzaro

.Mediterraneo (地中海のバラ) Elsa Morena

.Ci Sono Giorni (哀愁の日々) Gianni Luce

10.Vado A Lavorare (青春の汗) Tony Moreno

11.Un Calcio Alla Città (街をけっとばせ) Tony Moreno

12.Montagne Verdi青い山脈() Marcella

 

 ポリドールはリコルディの3歌手にイタリア・フォノグラムのポリドール・レーベルから出たララ・サン・ポールの4人で17cmコンパクト盤を出しています。イタリア本国のリコルディは自社の3歌手にカロセッロの3歌手、RCAイタリアーナの6歌手をレンタルしてもらい12曲全曲オリジナル歌手のコンピ盤をだしています。

 

KW-2006 (19726RICORDI -ポリドール) 17cmCPサンレモ1972 (SAN REMO 1972)

.地中海のバラ (MEDITERRANEO) ミルバ (MILVA)

.好きなんだ (TI VOGLIO) ドナテッロ (DONATELLO)

.嘆き (RIMPIANTO) ボビー・ソロ (BOBBY SOLO)

.瞳にしびれて (SE NON FOSSE FRA QUESTE MI BRACCIA LO INVENTEREI) ララ・サン・ポール (LARA SAINT PAUL)

 

KW-2006KW-2006  SMRL-6092SMRL-6092 

 

SMRL-6092 (19722 Ricordi Dischi Ricordi) 30cmLP Sanremo 72

.Ciao Amico Ciao (チャオ・アミコ・チャオ) Aguaviva

.Mio Cuore Se Ne Va (さよならを云った心) Carla Bissi Il

.Rimpianto (嘆き) Bobby Solo

.Piazza Grande (グランデ広場) Lucio Dalla

.I Giorni Dell'Arcobaleno (虹の日々) Nicola Di Bari

.Ci Sono Giorni (哀愁の日々) Pino Donaggio

.Ti Voglio (好きなんだ) Donatello

.Mediterraneo (地中海のバラ) Milva

.Un Calcio Alla Cittá (街をけっとばせ) Domenico Modugno

10.Vado A Lavorare (青春の汗) Gianni Morandi

11.Re Di Denari (.愛の真実) Nada

12.Amici Mai (友達の恋人) Rita Pavone

 

 あとアンジェリカの私を盗んで(Portami Via)は単独のアルバムで国内盤が出ていますので、出場曲28曲中21曲の国内盤が発売されたことになります。75%の発売率は立派なものです。

 

 

 あと72年中に『サンレモ』のタイトルの付いたコンピ盤は2種類でました。いずれもキングからで、2枚組の「サン・レモ・ゴールデン・ヒッツ・ダブル・デラックス」はキングの契約会社原盤と、重要な曲はカヴァーで補っています。

 

GW- 16970 (19723 SEVEN SEAS - . キング) 30cm 2LP サン・レモ・ゴールデン・ヒッツ・ダブル・デラックス (SAN REMO GOLDEN BEST HITS DOUBLE DELUXE)

1-.薔薇のことづけ (ROSE NEL BUIO)

1-.ケ・サラ (CHE SARA')

1-.恋は鳩のように (L'AMORE E' UNA COLOMBA)

1-.今宵あなたが聞く歌は (STANOTTE SENTIRAI UNA CANZONE)

1-.この胸のときめきを (IO CHE NON VIVO (SENZA TE))

1-.ほほにかかる涙 (UNA LACRIMA SUL VISO)

1-.愛の詩 (QUANDO L'AMORE DIVENTA POESIA)

1-.ザ・ビアンカ (CASA BIANCA)

1-.恋のジプシー (IL CUORE E' UNO ZINGARO)

1-10.涙のさだめ (ZINGARA)

1-11.ささやく瞳 (GLI OCCHI MIEI)

1-12.チャオ・チャオ・バンビ (PIOVE)

1-13.2万4千のキッス (24 MILA BACI)

1-14.アモール、モン・アムール、マイ・ラブ (AMOR, MON AMOUR, MY LOVE)

2-.ヴォラーレ (NEL BLU DIPINTO DI BLU)

2-.アル・ディ・ラ (AL DI LA')

2-.リコルダ (RICORDA)

2-.花のささやき (IN UN FIORE)

2-.瞳はるかに (LONTANO DAGLI OCCHI)

2-.恋する瞳 (L'AMORE HA I TUOI OCCHI)

2-.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO)

2-. (LA PIOGGIA)

2-.ラヴ・ミー・トゥナイト (ALLA FINE DELLA STRADA)

2-10.愛の花咲くとき (QUANDO M'INNAMORO)

2-11.君に涙とほほえみを (SE PIANGI SE RIDI)

2-12.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI))

2-13.タンゴ・イタリアーノ (TANGO ITALIANO)

2-14.愛のわかれ (NON PENSARE A ME)

1-1,2-7,8,12 ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI); 1-2,9 パオロ・メンゴリ (PAOLO MENGOLI); 1-3,6,2-11 ジャンニ・ナザーロ (GIANNI NAZZARO); 1-4 岸洋子 (KISHI YOUKO); 1-5,2-4 アンナリタ・スピナーチ (ANNARITA SPINACI); 1-7,10 マッシーモ・ラニエリ (MASSIMO RANIERI); 1-8 オルネラ・ヴァノーニ (ORNELLA VANONI); 1-11マリーサ・サンニア (MARISA SANNIA); 1-12,2-1 ドメニコ・モドゥーニョ (DOMENICO MODUGNO); 1-13 アドリアーノ・チェレンターノ (vm); 1-14,2-14 クラウディオ・ビルラ (CLAUDIO VILLA); 2-2 ベティー・クルティス (BETTY CURTIS); 2-3,13 ミルバ (MILVA); 2-4 セルジョ・エンドリゴ (SERGIO ENDRIGO); 2-5伊東ゆかり (ITO YUKARI); 2-9ジュニア・マッリ (JUNIOR MAGLI); 2-10アンナ・イデンティチ (ANNA IDENTICI);

 

           GW- 16970GW- 169~70a 

 

 もう1枚は20曲入りMAXシリーズのです。全曲CGD原盤です。74年春2800円に値上げされ、リーフレットが簡素化された再発盤があります。

 

MAX-  13 (1972610 SEVEN SEAS - . キング) 30cmLPサン・レモ・ヒッツMAX20 (SAN REMO HITS MAX20)

MAX-  13 (19745 SEVEN SEAS - . キング) 30cmLP 再発盤

.恋よまわれ (GIRA L'AMORE)

.ケ・サラ (CHE SARA')

.青い山脈 (MONTAGNE VERDI)

.愛の花咲くとき (QUANDO M'INNAMORO)

.恋は鳩のように (L'AMORE E' UNA COLOMBA)

.恋の忘却 (NON VOGLIO INNAMORARMI MAI)

.ロマンティコ・ブルース (ROMANTICO BLUES)

.薔薇のことづけ (ROSE NEL BUIO)

.カンツォーネ (CANZONE)

10.涙に咲く花 (L'IMMENSITA')

11.愛の詩 (QUANDO L'AMORE DIVENTA POESIA)

12. (LA PIOGGIA)

13.ニンナ・ナンナ (NINNA NANNA)

14.涙のさだめ (ZINGARA)

15.今宵あなたが聞く歌は (STANOTTE SENTIRAI UNA CANZONE)

16.君に涙とほほえみを (SE PIANGI SE RIDI)

17.ほほにかかる涙 (UNA LACRIMA SUL VISO)

18.恋する瞳 (L'AMORE HA I TUOI OCCHI)

19.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI))

20.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO)

 1,4,7,8,12,19,20 ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI); 2レ・パルティチェッレ (LE PARTICELLE); 3マルチェラ (MARCELLA); 5,6,16,17 ジャンニ・ナザーロ (GIANNI NAZZARO); 9,11,14マッシーモ・ラニエリ (MASSIMO RANIERI); 10ジョニ-・ドレルリ (JOHNNY DORELLI); 13カテリーナ・カセルリ (CATERINA  CASELLI); 15ベティー・クルティス (BETTY CURTIS); 伊東ゆかり (ITO YUKARI)

 

         MAX- 13a  MAX-  13 MAX- 13b

 

 

 

7ヶ月に及ぶ長期間お付合い頂き有難うございました、72年(第22回)サンレモ音楽祭は以上で終了です。


インテルメッツォ ~ 2016年前半で買ったもの 2 (カヴァーのお話)

 さて前回の続き2016年前半に入手できた盤の中から日本人のカヴァー盤を紹介しましょう。

 

 中尾ミエのカヴァー曲で大競合、無限地獄の様相になり、私が負けました。何年か前までヤフオクでヤフーIDがオープンで、競合入札者の評価を見ることが出来ました。当時は相手の性格やどこまで頑張ってくるかを見極めました。負けた相手の性格が悪く何度も高額に競り上げキャンセルをしています。出品者に入札妨害行為でキャンセルが出たら二番手の私に権利があるとアピールしておきましたが、私に話が来る事がありませんでした。

 

 それがこれ[SPV-  29]でした。今度は前回の半額以下で落札しました、因縁の盤です。当時“ピザ・パイ”はコッキ・マゼッティのカヴァーだと思いました、今回聞いて間違いでない事が確かめれました。B面はレスリ-・ゴーアのカヴァー。

 

SPV-  29 (196412VICTOR - 日本ビクター) ピザ・パイ [] (PIZZA PIE [J])/メイ・ビー・アイ・ノウ [] (MAY BE I KNOW [J])

 

SPV-  29SPV- 29 FON- 1040FON- 1040

 

FON- 1040 (19643FONTANA - 日本ビクター) すてきなピザ・パイ (PIZZA PYE)/ジョバネ・ジョバネ (GIOVANE GIOVANE)  コッキ・マゼッティ (COCCKI MAZZETTI (vf))

 

 前回ピノ・ドナッジォのところで紹介した盤のA面“ピザ・パイ”はアルマンド・トロヴァヨーリ作の当時流行った実録映画「性の実話暴露(In Italia si chiama amore)」の曲です。日本公開の映画のタイトルも凄い名前が付けられたものです。コッキ・マゼッティのヒット曲です。

 

 中尾ミエがイタリアの曲をカヴァーしたのは多くありません。この“ピザ・パイ”の前にコッキ・マゼッティの曲を、B面“キス・ミ-・クィック”はエルヴィス・プレスリーの曲をカヴァーしています。

 

SPV-  11 (19643 VICTOR - 日本ビクター) カサノバ・キッス[日] (CASANOVA BACIAMI [J])/キス・ミ-・クィック[日] (KISS ME QUICK [J]) 

 

SPV-  11SPV- 11 FON- 1035FON- 1035

 

FON- 1035 (19645FONTANA - 日本ビクター) カサノバ・キッス (CASANOVA BACIAMI [I])/心の傷あとのブル-ス[伊] (TRA LUI E ME)  コッキ・マゼッティ (COCCKI MAZZETTI (vf))

 

 コッキ・マゼッティの両面共カヴァー曲でA面がドイツのカール・ゲーツ(Karl Götz)作、ペトゥラ・クラークなども歌っている曲です。B面はドナルド・フィリップス(Donald Phillips)が作ったラロ・シフリン等が演奏した曲のカヴァーです。

 

 A面“わたしを愛して”はシルヴィ・ヴァルタンのカヴァー、B面は65年サンレモ音楽祭入賞曲、ジリオラ・チンクェッティとコニー・フランシスが歌った“あこがれはいつも心に”、残念ながら中尾ミエは未入手盤。

 

SPV-  42 (19654 VICTOR - 日本ビクター) わたしを愛して[日] (CAR TU T'EN VAS [J])/あこがれはいつも心に[日] (HO BISOGNO DI VEDERTI [J]) 

 

SPV-  42SPV- 42 HIT-1187HIT-1187

 

HIT-1187 (19653SEVEN SEAS -キング) あこがれはいつも心に (HO BISOGNO DI VEDERTI)/淋しいめざめ (QUANDO VEDO CHE TUTTI SI AMONO) ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI (vf))

 

 A面が仏のシェイラのフレンチ・ポップス、B面は多分中尾ミエが歌った最後のカンツォーネ、“この胸のときめきを”の発売時期からピノ・ドナッジォのカヴァーでなく、英ダスティー・スプリングフィールの英語版のカヴァーと思われます(しかも日本ビクター社内曲なので)。

 

SPV-  77 (196611VICTOR - 日本ビクター) ハロー・プティット・フィーユ[日] (HELLO PETITE FILLEJ)/この胸のときめきを[日] (IO CHE NON VIVO (SENZA TE) [J]) 

 

SPV-  77SPV- 77c SFL- 1064SFL- 1064

 

SFL- 1064 (196681PHILIPS - 日本ビクター) この胸のときめきを[英] (YOU DONT HAVE TO SAY YOU LAVE ME)/リトル・バイ・リトル (TRA LUI E ME) ダスティー・スプリングフィールド (DUSTY SPRINGFIELD (vf=e))

 

 65年サンレモ音楽祭入賞曲“この胸のときめきを”は作者ピノ・ドナッジォと米キャピトルのジョディ・ミラーが創唱し、出場歌手ダスティーもこの曲を気に入り、カヴァーし英国ばかりか世界的大ヒット曲としました。70年代になってダスティーの英語盤をエルヴィス・プレスリーも歌っています。

 

OR- 1234 (1965415ODEON - 東芝音楽工業) この胸のときめきを (IO CHE NON VIVO (SENZA TE))/イル・モンド・ディ・ノッテ (IL MONDO DI NOTTE)  ピノ・ドナッジォ (PINO DONAGGIO (vm,orch))

 

OR- 1234OR- 1234 SS-1982SS-1982

 

SS-1982 (19721125RCA - ビクター音楽産業) この胸のときめきを[英] (YOU DONT HAVE TO SAY YOU LAVE ME)/パッチ・イット・アップ (PATCH IT UP) エルヴィス・プレスリー (ELVIS PRESLEY (vm=a))

 

 ほぼ同時期に入手したのが木の実ナナでした。今では大女優・歌手ですが、デビュー当時は渡辺プロの駆出しタレント、カヴァー曲を歌う歌手でした。

 

 今回入手した盤のA面はウィルマ・ゴイクの初期に出たシングル盤のカヴァーです。2010年にキングからでた2枚組CD「木の実ナナ魅惑のシングルコレクション」に収録された位で、あまり聞けない曲でした。B面はサンレモ入賞曲、木の実ナナ16枚目のシングル盤です。

 

BS-7118 (19659KING -キング) 指先のキッス [日] (UN BACIO SULLE DITA)/カナダの小屋[日] (CASETTA IN CANADA [J])

 

BS-7118BS-7118  HIT-1251HIT-1251

 

HIT-1251 (196510 SEVEN SEAS -キング) 指先のキッス (UN BACIO SULLE DITA)/あきらめ (IO NON CI SARO)  ウィルマ・ゴイク (WILMA GOICH (vf))

 

“指先のキッス”はゴイクが65年9月上旬に行われた新人コンテスト「成功の帆船(CARAVELLA DEI SUCCESSI)」で歌いました。

 

 キングの歌手なので珍しいカンツォーネもカヴァーも歌っていますが、驚くような数ではありません

 

 “太陽の下の18才”はデビュー4枚目のシングル、タイトルが “太陽の下の18才”がジミー・フォンタナの歌う曲でなく、ジャンニ・モランディが歌った“サンライト・ツィスト”のカヴァーです。B面はジオ・マイオンの“サンデー・ラヴァー”が元曲。

 

EB-7212 (1963520KING -キング) 太陽の下の18才[日] (サンライト・ツィスト[日]) (GO-KART TWIST [J])/日曜日の恋人[日] (SUNDAY LOVER [J])

 

EB-7212EB-7212 SS-1334SS-1334

 

SS-1334 (19636VICTOR – 日本ビクター) 太陽の下の18才 [英] (TWIST No.9)/サンライト・ツィスト (GO-KART TWIST)  ジミ-・フォンタナ (JIMMY FONTANA (vm))/ジャンニ・モランディ (GIANNI MORANDI (vm))

 

 彼女8枚目のシングル。両面共ミミ(後のミア・マルティーニ)のカヴァー。ミミ自身もカヴァー曲で、カヴァーのカヴァーです。A面は英国のビリー・ヒュリーの“想い出の浜辺”、B面はイーディー・ゴーメとスティーブ・ローレンス (6312LL-489)が歌う同名のカヴァーです。

 

EB-7262 (19642 KING -キング) ママとパパのテレビ [] (INSIEME (TELEVISIONE CON MAMMA E PAPA') [J])/お部屋でデ-ト [] (LONTANI DAL RESTO DEL MONDO [J])

 

EB-7262EB-7262 HIT-1014HIT-1014

 

HIT-1014 (1964220 SEVEN SEAS -キング) ママとパパのテレビ (想い出の浜辺 []) (INSIEME (TELEVISIONE CON MAMMA E PAPA') (IN SUMMER [I]))/お部屋でデート [] (LONTANI DAL RESTO DEL MONDO (I WANT TO STAY HERE [I])) ミミ {ミア・マルティーニ} (MIMI {MIA MARTINI} (vf))

 

 13枚目のシングル、A面はキングが密かにアイドルに仕立てようとしたロベルタ・マッツォーニのカヴァー曲。

 

BS-7081 (19653 KING -キング) 三つの夢 [] (I TUOI BACI SONO BACI [J])/ラ・ラ・ラ・ラ [] (LA, LA, LA [J])

 

BS-7081BS-7081  HIT-1213HIT-1213 

 

HIT-1213 (1965610 SEVEN SEAS -キング) 三つの夢 (I TUOI BACI SONO BACI)/夢がいっぱい (L'AMORE DI NESSUNO) ロベルタ・マッツォーニ (ROBERTA MAZZONI (vf))

 

 シングル14枚目はA面がミーナの“太陽の海”、B面がカトリーヌ・スパークの“若草の恋”でいずれもイタリア物のカヴァーです。

 

BS-7088 (19654 KING -キング) 太陽の海[日] (STESSA SPIAGGIA, STESSO MARE [J])/若草の恋[日] (MES AMIS, MES COPAINS [J])

 

                BS-7088BS-7088

 

LL-   810LT (19659 SEVEN SEAS -キング) 太陽の海 (STESSA SPIAGGIA, STESSO MARE)/スローリー(SLOWLY)  ミーナ (MINA (vf))

 

LL-   810LTLL- 810・LT HIT-1176HIT-1176

 

HIT-1176 (1965210 SEVEN SEAS -キング) 若草の恋 (MES AMIS, MES COPAINS)/しあわせの二人 (NOI DUE)  カトリ-ヌ・スパ- (CATHERINE SPAAK (vf=f))

 

 15枚目のシングルはキングからヤ-ッコ・サロン・オーケストラ (JAAKO SALON Orch.)が出していた曲のカヴァー。B面は日本のタイトルが違っていますが、ドイツの双子の女性デュオ、ケスラー・シスターズがイタリアのCGDで吹き込んだ“レット・キッスでキッスしてね”のカヴァー曲です。

 

BS-7108 (19657 KING -キング) すてきなジェンカ [] (JAAKON JENKKA [J])/二人だけの秘密 []  (レット・キッスでキッスしてね [] LASCIATI BACIARE COL LETKISS [J])

 

BS-7108BS-7108 HIT-1296HIT-1296

 

HIT-1296 (19651210 SEVEN SEAS -キング) ハ-トが恋しちゃう (L'ESTATE CORTA)/レット・キッスでキッスしてね (LASCIATI BACIARE COL LETKISSケスラー・シスターズ (GEMELLE KESSLER,{LE} (duo=d))

 

(紹介したレコードすべてを所有しているものではありません)

 

 

 他に坂本九や中原美紗緒のレコードも手に入れていたのですが、字数制限もありますので、またの機会と言うことで、今回のインテルメッツォを終了いたしましょう。



インテルメッツォ ~ 2016年前半で買ったもの 1

 2016年も7ヶ月過ぎ、世の中殺伐とし、英国のEU離脱国民投票の様に「自分ひとり位安易な判断をしても、世の中ひっくり返ることはない」と考えると、自らにトンデモないしっぺ返しが来るかも知れません。

 

 本命にイタリア人の国内盤は集められるものは集め、残るは当時全然売れなかったレア物か、私の目指す方向でない所で、変な人気盤となり収集困難な物になってしまいました。

 

FS- 31 (19652 5FONIT - テイチク) オー・ソレ・ミオ (O SOLE MIO)/若い恋 (GIOVANE AMORE) ドメニコ・モドゥ-ニョ (DOMENICO MODUGNO (vm))

 

                            FS- 31FS- 31

 

 ドメニコ・モドゥーニョの国内盤も“オー・ソレ・ミオ”で『上がり』だったのですが、激しく攻め立てられ、断念!せめてもジャケット画像が入手できたので、これで我慢しました。

 

他に入札開始価格はちょっと高めでしたが競合もなく助かった1件。ピノ・ドナッジォの“ジョヴァネ・ジョヴァネ”長年探していた盤で幸いでした。

 

CM-1009 (19635ODEON -東芝音楽工業) ジョヴァネ・ジョヴァネ (GIOVANE GIOVANE)/銀の家 (UNA CASA D'ARGENT)

 

CM-1009CM-1009 FON- 1040FON- 1040

 

FON- 1040 (19643 FONTANA - 日本ビクター) すてきなピザ・パイ (PIZZA PYE)/ジョバネ・ジョバネ (GIOVANE GIOVANE)  コッキ・マゼッティ (COCCKI MAZZETTI (vf))

 

 コッキ・マゼッティの方はずいぶん前に手に入れていたのですが、ピノ・ドナッジォの他のシングルは時々オークションに出ていましたが、“ジョヴァネ・ジョヴァネ”全然出てこなかったのでもう諦めかけていた時でした。この曲のサンレモ音楽祭オリジナル国内盤はそろいましたし、同時にピノ・ドナッジォの国内盤は完収。もちろん歌手ピノ・ドナッジォで映画音楽作曲家としてではありません。

 

 もう一方、「死闘の末」落札したのがこちら、今年最高額になるかもしれません。これ以来年金生活者の身、現在もこれよりは安く入手出来そうな盤があるのですが、腰が引けてしまってます。

 

HIT- 287 (19642SEVEN SEAS - キング) 女ともだち (LE AMICHE)禁じられた肉体 (CARMEN DI TRASTERVRE) オリジナル・サウンドトラック (O.S.T.)/ヴァンナ・スコッティ (VANNA SCOTTI (vf))

 

HIT- 287HIT- 287 STMS-536STMS-536

 

STMS-536 (1962年 STYLE - CELLOGRAF) CARMEN DI TRASTERVRE (禁じられた肉体)DONDO DONDOLANDO ヴァンナ・スコッティ/ジーノ・メスコリ楽団 (GINO MESCOLI)

 

 出品者はダイレクト・トラック・ダウンかもと言う話でしたが、イタリア盤も同じで多分STYLE原盤と思われます。

 

 

 話は変わって珍しい人のCD[ST-438]が出ていました。ドーラ・ムスメッチ(DORA MUSUMECI)と言う人です。ジャズ・ピアニストだと知ったのは、昨年3月でした。名前はカタログ上(67年ビクター洋楽の番号順総目録)で名前は見つけていました。そのレコード[SHP-5295]を手に入れてからです。

 

 その前、実際に彼女の音を聞いたのは日本でエンニオ・モリコーネ・ブームが起こり、色々なCD[BVCM-372089など]が発売されました。その中にドーラ・ムスメッチが収録された2曲とも彼女が歌っており、てっきり歌手だと思い込みました。たまたま歌っていただけのことだったのです。

 

BVCM-372089 (2001425RCA - BMGファンハウス) 2CD エンニオ・モリコーネ/アルティメット・イタリアン・ポップス・コレクション (ENNIO MORRICONE40th COMMEMORATION : ULTIMATE ITALIAN POPS COLLECTION)

1-17.カフェとカモミール (CAFFE' E CAMOMILLA)

1-18.誰かが私に電話した (QUALCUNO HA CHIESTO DI ME)

 

BVCM-372089BVCM-37208~9a SHP-5295SHP-5295

 

SHP-5295 (19643 VICTOR - 日本ビクター) LP世界音楽の旅5.南ヨーロッパへの旅 (LISTEN TO WORLD MUSIC ON PAN AM SERIES:5 HOP TO SOUTHERN EUROPE)

.月影のナポリ (TINTARELLA DI LUNA)

 

 1曲だけしか収録されていませんが、ミーナのヒット曲“月影のナポリ”なので、期待して針をおとしたのですが、ピアノ演奏が続き、歌が出てこない内に曲が終わってしまいました。『なぜ?』と思いつつWebでウィキペディアはじめ色々見ていると、女流ジャズ・ピアニストだと分かりました。

 

 今回話をするのが“月影のナポリ”も入っている本国のRCAイタリアーナから出たアルバムです。

 

KLVP-  91 (1961Vik – RCA Italiana) 30cmLP 24 motivi al pianoforte (Dora Musumeci e il suo Trio)

1コメ・プリマ (COME PRIMA)

.グォリオーネ (GUAGLIONE)#

.ヴォラーレ (VOLARE)

.この世で一番美しいひと (LA PIU' BELLA DEL MONDO)

.ピッコリシマ・セレナータ (PICCOLISSIMA SERENATA)

.愛らしいひと (AMOREVOLE)

.私と一緒に (RESTA CU 'MME)

.さらばロ-マ (ARRIVEDERCI ROMA)

.チャオ・チャオ・バンビーナ (PIOVE)

10.幸せがいっぱい (IL CIELO IN UNA STANZA)

11.月影のナポリ (TINTARELLA DI LUNA)

12.太陽の誘惑 (WHAT A SKY)

13.マリーナ (MARINA)

14.どこが悪いのかしら (NUN E' PECCATO)

15.砂にまみれて (LEGATA A UN GRANELLO DI SABBIA)

16.二人のコンチェルト (IL NOSTRO CONCERTO)

国内盤未収録曲 (オリジナル盤24曲の曲順は不明;1〜16は国内盤の曲順)

・アメリカーノ (Tu Vuo’ Fa L’Americano)

・アリヴェデルチ (Arrivederci)

・愛を唄わん (I Sing Ammore)

・ユリア (Julia)

・君のキッスはロックのよう (Il Tuo Bacio E’ Come Un Rock)

・カリーナ (Carina)

・恋のからまわり (Il Barattolo)

・プルオーヴァーのセーター (Il Pullover)

 

KLVP-  91KLVP- 91 SHP-5247SHP-5247

 

SHP-5247 (196311VICTOR – 日本ビクター) 30cmLPレイディ・アット・ホーム/レイディ・ミュージック・コレクション (LADY AT HOME - LADIES' MUSIC COLLECTION)

ST-438 (2016VINTAGE-MOOD –ヴィンテイジ・ムード・コム) CD おやすみ前のムード(THE BEFORE THE SLEEP)

#.リトル・ボーイ (LITTLE BOY) [LP,CD共にガリオーネGUAG (LIONE)です]

 

 

               ST-438ST-438

 

 6月に入手したのがSHP-5247です。前出のビクターの総目にも既に載っておらず、この盤の存在は知りませんでした。こちらが先に出ていればCDは買っていなかったでしょう。

 

 CDは私製盤(と言ってもブートレックではなく、JASRAC承認を得ています)でドーラ・ムスメッチが出ているとは思いませんでした。ヴィンテイジ・ムード・コム(http://www.vintage-mood.com/)としてWebでを販売しており、その昔に西武=セゾングループのWAVEが大規模に復刻盤を作っていたのですが、そのミニチュア版と思っていただければ間違いないと思います。

 数年前神戸の南京町にあった中古レコード屋さんの勧めで、オウディオ・パークのプレス版CDを買ったのですが、企画制作されている方と同じ方でした。

 

 日頃色々と頂き物をしている『わが友』のお礼として、ヴィンテイジ・ムード・コムでST-438をもう1枚と 他に見つけたCDを一枚、以前ヤフオクで取り逃がした盤[CL-5065]をCD化していたので、良く確かめず買いまし得た。

 

CL-5065 (196?CAMDEN – 日本ビクター) 30cmLP 魅惑のナイトキャップ (MUSICAL NIGHTCAPARMANDO TROVAJOLI) アルマンド・トロバヨ- (ARMANDO TROVAJOLI  (orch,p))

ST-267 (2012VINTAGE-MOOD –ヴィンテイジ・ムード・コム) CD ミュージカル・ナイトキャップ (MUSICAL NIGHTCAPARMANDO TROVAJOLI) #

#.ジジ (GIGI)

#.ポント・フィナール (PONTO FINAL)

#.君住む街で (ON THE STREET WHERE YOU LIVE)#2君住む町角

#.気まぐれレディ- (THE LADY IS A TRAMP)

.#5カナダの夕陽 (CANADIAN SUNSET)

#.懐かしのリスボン (LISBOA ANTIGA)

#.恋はすぐそこに (LOVE IS JUST AROUND THE CORNER)#7恋の曲がり角

#.キス・ミ-・ミス・ミー (KISS ME, MISS ME)

#.リオ・デ・ジャネイロ (RIO DE JANEIRO)

10#10. 魅惑のひととき (MAGIC MOMENTS)#10マジック・モーメンツ

 

CL-5065CL-5065  ST-267ST-267

 

『わが友』にこの盤の話をすると、アルバンド・トロバヨーリのジャズの紙ジャケCD[BVCJ-37514]に入っている曲と同じとちがう?という話。落着いて調べてみると確かに!また、やってしまいました。まッいいか!

 

BVCJ-37514 (2006 524RCA ITALIANA – BMGジャパン) CD アルマンド・トロヴァヨーリ/マジック・モーメンツ (MAGIC MOMENTS AT “LA CAPANNINA”)

.君住む街で (ON THE STREET WHERE YOU LIVE)

.ハウ・アバウト・ユー (HOW ABOUT YOU)

.ポント・フィナール (PONTO FINAL)

.気まぐれレディー (THE LADY IS A TRAMP)

.マジック・モーメンツ (MAGIC MOMENTS)

.リオ・デ・ジャネイロ (RIO DE JANEIRO)

.キス・ミー・ミス・ミー (KISS ME, MISS ME)

.カナディアン・サンセット (CANADIAN SUNSET)

.クロウズ・トゥ・ユー (CLOSE TO YOU)

10.懐かしのリスボン (LISBOA ANTIGA)

11.恋はすぐそこに (LOVE IS JUST AROUND THE CORNER)

12.ジジ (GIGI)

13.コメ・プリマ (COME PRIMA)

14.ダイアナ (DIANA)

 

            BVCJ-37514BVCJ-37514 

 

 ヴィンテイジ・ムード・コムの復刻盤は戦後1950年代から60年代はじめのオーケストラ演奏が中心です。お話を聞くと母方のお爺さんのコレクションを元にしているようで、内容からしてお歳が70才代と間違われるそうですが、まだ50才代とおっしゃっていました。重複曲を買っても悔しがらない方向きですが、もう国内盤では手に入らないものがあるかもしれません。

 

興味のある方は ヴィンテイジ・ムード・コムhttp://www.vintage-mood.com/


インテルメッツォ ~ フランコ・クレパックス

この名前は何度もブログに出ていますので、ご記憶の方もいらっしゃると思います。

 

フランコ・クレパックス Franco Crepax

 1928年ミラノ生、レコード・プロデューサー、CGDの代表取締役、作家、歯科医師。

父ジルベルト(Gilbert) はミラノ・スカラ座やヴェネツィアのフェニーチェ座の首席チェロ奏者で彼はその血を受継いでいます。 

                   

                       Franco Crepax 02

 

 弟グイド・クレパックス(Guido Crepax)は著名漫画家、イラストレーター(リコルディのロゴ・マークの原作者)。クレパックスだけ言われる時は有名な漫画家グイドを指す人の方が多い。

 妻ルチアーナ(Luciana)は英文小説、歴史書等の翻訳家、息子ニコラ(Nicola)は経済学者、娘ヴァレンティナ(Valentina)はジャーナリストでジジ・ザッゼリ(Gigi Zazzeri)と結婚しています。                 

 

 

 1952年フランコはV...(67年以降はEMIイタリアーナとなる)に入社、広告・グラフィック部門を担当します。53年リコルディの総本社G.リコルディ&C.音楽出版(Edizioni G. Ricordi & C.)に移りました。そこでリコルディの御曹司

ナンニ・リコルディ(Nanni Ricordi)と出会います。

                      

 ナンニ・リコルディは新規事業の調査研究とアメリカ市場進出のために、55年ニューヨークに渡米、米RCAビクターでプロデューサーとしても働き、イタリア系大歌手のペリー・コモとも親交が出来ました。この時点で想像もしなかったでしょうが、RCAとの因縁は始まったようです。ディスキ・リコルディは94年RCAを吸収したBMGと合併する事になります。

 

 ナンニが58年に帰国後しアメリカで得た知識から新しい音楽の創造を目指し、ミラノでフランコ・クレパックスを共同経営者として10月1日にリコルディ出版が100%出資のディスキ・リコルディ株式会社(Dischi Ricordi S.p.A)を設立しました。

 

 最初の盤はマリア・カラスのアルバムでした。彼女は50年にミラノ・スカラ座デビュー、プリマ・ドンナとして活躍しており、リコルディ家へのお礼とお祝儀だったのでしょう。このカラスとナンニの写真を撮ったのがクレパックスでした。ナンニは『スタジオの人』、フランコは『オフィスの人』であったようです。            

 

   Nanni Ricordi e Maria CallasNanni Ricordi e Maria Callas

   

 

 リコルディの目指したカンタウトゥーリのカンツォーネ」は当時インテリ層の評判になりましたが、彼らのレコードは月何十枚程度しか売れず、しかも悪いことに新たなレコード工場を作り会社は「火の車」状態になってしまいます。

 

 ナンニとクレパックスは責任を問われ、リコルディを追われます。ナンニはRCAイタリアーナの総帥エンニオ・メリスの計らいで芸術監督に彼を迎える代わりに、RCAイタリアーナの芸術監督

ヴィンチェンツォ・ミコッチをリコルディの芸術監督とし、再建に携わることとしました。 クレパックスはナンニと行動を共にすると思われていましたが61年CGDのディレクターになります。

 

 彼らが育てた多くのカンタウトゥーリ、ジーノ・パオーリ、ウンベルト・ビンディ、セルジョ・エンドリゴ達はナンニを追ってRCAイタリアーナに移籍します。まだデビュー前のブルーノ・ラウツィは62年クレパックスが転出したCGDに入りレコード・デビューをしました。ラウツィが65年サンレモ音楽祭に出場できたのはクレパックスの尽力があったのだと思われます。

 

 クレパックスは名前の通りフランス系イタリア人です。フランスからミラノに進出しエル&クリス(El ` & Chris)音楽出版を作ったクリスチーヌ・ルルー(Christine Leroux)の共同経営者として彼は、65年2月カンピオーニ(I Campioni)でまだ無名のギタリスだったルチオ・バッティスティがオーディションを受けに来た時に会っています。

 

 彼らの育てたカンタウトゥーリ、ルイジ・テンコは63年にSAARに、65年にジーノ・パオーリと入替わりにRCAイタリアーナへ移り、パオーリはスキャンダルまみれになってクレパックスを慕うかのようにCGDに移籍をしています。

 

 ダリダの後追うかのような移籍をしたテンコは遂にダリダをパートナーに67年サンレモ音楽祭の出場を果たします。二人は恋愛関係にあり、サンレモの打合せを口実に逢っていたようでした。しかしテンコは大事件を起こします。サンレモの落選が原因と言われますが、本選第1夜終了後ホテルでピストル自殺をしました。逢う約束をしていたダリダが第一発見者で、彼女は自分が悪いのだと半狂乱に、駆付けたルチオ・ダルラなどRCAイタリアーナの歌手、関係者は大パニックになります。

 

 テンコは自分達が育てた歌手でもありクレパックスもすぐ現場に行き、その大混乱ぶりを目の当たりにしました。他社CGDの人間でしたが、このままではRCAの歌手の出場ばかりでなく、サンレモ音楽祭の続行も危ういと感じたクレパックスは、持ち前の冷静沈着さで現場を取仕切り音楽祭も続行、無事最終日まで終えることが出来ました。この一件で彼の実力は知れ渡り、『業界のゼネラル・マネージャー』としても扱われるようになります。

 

                   Franco Crepax 01

 

 表現があいまいなのでいつ頃という時期が判らないのですが、CGDで芸術監督を務めています。歌手の発掘、売出しや宣伝のマネージメントなどは得意でしたし、チェロ奏者の父から受継いだ音楽の才能を発揮していました。

 

 「サンレモの歌手たち 326 マウリツィオとファブリツィオ」の項で、『CBSがCGDに出資しCBSシュガーとなる前年の69年にはクレパックスはCBSレーベルの芸術監督をしていて、マウリツィオとファブリツィオ(Maurizio & Fabrizio)をイタリアのサイモンとガーファンクルにしようとした』と書きましたが、CBSのイタリア販売権をリコルディから取ってくることにも関わったと思われます。

 

 しかしこのCBSのイタリアでの販売権を取ったことが、後々CGDに大きな災いをもたらすことになります。

 

 70年CGDのスター歌手ナテリーナ・カセルリはCGDの所有会社シュガー・ミュージックの御曹司ピエロ・シュガーと結婚しました。この時後に彼女がシュガーを再興する女将に成るとは、誰も考えてなかったでしょう。

 

 77年シュガー・グループは大変な状況になりました。米CBSと資本提携したCBSシュガーは、CBSがプーやマルチェラ、ウンベルト・トッツィ等看板スターを連れてCBSディスキとして独立。CGDは状況が一変し経営危機となります。

 

 78年ジリオラ・チンクェッティ、カテリーナ・カセルリ、イ・プー、マルチェラなどをスター歌手に育てた手腕を買われ、CGDの難局に対処すべく代表取締役に選任されました。

 

 残った経営資源で廉価盤の販売します。またカテリーナ・カゼッリが若者向けロックのアスコルト(Ascolto)を起ち上げ、日本でもプログレで知られるアレア(Area)、ペペ・マイナ(Pepe Maina)、マウロ・パガーニ(Mauro Pagani)などを輩出しました。そういう状況下で81年シュガーの総帥ラディスラオ・シュガー(Ladislao Sugar)が85才で亡くなり、CGDには大きな痛手となります。

 

 ナンニ・リコルディはRCAイタリアーナに転籍して3〜4年しかいませんでしたが、クレパックスは彼とは違い86年までの25年間CGDで勤め、一時代を築きました。その年パナレコーズの代表取締役に就任しています。

 

 CGDは録音スタジオなど資産売却等リストラを進めますが、遂に88年世界資本WEAに身売りをします。シュガー一族はCGDから撤退を余儀なくされます。同年ナンニとクレパックス二人の功績をたたえ、所縁の歌手たちの歌うコンピレーションが出ました。

 

TALP-2024 (1988 Fonit Cetra ‎– Fonit Cetra) 2LP Nanni Ricordi E Franco Crepax Presentano: Nel 30° Anniversario Della Leggera Rivoluzione

            TALP-2024TALP-2024

 

 90年大手レコード会社が作るイタリア・レコード会社協会AFI (Associazione Fonografici Italiani)の会長に就任しました。

 

 その後音楽プロデューサーのほかに評論や小説の著作活動を行っており、2004年自叙伝「Grazie Mac, Ponte alle Grazie」を出版し、08年には最後の仕事として歯科医も始めました。

 

              Grazie Mac, Ponte alle GrazieGrazie Mac, Ponte alle Grazie  

 

インテルメッツォ~フランコ・クレパックスは以上です。


プロフィール

cnz27hrio

Author:cnz27hrio
FC2ブログへようこそ! リンク切れの画像がある場合は、 http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio をご覧ください。

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR