カンツォーネ

カンツォーネ、イタリアン・ポップスの、“出来れば”知られざる話を致しましょう。

 
3
5
7
9
11
13
15
17
19
21
23
25
27
29
31
08

ジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(24)

  1997年1月1日ジリオラはローマ・ジェルニ劇場でのミュージカル喜劇「テレビを発明した男(L'UOMO CHE INVENTO' LA TELEVISIONE)」のリハーサル写真とレポートをプレス公開します。そして2月14日にリヴォルノ(LIVORNO)にあるグラン・ラガーディア劇場のプレビュー、順次公演を行い。女優としてリサ役を演じ、批評家や新聞からも好評を得ました。http://www.bigcobra.net/luomocheinventolatelevisione.htm

 

 古い有名歌手のリバイバル盤を沢山出しているプル(PULL)から"TUTTINTORNO (トゥッティントルノ)"がタイトルを"PRIMA DEL TEMPORALE (嵐が来る前に)"に変えて再発売されました。PULLは1970年にカンタウトゥーリのジャンニ・メッチア(GIANNI MECCIA)と作曲家のブルーノ・ザンブリーニ(BRUNO ZAMBRINI)の作ったレコード会社です。

 

FCD-2126 (1997年PULL/FU EGO ) Prima Del Temporale(嵐が来る前に)

 

                         FCD-2126              

 

1.IO SONO TUA (あなたにつつまれて)

2.PRIMA DEL TEMPORALE (嵐が来る前に)

3.QUEL TUO CUORE DA RE (愛は遠く)

4.LE AMICHE (女友達)

5.LE STORIE (いくつもの物語)

6.LUNA VAGABONDA (バガボンドの月)

7.COME VIVIAMO QUESTA ETA' (この年頃)

8.ABBASSANDO (青い岸辺)

9.NOTTE DI STELLE (星の夜に)

10.ODOR DI MAGGIO (五月の香り)

 

 日本では"ベスト・オブ・ジリオラ・チンクェッティ"の限定盤が発売されました。このCDはAMCE-  528(1993. 4.25) "ベスト・オブ・ジリオラ・チンクェッティ"と同じで一軒見分けがつきません

 

AMCE- 2208 (1997年5月25日 CGD - EASTWEAT JAPAN) ベスト・オブ・ジリオラ・チンクェッティ (THE BEST OF GIGLIOLA CINQUETTI [LIMITED EDITION]).

 

        AMCE- 2208 AMCE- 2208 

 

曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(21) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6846775.html をご参照ください。

 

1998 年に彼女はRAI国際放送の夏季特番「女性~イタリア女性の歴史を旅する」というタイトルで毎日違う5つのエピソードを書きました。番組は7月29日に開始します。各エピソードは45分間、女性の側がら描く第二次世界大戦の終戦から現在まで50年の歴史。女性自身が科学、政治、文化、医学など広い分野の話をし物語を繰り広げます。ジリオラは多くの有名な女性、昔の女性史の主人公にインタビューし、文化や世相は古い映画、新聞、雑誌や当時の音楽をつかい報告します。全てのエピソードは10年の歴史を纏めた物です。簡単な作業ではありませんでした。

第 1話: 50年代、政治と労働組合の分野での最初の成果。

第2話:60年代、経済ブームは、新しい女性の生活のモデルと、男女関係の危機をもたらす。

第3話:70年代、フェミニズム、新しい家族法、離婚。

第4話:80年代、女性と政治、仕事で重要な位置を達成する初動。

第5話:90年代、女性の要求は、中央の要職を獲得。

 

 1999年、ジリオラが音楽の世界に戻る年です。1月17日、彼女は「ドメニカ・イン」(トゥリオ・ソレンギ、ジャンカルロ・マガッリ、アンナ・ファルキの司会) で"愛は限りなく"、"雨"、"太陽のとびら"、カトリーヌ・スパークの古いヒット"若い世代(QUELLI DELLA MIA ETA')"のジリオラ・ヴァージョンを歌いました。彼女はこうして彼女の新しいアルバム D.V.MOREレーベルの"ザ・ベスト"を紹介します。

 

 

CDDV-6373 (1999D.V.MORE - D.V.MORE, Italy) NON HO L'ETAGIGLIOLA CINQUETTI I SUCCESSI(夢みる想い ジリオラ・チンクェッティ・ヒット曲集).

 

      CDDV-6373 CDDV-6373

1.CHIAMALO AMORE(愛と呼ぶの)

2.ALLE PORTE DEL SOLE (太陽のとびら)

3.NON HO L'ETA' (PER AMARTI)  (夢みる想い)

4.LA ROSA NERA (ローザ・ネーラ)

5.DIO COME TI AMO (愛は限りなく)

6.LA BOHE'ME [I]  (ボエーム[伊])

7.QUELLI DELLA MIA ETA' (若い世代

8.LA PIOGGIA (雨)

9.GIOVANE VECCHIO CUORE (若く老いた心)

10.E TI VENGO A CERCARE (君を捜しに)

 

カトリーヌ・スパークの古いヒット曲"若い世代"と"君を捜しに"は今までディスク化していなかった新曲です。D.V.MOREの場合、他の歌手でまったく新たに録音し直した盤と、旧作オリジナルを用いたケースと両方あり、現物をもっていないのでこのチンクェッティの盤がどちらであるかは断言できません。タイトルとジャケットの違う2002年ヴァージョン(8014406-6373・6・6)と2005年発売の2曲加えたヴァージョン(8014406-4186・6・8)があります。

 

80156700-8031・5 (1999年Replay Music Special - REPLAY MUSIC, Italy) CHIAMALO AMORE (愛と呼ぶの)

 

80156700-8031・5 80156700-8031・5

 

1.CHIAMALO AMORE(愛と呼ぶの)

2I.O SONO TUA (あなたにつつまれて)

3.MI FERMERO' CON TE

4.LE AMICHE (女友達)

5.LE STORIE (いくつもの物語)

6.NOTTE DI STELE(星の夜に)

7.COME VIVIAMO QUESTA ETA' (この年頃)

8.LA VITA E' DURA

9.ABBASSANDO (青い岸辺)

10.QUEL TUO CUORE DA RE (愛は遠く)

 

CDMRL-64377 (CD1991年 RICORDI - RICORDI, Italy) "トゥッティントルノ"と526- 832・2 (1995 年Mercury Records, Italy) "若く老いた心"の2つのアルバムの曲にサンレモ音楽祭の"愛と呼ぶの"を加えた90年代中心の編集アルバム。REPLAY MUSICはオリジナル音源を使う場合と新録音の場合がありますが、オリジナル音源と思います。

 

1995年に出た"若く老いた心"の再発盤です。現物もなく詳しい説明がないので正体不明ですが、イタリアのe Bay(世界的オークション・サイト)の出品説明を見るとレコード番号なしで「カタログ外」とされており、一般販売された商品でないかもしれません。

 

(1999 GO MUSIC) GIOVANE VECCHIO CUORE (若く老いた心)

 

        GO MUSIC Giovane vecchio cuore

 

曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(22) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6925601.html をご覧ください。

 

2000年に入って再度"若く老いた心"は再発売された(ジャケット画像右)ようですが、こちらは全く発売元、レコード番号など情報が分かりません。ご存知でしたら教えてください。

 

チンクェッティは11月17日またサンレモ音楽祭の50周年記念大会に招待されますが、彼女は辞退しました。95年に"若く老いた心"で出場した時に時代の流れを感じ取ったことでしょう。レナート・カロゾーネ(RENATO CAROSONE)やミルバ(MILVA)が68、69歳でサンレモ音楽祭に出場しているので、ないとは言えませんが、もう彼女がサンレモ音楽祭にでることはないでしょう。




スポンサーサイト

ジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(23)

  "若く老いた心"のプロモートでジリオラは多くのテレビ番組に出演します。日曜昼の人気番組「ドメニカ・イン」2回出演し、エンリカ・ボナッコルティの「クォーリ・ドーロ」、「マウリツィオ・コスタンツォショー」にも出ました。

5月14日日曜日、再び「ドメニカ・イン」に出演しました。番組が始まる前にミア・マルティーニ(MIA MARTINI)が亡くなったことを知り、追悼の何曲かの歌を捧げるために。ミミはチンクェッティと同じ1947年生まれ、63年にデビューした20世紀を代表するカンツォーネ歌手で、思いもひとしおだったことでしょう。

 

1995年はサンレモ音楽祭に出場したこともあり、既に紹介した盤も含め過去の曲を集めた編集アルバムも何枚か発売されました。

 

 前回紹介したBEBAS RECORDの"IL MEGLIO DI GIGLIOLA CINQUETTI"と全く同じ内容ですが、曲順の編成が違っています。発売は日本にアドリアーノ・チェレンターノ、トニー・ダララ、ニコラ・ディ・バリ、ペピーノ・ガリアルディ、ルイジ・テンコを紹介したSAARのJOKERレーベルです。このレーベルはユーロ・ジャズ・ファンの方にはお馴染かもしれません。

 

CD-101491995年1月JOKER - SAAR, ItalyIL MEGLIO DI GIGLIOLA CINQUETTI (ザ・ベスト・オブ・ジリオラ・チンクェッティ)

 

          CD-10149 CD-10149

 

1.HO BISOGNO DI VEDERTI (あこがれはいつも心に)*

2.QUANDO VEDO CHE TUTTI SI AMANO (淋しいめざめ)

3.CARO COME TE (愛はすぐそこに(カロ・コメ・テ))

.4QUANDO PASSO IL PONTE CON TE (しあわせは橋の上)

5.BARBABLU' (バルバブル)

6.PRIMA O POI... TELEFONERAI (ひとりぼっちの夜)

7.UNO DI VOI (ひとりになりたい)

8.IL PRIMO BACIO CHE DARO' (はじめてのキッス)

9.NON HO L'ETA' (PER AMARTI)  (夢みる想い)

10.SEI UN BRAVO RAGAZZO(すてきなボーイ)*

11.TUTTI SONO ANDATI (ほのかに夢みて)

12.UN RAGAZZO PIU' TRISTE DEGLI ALTRI (ほほえみの街角)

13.SULL'ACQUA (水の上)

14PENSO ALLE COSE PERDUTE (瞳にいっぱいの涙)

15.GRAZIE AMORE (グラツィエ・アモ-レ)*

 (FG-5012 (1964年 CGD - CGD, Italy) Gigliola Cinquetti (夢みる想い チンクェッティのすべて)+3*)

 

前回紹介したBEBAS RECORDの"IL MEGLIO DI GIGLIOLA CINQUETTI"ですが"すてきなボーイ"1曲だけの追加で13曲収録のヴァージョンがあるようです。データとジャケット画像だけで、レコード番号を同じにしていますが、違うのかもしれません。現物がないので確定的なことは云えません。

 

SMCD- 446 (1995年BEBAS RECORD, DUCK RECORD) IL MEGLIO DI GIGLIOLA CINQUETTI (ザ・ベスト・オブ・ジリオラ・チンクェッティ)

        SMCD- 446 SMCD- 446(13) 

 

1.NON HO L'ETA' (PER AMARTI)  (夢みる想い)

2.QUANDO PASSO IL PONTE CON TE (しあわせは橋の上)

3.IL PRIMO BACIO CHE DARO' (はじめてのキッス)

4.BARBABLU' (バルバブル)

5.CARO COME TE (愛はすぐそこに(カロ・コメ・テ))

6.PRIMA O POI... TELEFONERAI (ひとりぼっちの夜)

7.SEI UN BRAVO RAGAZZO(すてきなボーイ)*

8.SULL'ACQUA (水の上)

9.TUTTI SONO ANDATI (ほのかに夢みて)

10.UN RAGAZZO PIU' TRISTE DEGLI ALTRI (ほほえみの街角)

11.UNO DI VOI (ひとりになりたい)

12.PENSO ALLE COSE PERDUTE (瞳にいっぱいの涙)

13.QUANDO VEDO CHE TUTTI SI AMANO (淋しいめざめ)

(FG-5012 (1964年 CGD - CGD, Italy) Gigliola Cinquetti (夢みる想い チンクェッティのすべて)+1*)

 

 

152-765 (1995年EURO TREND - EURO TREND, Germany?) ALLE PORTE DEL SOLE (太陽のとびら)

 

           152-765 152-765

 

1.ALLE PORTE DEL SOLE (太陽のとびら)

2.GIOVANE VECCHIO CUORE (若く老いた心)

3.LA VITA E' DURA

4.COME VIVIAMO QUESTA ETA' (この年頃)

5.LA PRIMA DONNA SULLA LUNA

6..MI FERMERO' CON TE

7.L'AMORE D'APRILE

8.BOREALE

9.CALYPSO (カリプソ)

10.SENZA DI TE SENZA DI ME

11.LUNA VAGABONDA (バガボンドの月)

12.NOTTE DI STELE(星の夜に)

13.PRIMA DEL TEMPORALE (嵐が来る前に)

14.NON HO L'ETA' (PER AMARTI)  (夢みる想い)

 

CDMRL-64377 (CD1991年 RICORDI - RICORDI,Italy) TUTTINTORNO (トゥッティントルノ)から4曲、526- 832・2 (1995 年Mercury Records,) GIOVANE VECCHIO CUORE (若く老いた心)から8曲それにナンバーワン・ヒット"太陽のとびら"と"夢みる想い"を加えた編集アルバム。この頃のCDは現物がないと確かなことは分かりません。

 

1996年8月20日にジリオラは作詞家パオロ・リミティ(PAOLO LIMITI)の最初のヒット番組「それはイタリア物語(...E' L'ITALIA RACCONTA)」にゲスト出演しました。リミティは彼女にイタリア語の"ボエームLA BOH'ME" (1966年ヴェネチア国際音楽祭・金のゴンドラで歌った)をテーマにすると打合せていました。しかし彼女は10月7日から11日放送の「それはイタリア物語」では以前日本向けに録音した彼女の新しいCD"ライブ・イン・東京(GIGLIOLA CINQUETTI LIVE IN TOKYO)"の縮小盤に入っている曲をプレゼンテーションしました。それは NARインターナショナルから初めて発売する盤でした。

 

04429-5007・2 (1996年N AR - NAR International, Italy) GIGLIOLA CINQUETTI LIVE IN TOKYO (ジリオラ・チンクェッティ・ライブ・イン東京)

 

        04429-5007・2 04429-5007・2

 

1.ALLE PORTE DEL SOLE (太陽のとびら)

2.UNA VITA CHE SCAPPA (人生を追いかけて)

3.CHIAMALO AMORE (愛と呼ぶの)

4.SULL'ACQUA (水の上)

5.NON HO L'ETA' (夢みる想い)

6.LA PIOGGIA > (雨)

7.LA DONNA CANNONE (輝く女(ひと)

8.SOTTO LE STELLE DE JAZZ (ジャズの星のもとで)

9.ANEMA E CORE (アネマ・エ・コーレ)

10.DIO COME TI AMO (愛は限りなく)

11.LA DOMENICA ANDANDO ALLA MESSA (日曜はミサに)

12.CIAO (チャオ)

  (KICP- 352^3 (1993.11. 3 SEVEN SEAS - KING, Italy) 愛は限りなく~ジリオラ・チンクェッティ・ライブ・イン東京'93 (DIO COME TI AMO~GIGLIOLA CINQUETTI LIVE IN TOKYO '93)一部)

 

日本で発売された国内盤は2枚組でしたが、イタリアで出されたライヴ盤は1枚の縮小ヴァージョンになりました。

 

5年前に出された、"TUTTINTORNO (トゥッティントルノ)"がFARAD RECORDSから再発売されました。"ファラド"自体どんなレーベルか確認が取れません。

 

11017・2(1996年FARAD - FARAD RECORDS) TUTTINTORNO (トゥッティントルノ)

 

            FARAD 11017・2 11017・2(FARAD)

 

曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(20) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6820431.html (SMRL-6437 (1991年 RICORDI - RICORDI,Italy) TUTTINTORNO (トゥッティントルノ)をご覧ください。

 

彼女の出演するミュージカル喜劇「テレビを発明した男(L'UOMO CHE INVENTO' LA TELEVISIONE)」発表し、2日後の「ドメーニカ・イン.」の中で相手役がピッポ ・ ボドであることを明らかにします。そして"輝く女(ひと)(LA DONNA CANNONE)"、"ヴォラーレ"、"青い泡がいっぱい"を歌います。CDになっているのは最初の曲だけです。




ジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(22)

  1993年、RAI2とRAIヴェルデの国営ラジオで12月26日から毎週日曜日17時30分から24時まで放送の新番組「家に帰ろう」が始まりました。1994年2月まで続きます。交通に関する情報番組で、直接関係機関に質問したり、旅の情報も番組に取り入れていました。

番組のパートナーはジャーナリストのカルロ・サケットーニ(CARLO SACCHETTONI)でしたが、彼も番組に電話で質問してくる聴取者からも、しばしば歌を歌って欲しいとのリクエストがありました。ジリオラは前年日本で作った新しいCDをかけることを提案しています。それに応えて"ジャズの星のもとで(SOTTO LE STELLE DEL JAZZ)" やフランチェスコ ・ デ ・グレゴリの"輝く女(ひと)(LA DONNA CANNONE)"などをかけました。また番組に友人のロベルト・ヴェッキオーニ(Roberto Vecchioni )、ミンモ・ロカスチウッリ(Mimmo Locasciulli)など多くの有名人をゲストによびました。

 

昔の曲やアルバムを発掘してCD化しているフレムス(Fremus)レーベルからCDコンピレーションが発売されました。タイトルは"青の中の月に愛をこめて(LUNA NEL BLU... CON AMORE)"はイタリア以外で発売された曲や、以前にイタリアで発売されてそのままとなった彼女のコレクター・アイテムが含まれています。"青の中の月(LUNA NEL BLU)"は"夢みる想い"のドイツで付けられたタイトルです。

 

CDFR-0559 1994年FREMUS - ERREBIESSE,Italy)LUNA NEL BLU ...CON AMORE (夢みる想い... 愛をもって) CD

    

                CDFR-0559 CDFR-0559 

 

1.L'ITALIANO [F] (イタリ-でこんにちは [仏])

2.NON E' NIENTE, LASCIAMI STARE (涙を見せずに)

3.SUI SCALINI DELL'ARENA

4.ROEG OF LAAT

5.GRAZIE AMORE (グラツィエ・アモ-レ)

6.TUTTO MENO UNA (わたしだけ)

7.LUNA NEL BLU (夢みる想い [独])

8.SE A VERONA GHE FUSSE EL MAR

9.A CASA PER NATALE (I'LL BE HOME FOR CHRISTMAS [I]) (クリスマスは我が家で [伊])

10.CON AMORE [D]

11.BARBA AZUL (バルバブル [西])

12.ROMANTICO BLUES  (ロマンティコ・ブル-ス <L>)

13.RESTE LA' (水の上 [仏])

14.PEPINO, PEPINO

15.DIO COME TI AMO  (愛は限りなく

16.LA PIOGGIA  (雨)

17.ICH MUB IMMER AN DICH DENKEN (あこがれはいつも心に[独])

18.ERES UN BLUEN MUCHACO (すてきなボ-イ [西])

19.QUANDO M'INNAMORO  (愛の花咲くとき

  はライヴ・レコーディング

 

日本で録音(大阪万博ホール)されたライヴ・ヴァージョンのほか、フランドル語(「フランダースの犬」のお話があるように、オランダから北フランス地方の言語です)のカヴァーや、最後の最後「アルバム・コレクション」のアペンディクスに入れようと思っている1969年に出されたクリスマス用コンピレーション・アルバムの中の"A CASA PER NATALE"も収録されています。

 

1994年も押し詰まった12月27日、1995年のサンレモ音楽祭のチーフ・オーガナイザーのピッポ・バウドが選考リストを明らかにします。ジリオラはジョルジョ・ファレッティ(GIORGIO FALETTI)の"若く老いた心"を提示されていました。彼女は、サンレモ音楽祭に出るに値する強く感情をゆさぶる説得力がある曲ですとコメントしました。

 

 サンレモ音楽祭が始まる前に編集アルバムがベバス・レコーズ(BEBAS RECORD)から発売されました。

 

SMCD- 446 (1995年BEBAS RECORD, DUCK RECORD) IL MEGLIO DI GIGLIOLA CINQUETTI (ザ・ベスト・オブ・ジリオラ・チンクェッティ)

 

        SMCD- 446 SMCD- 446

 

1.NON HO L'ETA' (PER AMARTI)  (夢みる想い)

2.HO BISOGNO DI VEDERTI (あこがれはいつも心に)*

3.CARO COME TE (愛はすぐそこに(カロ・コメ・テ))

4.UNO DI VOI (ひとりになりたい)

5.UN RAGAZZO PIU' TRISTE DEGLI ALTRI (ほほえみの街角)

6.TUTTI SONO ANDATI (ほのかに夢みて)

7.SULL'ACQUA (水の上)

8.QUANDO VEDO CHE TUTTI SI AMANO (淋しいめざめ)

9.PENSO ALLE COSE PERDUTE (瞳にいっぱいの涙)

10.IL PRIMO BACIO CHE DARO' (はじめてのキッス)

11.PRIMA O POI... TELEFONERAI (ひとりぼっちの夜)

12.QUANDO PASSO IL PONTE CON TE (しあわせは橋の上)

13.BARBABLU' (バルバブル)

14.SEI UN BRAVO RAGAZZO(すてきなボーイ)*

15.GRAZIE AMORE (グラツィエ・アモ-レ)*

 (FG-5012 (1964年 CGD - CGD, Italy) Gigliola Cinquetti (夢みる想い チンクェッティのすべて)+3*)

 

彼女の最初アルバムに"あこがれはいつも心に"、"グラツィエ アモーレ"と"すてきなボーイ"を追加したものでした。

 

1995年のサンレモ音楽祭は2月21日から25日の5日間の開催でした。優勝はジョルジァの"どうしたらいいの(COME SAPREI)"、4位には第二のヴォラーレとなったアンドレア・ボチェッリ(ANDREA BOCELLI)の"君と旅立とう(CON TE PARTIRO')"が出場した大会でした。

時代の移り変わりは著しくチンクェッティは20曲中14位にとどまっています。ペピーノ・ディ・カプリ、マッシーモ・ラニエリ、トト・クトゥーニョ、ロレダーナ・ベルテ、パティ・プラヴォーなど往年の大歌手たちはジャンニ・モランディを除き10位以下になってしまいました。

 

サンレモ音楽祭の1ヶ月後、ジリオラの新しいアルバム"若く老いた心(GIOVANE VECCHIO CUORE)"が発売されます。ほぼすべての曲は、ジョルジョ・ファレッティ(GIORGIO FALETTI)によって書かれています。

 

526- 832・2 (1995 年Mercury Records, Italy)GIOVANE VECCHIO CUORE (若く老いた心)

 

        526- 832・2 526- 832・2

 

1.GIOVANE VECCHIO CUORE (若く老いた心)

2.SENZA DI TE SENZA DI ME

3.LA VITA E' DURA

4.L'AMORE D'APRILE

5.MI FERMERO' CON TE

6.CALYPSO (カリプソ)

7.LA PRIMA DONNA SULLA LUNA

8.BOREALE

9.SCUSAMI SE 

10. ROSA ROSAE

 

 デビューして2年目の1966年、"ボエーム"の吹込みに際し一度は若過ぎるとシャルル・アズナブールから歌うのを断られたチンクェッティですが、30年経った"若く老いた心"は今歌うに相応しい曲でした。ただ世代が変わり若い人たちのサンレモ音楽祭では難しかったかも知れません。彼女はこれで本当にサンレモ音楽祭から去ったかもしれません。その後の50回記念大会もオファーがあった時も断っています。

 国内盤が発売されていない彼女のアルバムは、本当の大人の歌手として聞き直すべきかもしれません。

 この盤でシングル盤(シングルCDも含め)とアルバム両方リリースしたケースはありません。また純粋に新曲が入ったアルバムも数えるほどになります。




ジリオラ・チンクェッティ~シングル盤コレクション(アペンディクス2)

  前回のシングル盤コレクション(アペンディクス)のつづきです。前にも書いたようにシングル盤に関しては総てご紹介してしまったのですが、日本特有の盤ですが「コンパクト盤」があります。コンパクト・ディスク(CD)ではありません。7inch(17cm)で33・1/3rpmで普通は4曲(場合によっては6曲)入った盤です。

ヨーロッパ、特にフランスではEP(EXTENDED PLAY)盤が、発達しています。EPはEASY PLAYではありませんし、シングル盤はEP盤ではありません。日本ではEP盤よりコンパクト盤の方が定着していたようです。

前置きが長くなりましたが、チンクェッティの国内コンパクト盤とサンレモ音楽祭のコンピ・コンパクト盤をご紹介しましょう。

 

OH-  17 (1972年10月SEVEN SEAS - KING, Japan)  恋よまわれ/ジリオラ・チンクェッティ (GIRA L'AMORE/GIGLIOLA CINQUETTI)

 

1.恋よまわれ (GIRA L'AMORE)

2.薔薇のことづけ (ROSE NEL BUIO)

3.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO)

4.雨 (LA PIOGGIA)

 

OH-  17 OH-  17 OH-  63 OH-  63 

 

OH-  63 (1973年10月SEVEN SEAS - KING, Japan) つばめのように/ジリオラ・チンクェッティ・ベスト4 (VOLANO LE RONDINI/GIGLIOLA CINQUETTI BEST 4)

 

1.つばめのように (VOLANO LE RONDINI)

2愛の花咲くとき (QUANDO M'INNAMORO)

3コンドルは飛んで行く (IL CONDOR)

4ロマンティコ・ブルース (ROMANTICO BLUES)

 

OH-  82 (1974年2月SEVEN SEAS - KING, Japan)  雨/ジリオラ・チンクェッティ・ベスト4 (LA PIOGGIA/GIGLIOLA CINQUETTI BEST 4)

 

            OH-  82 OH-  82 

 

1.雨 (LA PIOGGIA)

2.ふしぎな気持 (MISTERO)

3.ラ・ヴィオレテラ (LA VIOLETERA)

4.バラのタンゴ (TANGO DELLE ROSE)

 

17M-1012 (1964年10月1日SEVEN SEAS - KING, Japan) サン・レモのすべて第 3集 (TUTTE LE SAN REMO Vol. 3)

 

1.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI))

2.ヴォラ-レ (NEL BLU DIPINTO DI BLU)

3.アル・ディ・ラ (AL DI LA')

4.チャオ・チャオ・バンビ-ナ (PIOVE)

1. ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI);2.4. ジョニー・ドレルリ (JOHNNY DORELLI);3. ベティ-・クルティス (BETTY CURTIS)

 

17M-1012 17M-1012 17M-1022 17M-1022

 

17M-1022 (1965年4月1日SEVEN SEAS - KING, Japan) サン・レモのすべて第 8集 (TUTTE LE SAN REMO Vol. 8)

 

1.あこがれはいつも心に (HO BISOGNO DI VEDERTI)

2.悲しい運命 (INVECE NO)

3.恋する瞳 (L'AMORE HA I TUOI OCCHI)

4.胸にのこる微笑 (SI VEDRA')

1. ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI);2.ベティ-・クルティス (BETTY CURTIS);3. 伊東ゆかり (ITO YUKARI); 4. ヴィットリオ・インツァイナ (VITTORIO INZAINA)

 

17M-1029 (1966年4月1日SEVEN SEAS - KING, Japan) サン・レモのすべて第 9集 (TUTTE LE SAN REMO Vol. 9)

 

1.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO)

2.リコルダ (RICORDA)

3.青春に生きる (NESSUNO MI PUO' GIUDICARE)

4.土曜の夜 (SABATO SERA)

1. ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI);2. ルチアーノ・タヨーリ (LUCIANO TAJOLI);3 .カテリーナ・カセルリ(CATERINA CASELLI); 4. ジル・フィールズ&フラタニティ・ブラザース (GIL FIELDS & FRATERNITY Brs.)

 

17M-1029 17M-1029 PS-  62 PS-  62

 

PS-  62 (1968年4月SEVEN SEAS - KING, Japan)  第18回サン・レモ音楽祭第2集 (SAN REMO 1968 Vol.2)

 

1.夕べのしあわせ (SERA)

2.青空の想い出 (DA BAMBINO)

3.静けさの声 (LA VOCE DEL SILENZIO)

4.狂った蝶々 (LA FARFALLA IMPAZZITA)

1. ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI);2. マッシーモ・ラニエリ (MASSIMO RANIERI);3. トニ-・デル・モナコ (TONY DEL MONACO); 4. ジョニー・ドレルリ (JOHNNY DORELLI)

 

PS- 124 (1969年4月20日SEVEN SEAS - KING, Japan)  第19回サン・レモ音楽祭第2集 (FESTIVAL DI SAN REMO 1969 Vol.2)

 

1.雨 (LA PIOGGIA)

2.愛の詩 (QUANDO L'AMORE DIVENTA POESIA)

3.恋の遊び (IL GIOCO DELL'AMORE)

4.愛の妙薬 (COSA HAI MESSO CAFFE')

1. ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI);2. マッシーモ・ラニエリ (MASSIMO RANIERI);3. カテリーナ・カセルリ(CATERINA CASELLI); 4. リカルド・デル・トゥルコ (RICCARDO DEL TURCO)

 

PS- 124 PS- 185 PS- 185

 

PS- 185 (1970年4月SEVEN SEAS - KING, Japan) 第20回サン・レモ音楽祭第1集 (FESTIVAL DI SAN REMO 1970 Vol.1)

 

1.ロマンティコ・ブルース (ROMANTICO BLUES)

2.心の王さま (RE DI CUORE)

3.恋は鳩のように (L'AMORE E' UNA COLOMBA)

4.ティピティピティ (TIPITIPITI')

1. ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI);2. カテリーナ・カセルリ(CATERINA CASELLI);3. マリーザ・サンニア (MARISA SANNIA); 4. マリオ・テッスート(MARIO TESSUTO)

 

どうも日本独自の展開になってしまったようですが、"街角のシレーヌ"のジャン=クロ-ド・ボレリーとのキャンペーン・ダイジェスト盤です。チンクェッティの盤を8月25日終了のヤフー・オークションに出したのですが、買い手がつきません。出し値がちょっと高すぎたのでしょうか。ただ実績を見ていると、このダイジェストのコンパクト盤しか出ていなかったので、本当のシングル盤(見本盤ではありません)なので珍しいと思ったのですが! ダメなら「お蔵入り」ですね。

 

17DY-5211・1 (1977年11月SEVEN SEAS - KING, Japan)  街角のシレ-ヌ/ダイジェスト盤 (非売品)

 

1.街角のシレ-ヌ (SERENADE POUR DEUX AMOURS)

2.街角のシレ-ヌ (SERENADE POUR DEUX AMOURS)

3.街角のシレ-ヌ[日] (SIRENE [J])

4.街角のシレ-ヌ (SIRENE)

1. ジャン=クロ-ド・ボレリー (JEAN CLAUDE BORELLY);2. ノーマン・キャンドラー楽団 (NORMAN CANDLER);3. 4. ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI)

 

 17DY-5211・1 17DY-5211・1 17DY-5304・1 17DY- 5304・1

 

1年後もう一度"街角のシレーヌ"のキャンペーン・ダイジェスト盤が出ました。この時はジャン=クロ-ド・ボレリーのための盤だったので、ジャケットにチンクェッティの写真は使われていません。ご覧の方はあまり興味がないと思いますが、こちらの方がレアなのでしょう。

 

17DY- 5304・1 (1978年4月SEVEN SEAS - KING, Japan)  街角のシレーヌ/ジャン・クロード・ボレリー ダイジェスト盤 (JEAN CLAUDE BORELLY"SE'RE'NADE POUR DEUX AMOURS")  (非売品)

 

1.街角のシレーヌ (SERENADE POUR DEUX AMOURS)

2.街角のシレーヌ[日] (SIRENE [J])

3.街角のシレーヌ (SERENADE POUR DEUX AMOURS)

4.渚のおもいで (LE CONCERTO DE LA MER)

5.渚のトランペット (LA GUERRE DES ETOILES)

6.スター・ウォーズのテーマ (LA GUERRE DES ETOILES)

1.4~6. ジャン=クロ-ド・ボレリー (JEAN CLAUDE BORELLY);2. ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI); 3.ノーマン・キャンドラー楽団 (NORMAN CANDLER)




ジリオラ・チンクェッティ~シングル盤コレクション(アペンディクス1)

 

  前回シングル盤コレクションを書いてから6回飛んでアペンディクス(おまけ)になります。前回書いたようにシングル盤に関しては総てご紹介してしまったのですが、日本特有の盤「コンパクト盤」があります。コンパクト・ディスク(CD)ではありません。7inch(17cm)で33・1/3rpmで普通は4曲(場合によっては6曲)入った盤です。

ヨーロッパ、特にフランスではEP(EXTENDED PLAY)盤が、発達しています。EPはEASY PLAYではありませんし、そしてシングル盤はEP盤ではありません。日本ではEP盤よりコンパクト盤の方が定着していたようです。

前置きが長くなりましたが、チンクェッティの国内コンパクト盤をご紹介しましょう。

 

17M-1018 (1965年2月1日 SEVEN SEAS - KING, Japan)  愛はすぐそこに ( CARO COME TE) 

                         17M-1018

1.愛はすぐそこに (CARO COME TE)

2.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI))

3.ナポリは恋人 (NAPOLI, FORTUNA MIA)

4.はじめてのキッス (IL PRIMO BACIO CHE DARO)

 

 PP-  79 (1966年5月20日 SEVEN SEAS - KING, Japan) 愛は限りなく/ジリオラ・チンクェッティ (DIO, COME TI AMO/GIGLIOLA CINQUETTI)

 

1.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO)

2.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI))

3.あこがれはいつも心に (HO BISOGNO DI VEDERTI)

4.アネマ・エ・コーレ (ANEMA E CORE)

 

PP-  79初版 PP-  79a PP-  79再版 PP-  79b

            PP-  95 PP-  95

 

PP-  95 (1966年8月20日 SEVEN SEAS - KING, Japan)  愛は限りなく  主題歌集 (FILM "DIO, COME TI AMO") 

 

1.愛は限りなく[日] (DIO, COME TI AMO [J])

2.愛はすぐそこに (CARO COME TE)

3. ナポリは恋人 (NAPOLI, FORTUNA MIA)

4. はじめてのキッス (IL PRIMO BACIO CHE DARO)

 

PP-  79初版は普通にコンパクト盤として発売されましたが、66年秋にチンクェッティの映画「愛は限りなく」が封切られることになり、見てお分かりの通り「サウンド・トラック盤」を入れて再発売しました。またPP-  95は映画用に作ったコンパクト盤で主題曲の"愛は限りなく"がPP-  79に入っているため、日本語ヴァージョンを収録しています。このことは既に私のブログ(チンクェッティ主演映画「愛は限りなく」(サン・トラ盤) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/4952678.html)に書いております。この時、「日本語ヴァージョンが映画に入っていなかったのでは」と書いたところ封切り当時の劇場版で最後のエンドロールに日本語ヴァージョンがかけられていたと、コメントで教えていただきました。実際に見ておきたかったですね。

 

 67年12月にでるに区内編集盤に先駆けて出されたコンパクト盤、イタリアのシングル盤の曲を集めた盤でした。

 

PS-  23 (1967年10月20日 SEVEN SEAS - KING, Japan) ジリオラ・チンクェッティ/ローザ・ネーラ (GIGLIOLA CINQUETI/ROSA NERA)

 

1.ローザ・ネーラ (LA ROSA NERA)

2.愛の物語 (UNA STORIA D'AMORE)

3.家へは帰れない[伊] (TU NON POTRAI MAI PIU' TORNARE A CASA)

4.ボエーム[伊] (LA BOHE'ME [I])

 

PS-  23 PS-  23 PS-  46 PS-  46

 

PS-  46 (1968.年2月10日 SEVEN SEAS - KING, Japan)  ゴールデン・ジリオラ・チンクェッティ第1集 (GIGLIOLA CINQUETTI Vol.1)

 

1.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO)

2.アネマ・エ・コーレ (ANEMA E CORE)

3.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI))

4.ナポリは恋人 (NAPOLI, FORTUNA MIA)

 

PS- 105 (1969年2月10日 SEVEN SEAS - KING, Japan) 悲しき天使/ゴールデン・ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI Vol.2)

 

1.愛の花咲くとき (QUANDO M'INNAMORO)

2.花は枯れて (SFIORISCI BEL FIORE)

3.悲しき天使 [伊]  (QUELLI ERANO I GIORNI)

4.ミリー (MILLIE)

 

PS- 105 PS- 105 PS- 143 PS- 143

 

PS- 143 (1969年7月10日 SEVEN SEAS - KING, Japan)  雨/ゴールデン・ジリオラ・チンクェッティ (LA PIOGGIA/GIGLIOLA CINQUETTI Vol.3)

 

1.雨 (LA PIOGGIA)

2.つばめのように (VOLANO LE RONDINI)

3.落葉の恋 (COME UNA FOGLIA)

4.愛の太陽 (SE DECIDERAI)

 

PS- 170 (1969年10月SEVEN SEAS - KING, Japan) ピノキオへの手紙/ジリオラ・チンクェッティ (CARISSIMO PINOCCHIO)

 

1.ピノキオへの手紙 (LETTERA A PINOCCHIO)

2.マルセリーノの歌 [伊]  (CANCION DE MARCELINO [I])

3.チム・チム・チェリー [伊]  (CHIM CHIM CHER-EE [I])

4.スーパーカリフラジリスティック [伊] (SUPERCALIFRAGILISTIC-ESPIRALIDOSO)

 

PS- 170 PS- 170 PS- 176 PS- 176

 

PS- 176 (1969年11月SEVEN SEAS - KING, Japan)  ズン・ズン・ズン/ジリオラ・チンクェッティ (ZUM ZUM ZUM / GIGLIOLA CINQUETTI Vol.2)

 

1.ズン・ズン・ズン (ZUM ZUM ZUM)

2.心に雨が降る (DOMMAGE, DOMMAGE (PECCATO))

3.あこがれはいつも心に (HO BISOGNO DI VEDERTI)

4.夕べのしあわせ (SERA)

 

PS- 195 (1970年7月SEVEN SEAS - KING, Japan) ロマンティコ・ブルース/ジリオラ・チンクェッティ (ROMANTICO BLUES/GIGLIOLA CINQUETTI)

 

1.ロマンティコ・ブル-ス (ROMANTICO BLUES)

2.消え去る想い (IL TRENO DELL'AMORE)

3.ボエ-ム[伊] (LA BOHE'ME [I])

4.ほほえみの街角 (UN RAGAZZO PIU' TRISTE DEGLI ALTRI)

 

PS- 195 PS- 195 PS- 214 PS- 214 

 

PS- 214 (1971年1月SEVEN SEAS - KING, Japan)  つばめのように/ジリオラ・チンクェッティ (VOLANO LE RONDINI/GIGLIOLA CINQUETTI)

 

1.つばめのように (VOLANO LE RONDINI)

2.鏡 (LO SPECCHIO)

3.コンドルは飛んで行く (IL CONDOR)

4.めざめ (RISVEGLIO)

 

PS- 220 (1971年6月SEVEN SEAS - KING, Japan) 薔薇のことづけ/ジリオラ・チンクェッティ (ROSE NEL BUIO/GIGLIOLA CINQUETTI)

 

1.薔薇のことづけ (ROSE NEL BUIO)

2夕べのしあわせ (SERA)

3白いバラ[伊] (LADY D'ARBANVILLE [I])

4羊飼いの少女 (LA PASTORA)

 

PS- 220 PS- 220 PS- 230 PS- 230

 

PS- 230 (1972年8月SEVEN SEAS - KING, Japan)  恋よまわれ/ジリオラ・チンクェッティ (GIRA L'AMORE/GIGLIOLA CINQUETTI)

 

1.恋よまわれ (GIRA L'AMORE)

2.日曜はミサに (LA DOMENICA ANDANDO ALLA MESSA)

3.薔薇のことづけ (ROSE NEL BUIO)

4.風によせて (AMARTI E POI MORIRE)




ジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(21)

  1991年大晦日(ショー番組「お誕生パーティー」は1992年3月11日(120話) までレギュラーで続くことになります。)、ショーは、芸能界だけでなく政治、文化の分野からも多くのビップを誕生日に迎えます。彼女はイタリアで著名なスタイリスト、バレストラ、ミッソーニ、フォンタナ(みんなゲストにも迎えた人たち)のミニ・スカートにベルベット・トップスを身にまとい出演しています。ゲストやルッタッツィといつもデュエットし番組を盛上げます。

 

1993年2月18日にピッポ・バウドのショー番組「ダブル・ヘッダー(PARTITA DOPPIA)」の中で次のツアーはミンモ・ロカシウリ(MIMMO LOCASCIULLI)と日本へ行き、「ライブ・イン・東京」のCDを録音し東洋市場で発売すると発表します。

 

イタリアでのCD発売はありませんでしたが、CGDの販売権がキングからMMGに移ったのを機に、7度目の来日記念盤が4月から5月にどっと発売されました

 

AMCE-  528 (1993年4月25日 CGD -MMG, Japan) ベスト・オブ・ジリオラ・チンクェッティ (THE BEST OF GIGLIOLA CINQUETTI)

 

                         AMCE-  528

 

1.雨 (LA PIOGGIA)

2.ナポリは恋人 (NAPOLI, FORTUNA MIA)

3.あこがれはいつも心に (HO BISOGNO DI VEDERTI)

4.ローザ・ネーラ (LA ROSA NERA)

5.はじめてのキッス (IL PRIMO BACIO CHE DARO')

6.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI))

7.消え去る想い (IL TRENO DELL'AMORE)

8.アネマ・エ・コーレ (ANEMA E CORE)

9.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO)

10.ズン・ズン・ズン (ZUM, ZUM, ZUM)

11.花咲く丘に涙して (LE COLLINE SONO IN FIORE)

12.つばめのように (VOLANO LE RONDINI)

13.薔薇のことづけ (ROSE NEL BUIO)

14.太陽のとびら (ALLE PORTE DEL SOLE)

 

彼女の日本でのヒット曲を満遍なく集めた標準アルバム。発売されて20年近くたつ今も、店頭に並んでいる超ロング・セラーCDとなりました。1997年5月25日に限定盤AMCE- 2208が同内容でリリースされています。また特販物でも、この盤をベースに2曲、3曲追加して発売されています。

 

 5月になると来日記念盤として4枚のCDが発売されました。

 

AMCE-  536 (1993年5月25日 CGD -MMG, Japan) 夢みる想い/ジリオラ・チンクェッティ (NON HO L'ETA' (PER AMARTI)/GIGLIOLA CINQUETTI)

 

この盤はMH- 187 (1964年10月20日 SEVEN SEAS - KING, Japan) "夢みる想い  チンクェッティのすべて(NON HO L'ETA' (PER AMARTI))"及び260E-52072 (1989年12月21日 SEVEN SEAS - KING, Japan) 夢みる想い  チンクェッティのすべて (NON HO L'ETA' (PER AMARTI)/THE BEST OF GIGLIOLA CINQUETTI) の再発売です。 曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(1)http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6038143.html をご覧ください。またこの盤はWQCP-  952~6(2011年5月25日 CGD - WARNER MUSIC JAPAN)"ジリオラ・チンクェッティ 紙ジャケットBOXで収録され再発売されました。

 

 

AMCE-  536 AMCE-  536 AMCE-  537 AMCE-  537

AMCE-  537 (1993年5月25日 CGD -MMG, Japan) チンクェッティ/リサイタル・インジャパン (GIGLIOLA CINQUETTI RECITAL IN JAPAN)

 

GP- 308 (1973年1月SEVEN SEAS - KING, Japan) "チンクェッティ/リサイタル・インジャパン(GIGLIOLA CINQUETTI RECITAL IN JAPAN)" <LIVE (VIVO)>の再発売です。曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(9) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6473303.html をご覧ください。またこの盤はWQCP-  952~6(2011年5月25日 CGD - WARNER MUSIC JAPAN)"ジリオラ・チンクェッティ 紙ジャケットBOXで収録され再発売されました。

 

 

AMCE-  538 (1993年5月25日 CGD -MMG, Japan) ボンジュール・パリ/ジリオラ・チンクェッティ (BONJOUR PARIS/GIGLIOLA CINQUETTI)

 

GP- 346 (1974年12月SEVEN SEAS - KING, Japan) "枯葉・行かないで・詩人の魂/ジリオラ・チンクェッティ (BONJOUR PARIS/GIGLIOLA CINQUETTI)"の再発売です。曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(10) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6502130.html をご覧ください。またこの盤はWQCP-  952~6(2011年5月25日 CGD - WARNER MUSIC JAPAN)"ジリオラ・チンクェッティ 紙ジャケットBOXで収録され再発売されました。

 

 

AMCE-  538 AMCE-  538 AMCE-  539 AMCE-  539

 

AMCE-  539 (1993年5月25日 CGD -MMG, Japan) 薔薇のことづけ/ジリオラ・チンクェッティ (ROSE NEL BUIO/GIGLIOLA CINQUETTI) cf.

 

SR- 646 (1971年6月SEVEN SEAS - KING, Japan) "薔薇のことづけ/ジリオラ・チンクェッティ(ROSE NEL BUIO/GIGLIOLA CINQUETTI)"の再発売です。曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(5) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6287928.html をご覧ください。またこの盤はWQCP-  952~6(2011年5月25日 CGD - WARNER MUSIC JAPAN)"ジリオラ・チンクェッティ 紙ジャケットBOXで収録され再発売されました。

 

 2月に日本ツアーを発表し、ライヴ盤を製作するという話をしていたことが、2枚組CDとなり国内盤で発売されました。彼女のヒット曲に最新のアルバム"トゥッティントルノ(TUTTINTORNO)"に収められている曲が中心ですが、他にデ・グレゴリの"輝く女(ひと)"のように彼女が初めて歌う曲もありました。

 

KICP- 352~3 (1993年11月3日 KING - KING, Japan) 愛は限りなく~ジリオラ・チンクェッティ・ライブ・イン東京'93 (DIO COME TI AMO~GIGLIOLA CINQUETTI LIVE IN TOKYO '93) 

 

                KICP- 352^3 KICP- 352~3a 

 

1-1.夢みる想い (NON HO L'ETA')

1-2.ビバ・イタリア (VIVA L'ITALIA)

1-3.青い岸辺 (ABBASSANDO)

1-4.愛と呼ぶの (CHIAMALO AMORE)

1-5.過ぎゆく人生 (UN GIORNO DOPO L'ALTRO)

1-6.人生を追いかけて (UNA VITA CHE SCAPPA)

1-7.太陽のとびら (ALLE PORTE DEL SOLE)

1-8.星の夜に (NOTTE DI STELLE)

1-9.輝く女(ひと) (LA DONNA CANNONE)

1-10.恋よまわれ (GIRA L'AMORE)

1-11.チャオ (CIAO)

 

2-1.バガボンドの月 (LUNA VAGABONDA)

2-2.嵐が来る前に (PRIMA DEL TEMPORALE)

2-3.ジャズの星のもとで (SOTTO LE STELLE DE JAZZ)

2-4.水の上 (SULL'ACQUA)

2-5.心の師 (IL MAESTRO NELL'ANIMA)

2-6.愛は限りなく (DIO COME TI AMO)

2-7.五月の香り (ODOR DI MAGGIO)

2-8.雨 (LA PIOGGIA)

2-9.日曜はミサに (LA DOMENICA ANDANDO ALLA MESSA)

2-10.あなたが望むなら (IO VORREI NON VORREI MA SE VUOI)

2-11.ラ・スパニョラ (LA SPAGNOLA)

2-12.アネマ・エ・コ-レ (ANEMA E CORE)

 

来日記念盤となるはずの"トゥッティントルノ(TUTTINTORNO)"がリリース・出来ず幻の国内盤となってしまいましたが、反対にこのライヴ盤がイタリアでもリリースされることになりました。




ジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(20)

  1990年夏、彼女はヴェローナのローマ劇場で開かれた「女性自作自演歌手音楽祭(FESTIVAL DELLE CANTAUTRICI)」に参加、後半の1時間半に、翌年アルバム"トゥッティントルノ(TUTTINTORNO)"に入るアヴィオン・トラヴェル・オーケストラ(PICCOLO ORCHESTRA AVION TRAVEL)が演奏した新しい曲 "青い岸辺(ABBASSANDO)"、エンリコ・ルッジェーリ(ENRICO RUGGERI.)の美しい曲"星の夜に(NOTTE DI STELLE)"と"嵐が来る前に(PRIMA DEL TEMPORALE)"を歌いました。

 

1991年5月4日にユーロビジョン・ ソング・コンテストは前年優勝した国が開催することになっており、イタリアで行われます。ジリオラが予見したように、彼女とトト・クトゥーニョ二人は総合司会をしました。当初サンレモの開催予定でしたが、湾岸戦争の勃発でセキュリーが確保できるローマのチネ・チッタに変更されました。

 

http://www.youtube.com/watch?v=7VvTpTAjl-I&feature=related 

 

ユーロビジョン・ ソング・コンテストの司会ばかりでなく1991年はチンクェッティにとって画期的な年になりました。9年ぶりに新アルバムを製作することになりました。ミンモ・ロカスチウリ(MIMMO LOCASCIULLI)がプロデュースし、その曲のほとんどを彼が作った"トゥッティントルノ(TUTTINTORNO)"が製作されます。アルバムで3つの異なるエディション、LPとCD、それにタイトル"TODOS JUNTOS(すべて一緒に)"をスペイン語圏向けエディションが作られます。

 

CDMRL-64377 (CD1991年 RICORDI - RICORDI, Italy) TUTTINTORNO (トゥッティントルノ) CD

 

CD CDMRL-64377 LP SMRL-6437

 

1.IO SONO TUA (あなたにつつまれて)

2.PRIMA DEL TEMPORALE (嵐が来る前に)

3.QUEL TUO CUORE DA RE (愛は遠く)

4.LE AMICHE (女友達)

5.LE STORIE (いくつもの物語)

6.LUNA VAGABONDA (バガボンドの月)

7.COME VIVIAMO QUESTA ETA' (この年頃)

8.ABBASSANDO (青い岸辺)

9.NOTTE DI STELLE (星の夜に)

10.ODOR DI MAGGIO (五月の香り)

 

SMRL-6437 (LP1991年 RICORDI - RICORDI, Italy)  TUTTINTORNO (トゥッティントルノ) LP

 

 よくお世話に(参考にさせて頂いている)なっている"POP!ITALIANO"さんのサイト(http://musica.itreni.net/artisti/cinquetti.html)には『ジリオーラとミンモとは互いの子供が学校のクラス・メートだということで家族ぐるみの付き合いをしていたようで、ミンモはこのアルバムのために共作も含めて7曲を提供。うち4.「Le amiche(女友達)」と6.「Luna vagabonda(バガボンドの月)」はミンモのアルバムからの曲となっています。』とのことです。ほか2曲はロカスチウリと仕事をしてきたエンリコ・ルッジェーリ(ENRICO RUGGERI)が2曲とアヴィオン・トラヴェルの"ABBASSANDO(青い岸辺)"という構成で、一人の作家がプロデューサーで作るのは普通となっていますが、チンクェッティはほぼ初めての手法と思います。

 このCD、本当は日本の国内盤で聞けるはずたったのですが。 [24]

 

ユーロビジョン・ソング・コンテストの後にプロモーションが始まります。ジリオラは"青い岸辺(ABBASSANDO)"をロレッタ・ゴッジ(LORETTA GOGGI)が司会しているテレ・モンテカルロのショー番組「お誕生日パーティー(FESTA DI COMPLEANNO)」で歌いました

 

半年後、10月7日からチンクェッティがテレ・モンテカルロのショー番組「お誕生日パーティーhttp://www.youtube.com/watch?v=82AjBKPXkbI 」の司会がロレッタ・ゴッジからチンクェッティに代わりました。その際にテレビから離れていたジャズ・ピアニストのレリオ・ルッタッツィ(LELIO LUTTAZZI) [25] (http://www.youtube.com/watch?v=if017i9acRA)を復帰させます。

 

 12月20日にジリオラ、「お誕生日パーティー」の中に彼女自身の誕生日パーティーを祝います。この夜はホストをレリオ・ルッタッツィに譲ります。すべての友人の一人作詞家ピラート、夫のリチアーノ、ジョヴァンニとコンスタンティーノ二人の息子たちが祝い、政治家シルビア・コスタがインタビューをしました。

 

 

 

 

[24] CD国内盤"トゥッティントルノ(TUTTINTORNO)"

日本では1993年春、チンクエッティの7度目の来日記念盤として用意されていました。が、結局は日の目を見ずに未発売になります。1993年BMGとの合併が決まり日本でのリコルディの販売権はキング・レコードからBMGビクターにわたります。

 

 (CD1993年 未発売 RICORDI - KING, Japan) トゥッティントルノ(TUTTINTORNO) CD

表 KICP- 306KICP- 306ウラ

国内盤ブックレットは総て完成して、発売に合わせ盤をプレスするのみになっていました。イタリア本国での合併の話で発売は中止となります。ライナー・ノーツ(13年ぶりの国内盤新譜で気合の入った文章)を書いた山岸伸一さんの日付は93年3月、多分あと1、2ヶ月あればリリースは出来たはず、製作スタッフは日本にある彼女の外国盤を集め、リーフレットとセット、サンプルとして関係者に渡したと推測しています。

今私の手元には、イタリアのオリジナル盤(RICORDI)とオランダ盤(DURECO)のCD盤がついた2種類があります。

私の問合せ ・・・・KICP- 306 (1993年CDMRL-   6437) GIGLIOLA CINQUETTI/TUTTINTORNOなのですが、ジャケット(ブックレット)がキングの物で、盤はRicordiでした。状況としてはサンプル盤扱いのように思われますが・・・・

 

当時の関係者からの返事 ・・・・まさにご推察の通りです。リコルディがBMGに買収されてどうにもこうにも継続が不可能ということでサンプルを作りながら発売しなかったものです。・・・・

 

※わが友より、DURECO盤は1990年、RICORDI盤は1991年の発売(オリジナルはDURECO盤では)と言うことを言われました。現物で確認して、確かにその通り。制作はBEST SUNSETでRICORDI本体ではなく、正確性を欠くので「オリジナル盤」の表現を削除しました。

 

[25] レリオ・ルッタッツィ

 50年代、60年代前半に活躍したイタリアのジャズ・ピアニスト、ジャズバンドのリーダー。歌も歌いますが、私もこの動画で初めて聞きました。彼の作品で"イタリーの想い出(SOUVENIR D'ITALIE)"は特に有名、ミーナの"水玉のしま馬(UNA ZEBRA A POIS)"も彼の作品。私が確認できた国内盤は

CPC8-5140 (2002年11月20日 CAM - CURTURE PUBLISHIERS, Japan) "スパッツィオ~イル・ジャズ・アル・チネマ(SPAZIO IL JAZZ AL CINEMA)"

 

                              CPC8-5140

 

に入っている 1. ペッピーノ&ケーラ(PEPPINO LE MODELLE E CHELLA LA');2. 約束(PROMESSE DI MARINAIO)の2曲のみ




ジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(19)

  1989年のサンレモ音楽祭にチンクェッティは"チャオ"で出場し、その後の「世界ツアー」でサンレモのメンバーの一行としてですが6回目の来日を果たしました。またアルバムのCD化が進み、この年の秋には3枚の国内盤CDアルバムが発売されました。

 

250E-52037 (1989年11月5日 SEVEN SEAS - KING, Japan) ジリオラ・チンクェッティ・ベスト・ヒッツ (GIGLIOLA CINQUETTI BEST HITS)

 

                  250E-52037

 

1夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI))

2はじめてのキッス (IL PRIMO BACIO CHE DARO)

3愛はすぐそこに (CARO COME TE)

4ナポリは恋人 (NAPOLI, FORTUNA MIA)

5アネマ・エ・コ-レ (ANEMA E CORE)

6あこがれはいつも心に (HO BISOGNO DI VEDERTI)

7愛は限りなく (DIO, COME TI AMO)

8夕べのしあわせ (SERA)

9雨 (LA PIOGGIA)

10.落葉の恋 (COME UNA FOGLIA)

11.ロマンティコ・ブルース (ROMANTICO BLUES)

12.白いバラ[伊] (LADY D'ARBANVILLE [I])

13.薔薇のことづけ (ROSE NEL BUIO)

14.恋よまわれ (GIRA L'AMORE)

15.ふしぎな気持 (MISTERO)

16.太陽のとびら (ALLE PORTE DEL SOLE)

 

 チンクェッティの歌う山の歌のアルバム2枚が1枚のCDに収められて再発売されました。

 

260E-52073 (1989年12月21日 SEVEN SEAS - KING, Japan) ジリオラ・チンクェッティ/高原に歌う・故郷の山に歌う (CANTANDO CON GLI AMICI/SU E GIU' PER LE MONTAGNE)

 

                  260E-52073

 

2枚のアルバムを収録しています。前半が SR- 707 (1971年11月SEVEN SEAS - KING, Japan) "ジリオラ・チンクェッティ高原に歌う (CANTANDO CON GLI AMICI)"

曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(6) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6338812.html を、後半がSR- 818 (1973年4月SEVEN SEAS - KING, Japan) "故郷の山に歌う/ジリオラ・チンクェッティ(GIGLIOLA CINQUETTI/SU E GIU' PER LE MONTAGNE)" 曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(7) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6391870.html をご覧ください。

 

 チンクェッティのイタリア、日本ともにファーストアルバムのCD化です。この盤は1993年に販売権がMMGに移転してから再発売になりました。アナログ盤の紹介の時に、初版、再版があることを書きましたが、初めてCD化しキングから発売されたジャケットが初版の画像、これはあるキングの方がサインをもらったものをそのまま使ったとのことです。後年MMGから出されたのが、再版の画像を使ったものです。

 

260E-52072 (1989年12月21日 SEVEN SEAS - KING, Japan) 夢みる想い  チンクェッティのすべて (NON HO L'ETA' (PER AMARTI)/THE BEST OF GIGLIOLA CINQUETTI)

 

                              260E-52072

 

曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(1)http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6038143.html をご覧ください。

 

1989年のサンレモ音楽祭に出場することは、60年代や70年代のような評価を受けることでなくなりました。しかし今この時、彼女は素晴らしい女性です。彼女はイタリア音楽の神話やコンテストの競争を勝ち抜いてきたベテランの歴史、記念碑のひとつとしてとして扱われます。この大会でジリオラ自身が言っています。「イタリア音楽の本当の貴婦人として扱われ、みなさんの愛やお花、激励の手紙、電報をいただいています。」

 

1989年でジリオラのヒット曲は"チャオ"でなく、シャルル・アズナヴールの故郷でもあるアルメニアの地震犠牲者の援助とし歌われた"ペル・テ・アルメニア(PER TE ARMENIA)" [23] なのかも知れません。イタリアの70歌手(グループは1歌手として)の大規模なグループによって歌われた曲です。

 

 1990年5月5日のユーロビジョン・ソング・コンテストでトト・クトゥーニョは"インシエーメ 1992(INSIEME...1992)"を歌い優勝しました。その時チンクェッティも共演しており、彼を舞台に呼ぶとき「来年私たち、ユーロビジョン・ソング・コンテストの総合司会をしませんか?」言って呼び出します。それはあながちウソではありませんでした。

 

 

 

[23] "ペル・テ・アルメニア((PER TE ARMENIA))"

1988年末に起きたアルメニア地震で甚大な被害が起きました。故郷がアルメニアのシャルル・アズナヴールがカルヴァレンツと作った震災救援ソングです。

イタリアでも援助のため、アンドレオ・ロ・ヴェッキオ(ANDREA LO VECCHIO)が訳詞をし、アレンジがロジャー・ルーベット(ROGER LOUBET *Web検索では読みが英語なのですが)、オーケストラ指揮ロジェ・ベルティエ(ROGER BERTHIER)、パーカッションがトゥリオ・デ・ピスコーポ(TULLIO DE PISCOPO)、歌っているのはイタリア・トップの歌手70名(グループは1名の勘定)。

 

NEM-47002 (1990年 NEW ENIGMA - CGD, Italy)  PER TE ARMENIA(ペル・テ・アルメニア)/SONO CADUTI (シングル盤)

 

        表NEM-47002a 裏NEM-47002b

 レーベルがロベルタ・マッツォーニやフランコ・バッティアートの事を書いた項でも扱ったN.E.T.(ニュー・エニグマ)でディストリビューションがCGDというのが面白い所です。

B面"SONO CADUTI"はナレーションがヴィットリオ・ガスマン(VITTORIO GASSMAN)と言うことです。

スタジオ・メイキング・ヴァージョン(1分20秒~25秒付近)http://www.youtube.com/watch?v=y7RkTaMBj0A 

シングル・ヴァージョン (1分25秒~30秒付近)

http://www.youtube.com/watch?v=4Btkodw2GaA

 

 

※アルメニア地震(アルメニアじしん)は、1988年12月7日にアルメニア共和国の北部にあたるロリ地方の一都市スピタクを震央として発生したマグニチュード(Ms)6.8、(Ml)7.2 の地震。1988年アルメニア地震スピタク地震などとも言う。死者は約2万5000人とされる。震央に近い地域の高層建築物はほとんど倒壊し、40万人を超える人が家を失った。レニナカン(現・ギュムリ)では数千人が死亡し、街が壊滅した。地震発生時、震央から約90kmの地点にあるメツァモール原子力発電所は運転中であったが、被害は受けず、その後も正常な運転を継続していた。しかし、この地震をきっかけに同原子力発電所は一時的に閉鎖されることになった。(ウィキペディア日本版「アルメニア地震」より)




ジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(18)

  1988年3月5日彼女は民放カナレ5(CANALE 5)の「ラファエラ・カーラ・ショー」に出演しました。番組は「女性の日」のお祝いでさまざまな分野で活躍する女性、ジャーナリストではパオラ・ ファラーチ、起業家のマリーサ・ブランビラ、女優オッタヴィア・ピッコロ、等が集まりました。ジリオラは画家として紹介され、歌手としてデビュー後に描いた絵画の一部を展示しました。

 

 今までのCGDとして最後の再発売アルバムがだされました。

 

LSM-1334 (1988年CGD - WEA ITALIANA) ...E IO LE CANTO COSI' (チンクェッティ懐しのカンツォーネ・スタンダードを歌う) LP [Linea MusicA]

 

                         LSM-1334           

曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(6) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6338812.html をご覧ください。

 

日本でもCDの再発売アルバムが出されました。

 

K30Y- 2166 (1988年11月5日 SEVEN SEAS - KING, J apan) 決定盤!ジリオラ・チンクェッティ・ベスト20 (GIGLIOLA CINQUETTI/BEST 20)

 

               K30Y- 2166

 

タイトルとジャケットが変わっただけで K32Y- 2071 (1987年4月5日 SEVEN SEAS - KING, Japan) ラ・スパニョラ、悲しき天使/ジリオラ・チンクェッティ・ベスト20 (CANZONE BEST STAR ALBUM ON CD GIGLIOLA CINQUETTI) と全く同じです。曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(17) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/MYBLOG/yblog.html をご覧ください。

 

1988年11月、ジリオラがデビューし84年に移籍するまで所属していた名門CGDは外国資本の傘下に入ります。

 

10月29日彼女はカストロ・カーロ音楽祭に30周年記念のスペシャル・ゲストとして出演しました。12月22日41歳の誕生日のお祝い番組で再び"愛は限りなく"を放送し、その2日後、次の年のサンレモ音楽祭出場を発表します。

 

 今まで出たオリジナル・アルバム3枚をセットにしたアナログ盤です。レコード番号が旧CGDのシリーズを使っているCGD最後の盤だと思われます。

 

LSM-2014 (1989年CGD - WEA ITALIANA) GIGLIOLA CINQUETTI (ジリオラ・チンクェティ)

 

                              LSM-2014

 

曲目はそれぞれ DISC1= LSM-1041 (1983年CGD - CGD, Italy) NON HO L'ETA' (夢みる想い)はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(1)http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6038143.html 、 DISC2= LSM-1042 (1983年CGD - CGD, Italy) ALLE PORTE DEL SOLE (太陽のとびら)はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(16)http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6721126.html 、 DISC3=69044(CGD) (1973年 CGD - CGD, Italy ) STASERA BALLO LISCIO (小雨降る径/ジリオラ・チンクェッティと今宵を)はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(9)http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6473303.html をご覧ください。

 

 89年のサンレモ音楽祭ではデニムのスカートに黒のテーラー・ジャケットを着てコーラス・グループに囲まれ、ラテン・アメリカのリズムの"チャオ"を歌いました。結果は24人中18位、WEAグループに入った昔の名門を引継ぐカリシュ(CARISCH)でしたが如何せんマイナー会社の悲しさ、上位にはなれませんでした。

しかしカリシュがWEA ITALIANA傘下に入っていたため、チンクェッティは旧CGDに吹き込んだ曲にサンレモ音楽祭の"チャオ"を加えた編集アルバムを発表しました。

 

24-4906・1 (1989年 WEA - WEA ITALIANA) ...E INOLTRE CIAO(LP)
24-4906・2 (1989年 WEA - WEA ITALIANA) ...E INOLTRE CIAO(CD)

             24-4906・1

1.NON HO L'ETA' (PER AMARTI (夢みる想い)
2.DIO COME TI AMO (愛は限りなく)
3.LA PIOGGIA (雨)
4.LA DOMENICA ANDANDO ALLA MESSA (日曜はミサに)
5.FRUTAFLOR MATUTINA (街角の歌声)
6.SI (夢はめぐり来て)
7.ANEMA E CORE (アネマ・エ・コーレ)*[ギター・ヴァージョン]
8.TU BALLI SUL MIO CUORE (春風はどこに)
9.CIAO (チャオ)
10.PENSIERI DI DONNA (女の想い)
11.SERA (夕べのしあわせ)
12.QUE C'EST TRISTE VENISE (悲しみのヴェニス)
13.ALLE PORTE DEL SOLE (太陽のとびら)
14.L'AME DES POETES [F]  (詩人の魂[仏])
15.ACCAREZZAME (アカレッツァ-メ)
16.LA BOHEME [I] (ボエーム[伊])
*キング国内盤はオーケストラ・ヴァージョン

 

 サンレモ音楽祭は2月第3週に開催となり、日程も21日火曜日から25日土曜日まだになりました。今回は音楽祭が終了してすぐ27日から「サンレモ・フェスティバル・ワールド・ツアー」と銘打って世界ツアーが予定されました。東京は3月1日に東京公演が舞浜の旧東京ベイNKホール(2007年閉鎖)で開かれました。

 チンクェッティにとっては6度目の来日で、前日に行われた参加者の記者会見の後、チンクェッティの単独記者会見が行われました。これは日本で彼女の人気を考慮した措置でした。

 

 イタリアでは、CGDがワーナーの傘下に入りWEA ITALIANAが販売権をもち、再発盤がリリースされました。

 

9031-70233・2 (CD1989年Linea MusicA - WEA ITALIANA) ...E IO LE CANTO COSI'  (チンクェッティ懐しのカンツォーネ・スタンダードを歌う)CD、9031-70233・1 LP

 

                                  9031-70233・2

 曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(6) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6338812.html をご覧ください。

 

9031-70234・2(CD 1989年Linea MusicA - WEA ITALIANA) NON HO L'ETA' (夢みる想い)CD

            9031-70234・2 

曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(16) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6721126.html をご覧ください。

 

9031-70236・2 (CD 1989年Linea MusicA - WEA ITALIANA) STASERA BALLO LISCIO (小雨降る径/ジリオラ・チンクェッティと今宵を)CD

              9031-70236・2

曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(9) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6473303.html をご覧ください。

 

CD時代となり、色々なアルバムがCD化され復活して、再リリースされるようになりました。次回は1989年に発売された日本の国内盤CDアルバムの紹介から始めます。

 最後にもう1枚この時期に出されたのだと思いますが、レコード番号など確認が取れません。ボーナス・トラックに"チャオ"が入れられているので間違いないと思うのですが、ご存知の方がいれば教えてください。

 

9031-70XXX・2  (CD1989年Linea MusicA - WEA ITALIANA) GIGLIOLA PER I PIU' PICCINI (チンクェッティのおとぎ話) レコード番号不明です。
画像は2つのブログに載っていました。
http://jensenbrazil.wordpress.com/2008/07/13/gigliola-cinquetti-1967-per-i-piupiccini-lp-remastered-ripped/ 

http://vitodallatorre.blogspot.jp/2008/08/gigliola-cinquetti-per-i-pi-piccini.html

両方ともイタリアのブログでない(2つ目はスペイン)かもしれないので、ジャケットの盤はイタリア盤でないかもしれません。

 

                                   9031-70234・2                

元の曲目はFG-5036(1967年 CGD - CGD, Italy) GIGLIOLA PER I PIU' PICCINI (チンクェッティのおとぎ話)、ジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(2) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6127519.html をご覧ください。ボーナス・トラックの13. CIAO (チャオ)が追加。




ジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(17)

  1984年、ジリオラは「プライベート」で成功の年となりました。8月22日のヴェローナの病院で彼女は次男コンスタンティーノ(COSTANTINO)に出産します。

マスコミは、CGDが民謡のLP"ジリオラ・チンクェッティ高原に歌う"を廉価盤LINEA MUSICAシリーズで再発売の決定に注目しました。チンクェッティの一番ヒットしたアルバムが、再発売されました。

 

LSM-1043 (1984 年CGD -CGD, Italy) CANTANDO CON GLI AMICI (ジリオラ・チンクェッティ高原に歌う) cf. FGL-5086;SR- 707

 

            LSM-1043 LSM-1043 

 

曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(6) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6338812.html をご覧ください。

 

 さらにもう1枚、懐メロのヒットアルバムが再発売されました。

LSM-1045 (1984年 CGD - CGD, Italy ) STASERA BALLO LISCIO (小雨降る径/ジリオラ・チンクェッティと今宵を)

 

             LSM-1045 LSM-1045

曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(9)http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6473303.html をご覧ください。

 

1985年チンクェッティはデビュー以来20年以上在籍したCGDを離れ、当時飛ぶ鳥を落とす勢いの新興ベビー・レコーズに移籍し、1974年から不参加だったサンレモ音楽祭に"愛と呼ぶの(CHIAMALO AMORE)"で出場、第3位となります。アルバムは出ていません。くわしくはジリオラ・チンクェッティ~シングル盤コレクション(13) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6691643.html をご覧ください。

 

サンレモ音楽祭の入賞曲"愛と呼ぶの"はヒットしました。多くのテレビ番組からゲスト出演依頼を受けましたが、彼女はラジオ番組を選びました。ラジオ・ドゥエの6月30 日~9月12日間日曜日朝11時から正午までの冠番組:「ジリオラ ジリオラ」に決めました。

 

 一方日本ではCD時代が始まり、有名歌手からCDアルバムが作られるようになりました。ジリオラ・チンクェッティもいち早くリリースされました。

 

K32Y- 2019 (1985年11月5日 SEVEN SEAS - KING, Japan) ジリオラ・チンクェッティ全曲集 (GIGLIOLA CINQUETTI BEST HITS)

 

                  K32Y- 2019

 

1.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI))

2.ナポリは恋人 (NAPOLI, FORTUNA MIA)

3.アネマ・エ・コ-レ (ANEMA E CORE)

4.あこがれはいつも心に (HO BISOGNO DI VEDERTI)

5.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO)

6.愛の花咲くとき (QUANDO M'INNAMORO)

7.落葉の恋 (COME UNA FOGLIA)

8.つばめのように (VOLANO LE RONDINI)

9.雨 (LA PIOGGIA)

10.ズン・ズン・ズン (ZUM, ZUM, ZUM)

11.コンドルは飛んで行く (IL CONDOR)

12.薔薇のことづけ (ROSE NEL BUIO)

13.日曜はミサに (LA DOMENICA ANDANDO ALLA MESSA)

14.恋よまわれ (GIRA L'AMORE)

15.太陽のとびら (ALLE PORTE DEL SOLE)

16.街角のシレーヌ (SIRENE)

 

まさに標準盤というか、日本でヒットした曲は網羅されており、バランスの良いチンクッティのファーストCDアルバムとなりました。

 

1986年、前年から始まったチンクェッティのラジオの冠番組ラジオ・ドゥエの:「ジリオラ・ジリオラ2(GIGLIOLA GIGLIOLA Bis)」として6月29日から9月21日の2回目の1クールが放送されました。また、女性歌手だけが歌うイタリア語の13曲のコンピレーション"ドンネ・イン・・ヒットパレード(DONNE IN HIT PARADE)" [22] (FONIT ALP-2011)に彼女の最大のヒット"太陽のとびら(ALLE PORTE DEL SOLE)"が収録されました。

 

1987年2月2日ジリオラは「 ピッコリ・ファン(PICCOLI FANS)」というショーをしました。4日水曜日から始まるサンレモ音楽祭へすぐに戻りました。今回はジャーナリストとして"LA NAZIONE"や"GAZZETTA DEL SUD"の新聞と同様に朝のニュース・ショー"ウノ・マッティーノ(UNO MATTINO)"の記者として。

 音楽祭決勝の日2月7日、サンレモの4度優勝を誇る"レウッチョ"クラウディオ・ビルラ(CLAUDIO VILLA)がパドヴァの病院で亡くなりました。

 

イタリアではCGD最後の、国内盤未発売のアルバムとなった"PORTOBALLO(ポルトバッロ)"が再発売になりました。

 

 LSM-1264 (1987年CGD - CGD, Italy) PORTOBALLO(ポルトバッロ) [Linea MusicA]

          LSM-1264 LSM-1264          

曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(16) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/MYBLOG/yblog.html をご覧ください。

 

日本ではCDが順調な売れ行きを見せ、4年間で製造総数が10倍になりアナログ盤と拮抗し始めました。ソフトの面でも充実しだし、カンツォーネの「ベスト20」シリーズが11枚発売されました。実はジャンニ・モランディ、リタ・パヴォーネ、リトル・トニーはレコード番号まで決まっていましたが、発売は実現しませんでした。当然ですがジリオラ・チンクェッティの編集アルバムも発売されています。

 

K32Y- 2071 (19874月5日 SEVEN SEAS - KING, Japan) ラ・スパニョラ、悲しき天使/ジリオラ・チンクェッティ・ベスト20 (CANZONE BEST STAR ALBUM ON CD GIGLIOLA CINQUETTI)

 

                 K32Y- 2071

 

1花咲く丘に涙して[日] (LE COLLINE SONO IN FIORE [J])

2つた (L'EDERA)

3バラのタンゴ (TANGO DELLE ROSE)

4小雨降る径 (NOTTE SENZA LUNA)

5ラ・スパニョラ (LA SPAGNOLA)

6ふしぎな気持 (MISTERO)

7夕べのしあわせ (SERA)

8カンタ・バンビーノ (CANTA BAMBINO)

9白いバラ[伊] (LADY D'ARBANVILLE)

10.書き残された言葉 (HO SCRITTO FINE)

11.消え去る想い (IL TRENO DELL'AMORE)

12.夢のかなたに (NON ILLUDERTI MAI)

13.悲しき天使 [伊]  (QUELLI ERANO I GIORNI)

14.雨 (LA PIOGGIA)

15.心に雨が降る (DOMMAGE, DOMMAGE (PECCATO))

16.グラツィエ・アモーレ (GRAZIE AMORE)

17.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO)

18.バルバブル (BARBABLU')

19.しあわせは橋の上 (QUANDO PASSO IL PONTE CON TE)

20.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI))

 

 

 

[22] "ドンネ・イン・・ヒットパレード(DONNE IN HIT PARADE)"

 

ALP-2011(1986年 FONIT - FONIT CETRA, Italy)"DONNE IN HIT PARADE(ドンネ・イン・・ヒットパレード)"に彼女の最大のヒット"太陽のとびら(ALLE PORTE DEL SOLE)"が収録されました。

 

           ALP-2011 ALP-2011

 

11.ALLE PORTE DEL SOLE(太陽のとびら) ジリオラ・チンクェッティ(GIGLIOLA CINQUETTI)




ジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(16)

   シングル盤コレクションも残すところ、日本のコンパクト盤(7inch、33・1/3rpm)を紹介するアペンディクスのみとなり、アルバム・コレクションがメインとなります。LPとCDを分けようかと思ったのですが、話がややこしくなるだけなので暫く「LP」または「CD」と表記し混在して話を進めます。

 

※お断り 

チンクェッティのバイオグラフィーとイタリア盤を紹介しながら話を進めていますので、国内盤が発売された順番に並んで出てきません。ご承知ください。また、LPも編集盤が中心となりますので、紹介が国内盤とイタリア盤が前後する場合があります、ご承知ください。

 

1982年、あるコンサートの時に彼女は著名なプロデューサーのエンツォ・トルトーラ(ENZO TORTORA)からTV音楽ショー番組「ポルトベッロ(PORTOBELLO)」の出演依頼をうけました。そして11月19日20時30分、RAI2で「ポルトベッロ」が始まります。ショーの曲には、歌やライブ2組のダンサーがするダンスが含まれます。

このショーからアルバム"ポルトベッロ(PORTOBALLO)"、民族舞踊の歴史に残る盤作られます。アルバムもいよいよ大詰めでこのアルバムはチンクェッティがCGDで吹き込んだ最後の盤に、また唯一国内盤未発売LPでもあります。

 

20336(CGD) (LP1982年CGD - CGD, Italy) PORTOBALLO

              20336(CGD)

            

1. IN THE MOOD (イン・ザ・ムード)

2.LET'S TWIST AGAIN  (レッツ・ツィスト・アゲイン)

3.BEGIN THE BEGUINE (ビギン・ザ・ビギン)

4.AMOR AMOR AMOR (アモール・アモール・アモール)

5.A MEDIA LUZ (淡き光に)

6.CALYPSO MELODY (カリプソ・メロディ)

7.BRAZIL (ブラジル)

8.PATRICIA (パトリシア)

9.LA RASPA COMANDATA

10.E QUI COMANDO IO (涙の小道)※

11.LOLA (ローラ)

12.TEQUILA (テキーラ)

13.TACE IL LABBRO (君はわが心~メリ-・ウィドウ)

14.HULLY GULLY IN DIECI (10のハリ・ガリ-)

15.VIVA LA POLKA (ヴィヴァ・ラ・ポルカ)

16.WINI WINI (ウィニ・ウィニ)

17.ROCK AROUND THE CLOCK (ロック・アラウンド・ザ・クロック)

18.TANTO PE' CANTA'  (歌があふれる)

19.CHISSA', CHISSA', CHISSA' (QUIZAS, QUIZAS, QUIZAS [I]) (キサス・キサス・キサス [伊])

20.CAN CAN (カンカン)

※アルバム"PORTOBALLO"の"涙の小道"は従来のものから異なる「ダンサブル」なバージョンです。

 

1982年に、ジリオラは60年代を代表するとスターとして復活しました。彼女は、しばしば「ドメニカ・イン(DOMENICA IN)」やマイク・ボンジョルノのクイズ番組「ビス(BIS)」に出演、「ムービー・ムービー(MOVIE MOVIE)」にはジャンニ ・ モランディと共演しています。彼女の歌はCGDが出したコンピレーション"30x60" [21] に"夢みる想い"ローザ ネーラ"と"雨"が、第2集には"愛は限りなく"が入っていました。ジリオラはまた彼女のオーケストラと共にイタリア・ツアーをしています。

 

"ポルトベッロ(PORTOBALLO)"は、1983年ジリオラの最大の成功です。ショーは6ヶ月間続き、多彩なアーティストとしてジリオラはチャールストン、ポルカ、マズルカ、ハリー・ガリー、として、多くの異なる踊りを披露しました。

 

 1983年、リバイバルの傾向は70年代に移ります。CGDのコンピレーション第2集"30 x 70"には"太陽のとびら"が収録されました。ジリオラ名声は世界中にイタリア語の音楽をヒットさせたアーティストとしてのジャンニ・ミナ(GIANNI MINA')の番組「Bliz」に招待されます。1983年に2枚の編集アルバムが発売されます。そのタイトルは"夢みる想い"と"太陽のとびら"。今までの再発ですが、1枚目にはジリオラ最初発売以来もう歌っていない"瞳にいっぱいの涙"と、エンツォ・ヤンナッチが作った美しい"花は枯れて"が含まれています。

 

LSM-1041 (LP1983年CGD - CGD, Italy) NON HO L'ETA' (夢みる想い)

 

                LSM-1041

 

1.PENSO ALLE COSE PERDUTE (瞳にいっぱいの涙)

2.NON HO L'ETA' (PER AMARTI)  (夢みる想い)

3.IL PRIMO BACIO CHE DARO' (はじめてのキッス)

4.ANEMA E CORE (アネマ・エ・コーレ)

5.HO BISOGNO DI VEDERTI (あこがれはいつも心に)

6.LE COLLINE SONO IN FIORE (花咲く丘に涙して)

7.LA BOHE'ME [I]  (ボエーム[伊])

8.ROMANTICO BLUES (ロマンティコ・ブルース)

9.DIO COME TI AMO (愛は限りなく)

10.LA ROSA NERA (ローザ・ネーラ)

11.SFIORISCI BEL FIORE (花は枯れて)

12.IL TRENO DELL'AMORE (消え去る想い)

13.DOMMAGE, DOMMAGE (心に雨が降る)

14.LA PIOGGIA (雨)

15.QUELLI ERANO I GIORNI (THOSE WERE THE DAYS [I]) (悲しき天使 [伊])

16.LADY D'ARBANVILLE (白いバラ[伊])

 

久々に本格的なアンソロジーが出されました。太字はこの盤によって陽の眼を浴びることができた曲達です。60年代の曲を集めています。この後初期の曲を紹介する定盤となり、1989年NON HO L'ETA' (CGD 9031-70234・2 CD)、1989年 NON HO L'ETA' (CGD 9031-70234・2 LP [Linea MusicA])、1989年 GIGLIOLA CINQUETTI (CGD LSM-2014 DISC1)、2010年 ORIGINAL ALBUM SERIES (Warner Music/Rhino 5051865-9867・5・1 DISC1)で再発売されています。

 

LSM-1042 (LP1983年CGD - CGD, Italy) ALLE PORTE DEL SOLE (太陽のとびら)

 

                LSM-1042 

1LA DOMENICA ANDANDO ALLA MESSA (日曜はミサに)

2IL CONDOR(コンドルは飛んで行く)

3E QUI COMANDO IO (涙の小道)

4QUANDO M'INNAMORO (愛の花咲くとき)

5LA SPAGNOLA (ラ・スパニョラ)

6ORA CHE AMO TE (愛する今)

7QUE C'EST TRISTE VENISE (悲しみのヴェニス)

8GIRA L'AMORE (恋よまわれ)

9UN GIORNO DOPO L'ALTRO (セ-ヌの恋人)

10.ALLE PORTE DEL SOLE (太陽のとびら)

11.SI (夢はめぐり来て)

12.PENSIERI DI DONNA (女の想い)

13.FRUTAFLOR MATUTINA (街角の歌声)

14.BELLA QUESTA ITALIA

 

太字はこの盤が初めてアンソロジーとして収録した曲です。この前に紹介したLSM-1041は60年代の曲でしたが、こちらは70年代の曲を集めた盤です。この後1989年 GIGLIOLA CINQUETTI (CGD LSM-2014 DISC2)で再発売されました。

 

 

 

[21] コンピレーション・アルバム"30x60"

                CGD-20281

CGD-20281 (LP1981年CGD - CGD, Italy) 30 x 60 (30 x 60)

60年代の曲が30曲とうコンピレーション(2枚組)、当時のCGDの傘下にあるレーベルに在籍した歌手たちの曲を集めた。チンクェッティは1-5."NON HO L'ETA' (PER AMARTI)  (夢みる想い)"、2-5."LA ROSA NERA (ローザ・ネーラ)"、2-12."LA PIOGGIA (雨)"が収録されました。また第2集には"愛は限りなく"が入りました。




ジリオラ・チンクェッティ~シングル盤コレクション(13)

  ずいぶん「シングル盤コレクション」は御無沙汰してしまいました。というより75年から78年の事を書いてしまい、「アルバム・コレクション」を4回続けて書いてようやくバランスがとれるところまで来ました。最後はCDSです、もうシングル盤の時代ではなくなりました。

 

1979 年4月のオッジ(OGGI)誌に「私の自由のある結婚するの。」と結婚観を語りましたが1週間後ジャーナリストのルチアーノ・テオドーリ(LUCINO TEODORI) とヴェローナのサン・ステファン教会で身内だけの結婚式を挙げました。

 

1980年ジリオラは、新譜のレコードもツアーもテレビ出演もせず、総ての活動を突然停止します。ジリオラは夫のいる旧ローマ市街のカンポ・デ・フィオリ近くに引越ました。そして10月10日長男ジョヴァンニを、ヴェローナで出産しました。ジョヴァンニの誕生は、彼女の最大の幸福な年になりました。

1981年、久しぶりにジリオラはフェデリコ・ ファッツォーリ(FEDERICO FAZZUOLI) が司会するRAIの農業TV番組「リネア・ヴェルデ(LINEA VERDE)」の新しいレポーターとして復帰しました。12月10日(土)に彼女はジャーナリストのピエロ・パンサ(PIERO PANSA)と新らたに「イオ・ サバト(私は土曜日)」という90分のトークショーを始めました。そしてテーマ・ソング"BELLA QUESTA ITALIA(美しいこのイタリア[直訳])"を歌いました。B面"GLI SFRATTATI"は彼女と作曲家レナート・パレーティ(RENATO PARETI)によって書かれた曲でした。

 

CGD-10362 (1982年1月CGD - CGD, Italy) BELLA QUESTA ITALIA/GLI SFRATTATI

 

                    CGD-10362 CGD-10362

 

1982年、彼女はあるコンサートの時に著名なプロデューサーのエンツォ・トルトーラ(ENZO TORTORA)から11月19日のTV音楽ショー番組「ポルトベッロ(PORTOBELLO)」の出演依頼をうけました。この番組からアルバム"ポルトベッロ(PORTOBALLO)"が作られますが、改めてアルバム・コレクションで詳しいお話をしましょう。

 

 1983年ミュージック・ショーとして「ポルトベッロ」が6ヶ月のロングランとなりました。さて、ダリオ・バルダン・ベンボとカテリーナ・カゼッリの大ヒット曲"AMICO E'(友達は~友情讃歌)のバックコーラス"CORO SPRITITO DELLA TERRA"としてオルネラ・ヴァノーニ、ジュニ・ルッソ、プーポ(その当時のCGDのスター達です)と共に参加していましたが、メンバーは明かされていませんでした。

 

CGD-10445  (1983年CGD - CGD, Italy) AMICO E' (INNO DELL'AMICIZIA)/ CAMMINA, CAMMINA (ダリオ・バルダン・ベンボとカテリーナ・カセルリ DARIO BALDAN BEMBO; CATERINA CASELLI)

 

                  CGD-10445 CGD-10445

 

この曲はマイク・ボンジョルノのTVクイズ番組「スーパーフラッシュ(SUPERFLASH)」のテーマで、その後学校でもサッカー・スタジアムでも歌われる誰でも歌う曲となりました。そしてこの種明かしは、クイズ番組の冒頭でチンクェッティ以外のメンバーの名前が公表され、番組の最後に「ポルトベッロ」の2組のダンサーとともに踊り歌いながら彼女が登場し、大喝采になったとのことです。

 

 1984年はプライベートで大成功の年となりました。8月22日ヴェローナの病院で次男コンスタンティーノ(COSTANTINO)を出産しました。マス・コミは、CGDが民謡LP"ジリオラ・チンクェッティ高原に歌う"を廉価盤LINEA MUSICAシリーズで再発売の決定したことに注目していました。

 

しかし本当の特ダネは、年末の終わりにやって来ます。:1985年にジリオラはサンレモ音楽祭の競争に参加するつもりだということを!
 サンレモ音楽祭初日は曲のロマンチックな雰囲気をイメージしたイタリアの超有名な美容師ローランド・エリゼイ(ROLANDO ELISEI)に髪型で、最終日は、新鮮でダイナミックなスタイルで登場しました。結果は11年のブランクを感じさせない第3位と好成績でした。

 

BR-50334 (1985年BABY - BABY RECORDS, Italy) CHIAMALO AMORE(愛と呼ぶのCOM-22211 -4)/TELECOMANDO

 

BR-50334 BR-50334 BR-50365 BR-50365

 

BR-50365 (1986年BABY - BABY RECORDS, Italy) UNA DONNA DISTANTE/UNA DONNA DISTANTE (STRUMENTALE)

 

1986年の終わりに民放のカナレ5(CANALE 5)が昔のカンツォニッシマを復活さすためジョニー・ドレルリをホストとしたコンテスト、「プレミアティッシマ(PREMIATISSIMA)」に参加しました。彼女はマリオ ・ カステルヌオーヴォが作った美しい歌"UNA DONNA DISTANTE"を歌いました。彼女は、すべての対戦に勝ち進みますが、またもや60年代のヒット曲"アモーレ・スクーザミ(AMORE SCUSAMI)"を歌ったロザンナ ・ フラテッロに破れ決戦に残れませんでした。

 

 1986年から1988年の間、色々なTVの番組に出演し、1988年10月29日にはカストロカーロ音楽祭30周年のスペシャルゲストとして招待されます。また「TV SORRISI e CANZONI"誌からTELEGATTO D'OROを贈られデビュー25年のお祝いもします。そして41歳の誕生日の2日後、サンレモ音楽祭の出場を発表しました。

 

STCA-15019 (1989.年2月CARISCH - CARISCH WEA, Italy) CIAO(チャオ)/CIAO (VERGIONE MIX) (チャオ (ミックス・ヴァージョン))

 

                  STCA-15019 STCA-15019

 

 89年のサンレモ音楽祭ではジリオラの洗練された「セクシーさ」を前面に出しました。デニムのスカートに黒のテーラー・ジャケットを着てコーラス・グループに囲まれ、ラテン・アメリカのリズムの"チャオ"を歌いました。結果は24人中18位、WEAグループに入った昔の名門を引継ぐカリシュ(CARISCH)でしたが如何せんマイナー会社の悲しさ上位にはなれませんでした。

 

  

ジリオラは1995年に再度"GIOVANE VECCHIO CUORE(若く老いた心)"でサンレモ音楽祭に挑戦します。この頃はCDの時代となり、シングル盤はプロモートがジュークボックス用しか生産されていませんので、アルバム・コレクションでお話しすることにしましょう。ジャケット画像はシングルCD盤です。

 

5002-140 (1995.年2月MERCURY - POLYGRAM, Italy) GIOVANE VECCHIO CUORE(若く老いた心)/GIOVANE VECCHIO CUORE (INSTRUMENTAL)(若く老いた心)(インストゥルメンタル)

            5002-140(CDS) 5002-140(CDS)




ジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(15)

   イタリアでも新しいアルバムは作られず、今までのアルバムを廉価盤として発売されます。CGDの場合はレコード・バザール・シリーズとして大量にでていますが、総て把握していませんので、抜け落ちがあるかもしれません。また国内盤LPもいよいよ終わりとなり、1980年代のCD時代に移り変わっていきます。

 

※お断り 

チンクェッティのバイオグラフィーとイタリア盤を紹介しながら話を進めていますので、国内盤が発売された順番に並んで出てきません。ご承知ください。また、LPも編集盤が中心となりますので、紹介が国内盤とイタリア盤が前後する場合があります、ご承知ください。

 

FG-5036 (1967年)の廉価盤になって再発売です。最初の頃の「レコード・バザール」シリーズは独自に再編集盤を出していましたが、旧作のアルバムをジャケットを変えて復刻するようになりました。

 

RB-224 (1979年RECORD BAZAAR - CGD, Italy) GIGLIOLA PER I PIU' PICCINI (チンクェッティのおとぎ話)

                        RB-224  RB-224

 

曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(2)http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6127519.html をご参照ください。

69044(CGD) (1973年) の廉価盤「レコード・バザール」リーズでの復刻再発売盤です。イタリアでは比較的長くアナログ盤が出ていたので、何年か経つと同じような再発売盤がでるので、今後どのように扱うか悩むところです。

 

RB-287 (1979年RECORD BAZAAR - CGD, Italy) STASERA BALLO LISCIO (小雨降る径/ジリオラ・チンクェッティと今宵を)

 

                          RB-287 RB-287

 

曲目はジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(9) http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/6473303.html  をご参照ください。

 

カンツォーネ・ベスト・ライブラリーと銘打って20枚30歌手を紹介する盤として発売されました。アナログ盤最終シリーズで定番商品として売られていました。新しくカンツォーネと出会われた方のテキストみたいなシリーズです。10枚は1人の歌手で、後の10枚は、表裏で2歌手を収録しています。希少価値からすると二人で一枚の方が重要なのですが、人気は今一なのが難しいところです。

 

GXC- 101 (1979年5月21日SEVEN SEAS - KING, Japan) "カンツォーネ・ベスト・ライブラリー~雨/ジリオラ・チンクェッティ(CANZONE BEST LIBRARY ~LA PIOGGIA/GIGLIOLA CINQUETTI)"

 

1.雨 (LA PIOGGIA) N-9706;HIT-1613A

2.ナポリは恋人 (NAPOLI, FORTUNA MIA) N-9522;HIT-1161A

3.あこがれはいつも心に (HO BISOGNO DI VEDERTI) N-9532;HIT-1187A

4.ズン・ズン・ズン (ZUM ZUM ZUM) POP- 75;HIT-1666A

5.愛はすぐそこに (CARO COME TE) N-9510;HIT-1138A

6.アネマ・エ・コーレ (ANEMA E CORE) N-9522) MH- 219-2

7.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI)) N-9486;HIT-1040A

8.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO) N-9605) HIT-1323A

9.花咲く丘に涙して (LE COLLINE SONO IN FIORE) CM-  105A

10.つばめのように (VOLANO LE RONDINI) N-9692;HIT-1793B

11.恋よまわれ (GIRA L'AMORE) 7847(CGD);HIT-2002A

12.薔薇のことづけ (ROSE NEL BUIO) CGD-  105;HIT-1870A

13.太陽のとびら (ALLE PORTE DEL SOLE)1988(CGD);HIT-2124A

14.街角のシレーヌ (SIRENE (SE'RE'NADE POUR DEUX AMOURS [I])) CM-   99B

 

GXC- 101 GXC- 101 GXM-9104 GXM-9104

 

GXM-9104 (1979年10月5日SEVEN SEAS - KING, Japan) "最新決定盤ジリオラ・チンクェッティ/ゴールド・スーパー・ディスク (GICLIOLA CINQUETTI GOLD SUPERDISC)"

 

1.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI)) N-9486;HIT-1040A

2.落葉の恋 (COME UNA FOGLIA)HIT-1963B

3.つばめのように (VOLANO LE RONDINI) N-9692;HIT-1793B

4.薔薇のことづけ (ROSE NEL BUIO) CGD-  105;HIT-1870A

5.ロマンティコ・ブルース (ROMANTICO BLUES) N-9765;HIT-1740A

6.恋よまわれ (GIRA L'AMORE) 7847(CGD);HIT-2002A

7.あこがれはいつも心に (HO BISOGNO DI VEDERTI) N-9532;HIT-1187A

8.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO) N-9605) HIT-1323A

9.雨 (LA PIOGGIA) N-9706;HIT-1613A

10.ナポリは恋人 (NAPOLI, FORTUNA MIA) N-9522;HIT-1161A

11.ズン・ズン・ズン (ZUM ZUM ZUM) POP- 75;HIT-1666A

12.カンタ・バンビーノ (そよ風の詩) (CANTA BAMBINO) CGD-   142

13.太陽のとびら (ALLE PORTE DEL SOLE)1988(CGD);HIT-2124A

14.夢はめぐり来て (SI') 2247(CGD);HIT-2144A

15.日曜はミサに (LA DOMENICA ANDANDO ALLA MESSA) N-9824;HIT-1870B

16.街角のシレーヌ [日] (SIRENE [J]) CM-   99A

 

 この盤も年末限定商品なので収録曲は大体似たり寄ったりですが、とくにアナログ盤の最後の頃になると売れていませんので、捜し求めるとレア盤扱いになってしまうのが、辛いところです。

 

 79年末セール限定盤です。78年と80年は同じ内容なので紹介済みです。これでチンクェッティの国内アルバム(LP)は総て紹介しました。

 

 さて、1979 年4月のオッジ(OGGI)誌に「私の自由のある結婚するの。」と結婚観を語りましたが1週間後ジャーナリストのルチアーノ・テオドーリ(LUCINO TEODORI) とヴェローナのサン・ステファン教会で身内だけの結婚式を挙げました。

 

ジリオラは妻として、母として人生の新しい章を開きます:。彼女の夫を6月10日夕方の報道番組で第1回欧州議会選挙のゲストとして視聴者に紹介しました。ジリオラは仕事の量を次第に減らしていきました。彼女は報道番組「TG L'UNA」*のゲストとしてクリスマス前夜に出演しました。

 

 

 

* TG L'UNA

 イタリアのTV番組表で「TG」の文字をよく見かけます。「TELE GIORNALE」あるいは「TV GIORNALE」と言われるニュース・ショー番組です。直訳すれば「テレビ新聞」、日本のように芸能のスキャンダル・ネタやグルメと称するロケ物が大半の内容でなく、ほとんどが報道ワイド・ニュース、ニュース解説ものです。




ジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(14)

  1978年10月にチンクェッティが5度目の来日をしました。日本ではアルバム3枚と2枚組が2セット、計7枚のLPが出てアナログ時代の最後の花を咲かせました。

 

来日記念盤として出された2枚組で2セットですが、それぞれ相互に関係があっても独立したものなので、両方で一部重複している曲があります。

 

 

GXC-  73~4 (1978年9月21日SEVEN SEAS - KING, Japan) "ジリオラ・チンクェッティ・オリジナル・ヒット(GIGLIOLA CINQUETTI ORIGINAL HITS)"

 

1-1.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI)) N-9486;HIT-1040A

1-2.水の上 (SULL'ACQUA) FG-5012-11

1-3.瞳にいっぱいの涙 (PENSO ALLE COSE PERDUTE) N-9474;HIT-1077B

1-4.はじめてのキッス (IL PRIMO BACIO CHE DARO) N-9499;HIT-1094A

1-5.愛はすぐそこに (CARO COME TE) N-9510;HIT-1138A

1-6.ナポリは恋人 (NAPOLI, FORTUNA MIA) N-9522;HIT-1161A

1-7.あこがれはいつも心に (HO BISOGNO DI VEDERTI) N-9532;HIT-1187A

1-8.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO) N-9605) HIT-1323A

1-9.グラツィエ・アモーレ (GRAZIE, AMORE) N-9532;MH- 219-3

1-10.指は五つ (CINQUE SON LE DITA) N-9635

1-11.ローザ・ネーラ (LA ROSA NERA) N-9661;HIT-1451A

1-12.夕べのしあわせ (SERA) N-9676;HIT-1514A

1-13.ペンシルヴァニアの男 (GIUSEPPE IN PENSYLVANIA) N-9681;HIT-1537A

1-14.ズン・ズン・ズン (ZUM ZUM ZUM) POP- 75;HIT-1666A

 

2-1.雨 (LA PIOGGIA) N-9706;HIT-1613A

2-2.消え去る想い (IL TRENO DELL'AMORE)N-9716;HIT-1666B

2-3.落葉の恋 (COME UNA FOGLIA)HIT-1963B

2-4.ロマンティコ・ブルース (ROMANTICO BLUES) N-9765;HIT-1740A

2-5.つばめのように (VOLANO LE RONDINI) N-9692;HIT-1793B

2-6.そよ風の詩 (カンタ・バンビーノ) (CANTA BAMBINO) CGD-   142

2-7.薔薇のことづけ (ROSE NEL BUIO) CGD-  105;HIT-1870A

2-8.恋よまわれ (GIRA L'AMORE) 7847(CGD);HIT-2002A

2-9.ふしぎな気持 (MISTERO)1306 (CGD)

2-10.夢に消えた子守唄 (STASERA IO VORREI SENTIR LA NINNA NANNA) 1104 (CGD);GP- 335-12

2-11.夢はめぐり来て (SI') 2247(CGD);HIT-2144A

2-12.太陽のとびら (ALLE PORTE DEL SOLE)1988(CGD);HIT-2124A

2-13.愛の祖国 (UN PAESE VUOL DIRE) 20050(CGD) ;GP- 623;CM-  164

2-14.心の彷徨(さまよい) (愛のさまよい[英])(WHEN YOU LOSE WHAT YOU LOVE)

 

GXC-73~4 GXC-  73~4a GXC-75~6 GXC-  75~6a

 

GXC-  73~4 (1978年9月21日SEVEN SEAS - KING, Japan) "ジリオラ・チンクェッティ・オリジナル・ヒット(GIGLIOLA CINQUETTI ORIGINAL HITS)"

 

1-1.雨 (LA PIOGGIA) N-9706;HIT-1613A

1-2.愛の花咲くとき (QUANDO M'INNAMORO) HIT-1514

1-3.悲しき天使 [伊] (QUELLI ERANO I GIORNI (THOSE WERE THE DAYS [I]))N-9692;HIT-1572A

1-4.ボエーム[伊] (LA BOHE'ME [I]) N-9623;SR- 149-7

1-5.アネマ・エ・コーレ (ANEMA E CORE) N-9522) MH- 219-2

1-6.ピノキオへの手紙 (LETTERA A PINOCCHIO) FG-5036;GP-  28

1-7.ナポリは恋人 (NAPOLI, FORTUNA MIA) N-9522;HIT-1161A

1-8.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI)) N-9486;HIT-1040A

1-9.夕べのしあわせ (SERA) N-9676;HIT-1514A

1-10.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO) N-9605) HIT-1323A

1-11.落葉の恋[日] (COME UNA FOGLIA [J]) GP-  92-10

1-12.つばめのように (VOLANO LE RONDINI) N-9692;HIT-1793B

1-13.白いバラ[伊](LADY D'ARBANVILLE) N-9811;HIT-1924A

1-14.行かないで [仏] (NE ME QUITTE PAS) 69068(CGD);GP- 346-2

 

2-1.日曜はミサに (LA DOMENICA ANDANDO ALLA MESSA) N-9824;HIT-1870B

2-2.風によせて (AMARTI E POI MORIRE) CGD-  134;HIT-1963A2-3.ラ・スパニョ-ラ (LA SPAGNOLA) 69044(CGD);SR- 862

2-4.しじゅうからのタンゴ (IL TANGO DELLE CAPINERE)69044(CGD) -2;SR- 862-2

2-5.小雨降る径 (NOTTE SENZA LUNA) 69044(CGD) -11;SR- 862-11

2-6.眠られぬ夜 (ADDORMENTARMI COSI') FGL-5094;SR- 785-1

2-7.つた (L'EDERA) 2694 (CGD);GP- 388-1

2-8.太陽のとびら (ALLE PORTE DEL SOLE)1988(CGD);HIT-2124A

2-9.恋よまわれ (GIRA L'AMORE) 7847(CGD);HIT-2002A

2-10.詩人の魂[仏] (L'AME DES POE'TES [F]) 65978 (CGD)-11;GP- 346-11

2-11枯葉 (LES FEUILLES MORTES)69068(CGD);GP- 346-5

2-12行かないで [仏] (NE ME QUITTE PAS) 69068(CGD);GP- 346-2

2-13.街角のシレーヌ (SIRENE (SE'RE'NADE POUR DEUX AMOURS [I])) CM-   99B

2-14.花咲く丘に涙して (LE COLLINE SONO IN FIORE) CM-  105A

 

 来日記念盤でなく、年末ボーナス向け限定盤です。1978年の内容で、1980年にも再発売されました。CD時代になるとコンテンツが枯渇し、5年10年と延々同じ盤の看板すげ替え盤が横行するようになります。

 

GXM-9008 (1978年10月5日SEVEN SEAS - KING, Japan) "最新決定盤/ジリオラ・チンクェッティ(GIGLIOLA CINQUETTI GOLD SUPERDISC)"

 

1.雨 (LA PIOGGIA) N-9706;HIT-1613A

2.花咲く丘に涙して (LE COLLINE SONO IN FIORE) CM-  105A

3.恋よまわれ (GIRA L'AMORE) 7847(CGD);HIT-2002A

4.薔薇のことづけ (ROSE NEL BUIO) CGD-  105;HIT-1870A

5.白いバラ[伊](LADY D'ARBANVILLE) N-9811;HIT-1924A

6.そよ風の詩 (カンタ・バンビーノ) (CANTA BAMBINO) CGD-   142

7.日曜はミサに (LA DOMENICA ANDANDO ALLA MESSA) N-9824;HIT-1870B

8.街角のシレーヌ (SIRENE (SE'RE'NADE POUR DEUX AMOURS [I])) CM-   99B

9.ふしぎな気持 (MISTERO)1306 (CGD)

10.太陽のとびら (ALLE PORTE DEL SOLE)1988(CGD);HIT-2124A

11.夢みる想い (NON HO L'ETA' (PER AMARTI)) N-9486;HIT-1040A

12.夕べのしあわせ (SERA) N-9676;HIT-1514A

13.ナポリは恋人 (NAPOLI, FORTUNA MIA) N-9522;HIT-1161A

14.悲しき天使 [伊] (QUELLI ERANO I GIORNI (THOSE WERE THE DAYS [I]))N-9692;HIT-1572A

15.愛の花咲くとき (QUANDO M'INNAMORO) HIT-1514

16.ローザ・ネーラ (LA ROSA NERA) N-9661;HIT-1451A

17.つばめのように (VOLANO LE RONDINI) N-9692;HIT-1793B

18.ズン・ズン・ズン (ZUM ZUM ZUM) POP- 75;HIT-1666A

19.落葉の恋 (COME UNA FOGLIA)HIT-1963B

20.愛は限りなく (DIO, COME TI AMO) N-9605) HIT-1323A

 

GXM-9008 GXM-9008 K28P- 9044 K28P- 9044

 

K28P- 9044 (1980年11月21日SEVEN SEAS - KING, Japan) "最新決定盤/ジリオラ・チンクェッティ・ゴールデン・プライズ(GIGLIOLA CINQUETTI GOLD SUPERDISC)"




ジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(13)

 1977年もカンツォーネ界は沈滞しており、チンクェッティもシングル盤1枚をリリースしたのみでした。けれどアルバムは今までのヒット曲を編集し順調に発売されていました。

※お断り 
チンクェッティのバイオグラフィーとイタリア盤を紹介しながら話を進めていますので、国内盤が発売された順番に並んで出てきません。ご承知ください。また、LPも編集盤が中心となりますので、紹介が国内盤とイタリア盤が前後する場合があります、ご承知ください。


1977年編集アルバムとしては4枚目になると思います。特に再発売盤などどこまで把握出来ているかとういと、一部不明な所があります。いわゆる「山の歌」の2枚、FGL-5086 “CANTANDO CON GLI AMICI (ジリオラ・チンクェッティ高原に歌う)”から5曲とFGL-5114 “SU E GIU' PER LE MONTAGNE (故郷の山に歌う/ジリオラ・チンクェッティ)”から7曲を抜粋して作られています。

RB- 99 (1977年CGD - CBS SUGAR, Italy) LA SMORTINA (恋すれば)

1. C'ERANO TRE SORELLE (三姉妹) FGL-5114-5;SR- 818-5
2.ALLA MODA DEI MONTAGNON (山のモード) FGL-5114-9;SR- 818-9
3.LA VALSUGANA (ヴァルスガーナの乙女) FGL-5086-3;SR- 707-3
4.SE BEN CHE SON DAI MONTI (山で恋して)FGL-5114-13;SR- 818-13
5.OI ANGIOLINA, BELL'ANGIOLINA (オオ・アンジョリーナ) FGL-5086-13;SR- 707-13
6.LA PASTORA (羊飼いの少女) FGL-5086-15;SR- 707-15
7.QUEL MAZZOLIN DI FIORI (あの小さな花束)FGL-5114-2;SR- 818-2
8.L'ALLEGRIE (陽気な若者たち) FGL-5114-15;SR- 818-15
9.NINNA NANNA (父を待つ子守唄) FGL-5114-7;SR- 818-7
10.LA BLONDE (ブロンド娘)FGL-5114-8;SR- 818-8
11.LA SMORTINA (恋すれば) FGL-5086-5;SR- 707-5
12.CACCIATORE DEL BOSCO (森の狩人) FGL-5086-16;SR- 707-16

RB- 99RB- 99  RB-134RB-134

RB-134 (1977年CGD - CGD, Italy) GIRO DEL MONDO IN DODICI CANZONI (12のカンツォーネで世界巡り)

1. LE COLLINE SONO IN FIORE (花咲く丘に涙して) CM- 105;GP- 519-7
2.UN MOMENTO FA (夜の恋人たち)GP- 519-8
3.A PARIS [F] (ア・パリ [仏])
4.NE ME QUITTE PAS (行かないで [仏])
5.SAKURA [J]  (さくら [日] <L>)
6.BESAME MUCHO (ベサメ・ム-チョ)*
7.GO (SI' [E]) (夢はめぐり来て[英])
8.WHERE ARE YOU GOING TO MY LOVE (愛はいずこに)’70ブラザーフッド・オブ・マン
9.QUIZAS, QUIZAS, QUIZAS  (キサス・キサス・キサス)*
10.QUE RESTE-T-IL DE NOS AMOURS? (残されし恋には [仏])
11.ABENDWIND (夜の風(仮)ジリオラ・チンクェッティの作ったドイツ向けの曲)
12.ADIOS, PAMPA MIA (さらば草原よ)*
*ジリオラ・チンクェッティとトリオ・ロスパンチョス

日本では1978年になってすぐに、日本独自編集アルバムを出します。日本から吹込みを依頼した曲“街角のシレーヌ”タイトルにして76年以降シングル盤として出た曲を集めています。

GP- 519 (1978年2月SEVEN SEAS – KING, Japan) “街角のシレーヌ (SE'RE'NADE POUR DEUX AMOURS)”

            GP- 519GP- 519 

1.街角のシレーヌ (SIRENE (SE'RE'NADE POUR DEUX AMOURS [I])) CM- 99B
2.ブラボー (BRAVO) 3537(CGD)
3.失恋 (PERDERE PER PERDERE) 3537(CGD)
4.冬の別離 (LASCIARSI D'INVERNO) 4980(CGD)
5.哀しみの渦 (AMORE AIUTAMI) 4501(CGD)
6.真夜中の誘惑 (DI CHI SARO' DI CHI SARAI (CHAO CHAO, ADIOS)) 4501(CGD)
7.花咲く丘に涙して (LE COLLINE SONO IN FIORE) CM- 105A
8.夜の恋人たち (UN MOMENTO FA) 4980(CGD)
9.ハッピー・タイム (HAPPY TIME)
10.夢は大空へむけて (L'UOMO CHE NON SAPEVA VOLARE)
11.ウェスタン (WESTERN)
12.街角のシレーヌ [日] (SIRENE [J]) CM- 99A

太字の3曲はイタリアで発売されたか確認できていません。“夢は大空へむけて”は語りの曲で、まるで亡くなったお父さんを思い浮かべているようです。

久々のアルバム“女の想い(PENSIERI DI DONNA)” が出た年です。そのリリース前にチンクェッティはシコ ・ ブアルキの作った“神の御心のままに(O QUE SERA')”を復活祭の日に、日曜のお昼に放送される人気番組「ドメニカ・イン」で歌う心算でした。LP は数ヶ月後に発売されます。その曲の中の“愛のさまよい[英](WHEN YOU LOSE WHAT YOU LOVE)”はロサンゼルス CBS のスタジオで吹き込まれたディスコ・ミュジック・バージョンでした。レコードはヒットし、ラジオでも放送されます。 “女の想い(PENSIERI DI DONNA)”と“光と誘惑(PARALLELE)”のビデオ・クリップは、““愛のさまよい[英]”が、RAI1のTVショー番組「ドメニカ・イン」で放送される秋には出てきます。

20050(CGD) (1978年CGD - CGD, Italy) PENSIERI DI DONNA (女の想い)

1.WHEN YOU LOSE WHAT YOU LOVE (愛のさまよい[英]) CM- 164A
2.PENSIERI DI DONNA (女の想い)
3.O QUE SERA' (神の御心のままに)
4.PARALLELE (光と誘惑)
6.5SONO UN ROBOT (私はロボット)
7.UN PAESE VUOL DIRE (愛の祖国) CM- 164
8.E' QUASI SERA (黒の世界)
9.PIPER IN THE DARK (暗闇の笛吹き)
10.MA CHI L'AVRA' INVENTATO QUEST'UOMO (愛のさまよい)
11.FRUTAFLOR MATUTINA (街角の歌声)
12.FILASTROCCA PER RIO (リオの物語)

20050(CGD)20050(CGD)  GP- 623GP- 623

GP- 623 (1978年10月5日SEVEN SEAS – KING, Japan) “愛のさまよい (WHEN YOU LOSE WHAT YOU LOVE)”

このLPが編集ベスト盤を除いて最後のチンクェッティの国内盤アルバムとなります。


ヤフー・オークション8月2日出品 説明文(3)

出品のアドレス
 cnz27hiro http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/cnz27hrio です
出品に関わるジリオラ・チンクェッティの事を書いている私のブログです。
        http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/5893011.html
◆サン・レモのすべて第3集
17M-1012 当時“コンパクト盤”と言われていた7インチ33・1/3回転の4~6曲入りミニ・アルバムです。発売時定価400円(1964年10月年発売)の国内正規品です。付属品は、写真に写っているジャケット・スリーブ(袋)、歌詞カード、盤のみとなります。

曲目は “夢みる想い(NON HO L'ETA' (PER AMARTI))”ジリオラ・チンクェッティ(GIGLIOLA CINQUETTI)/“ヴォラーレ(NEL BLU DIPINTO DI BLU)”ジョニー・ドレルリ(JOHNNY DORELLI)/“アル・ディ・ラ(AL DI LA')” ベティー・クルティス(BETTY CURTIS)/“チャオ・チャオ・バンビーナ(PIOVE)” ジョニー・ドレルリ(JOHNNY DORELLI)。すべてサンレモ音楽祭にオリジナル曲です。

◆サン・レモのすべて第9集
17M-1018 当時“コンパクト盤”と言われていた7インチ33・1/3回転の4~6曲入りミニ・アルバムです。発売時定価400円(1965年2月1日発売)の国内正規品です。付属品は、写真に写っているジャケット・スリーブ(袋)、歌詞カード、盤のみとなります。ジャケット裏に日付印が押されています。

曲目は “愛は限りなく(DIO, COME TI AMO)”ジリオラ・チンクェッティ(GIGLIOLA CINQUETTI)/“リコルダ(RICORDA)” ルチアーノ・タヨーリ(LUCIANO TAJOLI)/“青春に生きる(NESSUNO MI PUO' GIUDICARE)”カテリーナ・カセルリ(CATERINA CASELLI)/“土曜の夜(SABATO SERA)”ジル・フィールズ&フラタニティ・ブラザース(GIL FIELDS & FRATERNITY Brs.)。すべてサンレモ音楽祭にオリジナル曲です。

◆第19回サン・レモ音楽祭第2集
PS-124 当時“コンパクト盤”と言われていた7インチ33・1/3回転の4~6曲入りミニ・アルバムです。発売時定価600円(1969年4月年発売)の国内正規品です。付属品は、写真に写っているジャケット・スリーブ(袋)、歌詞カード、盤のみとなります。

曲目は “雨(LA PIOGGIA)” ジリオラ・チンクェッティ(GIGLIOLA CINQUETTI)/“愛の詩(QUANDO L'AMORE DIVENTA POESIA)”マッシーモ・ラニエリ(MASSIMO RANIERI)/“恋の遊び(IL GIOCO DELL'AMORE)” カテリーナ・カセルリ(CATERINA CASELLI)/“愛の妙薬(COSA HAI MESSO CAFFE')” リカルド・デル・トゥルコ(RICCARDO DEL TURCO)。すべてサンレモ音楽祭にオリジナル曲です。

◆国内シングル盤シャングリラス◆家へは帰れない/ブルドッグ
JET-1636 “家へは帰れない(I CAN NEVER GO HOME ANY MORE)/ブルドッグ(BULL DOG)” シャングリラス(THE SHANGRI-LAS)発売時定価370円(1966年3月発売)の国内正規品です。付属品は、写真に写っているジャケット・スリーブ(袋)、盤のみとなります。

シャングリラスは60年代に活躍した不良っぽさとワイルドさを全面に押し出し成功を収めたアメリカのアイドル・グループ。“家へは帰れない”は語りと歌が交互になった印象的な曲で最大のヒット曲。チンクェッティのイタリアの歌詞は、元曲の英語の詩ほど危うくはありませんが、もう少女からは巣立ちしようとしているようです。ジョニー・ドレルリのTVショー「ジョニーの夕べ(JOHNNY SERA)」で初めて歌われたそうです。

◆シャンソン国内シングル盤シャルル・アズナヴール◆ボエーム
HIT-1714 “ボエーム(LA BOHE'ME)/大根役者(LE CABOTIN)” シャルル・アズナヴール(CHARLES AZNAVOUR)発売時定価400円(1970年2月発売)の国内正規品です。付属品は、写真に写っているジャケット・スリーブ(袋)、盤のみとなります。

1966年ジリオラ・チンクェッティはシングル盤を出そうと“アズナヴールに許可を求めます。最初この曲は二十歳前の女の子が歌うには難しすぎる題材としてレコーディングを許さなかったそうです。アズナヴールの歳になり、「成功した今、貧乏ながら夢と情熱に燃えた若いころを思い返す」内容だからです。しかし、最後には彼女が歌うのを許したのは、アズナヴールがチンクェッティの実力を認めた表れでしょう。

◆カンツォーネLP国内盤◆伊東ゆかり/小指の想い出
SKK- 353 “小指の想い出/伊東ゆかり” 伊東ゆかり (YUKARI ITO)発売時定価 1,500円(1967年7月20日 KING - キング)の国内正規品です。付属品は、写真に写っているジャケットと歌詞カード、盤のみです。帯は有りません。盤収録曲は写真も合わせお確かめください。

日本人で初めてサンレモ音楽祭に出場し、入賞した伊東ゆかりのアルバム、A面はオリジナルの日本の曲、B面が10.“マリソルの初恋 [日]”(スペイン)を除いてイタリアの曲のカヴァー。但し9.“ポーコ・ドポ”はサンレモ音楽祭の出場資格を取るためイタリアの曲をイタリアで発売する必要があったため歌った曲です。このアルバムに収録されているのは日本のキングで吹込まれたヴァージョンです。



ヤフー・オークション8月2日出品予定 説明文(2)

出品のアドレス
      http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/cnz27hrioです
出品に関わるジリオラ・チンクェッティの事を書いている私のブログです。
      http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/5893011.html

◆カンツォーネLP国内盤チンクェッティ◆フレンチ・ポップスを歌う
GW- 191~2 “チンクェッティ、フレンチ・ポップスを歌う (CINQUETTI CHANTE EN FRANCE)”発売時定価 3,000円(1972年5月5日 SEVEN SEAS - キング)の国内正規品です。付属品は、写真に写っている歌詞カード付き見開きジャケットと盤のみです。帯は有りません。盤収録曲は写真も合わせお確かめください。

日本と同様にフランスでも大変な人気だったジリオラ・チンクェッティなので、多くのフランスの曲のほか、自分の歌のフランス語ヴァージョンも吹込んでいました。このレコードが発売された時点での最新曲も含め2枚組のLPが国内盤として発売されました。曲の後のレコード番号はフランスで出たオリジナル盤のレコード番号です。

◆カンツォーネLP国内盤チンクェッティ◆懐しのスタンダードを歌う
SR- 707 “チンクェッティ懐しのカンツォーネ・スタンダードを歌う (IO LE CANTO COSI'/GIGLIOLA CINQUETTI)”発売時定価 2,000円(1972年10月 SEVEN SEAS - キング)の国内正規品です。付属品は、写真に写っているジャケットと歌詞カード、盤のみです。帯は有りません。盤収録曲は写真も合わせお確かめください。

チンクェッティが“ジリオラ・チンクェッティ高原に歌う”の次に作ったコンセプ・トアルバムです。今度は懐かしいメロディーを集めた盤で、イタリア人にとっての懐メロ、1935年の“私の言葉を忘れないで”から“1954年の“アカレッツァーメ”まで約20年間のスタンダード・ナンバーが集められています。イタリア盤と国内盤は曲順の編成が違っています。ジャケットの感じも全く違った出来となっていました。ジャンニ・モランディと共に三度目の来日したチンクェッティ記念盤です。

◆カンツォーネLP国内盤チンクェッティ◆恋よまわれ、日本語で歌う
GP- 92 “恋よまわれ/チンクェッティ,日本語で歌う (GIRA L'AMORE/CINQUETTI CANTA IN GIAPPONESE)”発売時定価 2,200円(1972年10月 SEVEN SEAS - キング)の国内正規品です。付属品は、写真に写っているジャケットと歌詞カード、盤のみです。帯は有りません。ジャケットに10mm×25mmテープ貼り(剥がれ補修)があります。盤収録曲は写真も合わせお確かめください。

 3回目の来日記念盤として発売されました。タイトル通り総て日本語で歌っています。このLPが初めて収録したのが5曲です。 “愛の花咲くとき”のイタリア語は沢山ありますが、そう言えば日本語は見かけませんね。この盤も2011年に出たBOXセットに入っていたので聞かれた方も多いと思います。

◆カンツォーネLP国内盤ジリオラ・チンクェッティ◆太陽のとびら
GP- 335 “太陽のとびら/ジリオラ・チンクェッティ・ゴールデン・プライズ (ALLE PORTE DEL SOLE/GIGLIOLA CINQUETTI)”発売時定価 2,500円(1974年5月 SEVEN SEAS - キング)の国内正規品です。付属品は、写真に写っているジャケットと歌詞カード、盤のみです。帯は有りません。ジャケットに上部に少し汚れと、左右したの角に軽い「ツブレ」があります。盤収録曲は写真も合わせお確かめください。

72年から最新は74年までの曲を中心に集めた貴重な日本独自編集の国内盤アルバムです。イタリアで発売されていてもおかしくない内容の盤です。シングル盤で買いそびれた曲なども収録されていると思われる国内盤後期の編集盤です。

◆カンツォーネLP国内盤GEM◆ジリオラ・チンクェッティ(2枚組
GEM-1015~6 “GEM ジリオラ・チンクェッティ (GEM GIGLIOLA CINQUETTI)”発売時定価 3,700円(1974年10月25日 SEVEN SEAS - キング)の国内正規品です。付属品は、写真に写っている対訳歌詞つき見開きジャケットと盤のみです。帯は有りません。この出品商品にはポスターが付いていません。盤収録曲は写真も合わせお確かめください。

日本独自編集国内盤2枚組アルバムです。1974年最新のヒット曲“夢はめぐり来て”から1964年サンレモ音楽祭優勝曲“.夢みる想い”まで、1枚目を70年代、2枚目を60年代にまとめ新しい曲から並べています。本来はポスターが付いています。

◆カンツォーネLP国内盤ジリオラ・チンクェッティ◆雨(10曲)
LAX- 101 “雨/ジリオラ・チンクェッティ カンツォーネ・ベスト・スター・ベスト・アルバム (LA PIOGGIA/GIGLIOLA CINQUETTI CANZONE BEST STAR BEST ALBUM)”発売時定価 1,500円(1975年1月 SEVEN SEAS - キング)の国内正規品です。付属品は、写真に写っているジャケットと歌詞カード、盤のみです。帯は有りません。盤収録曲は写真も合わせお確かめください。

“カンツォーネ・ベスト・スター・ベスト・アルバム”と銘打って、各歌手の10曲入りアルバムが20枚発売されました。そのシリーズの1枚目です。プレミアム・キャンペーン特典に、チンクェッティが挿絵をした「星釣り(IL PESCASTELLE)」も入っており、当時話題となりました。

◆カンツォーネLP国内盤チンクェッティ◆ヴェローナに想う
GP- 388 “ヴェロ-ナに想う (L'EDERA E ALTRE FANTASIE)”発売時定価 2,500円(1975年10月5日 SEVEN SEAS - キング)の国内正規品です。付属品は、写真に写っているジャケットと歌詞カード、盤のみです。帯は有りません。盤収録曲は写真も合わせお確かめください。

国内盤は1975年秋、旧友ブルーノ・フィリッピーニと5度目の来日をするジリオラ・チンクェッティの記念盤としてリリースされました。「懐かしのスタンダード」からの路線を引き継いだアルバムで、アルバム・タイトルには収録曲の“つた”と“飾られたファンタジー”から取られています。アルバムとしては大人向きで、“飾られたファンタジー”
あたりは今の岩崎宏美に歌わせたいような曲です。

 

カンツォーネLP国内盤ジリオラ・チンクェッティ◆最新決定盤

GXM-9008 "最新決定盤/ジリオラ・チンクェッティ(GIGLIOLA CINQUETTI GOLD SUPERDISC)"発売時定価 1,500円(1975年1月 SEVEN SEAS - キング)の国内正規品です。付属品は、写真に写っているジャケットと歌詞カード、盤のみです。帯は有りません。盤収録曲は写真も合わせお確かめください。

 

"カンツォーネ・ベスト・スター・ベスト・アルバム"と銘打って、各歌手の10曲入りアルバムが20枚発売されました。そのシリーズの1枚目です。プレミアム・キャンペーン特典に、チンクェッティが挿絵をした「星釣り(IL PESCASTELLE)」も入っており、当時話題となりました。 

 

カンツォーネLP国内盤チンクェッティ◆ズン・ズン・ズン(盤だけ

SR- 316 "ズン・ズン・ズン/ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI)"発売時定価 2,000円(1969年11月 SEVEN SEAS - キング)の国内見本品です。付属品は、写真に写っているカンパニー・スリーブと盤のみです。ジャケット、帯は有りません。盤収録曲は写真も合わせお確かめください。

 

イタリアの5枚目のアルバムPOP-75"IL TRENO DELL'AMORE (消え去る想い)"から6曲、国内盤は翌年に発売されたコンセプト・アルバムFG-5036 GIGLIOLA PER I PIU' PICCINI (チンクェッティのおとぎ話)から3曲をベースとしてデビュー当時の曲が加えた日本編集盤です。珍しいところで68年サンレモ入賞曲のB面(国内盤では雨の日本語ヴァージョンのB面)の曲"愛の太陽"が入っています。

 

カンツォーネLP国内盤カンツォニッシマ'73-74◆太陽のとびら

SR- 861 "太陽のとびら/カンツォニッシマ(1973-1974) (CANZONISSIMA 1973~74)"コンピレーション(VARIOUS ARTISTS)発売時定価 2,300円(1974年3月 SEVEN SEAS - キング)の国内正規品です。付属品は、写真に写っているジャケットと歌詞カード、盤のみです。帯は有りません。盤収録曲は写真も合わせお確かめください。

 

「イタリアの紅白歌合戦」と言われているカンツォニッシマ(1973-1974)のオムニバス盤です。ジリオラ・チンクェッティが念願の優勝を果たし、ナンバー・ワン・ヒットとなった"太陽のとびら"はじめ、この年の司会をしたミタ・メディチ(映画「ガラスの部屋」)がテーマを歌っています。

 

カンツォーネLP国内盤V.A.◆カンツォニッシマ1974~75

SR- 879 "1974~5ロ-マTVフェスティヴァル (1974-1975 ROMA TV FESTIVAL)"コンピレーション(VARIOUS ARTISTS)発売時定価 非表示(1975年4月 SEVEN SEAS - キング)の国内正規品です。付属品は、写真に写っているジャケットと盤のみです。歌詞カード、帯は有りません。オマケで歌詞カードのコピーをお付けします。天で口から14cm、底で口から17cm破れがあります。ジャンク品扱いです。盤収録曲は写真も合わせお確かめください。

 

「イタリアの紅白歌合戦」と言われているカンツォニッシマ(1974-1975)のオムニバス盤です。ジリオラ・チンクェッティは、第1回戦に前年の優勝曲"太陽のとびら"を歌い、第2回戦に"つた"で挑戦しましたが、敗退しました。司会はラファエラ・カーラが復帰し、テーマの"フェリチタ・タ・タ"も"そして人生"も大ヒットしました。




プロフィール

cnz27hrio

Author:cnz27hrio
FC2ブログへようこそ! リンク切れの画像がある場合は、 http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio をご覧ください。

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR