カンツォーネ

カンツォーネ、イタリアン・ポップスの、“出来れば”知られざる話を致しましょう。

 
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
26
28
30
08

サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO) 38  1966年

 イタリア人歌手への配慮はもう一つ、出場曲を前年の24曲から2曲増やし26曲としました。62年は破格の32曲とし、反対に63年は20曲の年もありましたから、「弾力的な運用」と考えた方が良いのかもしれません。各夜、入賞曲6曲を選び、特別委員会が参加曲の中から敗者復活の1曲を選び、決勝戦では14曲が歌われるように規則を変更しています。

 このリスト内の<数字>は決勝の得票数ですが、これは未公表で非公式の順番です。公式には優勝曲と順位無しの入賞曲の発表だけでした。

 

                CD-74916    Orietta Berti  

  セルジョ・エンドリゴ (CETRA)        オリエッタ・ベルティ (POLYDOR)

 

第16回 1966年1月27日()~29日() サンレモ市カジノ付属劇場

司会:マイク・ボンジョルノ (Mike Bongiorno)、パオラ・ペンニ(Paola Penni )、カルラ・M.プッチーニ( Carla M. Puccini)
楽団指揮: 21名の指揮者で演奏された。

オーガナイザー:
サンレモ市ホテル観光協会 (ATA-Azienda Turistico Alberghiera)、監督ジャンニ・ラヴェーラ (Gianni Ravera)
形式:出場曲数26曲を各曲外国人歌手またはイタリア人歌手とパートナーを組み1曲2歌唱で第1夜、第2夜に13曲を歌い、各夜の中から7曲の入賞曲を選出し、入賞曲を発表する。

 

出場歌手は47歌手(グループは1歌手)で、初出場26歌手(内外人12歌手)、出場レコード会社17社で初出場3社、外人歌手のみの出場会社はBLUE BELLだけです。  []は外人歌手数

CGD 8 [4]RICORDI 7 [4]SAAR 5 [2]FONIT CETRA 4 [0]V.C.M. 3 [1];新Clan Celentano 3 [0] RCA ITALIANA 2 [0]RI FI 2 [0]Meazzi 2 [0]PHONOGRAM 2 [1]ARISTON 2 [1]BLUE BELL 2 [2]CAROSELLO 1 [0]CARISCH (MRC) 1 [0] STYLE (PHONOCOLOR ) 1 [0]; 新VEDETTE 1 [0]; 新EDIBI 1 [0]

●不参加 DURIUM

        ORL-8719      Equipe 84
   ザ・ヤドバズ (RICORDI Int.)    エキペ84 (VEDETTE)

 

 優勝曲“愛は限りなく(Dio, come ti amo!)”は日本ではチンクェッティ人気と伊東ゆかりが紅白歌合戦で熱唱したこともあり、よく知られた曲ですが、昨年ジリオラ・チンクェッティの事をブログに書くため、調べていると意外や、イタリアでhこの第16回の優勝曲は『埋もれた名曲』で当時余り注目を集めていなかったようです。

2012619ジリオラ・チンクェッティ~シングル盤コレクション(4)

2012621ジリオラ・チンクェッティ~アルバム・コレクション(1)もご覧ください。

 モドゥーニョは前年の舌禍事件のため、フォニット(FONIT)から出なければならなくなり、楽曲を管理しているクルチ音楽出版の子会社カロセッロに移籍したばかりでした。

彼は是非とも良い成績を残し、国営放送RAIに対して「借り」を返したい雪辱戦でした。最初からチンクェッティをパートナと考えておらず、オルネラ・ヴァノーニかイヴァ・ザニッキと歌いたいと思っていたようです。この二人だと大人の歌となり、かなり「重たく」なっていて、若者に重点が移っているサンレモ音楽祭には、勝てなかったでしょう。

 

 

<入賞曲>

マイ・マイ・マイ・バレンティーナ Mai, mai, mai, Valentina (A.Testa - G.Colonnello) 出版社 ARALDO <11> ジョルジョ・ガベル (vm) Giorgio Gaber RI FI – RI FIRFNNP-16124 [45] パット・ブン (vm=a) Pat Boone DOT – SAAR45-26224 [45]

 

RFN・NP-16124RFN・NP-16124 SFON- 3019SFON- 3019(CP)

45-2622445-26224a JET-1664JET-1664

 

◇愛の言葉Parlami di te (V.Pallavicini - E.Vianello) 出版社 LEONARDI <9> エドアルド・ヴィアネッロ (vm) Edoardo Vianello RCA Italiana – RCA ItalianaPM45-3344 [45] : フランソワズ・アルディ (vf=f) Françoise Hardy  Vogue – SAARJ-35087×45 [45]

 

PM45-3344 J-35087×45 US- 174・V  
PM45-3344                      J-35087×45                  US- 174
V

 

愛のひきしお Se tu non fossi qui M.Terzi - C.A.Rossi) 出版社 C.A.ROSSI <-> ペピノ・ガリアルディ (vm) Peppino Gagliardi Jolly - SAARJ-20348x45 [45] パット・ブン (vm=a) Pat Boone (DOT – SAAR45-26225 [45]

 

J-20348x45J-20348x45 HIT-1327HIT-1327

45-2622545-26225 JET-1664JET-1664

 

悲恋 Nessuno di voi (V.Pallavicini - G.Kramer) 出版社 KRAMER <-> ミルバ (vf) Milva (Cetra – Fonit CetraSP-1295 [45] リシャル・アントニー (vm=f) Richard Anthony Columbia - V.C.M.SCMQ-1902 [45]

 

SP-1295SP-1295 HIT-1325HIT-1325

SCMQ-1903SCMQ-1903 OR- 1494OR- 1494

 

去り行く今 Adesso sì (S.Endrigo) 出版社 USIGNOLO <-> セルジョ・エンドリゴ (vm) Sergio Endrigo Cetra – Fonit CetraAR-0111 [45] チャッド & ジェレミー (duo=e) Chad & Jeremy CBS - Ricordi2163(CBS) [45]

 

SP-1297 HIT-1326 2163(CBS)   
SP-1297
             HIT-1326             2163(CBS)

 

若さがあるさ Così come viene (V.Pallavicini - E.Leoni) 出版社 MAS <-> レモ・ジェルマニ (vm)  Remo Germani (Jolly - SAARJ-20354×45 [45] レ・サフ (coro=f) Les Surfs Festival - CGDFX-133 [45]

 

J-20354×45J-20354×45 HIT-1327HIT-1327

FX-133FX-133LL- 892・F LL-   892F

 

 

入賞曲の残りは次回に続く

 

 

Luciana Turina P J Proby Los Paraguayos    
ルチア-ナ・トゥリ (CGD)        P.J.プロビー (LIBERTY)        トリオ・ロス・パラグァヨス (PHILIPS)  
 

 

 

2番目に紹介する初参加のレコード会社はヴェデッテ(VEDETTEです。意外と人知れず国内盤も出ている会社ですが、一番知られている事はイタリアを代表するグループとなったプー (I Pooh)がデビューしたレコード会社でしょう。

このサンレモ音楽祭には初出場したエキペ84のデビュー会社でもあります。プログレ系の方はメタモルフォスィ(METAMORFOSI)のいたレーベルとして、また全盛時のジョルジョ・ガーベルが在籍し、フォーク系にも強く、イタリア民族音楽専門のアルバトロス(ALBATROS)が有名でした。

1962年に楽団のオーナー指揮者アルマンド・シャーシァ(Armando Sciascia)が興した会社で、芸術監督は楽団仲間のフランチェスコ・アンセルモ(Francesco Anselmo)が就任していました。そのためジャズ風インスツルメンタルの曲でラウンジ系の方にも知られていると思います。

75年に社名をI.M.I.に変更し80年代末まで活動しました。

 

KICP- 789 (2001425RE MUSICA - キング) CD フォノ・ラウンジ N゚2 (FONO LOUNGE N2)

 

KICP- 789KICP- 789  KICP- 794KICP- 794 

 

KICP- 789 (2001321RE MUSICA -キング) CD フォノ・ラウンジ N゚1 (FONO LOUNGE N1)

 

KICP- 860 (200226RE MUSICA - キング) CD ザ・スウィングル・サウンズ・オブ・ベデッテ (THE SWINGLE SOUNDS OF VEDETTE)

 

KICP- 860KICP- 860  KICC-5751KICC-5751 

 

KICC-5751 (200265ALBATROS - キング) CD イタリアの民族音楽I (T ITALIA VOL.I)

 

KICC-5752 (200265ALBATROS - キング) CD イタリアの民族音楽II (T ITALIA VOL.II)

 

KICC-5752KICC-5752  KICC-5753KICC-5753 

 

KICC-5753 (200265ALBATROS - キング) CD イタリアの民族音楽III (T ITALIA VOL.III)

 

 

 

 

 

・優勝・入賞曲と参加曲を含め全体を言う場合、出場曲と表現します。

・順位をつけない入賞曲の頭には""を、参加曲の頭には""を付けます。

・太字は国内盤で出ていた曲と歌手。

・サンプル音声ファイルは著作権侵害を避け、なるべくAmazon MP3のサンプル音声を利用します。昔のイントロは長く、歌が出ないまま終わる曲があります。全曲聞きたい方はYou-Tubeを探してください。見つかることもあります。


スポンサーサイト

サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO) 37  1966年

サンレモ音楽祭が1964年(第14回)から外人歌手とパートナーを組み、国際音楽祭に進化してから3年目となりました。出場曲24曲で48枠ある内の半分を外人歌手に取られてしまうのですから、イタリア人歌手から死活にかかわることで、大きな不満が出るのは当然のことでした。

イタリア人歌手の不満を和らげるために、16回からは7枠(正確には6枠)がイタリア人同士の組合せに変更されました。この形はダブル・キャスト方式が終わるまで続きました。

1枠の違いはスーダン生まれのジーノ(Gino)はイタリアで活動していましたが、レコードはヤードバーズと同じリコルディ・インターナショナルからリリースされています。実行委員会も歌手たちに説明するときは、イタリア人、外人どちらでもいける都合のよい「玉虫色」の存在だったと思います。

 

       FG-5029   Lucio Dalla

       カテリ-ナ・カセルリ (CGD)             ルチオ・ダルラ (ARC)

 

第16回 1966年1月27日()~29日() サンレモ市カジノ付属劇場

司会:マイク・ボンジョルノ (Mike Bongiorno)、パオラ・ペンニ(Paola Penni )、カルラ・M.プッチーニ( Carla M. Puccini)
楽団指揮: 21名の指揮者で演奏された。

オーガナイザー:
サンレモ市ホテル観光協会 (ATA-Azienda Turistico Alberghiera)、監督ジャンニ・ラヴェーラ (Gianni Ravera)
形式:出場曲数26曲を各曲外国人歌手またはイタリア人歌手とパートナーを組み1曲2歌唱で第1夜、第2夜に13曲を歌い、各夜の中から7曲の入賞曲を選出し、入賞曲を発表する。

 

出場歌手は47歌手(グループは1歌手)で、初出場26歌手(内外人12歌手)、出場レコード会社17社で初出場3社、外人歌手のみの出場会社はBLUE BELLだけです。  []は外人歌手数

CGD 8 [4]RICORDI 7 [4]SAAR 5 [2]FONIT CETRA 4 [0]V.C.M. 3 [1];新Clan Celentano 3 [0] RCA ITALIANA 2 [0]RI FI 2 [0]Meazzi 2 [0]PHONOGRAM 2 [1]ARISTON 2 [1]BLUE BELL 2 [2]CAROSELLO 1 [0]CARISCH (MRC) 1 [0] STYLE (PHONOCOLOR ) 1 [0]; 新VEDETTE 1 [0]; 新EDIBI 1 [0]

●不参加 DURIUM

    Bobby Vinton    Anna Marchetti
ボビ-・ヴィントン (EPIC)               アンナ・マルケッティ (MEAZZI)         

 

 

この年の決定的な特徴はバンド(グループ)と長髪スタイルが出場した年でした。当時サンレモ音楽祭はイタリア最大の音楽イベントでした。また唯一の国営放送RAIのお化け視聴率(聴取率)の番組でもありました。新しいものを取り入れる時は、国民的同意を得られる状態になるまで採用しませんので(NHKの紅白歌合戦と同じ)、サンレモ音楽祭に出場できたことは、一般的視聴者に認知される状態になったとも言えます。

サンレモの曲は、新曲の発表で、社会的認知された年が特定できる「標準化石」な存在でもあります。1961年アドリアーノ・チェレンターノがロック・ン・ロールの曲を歌い、優勝こそしませんでしたが、第2位になり大ヒットしたのが代表例だと思います。

 

 

<優勝> 愛は限りなく Dio, come ti amo! (D.Modugno) 出版社 CURCI <77> ドメニコ・モドゥニョ (vm) Domenico Modugno Curci – CaroselloSP-1014 [45] ジリオラ・チンクェッティ (vf) Gigliola Cinquetti CGD – CGDN-9605 [45]

 

SP-1014SP-10・14 HIT-1381HIT-1381
                 N-9605N-9605  HIT-1323HIT-1323

 

<入賞曲>

◇青春に生きる Nessuno mi può giudicare (D.Pace - M.Panzeri - L.Beretta - M.Del Prete) 出版社 <31> ARION カテリナ・カセルリ (vf) Caterina Caselli CGD – CGDN-9608 [45] ジン・ピットニ (vm=a) Gene Pitney Musicor – CGDMR-6021 [45]

 

 N-9608N-9608 HIT-1323HIT-1323 
       MR-6021MR-6021 LL- 912・MRLL-   912
MR

 

花のささやき In un fiore Mogol - C.Donida) 出版社 R.R.R. ウィルマ・ゴイク (vf) Wilma Goich Ricordi - RicordiSRL-10415 [45] レ・サーフ (coro=f) Les Surfs (Festival. - CGDFX-133 [45]

 

SRL-10415SRL-10・415 HIT-1324HIT-1324 
                   FX-133FX-133 LL- 892・FLL-   892
F

 

青空に住もう Una casa in cima al mondo (V.Pallavicini - P.Donaggio) 出版社 ACCORDO <19> クラウディオ・ビルラ (vm) Claudio Villa (Cetra – Fonit CetraSP-1296 [45] ピノ・ドナッジォ (vm) Pino Donaggio Columbia - V.C.M.SCMQ-1902 [45]

 

SP-1296SP-1296 HIT-1326HIT-1326 
               SCMQ-1902SCMQ-1902 OR- 1494OR- 1494

 

ウィーンのバラ Una rosa da Vienna (G.Guarnieri - B.Lauzi) 出版社 ARISTON <14> アンナ・イデンティチ (vf) Anna Identici Ariston – AristonAR-0111 [45] ニュー・クリスティー・ミンストレルス (coro=a) New Christy Minstrels CBS - Ricordi2162(CBS) [45]

 

AR-0111AR-0111 FON- 1054FON- 1054

2162(CBS)2162(CBS)  LL- 891・CLL-   891C

 

生命をかけて (命をかけて) Io ti darò di più (A.Testa - M.Remigi) 出版社 D'ANZI <11> オリエッタ・ベルティ (vf) Orietta Berti (Polydor – PhonogramNH54-827 [45] オルネラ・ヴァノニ (vf) Ornella Vanoni Ricordi - Ricordi1346(CBS) [45]

 

NH54-827NH54-827 DP-1476 DP-1476 
                  SRL-10
416SRL-10・416b HIT-1324HIT-1324

 

 

入賞曲の残りは次回に続く

 

 

トリオ・デル・クラン (CLAN)

ICO CERUTTI Gino Santercole PILADE    

イコ・チェルッティ             ジーノ・サンテルコーレ           ピラーデ (ロレンツォ・ピラート)

 

 

 クラン・チェレンターノ(CLAN CELENTANO)、初出場のレコード会社で一番注目された会社でした。会社というか歌手というか、初めに書いたアドリアーノ・チェレンターノが5年ぶりのサンレモ出場、しかも自分の会社からでした。ミーナとともに「アンチ・サンレモ」派と思われていましたが、62年にサール(SAAR)から独立、クラン・チェレンターノ(CLAN CELENTANO)を興しています。ロック・ン・ロールの牙城ができ、多くの「子分」を抱えることとなり、彼らを売出すため再度サンレモ音楽祭に出なければならない状況になったようです。

 それにしても新興会社で彼本人以外、バーターで2枠取れるのはチェレンターノ以外にはなかったでしょう。パートナーは彼の個性が強烈で、その後のセールスが望めず、まともにパートナーを務めたのはリトル・トニー(Little Tony)とミルバ(Milva)だけで、今回は子分3人が1度だけのトリオを組み、70年の優勝曲“働かない者は恋するな(Chi non lavora non fa l'amore)”は奥さんのクラウディア・モーリ(Claudia Mori)、71年の“シーツの下(Sotto le lenzuola)”もこれまた自社のミラノ・アルプス合唱団 (Coro Alpino Milanese)でした。

 クラン・レーベルは現在も活動していますが、新人だったアルバーノやベテランのフレッド・ボングストなどは一度所属しましたが、多くの歌手同様チェレンターノと喧嘩をし、出て行ってしまいました。

 

 

 

・優勝・入賞曲と参加曲を含め全体を言う場合、出場曲と表現します。

・順位をつけない入賞曲の頭には""を、参加曲の頭には""を付けます。

・太字は国内盤で出ていた曲と歌手。

・サンプル音声ファイルは著作権侵害を避け、なるべくAmazon MP3のサンプル音声を利用します。昔のイントロは長く、歌が出ないまま終わる曲があります。全曲聞きたい方はYou-Tubeを探してください。見つかることもあります。


サンレモ音楽祭のコンピレーション(オムニバス)盤 5

1965年度のサンレモのコンピの目玉はボビー・ソロの優勝曲“君に涙とほほえみを(Se piangi, se ridi)”の未発表ヴァージョンが入ったキングが作った非売品・試聴盤「3月21日臨時発売ダイジェスト盤 1965年サンレモ音楽祭 入賞歌手・入賞曲」でサンプル用(レコード番号なし面のシリアル番号はA面ILBt- 613、B面ILBt- 614)でしょう。 私の過去ブログ「サンレモの歌手たち 83 ボビー・ソロ 2」(http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/9684746.html)をご参照ください。

 

レコード番号なしILBt- 613-4 

 

レコード番号なし (19653月? SEVEN SEAS - キング) 30cm LP 3月21日臨時発売ダイジェスト盤 1965年サンレモ音楽祭 入賞歌手・入賞曲 試聴盤非売品
.君に涙とほほえみを(未発売ヴァージョン) (SE PIANGI SE RIDI) ボビー・ソロ (vm)
.あこがれはいつも心に (HO BISOGNO DI VEDERTI) ジリオラ・チンクェッティ
(vf)
.青春に恋しよう (AMICI MIEI) ニコラ・ディ・バリ
(vm)
.花咲く丘に涙して (LE COLLINE SONO IN FIORE) ウィルマ・ゴイク
(vf)
.強く抱きしめて (ABBRACCIAMI FORTE) オルネラ・ヴァノーニ
(vf)
.恋する瞳 (L'AMORE HA I TUOI OCCHI) 伊東ゆかり
(vf=j)
.悲しい運命 (INVECE NO) ベティー・クルティス
(vf)
.黒い想い出 (VIENI CON NOI) ミルバ
(vf)
.胸にのこる微笑 (SI VEDRA') ヴィットリオ・インツァイナ
(vm)
10.
恋は君のもの (PRIMA O POI) レモ・ジェルマーニ (vm)とアミケ、{レ・} (coro)

 

この盤を最初に持ってくるのは、試聴盤なので「アンフェア」かも知れませんが、イタリアのレコード会社の枠を超えて、1枚の盤でサンレモの曲が聞けるの初めてのケースでした。色んな会社の曲を入れたコンピ(オムニバス)盤が出たのは、66年10月10日発売のSR-5サン・レモの栄光 (I VINCITORI A SAN REMO)と3枚ボックス物のSLX3-1001(M) 豪華版サン・レモのすべて (TUTTE LE CANZONI DI SAN REMO)が初めてでした。このことは66年サンレモ音楽祭の後に書くことにしましょう。

 

オリジナルの4曲を含む入賞曲12曲を収録しています。ニーノ・ゲラルディ、ヴィットリオ・パルトリニエリは前年の“第14回サン・レモ音楽祭”でもカヴァー曲を歌っていた歌手です。ジャンニ・インベルティは翌々年のリフィのサンレモ音楽祭コンピ盤にもカヴァー曲を歌っています。女性歌手のオディーナについては一切情報を見つけることが出来ませんでした。

 

MH- 201 (196541SEVEN SEAS - キング) 30cm LP第15回サン・レモ音楽祭 (FESTIVAL DI SAN REMO 1965) CGD原盤
.あこがれはいつも心に (HO BISOGNO DI VEDERTI)
.胸にのこる微笑
(SI VEDRA')
.悲しい運命 (INVECE NO)

.この胸のときめきを (IO CHE NON VIVO (SENZA TE))
.恋は君のもの
(PRIMA O POI)
.花咲く丘に涙して
(LE COLLINE SONO IN FIORE)
.君に涙とほほえみを
(SE PIANGI SE RIDI)
8恋する瞳 (L'AMORE HA I TUOI OCCHI)

.青春に恋しよう (AMICI MIEI)
10.
黒い想い出
(VIENI CON NOI)
11.
明日を待とう
(ASPETTA DOMANI)
12.
強く抱きしめて
(ABBRACCIAMI FORTE)
1.
ジリオラ・チンクェッティ (GIGLIOLA CINQUETTI (vf))2.ヴィットリオ・インツァイナ (VITTORIO INZAINA (vm)) 3.ベティー・クルティス (BETTY CURTIS (vf)) 8.伊東ゆかり (ITO YUKARI (vf=j))7.ニーノ・ゲラルディ (NINO GHERARDI (vm))4,5,11.ヴィットリオ・パルトリニエリ (VITTORIO PALTRINIERI (vm,sax)) 9.ジャンニ・インベルティ (GIANNI IMBERTI (vm))6,10,12.オディ―ナ (ODINA (vf))

 

MH- 201MH- 201  SH- 168SH- 168 

 

SH- 168 (196541SEVEN SEAS - キング) 30cm LPステレオ・サンレモ'65 (STEREO SAN REMO '65) RICORDI原盤
.君に涙とほほえみを (SE PIANGI SE RIDI)
.あこがれはいつも心に (HO BISOGNO DI VEDERTI)
.青春に恋しよう
(AMICI MIEI)
.黒い想い出
(VIENI CON NOI)
.強く抱きしめて (ABBRACCIAMI FORTE)
.君を信じて (TI CREDO)
.花咲く丘に涙して (LE COLLINE SONO IN FIORE)
.この胸のときめきを (IO CHE NON VIVO (SENZA TE))
.悲しい運命
(INVECE NO)
10.
恋は君のもの
(PRIMA O POI)
11.
愛ははじまる
(COMINCIAMO AD AMARCI)
12.
君の愛 (IL TUO AMORE)

1.ボビー・ソロ (BOBBY SOLO (vm)) 2,7,9.ウィルマ・ゴイク (WILMA GOICH (vf))5.オルネラ・ヴァノーニ (ORNELLA VANONI (vf))3,11,12.ドン・ポウエル (DON POWELL (vm)) 4,8,10.キコ・フスコ (KICO FUSCO (vm)) 6.ジャンニ・ディ・クリスティーナ (GIANNI DI CRISTINA (vm))

 

 オリジナル3曲を含む優勝・入賞曲、参加曲のうち12曲を収録しています。ドン・ポウエルはマカロニ・ウェスタンの主題曲が国内盤で出ているので名前はそこそこ知られている黒人歌手です。キコ・フスコは映画音楽の大家ジョヴァンニ・フスコ(Giovanni Fusco)の甥で、日本では映画「砂上物語」の挿入曲がシングル盤(*)で発売されていましたので、映画音楽に詳しい方は名前をご存じだと思います。ジャンニ・ディ・クリスティーナは65年のカンタジーロ・ジローネBで“憐れんだ君(ABBI PIETA)”で入賞し期待されたのですが、泣かず飛ばずで名前を聞かなくなってしまいました。

 

日本ビクターはRCAが出場辞退し発売はなし、フィリップス・グループからミーナの移籍で準大手になったリフィからLPが出ました。アウグスト・マルテッリは当時ミーナのア恋人と言われた作編曲社、ジガンティは67年以降3回サンレモに出場するバンド。それ以外は既サンレモ出場歌手たちです。

 

SFON- 7051 (19655FONTANA - 日本ビクター) 30cm LP '65サンレモ・フェスティバル (FESTIVAL SAN REMO 1965) RI FI原盤
.君に涙とほほえみを/2.愛ははじまる/3..明日を待とう/4.恋は君のもの/.判っているのに (TU CHE NE SAI).青春に恋しよう/7.恋する瞳/.恋に時を忘れて (I TUOI ANNI PIU' BELLI).あこがれはいつも心に/10.強く抱きしめて/11.黒い想い出/12.花咲く丘に涙して

5.ファブリッツィオ・フェルレッティ (FABRIZIO FERRETTI (vm))8.イヴァ・ザニッキ (IVA ZANICCHI (vf))1. ミーナ (MINA (vf)) 2,10. コッキ・マゼッティ (COCCKI MAZZETTI (vf))3,9.メモ・レミージ (MEMO REMIGI (vm))4,12.アウグスト・マルテッリ楽団 (AUGUSTO MARTELLI (p,orch)) と コーラス; 6,7イ・ジガンティ (I GIGANTI (compl)) 11.ユージニア・フォリガッティ (EUGENIA FOLIGATTI (vf))

 

SFON- 7051SFON- 7051  SL-1185LTSL-1185・LT 

 

SL-1185LT (19655COLUMBIA - 日本コロムビア) 30cm LPサン・レモ歌謡祭ベスト12 (SAN REMO FESTIVAL BEST 12) ITALDISC原盤
.君に涙とほほえみを/2.恋する瞳/3.花咲く丘に涙して/4.夢を呼ぶ明日 (ASPETTA DOMANI)/5.だけどだめ (INVECE NO)/6.私たちと来て (VIENI CON NOI)/7.青春に恋しよう/8.強くわたしを抱きしめて (ABBRACCIAMI FORTE)/9.恋は君のもの/10.あなたなしには (IO CHE NON VIVO (SENZA TE))11.胸にのこるほほえみ (SI VEDRA')12.憧れはいつも心に (HO BISOGNO DI VEDERTI)

1.ブルーノ・バレシ (vm) 2. ジョ (vm)3,5,12. ローラ・カサッティ (vf) 4,10. エンリコ・モイ (vm) 6,8. アンナリータ (vf) 7.ジョー (vm) とダビデ (vm) 9,11.エリオ・カーリ (vm)

 

ミーナのいたイタルディスク原盤、無名歌手のサンプラーのような盤です。


サンレモの歌手たち 103 ニュー・クリスティー・ミンストレルス

ニュー・クリスティー・ミンストレルス (coro=a) The New Christy Minstrels

1961 年にランディー・スパークス(Randy Sparks)が結成したアメリカ・フォーク・グループ。

絶えずメンバーが入替り、アメリカを代表する歌手たちが巣立っていった。

 

                     New Christy Minstrels

 

ニュー・クリスティ・ミンストレルスはランディ・スパークス(Randy Sparks)、歌手兼ギタリストによって1961年に結成されました。スパークスはソロ・ミュージシャンとして50年代後半には、ブロードウェイで活動を始めていました。60年、彼は妻のジャッキー・ミラー(Jackie Miller)、ニック・ウッズ(Nick Woods)・ランディ・スパークス・トリオを結成しましたが、すぐにもっと大きなグループにしたいと思いました。フォークソングが大変一般的になり、ノーマン・ルボフ合唱団(the Norman Luboff Choir)やレス・バクスター合唱団(Les Baxter's Balladeers)のようなレパートリーも組込もうと思いました。

 最初は14人編成でランディ・スパークス・トリオに、ジョン・フォルシャ(John Forsha)、キャロル・ダガン(Karol Dugan)、ジェリー・イエスター(Jerry Yester)のイン・グループ(The Inn Group)、日本でも“リバティ・バランスを射った男(THE MAN WHO SHOT LIBERTY VALANCE)”のシングル盤をドットから出していたフェアマウント・シンガーズ(The Fairmount Singers)の3つのグループが合体。さらにバンジョーのテリー・クドモア(Terry Cudmore)、フォーク・ブルース・シンガーのビリー・クドモア(Billy Cudmore)、フォーク・シンガーのドーランエリス(Dolan Ellis)、ギタリストで歌手のアート・ポデル(Art Podell)の4人が参加していました。

 62年4月に録音、10月に初アルバム“エキサイティング・ニュー・フォーク・コーラス(Presenting The New Christy Minstrels)”をCBSコロムビアから発売する頃にはフェアマウント・シンガーズの4人は脱退し、これ以降10人編成で活動を続けていきます。このアルバムは62、63年の間ビルボード200にランクされ最高19位までになった。またグラミー賞のベスト・コーラス部門で受賞しました。またアンディー・ウィリアム・ショウの出演依頼も受けました。

 メンバー構成は、イン・グループの3人は自分たちの活動にもどり、代わりに“グリーン・グリーン(Green Green)”でリード・ヴォーカルをとるバリー・マクガイヤー(Barry McGuire)、バリー・ケイン(Barry Kane、)、女性ヴォーカルでペギー・コネリー(Peggy Connelly)が参加しますが直ぐにゲイル・カルドウェル(Gayle Caldwell)。バンジョーのラリー・ラモス(Larry Ramos)とベースのクラレンス・トリート(Clarence Treat)が加わりました。ランディーがディレクター&アレンジャーとして62年半ばよりロス・アンジェルスのナイトクラブ・トロバドールで活動を再開、グループ全体ばかりでなく、デュオやトリオの形でも行われました。

4月に発売したアルバム“Ramblin'”からシングルカットした、バリー・マクガイアのリードヴォーカル曲“グリーン・グリーン”は100万枚売れてミリオン・ヒットのゴールデン・ディスクを貰いました。

 63年5月、スパークスと妻のジャッキーはロサンゼルスに設立したレッドベターと呼ばれるクラブに傾注するためグループとのツアーを止め、ディレクターの役割と公演の編曲を「グリーングリーン」を歌いヒットしてスターとなったバリー・マクガイアに任せ、グループのマネージャー、ジョージ・グリーフとシド・ギャリスに決めました。

 以降メンバーの入替えを繰返しながら、65年サンレモ音楽祭で2曲歌い“君に涙とほほえみを”が優勝、翌66年連続出場し“ウィーンのバラ(Una rosa da Vienna)”、“あなたのために(A la buena de Dios)”の2曲とも入賞しました。この時の10人のメンバー名を特定しようとしましたが、全員の特定はできませんでした。

 66年のサンレモ音楽祭後にメンバー変更が行われ、その後ソロで大スターとなるケニー・ロジャーズ(Kenny Rogers)とキム・カーンズ(Kim Carnes)が加わりました。グループの活動は91年まで続き、95年ランディが再建にかかわり、21世紀になって財団を設立し活動を続けています。

 

ニュー・クリスティー・ミンストレルスの国内盤

LL-   750C (19655CBS COLUMBIA - 日本コロムビア) 君に涙とほほえみを (SE PIANGI SE RIDI)花咲く丘に涙して (LE COLLINE SONO IN FIORE)

 

LL-   750CLL- 750・C  LL-   891CLL- 891・C 

 

LL-   750C (19665CBS COLUMBIA - 日本コロムビア) ウィーンのバラ (UNA ROSA DA VIENNA)あなたのために (A LA BUENA DE DIOS)

 

YS-  609C (19664CBS COLUMBIA -日本コロムビア) 30cm LPベスト・オブ・ニュー・クリスティー・ミンストレルス (THE BEST OF THE NEW CHRISTY MINSTRELS)
.グリ
ン・グリ (GREEN GREEN)
.チム・チム・チェリ
(CHIM CHIM CHEREE)
.泣くなスザンヌ (DON'T CRY, SUZANNE)
.草競馬
              (CALIFORNIA)
.コットン・フィ
ルズ (COTTON FIELDS)
.雪山讃歌
(YUKIYAMA SANKA)
.わが祖国
(THIS LAND IS YOUR LAND)
.君に涙とほほえみを[英]
(WE LAUGH - SE PIANGI SE RIDI [E])
.シェナンド
(SHENANDOAH)
10.
トゥデイ (TODAY)
11.
さすらいの賭博師
(POVIN' GAMBLER)
12.
夜明けのうた[日] (MY OWN LITTLE WORLD [J])

 

YS-  609CYS- 609・C  YS-  673CYS- 673・C 

 

YS-  673C (19669CBS COLUMBIA - 日本コロムビア) 30cm LP花咲く丘に涙して/イタリアのニュー・クリスティー・ミンストレルス (IN ITALY... IN ITALIAN THE NEW CHRISTY MINSTRELS SING)
.花咲く丘に涙して (LE COLLINE SONO IN FIORE - THE RIVER)
.グリーン・グリーン (CIAO CIAO - GREEN, GREEN [I])
.ウィーンのバラ (UNA ROSA DA VIENNA - A ROSE FROM VIENNA)
.ミスター・タンブリンマン (MISTER TAMBURINO - Mr. TAMBOURIME MAN [I[)
.バラが咲き恋の実る頃
(TEMPO DI ROSE, TEMPO DI D'AMORE - ) TIME OF ROSES, TIME OF LOVE
.最後のときまで (涙の天使
STASERA GLI ANGELI NON VOLANO - FOR THE LSAT TIME)
.君に涙とほほえみを (SE PIANGI SE RIDI)
.チム・チム・チェリー (CAM CAMNI)
.あなたのために (A LA BUENA DE DIOS)
10.ディア・ハート [伊] (CARA - DEAR HEART [I])
11.
若い恋人たちのバラード (LA BALLATA DEGLI INNAMORATI - BALLAD FOR YOUNG LOVERS)

 

TRANSC0-92265 (1966年?月 TRANSCO - 不明(キング?)) 25cm LPアセテート盤
.ウィーンのバラ (UNA ROSA DA VIENNA)

 

TRANSC0-92265TRANSC0-9・2265  FCPA- 228FCPA- 228 

 

FCPA- 228 (197?CBS SONY - CBSソニーファミリークラブ) 30cm LPカンツォーネ名曲集 (CANZONE BEST HITS) 特販物

.君に涙とほほえみを (SE PIANGI SE RIDI)
.花咲く丘に涙して (LE COLLINE SONO IN FIORE)

 

SOPV-   556 (197?CBS SONY - CBSソニー) 30cm 2LP決定盤ムード音楽全曲集/これがヨーロッパ・ムードのすべて (EUROPEAN MOOD BEST HITS)
.君に涙とほほえみを (SE PIANGI SE RIDI)
.花咲く丘に涙して (LE COLLINE SONO IN FIORE)

 

             SOPV-   556SOPV- 55~6


サンレモの歌手たち 102 ジョン・フォスター、 レ・アミケ

ジョン・フォスター (vm) John Foster

本名パオロ・オッキピンティ(Paolo Occhipinti)1939年8月23日ミラノ生、歌手、ジャーナリスト。

 

CDFR-0563CDFR-0563 

 

パレルモ出身の保険代理店の息子、50年代半ばイギリスでバンド歌手としての彼の音楽キャリアを始めた。1958年にイタリアへ戻り、ナターレ・シャシャ(Natale Sciascia)のフォノコロール(Phonocolor)とレコード契約をし、フォノコロールの他の歌手のように、外人のような芸名ジョン・フォスターとして外国曲のカヴァーを歌っていました。レコード・デビューはおそらく“It Is No True”/“Les Gitans”で59年にしたと思われます。A面は誰の曲か分かりませんが、B面はダリダ(Dalida)が歌った“恋のジプシー”だと思っています。

長い間ヒット曲に出なかったのですが、62年レイ・チャールズ(Ray Charles)の“愛さずにいられない(I Can't Stop Loving You)”のイタリア語カヴァー“Non finirò d'amarti”が、63年の年間ランク20位になる大ヒットし、さらにアンディー・ウィリアムスの“もう離さない(Eri un'abitudine - CAN'T GET USED TO LOSING YOU)”のカヴァーが同58位、レイ・チャールズの“泣かずにいられない(Se tu vuoi  - Take this chain from my heart)”のカヴァーが同87位になり一挙に注目を浴びるようになりました。

64年は彼にとって最良の年になりした。第1回夏のディスク・フェスティヴァルに“アモーレ・スクーザミ(Amore scusami)”で入賞しました。ロス・マルチェロス(Los Marcellos Ferial)が歌った優勝曲の“褐色の女(Sei diventata nera)”が年間ランク32位だったのですが、“アモーレ・スクーザミ”は同6位のメガ・ヒットになり、海外でもフランスのダリダ(Dalida)、アメリカのロバート・グーレ(Robert Goulet)などもカヴァーする世界的なヒットともなりました。ほかに同43位にデル・コムネ(P. Del Comune)が作った “Io e te”がランクされ彼のピークを迎えました。

また珍しいところでは、キャノンボール・アダレイ(Cannonball Adderley)のジャズ・ナンバー“(サーマネット(小説教)(Sermonette)”をイタリア語で歌っています。You-Tubeにもアップされていますので、探してみてください。

翌65年にサンレモ音楽祭に初出場し、“愛ははじまる(Cominciamo ad amarci)”が参加曲に終わりましたが、年間ランク75位のヒットになりました。66年も“踊り続けたい(Se questo ballo non finisse mai)”で出場しましたが、また入賞できませんでした。弱小レーベルの悲しさ、大きなプロモーションもできず、彼の人気もこれまででした。60年代後半、芸能界を引退し、ジャーナリストになり79年から2005年までイタリアの有力週刊誌「オッジ(Oggi)」の編集に携わり、編集長にもなりました。

 

ジョン・フォスターの国内盤

NFA-9180110 (1991JAZZY - ジャジー・プランニング) CD 10Box エンサクロペディア・オブ・カンツォーネ (ENCYCLOPEDIA OF CANZONE) 非ラインセンス商品

7-. アモーレ・スクーザミ (AMORE SCUSAMI)

 

NFA-91801 10NFA-91801~10a

 

(ご参考)アモーレ・スクーザミのカヴァー盤

LL-   716C (19652CBS COLUMBIA - 日本コロムビア) アモーレ・スクーザミ [英] (MY LOVE, FORGIVE ME - AMORE SCUSAMI [E])/枯葉 [英] (AUTUMN LEAVES - LES FEUILLES MORTES [E]) ロバ-ト・グ- (ROBERT GOULET (vm=a))

 

LL-   716CLL- 716・C  HIT-1178HIT-1178 

 

HIT-1178 (196531SEVEN SEAS キング) アモーレ・スクーザミ (AMORE SCUSAMI)/オ・ソレ・ミオ ('O SOLE MIO) ダリダ (DALIDA (vf))

 

BS-7093 (19656KING キング) アモーレ・スクーザミ [日・伊] (AMORE SCUSAMI [J,I])/いついつまでも [日・伊] (IL PRIMO BACIO E L'ULTIMO [JI]) 中原美紗緒 (NAKAHARA MISAO (vf=j))

 

BS-7093BS-7093  HIT-1219HIT-1219 

 

HIT-1219 (19657SEVEN SEAS キング) アモーレ・スクーザミ [] (AMORE SCUSAMI [J])/オ・ソレ・ミオ[]  ('O SOLE MIO [J]) ダリダ (DALIDA (vf))

 

SJET- 247 (19654GLOBE - 日本ビクター) 17cm CP アンジェリータ/ファウスト・パペッティ (ANGELITA DI ANZIO) ファウスト・パペッティ (FAUSTO PAPETTI (as))

.アモーレ・スクーザミ (AMORE SCUSAMI)

 

SJET- 247SJET- 247  QCA-1310QC・A-1310 

本筋からそれますが、LOLI系好みのジャケットは、日本ビクターお得いジャケ使い回しで、パペッティのコンパクト盤に使われたイザべラ・ヤンネッティ(Isabella Iannetti)4枚目のシングル盤の画像です。彼女の事は1969年サンレモの後で!

 

 

 

 

レ・アミケ (coro)  Le Amiche

1965年活躍した4人編成のイタリア女声ポップス・コーラス・グループ。

・アンナマリア・ベロット・ロマネット(Annamaria Bellot Romanet

・ジュシー・フランチャ(Giusy Francia

・グラツィエッラ・マソーネ(Graziella Masone

・シルヴァーナ・マソーネ(Silvana Masone

 

                      Le Amiche

 

ローマにある高等音楽学校のピアノ課程を卒業した4人の女性クァルテットです。1964年ローマのバラのフェスティヴァルに“Un giorno o l'altro”で参加し、その後65年サンレモ音楽祭にレモ・ジェルマーニ(Remo Germani)と共に“恋は君のもの(Prima o poi)”で唯一の出場、入賞しました。

 65年夏のディスク・フェスティヴァルに“Divertiamoci”で参加、バラのフェスティヴァルに“Basta con i ricordi”で参加しました。

歌謡映画「Viale della canzone」、「Questi pazzi, pazzi italiani」にも出演しましたが、約1年の活動をして解散しました。メンバーの内その後も音楽関係の仕事に携わった人もいたようです。

 

メンバーの一人シルヴァーナ・マソーネ(Silvana Masone)の名前が次のサントラ盤CDに見られました。

CD CLUB-7026 (2005GDM - EDEL DISTRIBUZIONE,Italy) Sandro Brugnolini / Modern Jazz Gang Gli Arcangeli (Colonna Sonora Originale)

 

                    CD CLUB-7026

 

.Thank You Annie シルヴァーナ・マソーネ(Silvana Masone[チェレスタ演奏]

14.Thank You Annie シルヴァーナ・マソーネ(Silvana Masone[ピアノ演奏]

 

映画は2006年シモーネ・スカフィーディ監督Simone Scafidi)のキリスト教に根差した現代劇のようです(難解そう!)。音楽はサンドロ・ブルニョリーニ(Sandro Brugnolini)、全体の演奏はモダン・ジャズ・ギャング(Modern Jazz Gang)、サントラ・マニアかジャズ・ファンの方が良くご存じかも知れません。

 

レ・アミケの国内盤

レコード番号なし (19653SEVEN SEAS - キング) 30cm LP 1965年サンレモ音楽祭 入賞歌手・入賞曲 試聴盤・非売品 面シリアルILBt- 6134

10.恋は君のもの (PRIMA O POI) 

 

レコード番号なしILBt- 613-4   HIT-1190HIT-1190 

 

HIT-1190 (1965321SEVEN SEAS - キング) 青春に恋しよう (AMICI MIEI)恋は君のもの (PRIMA O POI)  ニコラ・ディ・バリ (NICOLA DI BARI (vm))レモ・ジェルマ- (vm)とレ・アミケ (LE AMICHE (coro))

 

MH- 207 (19658SEVEN SEAS - キング) 30cm LP 一緒にカンツォ-ネを歌おう第6集 (LE PIU' BELLA CANZONI Vol.6)
.恋は君のもの (PRIMA O POI) 

MH- 207MH- 207 


サンレモの歌手たち 101 コニー・フランシス1

コニー・フランシス (vf=a)

本名コンセッタ・マリア・フランコネロ(Concetta Maria Franconero)1938年12月12日米ニュー・ジャージー州ニューアーク生。イタリア系アメリカ人歌手。

本名については諸説ありますが、「コニー・フランシス・ザ・オフィシャル・ウェブ・サイト」http://www.conniefrancis.com/)の表記を採用しました。

 

                     31453-9556・2 

 

父はジョージ・・フランコネロ・シニア(George Franconero, Sr.)で貧困層の屋根葺き職人、母イータ(Ida)の第1子としてニュー・アク近くの下町に生まれました。間もなくイタリア系ユダヤ人居住地区に引越しし、そこで育ちました。父はコニーの才能に気付き3才からアコーディオンを習わしました。

4才の時父に励まさニュージャージー州アービントンオリンピック遊園地でアコーディオンを弾きながら“錨を上げて(Anchors Aweigh)とイタリア語で“オ・ソレ・ミオ(O Solo Mio)”を歌いました。これが人前で初めて歌った経験でした。10才の時、テッド・マックのラジオ番組「素人演芸ショウ」がユーアークのモスク劇場であり、楽器を演奏しながら“セント・ルイス・ブルース(St. Louis Blues)”を歌いました。

彼女はその内に二面性を表します。毎週TVに出演しながら、ニューアーク芸術高等学校(後にベルヴィル高等学校)の学校新聞副編集長であり、全米優等生協会の会員の優等生で、将来医者になる夢を抱いていました。14才のヒット曲歌手の道でなく、有名歌手のデモ用音源歌手としてレコーディングをしていました。。

アーサー・ゴッドフリーの新人発掘番組で優勝した時、彼からイタリア姓は読み辛いと言われ、フランコネロをフランシスに変え、芸名をコニー・フランシスとすることにしました。1950年代アマチュアのショーがTVで大流行し、才能のある若いコニーはNBCネットワークの児童バラエティー ショー「スタータイム(Startime)」すぐに毎週の出演が決まりました。そこで30年来マネージャーとして付き合うチェック(Scheck)と巡り会いました。

コニーが17才で「スタータイム」の出演も終わり、新たな展開としてマネージャーと音楽出版社のルー・レヴィー(Lou Levy)は彼女のために6000ドルを工面し、レコーディング・セッション雇い4曲録音しました。なんとかMGMの社長ハリー・メイヤーソンの目にとまり、2年間20面の録音という破格の条件で、契約することが出来ました。その後彼女はMGMに15年在籍することになります。

MGMと契約し9枚(18面)のシングル盤を出しますが、全くヒットしませんでした。残るはもう1枚分しかチャンスは残されていませんでした。MGM側は既にコニーの名前の削除の準備をはじめていました。父は23年に作られた古い曲を歌うように主張しますが、会社側は反対しました。57年10月、コニーに残されたスタジオ録音のテープは16分しかありませんでした。もう選択の余地が無く、ブッツケで取ったのが“フーズ・ソリー・ナウ(Whos Sorry Now)”でした。58年5、6月の6週間ナンバー・ワンになる大ヒットとなり、100万枚以上の売上げを記録します。

アメリカを代表するミリオンヒット女性歌手の幕開きです。また各国の言葉で歌ったレコードをだし、それぞれの国のヴァージョンでもローカルヒットを出す世界的歌手となっていきます。コニー・フランシスの場合は、イタリア系であることを前面に出し、イタリアの曲を中心としたアルバムを作ったのが大きな特徴でもありました。

 

コニー・フランシスの国内盤(イタリア関係アナログ盤)

LL- 2069 (19605MGM - 日本コロムビア) ママ (MAMA -マンマ (MAMMA))/チャオ・チャオ・バンビ-ナ (CIAO CIAO BAMBINA - PIOVE )

 

LL- 2069LL- 2069  LL- 2082LL- 2082 

 

LL- 2082 (1960年?月 MGM - 日本コロムビア) 恋にはヨワイ (EVERYBODY'S SOMEBODY'S FOOL)/あなたがにくい (JEALOUS OF YOU - 嫉妬のタンゴ (TANGO DELLA GELOSIA))

 

YS-5008 (1961510MGM - 日本コロムビア) Stereo 30cm LPコニー・フランシス・イタリアン・ソング (CONNIE FRANCIS SINGS ITALIAN FAVORITES)

SL-5043 (1961910MGM - 日本コロムビア) Mono 30cm LPコニー・フランシス・イタリアン・ソング (CONNIE FRANCIS SINGS ITALIAN FAVORITES)

.素晴らしき季節
(HOW LOVELY IS THE SUMMER - COMM'E BELLA A STAGIONE)
.君を求めて [伊、英] (ANEMA E CORE [I,E] -アネマ・エ・コ-レ
)
.さらばローマ [伊、英]
(ARRIVEDERCI ROMA [I,E])
.君ひとり
(SOLO TU - YOU ALONE)*
.ヴォラーレ
(VOLARE - NEL BLU DIPINTO DI BLU)
.忘れないで ( (I LOVED YOU)
DON'T FORGET - NON DIMENTICAR)
.日暮れ時 (TOWARD THE END OF THE DAY)*
.チャオ・チャオ・バンビーナ (CIAO CIAO BAMBINA -
PIOVE )
.ママ (MAMA -マンマ (MAMMA))
10.
気ままな人 (DO YOU LOVE THE WAY YOU KISS ME – ふぬけ男
(SCAPRICCIATIELLO))
11.
心はひとつ (I HAVE BUT ONE HEART – 舟人の歌
('O MARENARIELLO)
12.
オー・ソレ・ミオ
(THERE'S NO TOMORROW - 'O SOLE MIO)
13.
サンタ・ルチア
(SANTA LUCIA)
14.
帰れソレントへ (COME BAKC TO SORRENTO  - TORNA A SURRIENTO)

 

YS-5008YS-5008  ZL-5049ZL-5049 

 

ZL-5049 (19618MGM - 日本コロムビア) 25cm LPライオン・ホーム・ソングス (LION HOME SONGS)
.ママ (MAMA - マンマ
(MAMMA))
.帰れソレントへ (COME BAKC TO SORRENTO  - TORNA A SURRIENTO)

 

YS-5019 (1961910MGM - 日本コロムビア) Stereo 30cm LPコニー・フランシス・イタリアン・ソング・アンコール (CONNIE FRANCIS MORE ITALIAN FAVORITES)
.リトル・ボーイ (LITTLE BOY (ガリオーネ
- GUAGLIONE))
.母のない子 [伊、英]
(SENZA MAMMA E NNAUMARATA [I,E])
.彼が好き [伊、英] (JUST SAY I LOVE HIM [I,E] - 君に告げて
(DICITENCELLO VUIE))
.
4フニクリ・フニクラ
(FUNICULI FUNICULA)
.旅情 [英]
(SUMMERTIME IN VENICE [E])
.ローマン・ギター (ROMAN GUITAR – ローマのギター
(CHITARRA ROMANA))
.トレロ [伊、英]
(TORERO [I,E])
.素晴らしき夜 [伊、英]
(NIGHTS OF SPLENDOR [I,E])*
.愛の言葉を [英、伊]
(TELL ME YOU'RE MINE [E,I])
10.
ザッツ・アモーレ [伊]
(THAT'S AMORE)*
11.
リターン・トゥ・ミー [伊、英]
(RETURN TO ME [I,E] - RITORNA A ME [I,E])
12.
美わしの宵 (THE LOVELIEST NIGHT OF THE YEAR -波濤を越えて (SOBRE LAS OLAS [E] +))*

 

      YS-5019YS-5019  SL-5039SL-5039

 

SL-5039 (1961910MGM - 日本コロムビア) Mono 30cm LPコニー・フランシス・イタリアン・ソング (CONNIE FRANCIS SINGS ITALIAN FAVORITES)

LL- 2131 (19621MGM - 日本コロムビア) アンナ (ANNA)/日曜はダメよ (NEVER ON SUNDAY)

 

LL- 2131LL- 2131  LSS-5008LSS-5008 

 

LSS-5008 (19622MGM - 日本コロムビア) Mono 17cm CPコニー・フランシス・イタリアン・ソング・ハイライト (CONNIE FRANCIS SINGS ITALIAN FAVORITES)
.ママ (MAMA - マンマ
(MAMMA))
.オー・ソレ・ミオ
(THERE'S NO TOMORROW - 'O SOLE MIO)
.サンタ・ルチア
(SANTA LUCIA)
.帰れソレントへ (COME BAKC TO SORRENTO  - TORNA A SURRIENTO)

 トラックリストの*は外国曲

 

1967年サンレモ音楽祭のあとに、コニー・フランシス1が続きます


サンレモの歌手たち 100 フレッド・ボングスト1、 ジョニー・ティロットソン

フレッド・ボングスト (vm) Fred Bongusto

本名アルフレード・アントニオ・カルロ・ブォングスト(ALFREDO ANTONIO CARLO BUONGUSTO)、1935年4月6日ナポリの東北東の山中にある小都市カンポバッソ(CAMPOBASSO)生。自作自演歌手、映画音楽作曲家。

私の過去ブログ 「三つの顔を持つ男、フレッド・ボングスト(FRED BONGUSTO)」1~4

http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/5087742.html 

http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/5113697.html

http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/5153516.html 

http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/5153687.html も合わせご覧ください。

 

                  RDZ・ST-14212 

 

1960年頃から地元バンドの4ロリス(I 4 LORIS)のヴォーカルとして歌いはじめ、プリマリー(リフィ・レコードのレーベル)担当のジャンバッティスタ・アンソルディに見出され、フレッド・ボングスト&4ロリスとしてシングル・デビューしました。

翌1962年2枚目のシングル盤からソロとなり、今でも彼の代表作となる大ヒットがでました。ただ当時はB面でしたが。

 

CRA-918201962PRIMARY – RI FI, Italy“BELLA BELLISSIMADOCE DOCE(ドーチェ・ドーチェ)

                   CRA-91820

 

その後、1964年までプリマリー(リフィ)に在籍しフリーダ(FRIDAアモール・フェルマーティ(恋人よここに)(AMORE FERMATI海の上のテラス(UNA ROTONDA SUL MAREなど日本でも良く知られた曲のヒットを出しました。

1965年のサンレモ音楽祭を機にフォニット・チェトラのフォニット(FONIT)・レーベルに移籍します。外人パートナーはその後エルトン・ジョンに見出され大歌手になったイギリスのキキ・ディー(KIKI DEE)、と歌い、見事入賞しました。65年は質が高く参加曲も名曲揃いでした。この年の初参加で注目されていたのは、このボングストとオルネラ・ヴァノーニ、新人のウィルマ・ゴイクでした。

 

FON- 1039 (196411FONTANA - 日本ビクター) わが恋のたそがれ (MY LOVE IS DEAD)/アモ-ル・フェルマーティ (AMOR FERMATI)

 

FON- 1039FON- 1039 FS- 34FS- 34 

 

FS- 34 (19654FONIT – テイチク) 明日を待とう (ASPETTA DOMANI)/バラのほゝえみ (NON TI HO DATO MAI LE ROSE)

 

FON- 1042 (19654FONTANA - 日本ビクター) あゝ結婚 (O CIELO CE MANNA STI'CCOSE)/私にすべてを告げて (TUTTI MI DI CONO)

 

FON- 1042FON- 1042  HIT-1362HIT-1362

 

HIT-1362 (1966720SEVEN SEAS – キング) 荒野の1ドル銀貨 (A MAN... A STORY)/荒野の1ドル銀貨[英] (SE TU NON FOSSI BELLA COME SEI E) ジャンニ・フェリオ楽団 (GIANNI FERRIO (orch))/フレッド・ボングスト

 

PP- 106 (19661110SEVEN SEAS – キング) 17cm CP あなたの選んだスクリーン・ベスト4 第4集 (DJANGOONE SILVER DOLLAR)
.荒野の1ドル銀貨 [英] (A MAN... A STORY)

 

PP- 106PP- 106  SH- 269SH- 269 

 

SH- 269 (19661210SEVEN SEAS – キング) 30cm LPカンツォーネ専科第2集 (LE CANZONI D'ORA Vol.2)
.二つの瞳
(PRIMA C'ERI TU)
.君が君でなかったら
(SE TU NON FOSSI BELLA COME SEI)
14.
明日を待とう (ASPETTA DOMANI)

 

SET-57 (1967115SEVEN SEAS – キング) 30cm LP悲しみは星影と共に/スクリーン・ニュー・ヒッツ第2集 (SCREEN NEW HITS Vol.2)
.荒野の1ドル銀貨 [英] (A MAN... A STORY)

 

SET-57SET-57  SR-   9SR- 9 

 

SR-   9 (1967210SEVEN SEAS – キング) 30cm LP栄光のサウンドトラック・ゴールデン・アルバム (SOUND TRACK GOLDEN ALBUM)
11.
荒野の1ドル銀貨 [英] (A MAN... A STORY

  



1967年サンレモ音楽祭の後に、フレッド・ボングスト2が続きます

 

 

 

 

ジョニー・ティロットソン (vm=a) Johnny Tillotson

1939年4月20日米フロリダ州ジャクソンビル(Jacksonville)生、アメリカの自作自演歌手。

 

                  Johnny Tillotson 00

 

父ジャック・ティロットソン、母ドリスの息子として生まれました。父はカントリー・ミュージックのディスク・ジョッキーでジャクソンビルで小さな給油所を経営していました。9才の時小さな町パラトカ(Palatka)引越しし、父はラジオ局を始めジョニーが最初の歌手として出演しました。

55年5月14才の時ジャクソンビルでエルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)のショウを見て、自分も歌手になりたいと思います。地元の高校に通いながら、父のラジオ局の仕事をして限りは地方TV局の番組に制限されていました。

57年フロリダの大学に通い、ローカルTVで自分の番組のディスク・ジョッキーを続けていました。フロリダで有名なディスク・ジョッキーのボブ・ノリス(Bob Norris)がナッシュヴィルの新人コンテストにジョニーが歌っているテープを送りました。彼はWSMグランド・オー・プリー(* WSM the Grand Ole Opry)の最終6人に残りました(* WSMは全米ネットCBS系列ナッシュヴィルのラジオ局)。

彼はアンディー・ウィリアムスやライチャス・ブラザーズが所属するニューヨークのケイデンス(Cadence)・レコードのオーナー、アーチー・ブレイヤー(Archie Bleyer)の目にとまり、ケイデンスと3年間のレコード歌手契約を結びました。58年デビューシングル“Dreamy Eyes(ドリーミー・アイズ)”/“Well I'm Your Man”はA面がビルボード・ホット100の63位、B面が87位という順調なスタートでした。

59年“True True Happiness”に続いて60年“Why Do I Love You So”、両面R&Bヒットのカヴァー曲“Earth Angel(アース・エンジェル)”/“Pledging My Love(プレッジング・マイ・ラヴ)”と出しヒットはするのですがビッグ・ヒットになりませんでした。

 61年9月、6枚目のシングルはポップ・ロックの曲“Poetry in Motion(ポエトリー)”が全英シングル・チャートでナンバー・ワンに、ビルボード・ホット100で2位の大ヒットになり、TV出演で忙しくなり、ティーンのアイドル雑誌を飾るようになりました。その後66年まで大スターとしてヒット・チャートで活躍しました。

 しかし彼の経歴には順調な面ばかりでありませんでした。所属のケイデンスが64年経営難で閉鎖してしまいます。ジョニーはMGMに移籍し、心機一転65年初めてで唯一度のサンレモ音楽祭に出場しました。これはチャンセラーのフランキー・アヴァロンも同じ理由でした。

 その後、大人の歌手として活動を続けていましたが、1991年5月22才の娘のケリーが交通事故で死亡しました。これ以降息子と不和になり家庭が崩壊してしまいます。これを契機にジョニーは同僚のフレディー・キャノン(Freddy Cannon)、ブライアン・ハイランド(Brian Hyland)達と「チルドレンズ・ミラクル・ネットワーク」という慈善活動を進めていきました。

 

ジョニー・ティロットソンの国内盤(イタリア関係)

DM-1037 (19657) 変わらぬ運命 (NON A CASO IL DESTINO)/浜辺のくちずけ (L'AMORE NON DIMENTICA)

 

              DM-1037DM-1037 


サンレモの歌手たち 99 ドン・ミコ、 ジョー・ダミアノ、 ベルント・シュピール

ドン・ミコ (vm) Don Miko

本名ピエール・ミケーレ・ボッゼッティ(Pier Michele Bozzetti)1945年6月22日ジェノヴァの北50kmの都市アレッサンドリア生まれ、自作自演歌手。ミコ、ドン・ミコまたはミコ・ミッションの芸名を使っている。

 

                  Don Miko        

 

 故郷アレッサンドリアで7才の時から歌い始めました。14 才で最初のバンド「パッソ・ペル・ラ・ムジカ(I Passi per la Musica)」を結成、後に「オスカーズ(Oscars)」になります。オスカーズにいたフルート、サックスのオズヴァルド・ピッツォーリ(Osvaldo Pizzoli)は70年代になりバンド「パンダ(I Panda)」に参加しました。

 彼らはヴェネチアのリド島で開催されたサンレモへの脚光など幾つかの新人コンテストに参加し、64年アリストン(ARISTON)と契約が出来ました。その夏に芸名ドン・ミコとして“Gente... che ragazza!Non hai più niente per me”でレコード・デビューします。

65年ティミ・ユーロー(Timi Yuro)をパートナーに初のサンレモ音楽祭出場(芸名ドン・ミコとしては一度だけ)しますが、入賞できませんでした。曲の良さをミーナ(Mina)に認められ68年のカンツォニッシマでは彼女が熱唱し、後年オリエッタ・ベルティ(Orietta Bertiなどもカヴァーしています。ドン・ミコもこの曲でTV番組に出演出来ました。

66年リッキー・ジャンコが訳詞を書いたビートルズのミシェル“Michelle”のイタリア語バージョンを出した後、ヴェデッテ(Vedette)に移籍します。2枚のシングル盤を出し、71年コンボ(Combo)からシングル盤1枚、73年本名ピエール・ボッゼッティ(Pier Bozzetti)でフィリップスからシングル盤1枚を出した後活動休止状態になります。

76年、芸名ミコで復活してサンレモ音楽祭に“火遊び(SIGNORA TU)”で、リアル・ミュージック(REAL MUSIC)から出場し、16位ながら入賞を果たしました。リアルでは78年までシングル盤を出していましたが、また活動状況がつかめなくなってしまいました。

81年サンレモ音楽祭にライターとして本名ボッゼッティで“ブルー (Blue (tutto è blu))”を出品し入賞しています。80年代、ダンス・ミュージック・シンガーのミコ・ミッション(Miko Mission)として三度目の復活をします。84年から87年までブロー・アップ・ディスコ(Blow Up Disco)でレコードを出しています。You-Tubeで探して見てもらいたいのですが、可なり強烈な白塗りの顔で、パフォーマンスをしています。

 

ドン・ミコ(ミコ・ミッション)の国内盤はありません

 

 

 

 

ジョー・ダミアノ (vm=a) Joe Damiano

本名ジュゼッペ・デ・アンジェリス(Giuseppe De Angelis)1934年7月29日米フィラデルフィア生、1950年代、60年代のアメリカのシンガーソング・ライター。

 

                    Joe Damiano

 

 両親はイタリア最南部プーリア州出身の移民で、その子として生まれました。兄はフィラフェルフィアのレコード会社チャンセラー(CHANCELLOR)の設立メンバーで、オーナーで作詞者、プロデューサーのボブ(ロバート)・マルッチ(Robert Marcucci)の友人、協力者、作曲家であるピーター・デ・エンジェリス(Peter de Angelis)です。

 アメリカン・スタイルの歌もイタリア風な歌い方も出来た歌手で、ヨーロッパで人気があったようです。

1957年ジョセフ・ダミアノ(Joseph Damiano)として“My Peruvian Love SongYou're My Rose

でチャンセラーからレコード・デビューしました。彼のアメリカで一番ヒットしたのは59年8月のI Cried、イタリアでは59年にナンバー・ワン・ヒット、年間第3位になった“Forever”でした。

 チャンセラー・レコードは多分64年頃活動停止し、ABCパラマウントに吸収されたと思われ、ジョー・ダミアノのサンレモ出場曲“愛ははじまる(Cominciamo ad amarci)”もチャンセラーでなくイタリアの契約会社ブルーベルからリリースされました。

 

ジョー・ダミアノの国内盤はありません、がご参考で兄ピーター・デ・アンジェリスの国内盤です

SH- 275 (1967210ABC PARAMOUNT - キング) 30cm LP 夢を呼ぶロマンチック・ギター (LOVE IS A GUITAR)

トワイライト・タイム (TWILIGHT TIME)/コンチネンタル・ホリデイ (CONTINENTAL HOLIDAY)//スパニッシュ・ギタ- (SPANISH GUITARS)/白い砂浜 (LA PLAGE)/モストレ-メ (MOSTREME)/ほほえみの影(いそしぎ) (THE SHADOW OF YOUR SMILE)/しあわせなマンドリン (HAPPY MANDOLIN)/セレナ-ド (SERENADE)/イ-スト・リヴァ-・ドライヴ (EAST RIVER DRIVE)/愛のあかし (ASI TE QUIERO)

 

                         SH- 275SH- 275   

 

 

 

★ベルント・シュピール (vm=d)  Bernd Spier

1944年4月6日 ドイツ北部のルードヴィヒスルスト(Ludwigslust)生、ドイツの歌手、レコード・プロデューサー。引退後、不動産ブローカーとなった。

 

                         Bernd Spier

 

永年フランクフルトのヘッセン放送交響楽団の指揮者だったロビー・シュピール(Robby Spier)の息子です。ディーブルク(Dieburg) のゲーテ学校(Goetheschule)卒業し、父の仕事場に出入りするようになり、有名な朝のラジオ番組「フランクフルト目覚まし時計(Frankfurter Wecker)」の俳優で歌手の才人ピーター・フランケンフェルド(Peter Frankenfeld)や俳優で司会者のハンス=ヨアヒム・クレンカンフェ(Hans-Joachim Kulenkampff)と知合う事が出来ました。

1963年12月ドイツの有名プロデューサーのハンス・ベルトラム(Hans Bertram)がプロデュースした“Das kannst du mir nicht verbieten”が大ヒットしました。この曲はイギリスの黒人歌手ケニー・リンチ(Kenny Lynch)の“You Can Never Stop Me Loving You”のカヴァーでした。

65年サンレモ音楽祭でミルバ(Milva)のパートナーとして“黒い想い出 (Vieni con noi)”を歌い入賞しました。個人的には彼の個性に合った曲ではない感じがしています。それ以降、低迷をしますが69年イギリスのクリス・アンドリュース(Chris Andrews)の“かわいいベリンダ(PRETTY BELINDA)”のカヴァーで復活しましたが、ロック・バンド時代が到来することを察しマネージャーやレコード・プロデューサーに転向しました。その後芸能界を引退し、不動産ブローカーとして普通の生活に戻ったという事です。

 

ベルント・シュピールの国内盤はありません


サンレモの歌手たち 98 ペピーノ・ガリアルディ、 ダスティー・スプリングフィールド

私の過去ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/4256050.htmlhttp://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/4278672.html も合わせてご覧ください。


ペピーノ・ガリアルディ (vm) Peppino Gagliardi

本名ジュゼッペ・ガリアルディ(GIUSEPPE GAG;LIARDI)、1940年5月25日ナポリ生、自作自演歌手。

 

                    Peppino Gagliardi              

 

コンサート・ピアニストを目指しピアノに転向する前、彼の地元で天才子供アコーディオン演奏者と言われていました。その後イ・ガリアルディ(I Gagliardi)というバンドを作りナポリ周辺で演奏活動をしていました。ナポリのでコード会社ゼウス(ZEUS)は今も続いていますが、1962年に出来たばかりの会社で、ガリアルディが第1号歌手として契約しレコード歌手デビューをしました。

翌63年T'AMO E T'AMERO'愛し、愛されがヒットし、一躍注目を浴びます。すでにスターになっていたリトル・トニー(LITTLE TONYと共作になりました。年間ヒット・ランクでメジャーのドゥリウム(DURIUM)に居たリトル・トニーは34位、出来たばかりのナポリのマイナー・レーベルで宣伝力も無いガリアルディが年間62位のヒットとなったことは、大成功だったのがお分かりになると思います。この年の後半にメジャーのサール(SAAR)に移籍しました。

移籍前後に出したAscolta mio Dio”は年間59位、64年の“Questa sera non ho pianto”は年間88位のヒットとなり、ナポリ系の実力新人歌手として認められ、65年初めてのサンレモ音楽祭に出場しました。

 

ペピーノ・ガリアルディの国内盤

MH- 207 (19658SEVEN SEAS -キング) 30cm LP 一緒にカンツォーネを歌おう第6集 (LE PIU' BELLA CANZONI Vol.6)
13.
君を信じて (TI CREDO)

 

MH- 207MH- 207  HIT-1285HIT-1285 

 

HIT-1285 (19658SEVEN SEAS -キング) 愛してるんだ君だけを (INNAMORARMI DI TE)/君は太陽 (GRAZE, CALDO SOLE)

 

1966年サンレモ音楽祭のあとにペピーノ・ガリアルディ2が続きます

 

 

 

 

ダスティー・スプリングフィールド (vf=e) Dusty Springfield

本名メアリー・イザベル・キャサリン・バーナデット・オブライエン (Mary Isabel Catherine Bernadette O'Brien) 1939年4月16日ロンドン生、1999年3月2日ロンドン近郊のヘンリー・オン・テムズ没。イギリスのポップス歌手、白人ソウル・シンガー。

 

                    528-818・2a 

 

 音楽好きの家庭に育ち、子供の頃はサッカーをして何時も土埃に塗れるお転婆だったのでダスティーと言う仇名がつき、それを芸名としています。

 1950年代になりロンドンに引越し、57年兄のトムと地元のフォーク・クラブで歌っていましたが、58年ラナ・シスターズ(The Lana Sisters)のメンバー募集の新聞広告を見て応募し、採用されました。芸名をシャン(Shan)としてラナ・シスターズの一員となります。英国や欧州の米軍基地巡りをしながら、ハーモニーの技術、マイクやレコーディング・テクニック、TVやライヴ・ショウの演出を習得しました。

 60年ラナ・シスターズを脱退し、兄のトム達とスプリングフィールズ(The Springfields)を結成し、英国フィリップスと契約しました。全英5位になるヒット、カントリー系の“銀の糸金の針(Silver Threads and Golden Needles)”のカヴァーは全米20位になるなど活躍し、本格的なフォーク・アルバム製作のために聖地テネシーのナッシュヴィルを訪れました。

 

FL- 1079 (19636PHILIPS - 日本ビクター) 慕情のなぎさ (ISELAND OF DREAMS)/ジョンソン・ボーイス (THE JONSON BOYS) スプリングフィールズ (compl=e)

 

FL- 1079FL- 1079  FL- 1121FL- 1121 

 

FL- 1121 (19645PHILIPS - 日本ビクター) 二人だけのデート (I ONLY WANT TO BE WITH YOU)/ヘイ・ラバー (YOU HEY LOVER) ダスティー・スプリングフィールド/スーザン・モーン (SUSAN  MAUGHAN (vf=e))

 

 ダスティーはそこでリズム&ブルースに出会い、ソロ・シンガーになることを決意します。63年10月最後のコンサートを終え、独立しました。ソロ・デビュー曲“二人だけのデ-ト(I Only Want to Be with You)”は11月に発売され全英4位、全米12位の大ヒットとなり順調なスタートを切りましいた。この曲は76年ベイ・シティ・ローラーズ(Bay City Rollers)がリバイバル・ヒットさせ日本でも良く知られています。彼女はしだいにイギリスを代表する女性ヴォーカリストになっていきます。

 

 65年唯一度のサンレモ音楽祭に出場し2曲歌いましたが、入賞できませんでした。しかし彼女にとって運命の曲と巡り会います。ピノ・ドナッジォ(Pino Donaggio)の“この胸のときめきを(IO CHE NON VIVO (SENZA TE))”でした。この曲にヴィッキー・ウィッカム(Vicki Wickham)とマネージャーのサイモン・ネイピア=ベルが英語の詩を付け“You Don't Have to Say You Love Me”として発売、全英チャートでナンバー・ワン・ヒット、米ビルボード・トップ10の66月7月16日にランク・イン9週目で最高位第4位にもなりました。

 68年ジェームズ・ボンドの大パロディー映画「007/カジノ・ロワイヤル (CASINO ROYALE)」のバート・バカラック(Burt Bacharach)が作った名主題曲“恋の面影(LOOK OF LOVE)”を歌い好評をえました。ただアメリカで「洗礼を受けた」リズム&ブルースの傾向が濃くなると共に、一般的人気もしだいに落ち始めます。70年代に入ると私生活のゴシップに悩まされ、アルコールや薬物の依存症となり、フィリップス、アトランティックとの契約も切れ次々とレコード会社を変えてゆき、一時は引退状態になってしまいます。

 

ダスティー・スプリングフィールドの国内盤(イタリア関係シングル盤)

 

SFL- 1064 (196681PHILIPS - 日本ビクター) この胸のときめきを[英] (YOU DONT HAVE TO SAY YOU LOVE ME)/リトル・バイ・リトル (LITTLE BY LITTLE)

 

SFL- 1064SFL- 1064   SFL- 1105SFL- 1105 

 

SFL- 1105 (196771PHILIPS - 日本ビクター) あなたを愛するとき[英] (GIVE ME TIME - L'AMORE SE NE VA [E])恋の面影 (LOOK OF LOVE)

 

FD- 1003 (19709PHILIPS - 日本フォノグラム) この胸のときめきを[英] (YOU DONT HAVE TO SAY YOU LOVE ME)/行かないで [英] (IF YOU GO AWAY - NE ME QUITTE PAS [E])

 

FD- 1003FD- 1003  FD- 2003FD- 2003 

 

FD- 2003 (1975225PHILIPS - 日本フォノグラム) この胸のときめきを[英] (YOU DONT HAVE TO SAY YOU LOVE ME)/帰り来ぬ青春[英] (YESTERDAY WHEN I WAS YOUNG - HIER ENCORE [E])

 

6PP-1017 (198025PHILIPS - 日本フォノグラム) この胸のときめきを[英] (YOU DONT HAVE TO SAY YOU LOVE ME)/行かないで [英] (IF YOU GO AWAY - NE ME QUITTE PAS [E])

 

6PP-10176PP-1017 


サンレモの歌手たち 97 ティミ・ユーロー

現在のカタカナ表記はティミ・ユーロですが、アナログ国内盤が出ていた当時のティミ・ユーローを使用します。悪しからず!

 

ティミ・ユーローTIMI YURO (vf=a)

本名ローズマリー・ティモシー・ユーロ (Rosemary Timothy Yuro)1940年8月4日シカゴ生、2004 年3月30日ラス・ヴェガス没。イタリア系白人ソウル・シンガー。

私の過去ブログ「ペピーノ・ガリアルディ から ティミー・ユーロー へ」http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/4278672.htmlも合わせてごらんください。

 
                            
MG-20963MG-20963 

 

両親はナポリの北70km、山中の寒村ロッケッタ・ア・ヴォルトゥルノ(Rocchetta a Volturno)出身の移民で、彼女のイタリア名は諸説あるがマリア・ティモテア・ウルソ(Maria Timotea Urso)とします。1952年家族はロス・アンジェルスに引越ししレストランを始めました。両親の反対にも関わらず地元のナイト・クラブで歌い始め、ある夜に親のレストランで歌っているところソニー・ナイト(Sonny Knight)にスカウトされました。

59年リバティーと契約し、レコード歌手となります。黒人と聞き間違えるような、ソウルフルな声と歌い方ですが、涙を誘うような哀愁を帯びたカントリー・バラードも得意としていました。リバティーとしてはポップ歌手として売ろうとしますが、自分の声質を心得ている彼女は黒人系の曲を希望し主張を曲げず、一旦は契約を破棄てしまいます。後年ファウスト・レアーリ(Fausuto Leali)が“涙の想い出(A chi)”としてイタリアのナンバー・ワンした“ハート(Hurt)をアカペラで録音し、リバティーに持って行って認められ、再契約しレコード歌手として活動を始めます。この“涙の想い出(ハート - Hurt)”は61年9月11日ランク・イン8週目で最高位4位で、彼女の代表作になり無名時代の終わりを告げる曲ともなりました。

62年“涙が頬をぬらす時(WHAT'S A MATTER BABY)”、同年バート・バカラックの“ラヴ・オブ・ア・ボーイ(THE LOVE OF A BOY)”、63年“心の痛手(INSULT TO INJURY)”、“涙も涸れて(MAKE THE WORLD GO AWAY)”のヒットを出します。どちらかと言うと『彼女の歌は泣かせるね』といった通好みの曲が多かったと思います。

64年リバティーからマーキューリーに移籍します。65年両親の祖国イタリアのサンレモ音楽祭に初めて出場します。2曲歌いましたが何れも入賞できませんでしたが、彼女の歌唱力は「栄光ある敗退」と言われ、イタリアでも認められ68年ピノ・ドナッジォの曲“いつものこと(Le solite cose)”でサンレモ音楽祭に再挑戦しますが、入賞できませんでした。マーキューの移籍は1契約期間だけで古巣リバディーに復帰しました。マーキュリーの移籍でヒット曲的には実績を残せませんでしたが、クィンシー・ジョーンズがプロデュースしたアルバムは、バランスの良い出来上がりでした(ジャケット画像を顔写真に使用分)。

 

MG-20963 (19649 MERCURY - MERCURY,USA) THE AMAZINGTIMI YURO

(I'M AFRAID) THE MASQUERADE IS OVER/ALL I NEED IS YOU (欲しいのは君なんだ)I LOVE MY MANI DIDN'T KNOW WHAT TIME IT WAS (時さえ忘れて)I GOT IT BAD (AND THAT AIN'T GOOD)IF(イフ)MAYBE YOU'LL BE THEREI CAN DREAM, CAN'T I (せめて夢で)JOHNNYTHERE MUST BE A WAYMY FOOLISH HEART (愚かなり我が心)I'M STILL AROUND

 

 68年リバティーに戻った彼女は珍しく映画音楽の仕事に関わり、ケビン・ビリングトン(Kevin Billington)監督の68年イギリス映画「しのび逢い(INTERLUDE)」でフランスのジョルジュ・ドレリュー(Georges Delerue)の曲を歌いました。69年“あなたを信じて(IT'LL NEVER BE OVER FOR ME)”を最後、結婚を機に引退をしてします。

 79年咽頭癌が見つかります。81年オランダのTVにゲスト出演し復活の“涙の想い出(ハート)”を歌い、ドイツでリバイバル・ヒットし、チャート5位になります。アルバム“ALL ALONE AM I(ひとりさびしく)”を発売、公式ティミ・ユーロ協会が設立されました。84年に引退、85年癌が再発、気管切開手術を受けます。2004年ラス・ヴェガスの自宅で亡くなりました。

 

ティミ・ユーローの国内盤

LIB- 32 (19632LIBERTY - 東芝音楽工業) 涙が頬をぬらす時 (WHAT'S A MATTER BABY)/スターダスト (STARDUST)

 

LIB- 32LIB- 32 LIB- 33LIB- 33

 

LIB- 33 (19634LIBERTY - 東芝音楽工業) 愛されるだけでいい (ONLY LOVE ME)/ザッツ・ライト・ウォーク・オン・バイ (STARDUST)

 

LIB- 39 (19637LIBERTY - 東芝音楽工業) 涙にくれて (IF NEVER GET TO LOVE YOU)/彼に告げてよ (JUST SAY I LOVE HIM)

 

LIB- 39LIB- 39  LIB- 40LIB- 40

 

LIB- 40 (19638LIBERTY - 東芝音楽工業) 涙にむせて (I APOLOGISE)/心の痛手 (INSULT TO INJURY)

 

LIB- 41 (19639LIBERTY - 東芝音楽工業) 涙の想い出 (HURT)/ラヴ・オブ・ア・ボーイ (THE LOVE OF A BOY)

 

LIB- 41 LIB- 41  LOB-12LOB-12

 

LOB-12 (196310LIBERTY - 東芝音楽工業) 25cm LP リバティー・トップ10 第3集 (LIBERTY TOP 10 Vol.3)
10.
彼に告げてよ (JUST SAY I LOVE HIM)

 

LP- 7033 (19642LIBERTY - 東芝音楽工業) 30cm LPザ・ベスト・オブ・ティミ・ユーロー (THE BEST OF TIMI YURO)

 

LP- 7033 LP- 7033 LP- 8136LP- 8136

 

LP- 8136 (196755LIBERTY - 東芝音楽工業) 30cm LPザ・ベスト・オブ・ティミ・ユーロー (THE BEST OF TIMI YURO)

 

M- 1098 (19655MERCURY - 日本ビクター) そして秋が (E POI VERRA L'AUTUNNO)あなたを信じて (TI CREDO)

 

M- 1098M- 1098 LR- 1809LR- 1809  

 

LR- 1809 (1967115LIBERTY - 東芝音楽工業) 涙が頬をぬらす時 (WHAT'S A MATTER BABY)/涙も涸れて (MAKE THE WORLD GO AWAY)

 

LP- 8221 (1967115LIBERTY - 東芝音楽工業) 30cm LPソウルフル!ティミ・ユーロー (SOUL ! TIMI YORO)

 

LP- 8221LP- 8221  LR- 1964LR- 1964

 

LR- 1964 (196881LIBERTY - 東芝音楽工業) 涙の世界 (SOMETHING BAD ON MY MIND)/悪いのは私 (WRONG)

 

LR- 2138 (19681110LIBERTY - 東芝音楽工業) しのび逢い (INTERLUDE)/恋におぼれて (I MUST HAVE BEEN OUT OF MY MIND)

 

LR- 2138LR- 2138 LP- 8580LP- 8580 


LP- 8580 (1969
210LIBERTY - 東芝音楽工業) 30cm LPしのび逢い/ティミ・ユーロー愛を歌う (INTERLUDETIMI YURO)

 

LP- 9405B (1970125LIBERTY - 東芝音楽工業) 30cm 2LP女性ヴォーカルのすべて (ALL ABOUT FEMALE VOCAL)
1-
.彼に告げてよ (JUST SAY I LOVE HIM)
1-
.間奏曲のテ-マ (しのび逢い) (INTERLUDE)
1-
.スマイル (SMILE)
1-
.涙が頬をぬらす時 (WHAT'S A MATTER BABY)
1-
.スタ-ダスト (STARDUST)
1-
.涙も涸れて (MAKE THE WORLD GO AWAY)

LP- 9405BLP- 9405Ba LP- 9553LP- 9553 

LP- 9553 (1971425LIBERTY - 東芝音楽工業) 30cm LPティミ・ユーローのすべて (THE BEST OF TIMI YURO)

 

LR- 2750 (1971LIBERTY - 東芝音楽工業) ラヴ・オブ・ア・ボーイ (THE LOVE OF A BOY)/涙にくれて (IF I NEVER GET TO LOVE YOU)

 

LR- 2750LR- 2750  K22P-  140K22P- 140 

K22P-  140 (19816LIBERTY キング) 30cm LP60'Sポップ・ヴォ-カル・ヒット・コレクション ('60's POP VOCAL HITS COLLECTION)
13.
ハート (HURT)

 

※アルバムの曲目リストは省略

http://www.timi-yuro.com/about-timi/discography 公式HP

 
 

インテルメッツォ~ミュージカル「ルガンティーノ(Rugantino)」 2

 「ルガンティーノ」の初演オリジナル・キャスト盤は1963年に発売されました。前回書きましたローマ・システィーナ劇場で初演したオリジナル・キャスト・メンバーで出ました。焦点のロゼッタ役はレア・マッサーリ(Lea Massari)です。

 

CMS-30051 (1963 CAM - CAMPI) RUGANTINO 

             CMS-30051RUGANTINO CMS-30・051 (1963)
 

1-a .Introduzione (orchestra)

1-b.Tirollallero (Lando Fiorini)

1-c. La morra (coro)  <4:30>

2.Ballata di Rugantino (Nino Manfredi)  <2:00>

3.Omini, bisommini e cazzabbubboli (Lea Massari e Lando Fiorini)  <3:07>

4bello ave' 'na donna dentro casa (Aldo Fabrizi)  <2:15>

5.La berlina (Nino Manfredi e Lando Fiorini)  <4:55>

6.Roma nun fa' la stupida stasera (ローマよ、今夜はふざけないで) (Nino Manfredi, Lea Massari, Aldo Fabrizi, Bice Valori, Lando Fiorini)  <8:38>

7-a. Introduzione (orchestra)
7-b.Ciumachella de Trastevere (
恋するローマのおてんば娘) (Lando Fiorini)  <4:16>

8.'na botta e via (Lea Massari)  <3:18>

9.Sempre boja è (Bice Valori)  <2:53>

10.Saltarello (orchestra)  <4:44>

11.Tira a campa' (Aldo Fabrizi)  <1:51>

12.È l'omo mio (Lea Massari)  <3:00>

13. Stornelli e finale (Nino Manfredi, Lea Massari, Bice Valori)  <2:32>

 

アメリカのワーナーから出たオリジナル・キャスト盤は幾つかの資料を総合すると以下の通り、若干の違いはありますが、レア・マッサーリの部分がオルネラ・ヴァノーニに置換えられたと言えそうです。

  RUGANTINO (H-1582)

        

H/HS/WS-1528 (1964WARNR Bros. - WARNER Bros.,USA)  RUGANTINO

1-a .Introduzione (orchestra)

1-b.Tirollallero (Lando Fiorini)

1-c. La morra (coro)

2.Ballata di Rugantino (Nino Manfredi)

3. Anvedi si Che Paciocca (Olnella Vanoni e Lando Fiorini)

4bello ave' 'na donna dentro casa (Aldo Fabrizi)

5.Berlina (Nino Manfredi e Lando Fiorini)

6-a.Roma nun fa' la stupida stasera (ローマよ、今夜はふざけないで) (Nino Manfredi, Olnella Vanoni, Aldo Fabrizi, Bice Valori, Lando Fiorini)

6-b.Finale Primo Tempo

7-a. Introduzione (orchestra)
7-b.Ciumachella de Trastevere (
恋するローマのおてんば娘) (Lando Fiorini)

8.'na botta e via (Olnella Vanoni)

9.Sempre boja è (Bice Valori)

10.Saltarello (orchestra)

11.Tira a campa' (Aldo Fabrizi)

12.È l'omo mio (Olnella Vanoni)

13. Stornelli e finale (Nino Manfredi, Olnella Vanoni, Bice Valori)

http://yktc.150m.com/list%20WB.html ご参照

 

ここでもう一度、前回書いたブローウェイ版の配役を見て頂きたいのです。ランド・フィオリーニ(Lando Fiorini)が出演していませんがレコードに入っています。私は、アメリカのワーナー・レーベルで出た盤はブロードウェイ版でなく、初演オルネラ・ヴァノーニ盤がアメリカで出されたものと解釈しています。

 

WS-1528RUGANTINO WB-1528 (1964) CMS-30068RUGANTINO CMS-30・068 (1963) 

 

CMS-30068 (1963 CAM - CAMPI) RUGANTINO 曲目はWS-1528と同じ

 

初演は1962年12日15日からロゼッタ役はレア・マッサーリで始まっています。それではオルネラ・ヴァノーニが何時からロゼッタを演じたのでしょうか? この事を書いた資料は余りお目にかかりません。

が、唯一私が見付けたのは、テアトロ・アウディトリウ・マンゾーリTeatro  Auditoriu Manzoni.http://www.auditoriumanzoni.it/ornella-vanoni/のヴァノーニについて書かれたの中でした。「1963年10月12日ミラノでデビューし、その後イタリア全土で公演、64年ブロードウェイ公演も大成功をおさめた。(1963 Rugantino di Garinei, Giovannini e Trovaioli debutta a Milano il 12 ottobre e prosegue in tutta Italia e ottiene un enorme successo perfino a Broadway nel 1964.)」

 

なぜロゼッタ役がヴァノーニに代わったのでしょうか。以下は私の想像で確たる証拠はありません。

このミュージカルが企画された時のロゼッタの役柄はヴァノーニを想定していた。しかし60年6月ルチオ・アルデンツィと結婚、妊娠し62年息子クリスティアーノ(Cristiano)を出産。彼が何月生まれは分かりませんが、「ルガンティーノ」の舞台稽古は二カ月も前から入ったと何処かに書いてあり、物理的にヴァノーニは初演初日からロゼッタ役が出来ずレア・マッサーリになった、と思っています。そして実現可能となった翌63年ミラノ公演から演じ、64年ブロード・ウェイ公演をしたのではないでしょうか。

 

前回書いたように約15年後「ルガンティーノ」第2版が上演され、オリジナル・キャスト盤が発売されました。曲目は初演と同じと思いますが、ロゼッタ役は映画音楽の巨匠カルロ・ルスティケッリ(CARLO RUSTICHELLI)の娘、日本では“死ぬほど愛して(SINNO' ME MORO)”で知られているアリダ・ケッリ(ALIDA CHELLI)が演じました。

 

SAG-9092 (1978 CAM - CAMPI) RUGANTINO

 

SAG-9092RUGANTINO SAG-9092 (1978) CAM-4930582CAM-493058・2 

 

CAM-4930582 (1998 CAM - CAMPI) Rugantino (1998 Italian Revival Cast) CD

トラック・リストは以下をご参照http://www.discogs.com/Armando-Trovaioli-Rugantino-Original-Soundtracks/release/2707561

 

20年後、98年第3版が上演され、オリジナル・キャスト盤もCDとして発売されます。

 

代表曲は“ローマよ今夜はふざけないで(ROMA NUN FA LA STUPIDA STASERA)”で、この曲単独ですが初演オリジナル・キャスト盤で国内盤も発売されました。

 

NFA-9180110 (1991JAZZY - ジャジー・プランニング) 10CD Box エンサクロペディア・オブ・カンツォーネ (ENCYCLOPEDIA OF CANZONE) 非ライセンス商品

6-12.ローマよ今夜はふざけないで(ROMA NUN FA LA STUPIDA STASERA) ミュ-ジカル・オリジナル・キャスト (I PARTECIPANTI ORIGINALI)

 

KICP- 2159KICP- 215~9  NFA-9180110NFA-91801~10a 

 

KICP- 2159 (1992325SEVEN SEAS - キング) 5CD Box カンツォーネの歴史1200-1900 (LA STORIA DELLA CANZONE ITALIANA)

4-. ローマよ今夜はふざけないで(ROMA NUN FA LA STUPIDA STASERA) ミュ-ジカル・オリジナル・キャスト (I PARTECIPANTI ORIGINALI)

 

SPCR-900012 (1993SEVEN SEAS - アヴァンツ(制作キング)) 2LP キャッチ/トゥロヴァイオーリ (CACCIA AL TROVAIOLI!)

1-20. ローマよ今夜はふざけないで(ROMA NUN FA LA STUPIDA STASERA) ミュ-ジカル・オリジナル・キャスト (I PARTECIPANTI ORIGINALI)

 

SPCR-900012SP・CR-90001~2  SPCR-000012SP・CR-00001~2 

 

SPCR-000012 (1995SEVEN SEAS - アヴァンツ(制作キング)) 2CD キャッチ/トゥロヴァイオーリ (CACCIA AL TROVAIOLI!)

1-20. ローマよ今夜はふざけないで(ROMA NUN FA LA STUPIDA STASERA) ミュ-ジカル・オリジナル・キャスト (I PARTECIPANTI ORIGINALI)

 

KICP-1272 (2007117SEVEN SEAS - キング) CDバンビーノ!~トラットリア・バカナーレの世界 (BAMBINO! THE WORLD OFTRATTORIA BACCANALE)

17. ローマよ今夜はふざけないで(ROMA NUN FA LA STUPIDA STASERA) ミュ-ジカル・オリジナル・キャスト (I PARTECIPANTI ORIGINALI)

 

KICP-1272KICP-1272 

 

SEVEN SEAS盤は残念ながらニーノ・マンフェルディとレア・マッサーリだけのショート・ヴァージョンです。

 

 

まずオルネラ・ヴァノーニの盤は

SRL-10331 (1963 RICORDI - RICORDI) ROMA NUN FA LA STUPIDA STASERAE' L'OMO MIO

 

SRL-10331SRL-10・331  HIT-1337HIT-1337 

 

HIT-1337 (19668SEVEN SEAS - キング) 恋に終りなく (SENZA FINE)/ローマよ今夜はふざけないで (ROMA, NUN FA' LA STUPIDA STASERA)

 

JET-1759 (196761GLOBE - 日本ビクター) ローマの灯り [][] (ROMA, NUN FA' LA STUPIDA STASERA) ニニ・ロッソ (NINI ROSSO)

 

JET-1759JET-1759  JET-1928JET-1928 

 

JET-1928 (19691125GLOBE - 日本ビクター) 信じられない (NON CREDERE)[ローマの灯り (ROMA, NUN FA' LA STUPIDA STASERA) ミーナ (MINA)

 

 

 

もう一曲有名になった曲があります。“恋するローマのおてんば娘(Ciumachella de Trastevere”ですが、案外ローマの民謡と思われているようですが、ルガンティーノの1曲です。

 

SR- 682 (1971 9SEVEN SEAS -キング) LP クラウディオ・ビルラ  故郷ローマを歌う (CLAUDIO VILLA CANTA A ROMA)
11.
ローマのチュマケッラ (CIUMACHELLA DE TRASTEVERE)

 

SR- 682SR- 682 GP- 407NO IMAGE-WANTED 

 

GP- 407 (19763SEVEN SEAS -キング) LPビルラの世界
9.
恋するローマのおてんば娘 (CIUMACHELLA DE TRASTEVERE)

 

ANF-5002 (1988725FONIT CETRA - ANFコ-ポレ-ション) CD ビルラ~カンツォーネ・ヒット曲集 (CLAUDIO VILLA)
11.
ローマのチュマケッラ (CIUMACHELLA DE TRASTEVERE)

 

         ANF-5002ANF-5002 


インテルメッツォ~ミュージカル「ルガンティーノ(Rugantino)」 1

前回の「サンレモの歌手たち オルネラ・ヴァノーニ 1」で彼女が一般的な人気が出たのは、ジーノ・パオーリの曲を歌ったのと、この「ルガンティーノ」でヒロイン、ロゼッタ(Rosetta)役をしたからだと思います。

 私がミュージカル「ルタンティーノ」の事をブログに「今宵はブルーノ・マルティーノ」というタイトルで書いたのは、ブログを始めて間もない頃でした。イタリア・ジャズ・ヴォーカルの定番曲“夏 (エスターテ Estate)で有名になった彼がルガンティーノに出演していたと思い込んでいたのです。ただ方向違いであっても強ち的外れではなかったようです。

 

7MQ-1814 (1963 V.d.P. – V.C.M.) Roma nun fa la stupida (ロ-マよ今夜はふざけないで)Papetè tamurè

 

             7MQ-1814 7MQ-1814

 

1990年代に入り国内でも“ローマよ”のオリジナル・キャスト版が出るようになり、ブルーノ・マルティーノの初の国内盤となるかと思っていました。ルガンティーノ役はニーノ・マンフレディ(Nino Manfredi)でした。前フリはこの辺りで、本題に入りましょう。

 

 “ルガンティーノ(RUGANTINO)” イタリアを代表するミュージカル・コメディで、イタリアでは何処かで誰かが再演している1962年初演の作品。当初はガリネイ(Pietro Garinei)とジョヴァンニーニ(Sandro Giovannini)の台本とされていましたが、近年では映画版も含めパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ(Pasquale Festa Campanile)、マッシーモ・フランチョーザ(Massimo Franciosa)も原作表示され、音楽は日本で映画のサントラでもお馴染のアルマンド・トロヴァヨーリ(Armando Trovajoli,)が担当しています。

 あらすじですが、私は映像で見たことが無く、配役の人間関係が良く分かっておりません。KICP- 2159“カンツォーネの歴史1200-1900”の解説を引用しますと『ローマの有名な物語を基にした、ナポレオン時代のローマの下町を舞台に庶民の英雄のアンチャンが大暴れする恋とアクションの痛快劇』となっていますが、余り役立ちそうもありませんね!

ヴァレリオ・マスタンドレア(VALERIO MASTANDREA)の“Speciale Rugantino”のシノップス(http://www.valeriomastandrea.com/speciali/rugantino.html)をご参考いただければと思います。

 

 実は私は大きな誤解をもう一つしていました。ルガンティーノは“Lugantino”でスイスのルガーノ(イタリア語地区)から来た若者がローマで活躍する話か?と。日本人は「R」と「L」は苦手です、特にカタカナで書くと区別がつきません。「虚勢を張る人(チョット言葉足らずか)」だったのですね。日本だと「助六」と言うところでしょうか。

 

 ルガンティーノで有名な曲が少なくとも2曲、日本で紹介されています。第1部フィナーレで全員が歌い継ぐ“ロ-マよ今夜はふざけないで”あるいは“ローマの灯”と言われている“ROMA, NUN FA' LA STUPIDA STASERA”と、もう1曲あまりこのミュージカルの曲と思われていない“ローマのチュマケッラ”または“恋するローマのおてんば娘”の邦題がついた“CIUMACHELLA DE TRASTEVERE”です。

 

 “ロ-マよ....”が初めて日本に紹介されたのはロベルティーノ(Robertino)の歌ではないかと思っています。

 

KR- 7098 (19648KAPP -東芝音楽工業) 30cm LP カタリ・カタリ(薄情) (CORE 'NGRATO)

13. ロ-マよ、今宵は戯れないで (ROMA, NUN FA LA STUPIDA STASERA)

 

KR- 7098KR- 7098  MH- 199MH- 199  

 

MH- 199 (19656SEVEN SEAS - キング) 30cm LP一緒にカンツォーネを歌おう第4集 (LE PIU' BELLE CANZONI Vol.4)

.ロ-マよ今夜はふざけないで (ROMA, NUN FA LA STUPIDA STASERA)

この盤で本命オルネラ・ヴァノーニ(Ornella Vanoni)の歌が紹介されます。この解説で既にヴァノーニが「主演」とされています。事実、ロゼッタ役で主演女優をしていますが、彼女が初演のロゼッタではなかったようです。

 

●初演の配役 1962年12月15日~

・ルガンティーノ(Rugantino)=ニーノ・マルフェルディ(Nino Manfredi)後トニ・ウッチ(Toni Ucci)に交代

・マエストロ・ティッタ(Mastro Titta)=アルド・ファブリッツィ(Aldo Fabrizi

・ロゼッタ(Rosetta) =レア・マッサーリ(Lea Massari後オルネラ・ヴァノーニ(Ornella Vanoni)に交代

・エウゼビア(Eusebia)=ビーチェ・ヴァローニ(Bice Valori)後アンジェラ・ルーチェ(Angela Luce)に交代

・グネッコ(Gnecco)=ファウスト・トッツィ(Fausto Tozzi

・ドン・ニッコロ・パリテッリ(Don Niccolò Paritelli)=トニ・ウッチ(Toni Ucci)

・語り部=ランド・フィオリーニ(Lando Fiorini.

 

初版Rugantino 1962  ブロードウェイ版Rugantino Broadway 

 

●ニューヨーク・ブロードウェイ公演の配役 1964年2月5日、6日~29日(28回+プレビュー1回)

・ルガンティーノ(Rugantino)=ニーノ・マルフェルディ(Nino Manfredi);代トニ・ウッチ(Toni Ucci)

・マエストロ・ティッタ(Mastro Titta)=アルド・ファブリッツィ(Aldo Fabrizi);代レンツォ・パルマー(Renzo Palmer

・ロゼッタ(Rosetta) =オルネラ・ヴァノーニ(Ornella Vanoni);代フランカ・タマンティーニ(Franca Tamantini

・エウゼビア(Eusebia)=ビーチェ・ヴァローニ(Bice Valori);代アンジェラ・ルーチェ(Angela Luce)

・グネッコ(Gnecco)=レンツォ・パルマーRenzo Palmer;代ゴッフレド・スピナーディ(Goffredo Spinedi

・ドン・ニッコロ・パリテッリ(Don Niccolò Paritelli)=トニ・ウッチ(Toni Ucci)

・語り部=ヌンツィオ・ガロ(Nunzio Gallo

 

●第2版公演の配役 1978年12月18日~

・ルガンティーノ(Rugantino)=エンリコ・モンテサーノ(Enrico Montesano

・マエストロ・ティッタ(Mastro Titta)=アルド・ファブリッツィ(Aldo Fabrizi

・ロゼッタ(Rosetta) =アリダ・ケッリ(Alida Chelli

・エウゼビア(Eusebia)=ビーチェ・ヴァローニ(Bice Valori

・グネッコ(Gnecco)=グラウコ・オンクラート(Glauco Onorato

・ドン・ニッコロ・パリテッリ(Don Niccolò Paritelli)=チェザーレ・ジェッリ(Cesare Gelli

・語り部=アルド・ドナーティ(Aldo Donati

 

第2版Rugantino 1978    第3版Rugantino 1998

 

●第3版公演の配役 1998年12月22日~

省略(画像ご参照)

 

第3版は1998年に上演され、その間、1973年にはアドリアーノ・チェレンターノ(ADRIANO CELENTANO)のルガンティーノ、チェレンターノの奥さんクラウディア・モーリ(CLAUDIA MORI)のロゼッタで映画版も作られました。三つのエディションとブロードウェイ公演にはそれぞれオリジナル・キャストのアルバムが作られています。オルネラ・ヴァノーニが何時からロゼッタ役として登場しかは、次回リリースされたアルバムを見ながら探っていきましょう。


サンレモの歌手たち 96 オルネラ・ヴァノーニ 1

★オルネラ・ヴァノーニ (vf) Ornella Vanoni
1934年9月22日ミラノ生、歌手、女優。

                             MRL-6042 

彼女の父は製薬会社を持っている裕福な家庭の娘に生まれ、美容術を習得するためオルソリーネ派修道会の学校を卒業後、幾つかの大学に留学していました。1953年ミラノに戻ってジョルジョ・ストレーラー(Giorgio Strehler)のピッコロ劇場演劇芸術アカデミアに在籍します。
57年フェデリコ・ザルディ(Federico Zardi)の演劇「ジャコバン(I giacobini)」で演劇俳優としてデビューし、劇中でフランスの古謡“Les ropis s'en vont”、“La Seine est rouge?”を歌いました。
58年劇作家で作詞家のダリオ・フォ(Dario Fo)が構成した“canto dei carcerati calabresi”やバラードの“"Senti come vosa la sirena”など多くはミラノ方言で歌われるこれらの曲は「Canzoni della Mala」と言われ、その後著名な民族音楽研究家となったロベルト・レイディ(Roberto Leydi)が関心を示し、彼女は「La cantante della mala(malaの意味合いで悪い→悪党の歌にするか、悪い環境にある→貧民の歌と解するか微妙なところです)」と呼ばれ神秘性を漂わします。一方ラジオやTVの検閲対象になり、一般的人気は得られませんでした。彼女はリコルディから“Sentii come la vosa la sirena/Canto di carcerati calabresi”でシングル・デビューをします。
59年2枚目のシングル“Hanno ammazzato il Mario/La zolfara”で関心を待たれるようになり、3枚目“マ・ミ(Ma mi)/マントを着た人々(Le mantellate)”はその後、彼女の重要なレパートリーとなる曲で、女優歌手としての初ヒット盤となりました。
60年1枚目のシングル盤 “Ballata di Chessman/Ma mi”のA面はロニ-・ホーキンス(Ronnie Hawkins)が実在する強盗・誘拐・強姦犯で死刑囚のことを歌ったカントリー系の曲の“The Ballad of Caryl Chessman”のイタリア語ヴァージョンです。正にアメリカの「悪党の歌」でした。B面はヒットした“マ・ミ”が付けられました。
この年ポップス歌手として成功します。その後長く続く、ジーノ・パオーリ(Gino Paoli)とのロマンティックな愛を含めてのコラボレーションが始まりました。60年2枚目のシングルが“世界中で私だけ(世界中を私に Me in tutto il mondo)/Però, ti voglio bene”でA面はジーノ・パオーリの曲、B面は彼とG.F.レヴェルヴェリの曲でパオーリの“しあわせがいっぱい(IL CIELO IN UNA STANZA)のB面でもありました。私生活では元歌手・俳優で興行師ルチオ・アルデンツィ(Lucio Ardenzi)の六月の花嫁となりました。
61年“恋に終りなく(Senza fine)/Se qualcuno ti dirà”、“いつの日か(いつか逢うでしょう Un jour tu verras)/あなたのために(Per te)”、“チェルカミ(Cercami)/Un grido”、“Quando dormirai/さよならをもう一度(ブラームスはお好きLe piace Brahms?)”などが出され、その中でも“チェカミ”は10万枚を売上げ年間ランク41位になりカンツォニッシマで歌われます。“恋に終りなく”も同56位のヒットとなりました。この間彼女は演劇の仕事と歌手の仕事の両方をこなしています。
62年息子クリスティアーノ(Cristiano)を出産しました。シングルは“世界中で私だけ(世界中を私に Me in tutto il mondo)/“いつの日か(いつか逢うでしょう Un jour tu verras)”の再発売盤と“もしもまた (ANCHE SE)/気にかかるあなた(Attento A Te)”でした。ヴァノーニも関わるイタリアを代表するミュージカル「ルガンティーノ(Rugantino)」が始まります。この件は話が複雑で、別項書くことにします。
63年私生活ではアルテンツィとの結婚が破綻します。4枚のシングル盤を出し、 “あなたはワニ(Coccodrillo)”が年間ランク92位(B面は“わたしのマリオ(Mario)”)に、前年出した“もしもまた (アンケ・セ)”が同95位になっています。
64年も4枚のシングル盤を出します。今まで勝敗が分かる音楽祭を避けていましたが、第1回夏のディスクに“ポコ・ソーレ(POCO SOLE)”で出場し、入賞しました。その勢いで9月の第12回ナポリ音楽祭にも出場、モドゥーニョの“素敵なあなた(TU SI' 'NA COSA GRANDE)”が優勝、日本でも知られる“アンモーレ・ミオ(AMMORE MIO)”が2位となり、彼女も自信を持ちました。
65年少し遅くなりましたが“強く抱きしめて(ABBRACCIAMI FORTE)”でサンレモ音楽祭デビューし、見事入賞しました。


オルネラ・ヴァノーニの国内盤
MG- 3(S) (1963年SEVEN SEAS - キング) 25cmLPサンレモ音楽祭1963 (SAN REMO FESTIVAL '63)
3.リコルダ (RICORDA)

MG- 3(S)MG- 3(S)  HIT- 265 HIT- 265 

HIT- 265 (1963年12月 SEVEN SEAS - キング) わたしのマリオ (MARIO)/チェルカミ (CERCAMI)

MH- 154 (1964年4月 SEVEN SEAS - キング) 30cmLP カンツォーネを聞こう第4集 (CANZONE! CANZONE! CANZONE! Vol.4)
4.あなたはワニ (COCCODRILLO)
5.わたしのマリオ (MARIO)
10.チェルカミ (CERCAMI)
11.世界中で私だけ (ME IN TUTTO IL MONDO)
12.リコルダ (RICORDA)

MH- 154MH- 154  レコード番号ナシILBt- 613-4 

レコード番号ナシ (ILBt- 613~4) (1965年3月 SEVEN SEAS - キング) 30cmLP 1965年サンレモ音楽祭 入賞歌手・入賞曲 試聴盤・非売品
5.強く抱きしめて (ABBRACCIAMI FORTE)

HIT-1189 (1965年3月21日 SEVEN SEAS - キング) 花咲く丘に涙して (LE COLLINE SONO IN FIORE)/強く抱きしめて (ABBRACCIAMI FORTE)  ウィルマ・ゴイク (WILMA GOICH (vf))/オルネラ・ヴァノーニ

HIT-1189HIT-1189  MH- 189MH- 189 

MH- 189 (1965年3月 SEVEN SEAS - キング) 30cmLP 一緒にカンツォーネを歌おう第1集 (LE PIU' BELLE CANZONI Vol.1)
4.ポコ・ソーレ (POCO SOLE)
8.素敵なあなた (TU SI' 'NA COSA GRANDE)
12.アンモーレ・ミオ (AMMORE MIO)

SH- 168 (1965年4月1日 SEVEN SEAS - キング) 30cmLPステレオ・サンレモ'65 (STEREO SAN REMO '65)
5.強く抱きしめて (ABBRACCIAMI FORTE)

SH- 168SH- 168  17M-102117M-1021 

17M-1021 (1965年4月1日 SEVEN SEAS - キング) 17cmCPサン・レモのすべて第7集 (TUATTE LE SAN REMO Vol. 7)
2.強く抱きしめて (ABBRACCIAMI FORTE)

MH- 199 (1965年8月 SEVEN SEAS - キング) 30cmLP一緒にカンツォーネを歌おう第4集 (LE PIU' BELLE CANZONI Vol.4)
4.ローマよ今夜はふざけないで (ROMA, NUN FA LA STUPIDA STASERA)
10.強く抱きしめて (ABBRACCIAMI FORTE)
13.もしもまた (ANCHE SE)

MH- 199MH- 199  HIT-1148HIT-1148 

HIT-1148 (1965年11月 SEVEN SEAS - キング) 素敵なあなた (TU SI' 'NA COSA GRANDE)/アンモーレ・ミオ (AMMORE MIO)

PP- 59 (1965年11月 SEVEN SEAS - キング) 17cmCP これぞカンツォーネ第2集 (CANZONE! Vol.2)
2.強く抱きしめて (ABBRACCIAMI FORTE)

PP-  59PP- 59  MR-   7~8MR- 7~8a 

MR- 7~8 (1965年12月 SEVEN SEAS - キング) 30cm2LP続・カンツォーネ大全集 (THE BEST OF CANZONE Vol.2)
2-12.強く抱きしめて (ABBRACCIAMI FORTE)


オルネラ・ヴァノーニ 2は1966年サンレモ音楽祭の後に続きます

サンレモの歌手たち 95 リッキー・ジャンコ、 オードリー

リッキー・ジャンコ (vm) Ricky Gianco

本名リッカルド・サンナ(Riccardo Sanna)1943年2月18日ミラノの南東30kmにある小都市ロディ生、自作自演歌手、ギタリスト、レコードプロデューサー。リッキー・サンナの芸名を使った時期もあった。

 

                  Ricky Gianco      

 

 1954年ヴァラッツェの素人のど自慢で、公のデビューをしました。ミーナやトニー・ダララを代表とするウルラトーリ(urlatori)全盛の時代に、イタリアでロック・ミュージックを始めました。ロック・ン・ロールのギタリストでジーノ・サンテルコーレ(Gino Santercole)の仲間として、アドリアーノ・チェレンターノ(Adriano Celentano)のバック・バンド、リベルリ(I Ribelli)のリード・ギターとしてデビューしています。58年後にディク・ディク(Dik Dik)となるペペ(PepeErminio Salvaderi))、ピエルトゥルッチョ(PietruccioPietruccio Montalbetti))、ラッロ(LalloGiancarlo Sbriziolo))と共に活動しました。

 59年フォニット・チェトラ(Fonit Cetra)のロック・ン・ロール・レーベル、エクセルシャス(Excelsius)からリッキ―・サン(Ricky Sann)の名前でレコード・デビューしました。それはチェレンターノの“チャオと云うよ(Ciao ti dirò)”とエヴァリー・ブラザーズ(Everly Brothers)の“バイ・バイ・ラブ(BYE BYE LOVE)”のリッキー・ヴァージョンでした。

2枚目は女性ロック・ン・ローラーのブルネッタ(Brunetta)の“Precipito”でした。ブルネッタはミーナと同世代の歌手で、リコルディ、リフィ(サブ・レーベルのプリマリー)に所属していましたが、日本では一度も国内盤は出ていない歌手の一人です。

 60年リベルリと共演しミーナのいたイタルディスクからシングル盤を出しました。同年イギリスのバンド、トミー・スティール(Tommy Steele)の弟のコリン・ヒックス&キャビン・ボーイズ(Colin Hicks & The Cabin Boys)がトリノ公演をした時、コリンが病気で歌えなくたので、リッキーがサポートしたそうです。

イタリアのマネージャーはバック・バンドのシェル・シャピロ(Shel Shapiro)達のいるキャビン・ボーイズをコリンから切離し、イタリアに留めました。彼らはリタ・パヴォーネ(Rita Pavone)のバックなどをするようになり、後にロークス(The Rokes)としてイタリアでヒットを出すようになりました。

その後サックスのルイジ・デンコ(Luigi Tenco)やピアノのエンツォ・ヤンナッチ(Enzo Jannacci)と共にリッキー・サンナとそのバンド(Ricky Sanna e il suo complesso)としてセルジョ・エンドリゴ(Sergio Endrigo)もいたリコルディのサブ・レーベルのタヴォラ・ロトンダ(Tavola Rotonda)から4枚のシングル盤を出しました。

 後にロベルタ・マッツォーニ(Roberta Mazzoni)やフランコ・バッティアート(Franco BattiatoがデビューしたN.E.T.から1枚、ヌッチア・ボンジョヴァンニ(Nuccia Bongiovanni)とデュエットでリッキー&ヌッチアとツィスターズ(Ricky & Nuccia con i Twisters)名義でリコルディから1枚出し、操業開始したチェレンターノの会社クランの第1号歌手リッキー・ジャンコとして契約します。

チェレンターノとは特定の「親衛隊」的歌手以外は付いて行けないようで、リッキーも63年彼の下を離れ、自分のためのジャガー・レーベルを設立します。第1作目の“Il tramonto”が年間ヒット70」位のヒット、3枚目“Ti cercherò” が同37位の大ヒットとなり、やっと陽の目を浴びるようになりました。

65年唯一のサンレモ音楽祭に歌手として出場しました。ソング・ライターとしては67年8位“ピエートレ(Pietre)”、70年参加曲“できごと(Accidenti)”、72年10位“好きなんだ(Ti voglio)”、同参加曲“イギリス旅行(Un viaggio in Inghilterra)”、73年12位“若い恋人(Tu giovane amore mio)”を提供しています。

 66年リコルディに戻り、翌67年“L'ora dell'amore”が週間ヒット・チャート14位になるヒットとなり、68年まで在籍します。その後、ソング・ライターや映画の仕事もいていたようです。

 73年から78年までTVアニメ「ポパイ(Braccio di FerroPopeye the sailor man)」でポパイの声優、イタリア版アニメ・ソングをポパイ(Braccio di Ferro)名義で自分の会社インティンゴ(Intingo)から出す一方、74年ナンニ・リコルディとウルティマ・スピアッジャ(Ultima Spiaggia)を興しレコードを出し続けますが、78年会社が倒産してしまいます。

 80年代以降は、別の道を歩んだカンタウトゥーリとして昔の仲間たちとライヴ活動を続けています。晩年良い味を出しているので、日本でも発売して欲しい歌手の一人です。

 日本と契約のあるレコード会社にも所属していましたが、

リッキー・ジャンコの国内盤はありません。

MH-  10(Y) (1963320KING INTERNATIONAL キング) 30cm LP ジューク・ボックス・トップ・カラー (JUKE BOX TOP COLLOR)

11. 2万4千のキッス (24,000 BACI) {リッキー・サンナとして}

 

MH- 10(Y)MH- 10(Y) MP-2085MP-2085 

 

MP-2085 (19706POLYDOR 日本グラモフォン) 30cm LPサンレモ1970第20回サンレモ音楽祭 (SAN REMO 1970)

.心の剣 (LA SPADA NEL CUORE)

 

MW-2029 (19716RICORDI 日本グラモフォン) 30cm LPサンレモ1971第21回サンレモ音楽祭 (SAN REMO 1971)

.ケ・サラ (CHE SARA')

 

MW-2029MW-2029 MW-90112MW-9011^2a 

 

MW-90112 (197112RICORDI ポリドール) 30cm 2LPカンツォーネ・パーフェクト40 (CANZONE PERFECT 40)

2-19.ケ・サラ (CHE SARA')

 

MW-90156 (19725RICORDI ポリドール) 30cm 2LPカンツォ-ネのすべてVol. (ALL ABOUT GOLDEN CANZONE Vol.1)

1-.ケ・サラ (CHE SARA')

 

MW-90156MW-9015~6a MW-80012MW-8001~2a 

 

MW-80012 (19736RICORDI ポリドール) 30cm 2LPカンツォ-ネのすべてVol. (ALL ABOUT GOLDEN CANZONE Vol.1)

1-.ケ・サラ (CHE SARA')

 

MW-98012 (19744RICORDI ポリドール) 30cm 2LPパーフェクト・シリーズ  カンツォーネ (PERTECT SERIES CANZONE)

1-11.失われた愛を求めて(UN GRANDE AMORE E NIENTE PIU')

 

MW-98012MW-9801~2a  MW-3001MW-3001 

 

MW-3001 (19754RICORDI ポリドール) 30cm LPほほにかかる涙 (JOY FOREVER CANZONE UNA LACRIMA SUL VISO)

13.失われた愛を求めて(UN GRANDE AMORE E NIENTE PIU')

 

MW-2180 (197610RICORDI ポリドール) 30cm LPカンツォ-ネ・ヒット大全集Vol.V (HISTORY OF GOLDEN CANZONE Vol.V)

.アンナ (ANNA)

 

MW-2180MW-2180  MWX-99513MWX-9951~3a 

 

MWX-99513 (1977121RICORDI ポリドール) 30cm 3LPゴールデン・カンツォーネ・ベスト・コレクション (GOLD CANZONE BEST COLLECTION)

2-.ケ・サラ (CHE SARA')

 

NDL- 9019 (1970年代 RICORDI 日本ディスクライブラリ-(ポリド-ル制作)) 30cm 10LP Box或る愛の物語 (HISTORIA DE UN AMORCANZONE SE PIANGI, SE RIDI)

9-11.ケ・サラ (CHE SARA')

 

NDL- 9019NDL- 901・9 


 

 

 

オードリー (vf=d) Audrey

本名アドリアンナ・メディーニ(Adrianna Medini)1942年3月7日(17日の説もあり)ドイツ南西部都市マンハイム(Mannheim)生、2012 年6月 9日アメリカのネヴァダ?没、フルネームはオードリー・アルノ(Audrey Arno)、主にフランスで活動したドイツの女性歌手。

 

                    Audrey

 

 本名からしてイタリア系ではと思いますが、確証はありません。父はサーカスのピエロで、彼女は馬乗りをしていたそうです。1960年パリ・ポリドールと契約し、オードリー・アルノ名でフランスで歌手活動を始めました。外人の宿命でカヴァー曲が多かったようですが、60年キューバのニュー・リズムの“ラ・パチャンガ(LA PACHANGA”が全米チャート87位ながらランクされました。

        EP La Pachanga Audrey(La Pachanga)    

 

 その間TVのショー番組や62年と64年には映画出演しています。64年アンリ・サルヴァドール(Henri Salvador)のレコード会社RIGOLOと契約しました。レコードはレスリー・ゴーア(LESLEY GORE)の“恋を夢みる17才(THAT'S THE WAY BOYS ARE)” や“メイビー・アイ・ノウ(MAYBE I KNOW)”など多くはカヴァー物でしたが、その出来は素晴らしかったようです。

 65年唯一度のサンレモ音楽祭に出場し70年代初頭アメリカのラス・ベガスにムーラン・ルージュのショーで歌うために行き、そのまま定住、アメリカで亡くなりました。

 

オードリーの国内盤はありません

                             

サンレモの歌手たち 94 ベッペ・カルディーレ、 ロベルティ-ノ 2

ベッペ・カルディーレ (vm) Beppe Cardile

本名ジュゼッペ ・カルディーレ(Giuseppe Cardile)1942年4月11日フィレンツェ生、自作自演歌手、ギタリスト。

 

                                 Beppe Cardile

 

ジュリオ・コンパーレ(Giulio Compare)の下で音楽を勉強し、14才から手製の電気ギターを始め、“Occhi di cielo”を初めて作りました。後にこの曲が彼のシングル・デビュー曲となります。このようソング・ライターとしてリボルノで成長します。

彼はリボルノの仲間と5人の悪魔(I cinque diavoli)を作り地元で演奏し、1959年”サムライ(I Samurai)というバンドを立上げ、デビューし、60年このバンドのリーダーとしてミーナのデビュー地ともなったピエトラ・サンタ海岸にあるナイトクラブ・ブッソラやローマのクラブ84などにも出演していました。

 61年ピアニストで作曲家のトニー・デ・ヴィタ(Tony De Vita.)見出され、イタル・ディスクからレコード・デビューをします。63年ドゥリウム(Durium)のサーカス(Circus)・レーベルに移籍し、64年夏のディスクフェスティヴァルに“Ho un grande desiderio”で参加しました。65年唯一度のサンレモ音楽祭に自作の“過ぎ去った恋(L'amore è partito)”を歌いましたが入賞できませんでした。この曲はフランコ・バッティアート(Franco Battiato)のデビュー曲でもあり、伊東ゆかりもカヴァーしています。

 翌66年バラのフェスティヴァルに“トニー・クッキアーラ(Tony Cucchiara)作の“Tutti vanno via”で出場しています。

 

所属レコード会社は61Italdisc、 6366CircusDurium6974VarietyRi-Fi)。

 

ベッペ・カルディーレの国内盤はありません

 

 

 

http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/9475674.html サンレモの歌手たち 72 ロベルティ-ノ 1の続きです

ロベルティ (vm)  Robertino 

本名ロベルト・ロレンティ(Roberto Loreti)1947年10月22日ローマ生、歌手。

 

                   Robertino                       

 

サンレモ音楽祭には翌65年、69年にも出場しましたが、入賞することが出来ず、ナポリ音楽祭での成績で注目を集めます。

 70年代に入りカンツォーネ歌手が冬の時代を迎えると、ボーイ・ソプラノ時代の知名度を生かし、世界ツアーを中心とした活動をします。75年春には第1回「民音イタリア音楽祭」のメンバーとしてニラ・ピッツィ(NILLA PIZZI)やトニー・ダララ(TONY DALLARA)と共に来日を果たしています。

 

所属レコード会社は61~62年 TRIOLA(デンマーク) KAPP ()、 63~70年?CAROSELLO

 

ロベルティーノの国内盤

HIT-1397 (19661210SEVEN SEAS – キング) ベッラ (BELLA)/ばらを贈りし君 (TE PURTAVO 'NA ROSA)

 

HIT-1397HIT-1397  SH- 277SH- 277 

 

SH- 277 (1967210SEVEN SEAS - キング) 30cm LP カンツォ-ネ専科第3集 (LE CANZONI D'ORA Vol.3)
.ベッラ
(BELLA)
.かわいいキッス (UN BACIO PICCOLISSIMO)

 

GW-  178 (1969520SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LP第19回サンレモ音楽祭 (FESTIVAL DI SAN REMO 1969)
1-
.
女性が最高 (LE BELLE DONNE)

 

GW-  178GW- 17  SR- 301SR- 301 

 

SR- 301 (1969810SEVEN SEAS - キング) 30cm LP夏のデイク・フエステイヴアル1969 (UN DISCO PER L'ESTATE 1969)
.愛の風車 (INTORNO A ME I MULINI)

 

SR- 3135 (19691020SEVEN SEAS - キング) 30cm 3LPBox カンツォ-ネ・スタ-大名鑑 (PANORAMA DI CANTANTI)
2-11.
ささやけヴァイオリン (SUONA, SUONA VIOLINO)

 

SR- 3135SR- 313~5  SR- 389SR- 389 

 

SR- 389 (1970510SEVEN SEAS - キング) 30cm LPカンツォニッシマ1969~70年 (UN DISCO PER L'ESTATE 1969)
.虹の彼方を (ARCOBALENO)

 

SR- 6078 (1971410SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LP カンツォニッシマのすべて第1集 (CANZONISSIMA (I))
2-
.
サンタ・キア-ラ寺院 (MUNASTERIO E' SANTA CHIARA)

 

SR- 6078SR- 607~8  SR- 60910SR- 609~10a 

 

SR- 60910 (1971510SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LP カンツォニッシマのすべて第2集 (CANZONISSIMA (II))
2-
.
シェリト・リンド[伊] (CONTENTA TU, CONTENTO ANCHIO)

 

SR- 6112 (1971610SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LP夏のディスク・フェスティヴァルのすべて (UN DISCO PER L'ESTATE)
2-
.ささやけヴァイオリン (SUONA, SUONA VIOLINO)

 

SR- 6112SR- 611~2a  SR- 6178SR- 617~8a 

 

SR- 6178 (1971910SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LPナポリ音楽祭のすべて第2集 (UN DISCO PER L'ESTATE)
1-11.
ベッラ
(BELLA)
2-
.ばらを贈りし君 (TE PURTAVO 'NA ROSA)

 

GW- 1956 (19728SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LP ナポリ民謡のすべて (THE BEST OF NAPOLETANA DOUBLE DELUXE)
2-
.恋する兵士
('O SURDATO 'NNAMMURATO)
2-
.太陽の土地
('O PAESE D''O SOLE)
2-11.
お母さんどうしたの
(COMME FACETTE MAMMETA)
2-12.
舟人の歌 ('O MARENARIELLO)

 

GW- 1956GW- 195~6a  HIT-2197HIT-2197 

 

HIT-2197 (1975425SEVEN SEAS – キング) 恋する兵士 ('O SURDATO 'NNAMMURATO)/あなたのくちづけを (I'TE VURRIA VASA)

 

LAX- 119 (1975425SEVEN SEAS - キング) 30cm LPあなたのくちづけを/ロベルティ-ノ (I'TE VURRIA VASAROBERTINO)
.あなたのくちづけを
(I'TE VURRIA VASA)
.太陽の土地
('O PAESE D''O SOLE)
.舟人の歌
('O MARENARIELLO)
.お母さんどうしたの?
(COMME FACETTE MAMMETA?)
.恋する兵士
('O SURDATO 'NNAMMURATO)
.ベッラ
(BELLA)
.ア・カンツォ-ネ
('A CANZONE)
.これからプシレコへ
(MO)
.サンタ・キア-ラ寺院
(MUNASTERIO E' SANTA CHIARA)
10.
ナポリのマンドリン (MANDULINATA A NAPULE)

 

LAX- 119LAX- 119  GEM-10678GEM-1067~8a 

 

 

GEM-10678 (1975105SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LPカンツォ-ネ100年史(第1回民音イタリア音楽祭) (MIN-ON PRIMO FESTIVAL DELLA CANZONE ITALIANA)
1-
.フニクリ・フニクラ <L>
(FUNICULI' FUNICULA' <L>)
1-
.オ・ソレ・ミオ <L>
('O SOLE MIO <L>)
1-
.忘れな草 <L>
(NON TI SCORDAR DI ME <L>)
1-
.マンマ <L>
(MAMMA <L>)
2-
.涙に咲く花 <L>
(L'IMMENSITA' <L>)
2-12.
恋する兵士 <L>
('O SURDATO 'NNAMMURATO <L>)
2-13.
ぶどう摘みの歌 <L> (L'UVA FOGARINA <L>)

 1-, 2-12, 2-13 ロベルティ-ノ他全員

 

GXF-  315 (1976621SEVEN SEAS - キング) 30cm 5LPBox カンツォ-ネの歴史 (LA STORIA DI CANZONE ITALIANA)
1-13.
舟人の歌
('O MARENARIELLO)
2-
.恋する兵士
('O SURDATO 'NNAMMURATO)
2-10.
太陽の土地 ('O PAESE D''O SOLE)

 

GXF-  315GXF- 31~5a  GXG-  1920GXG- 19~20a 

 

GXG-  1920 (197795SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LP ナポリタ-ナのすべて  (TUTTE LE CANZONE NAPOLETANE)
1-14.
お母さんどうしたの
(COMME FACETTE MAMMETA?)
1-19.
センチメンタルな夜
(NUTTATA 'E SENTIMENTO)
2-16.
太陽の土地
('O PAESE D''O SOLE)
2-19.
サンタ・キア-ラ寺院 (MUNASTERIO E' SANTA CHIARA)

 

GXC-  301 (19783SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LPカンツォ-ネ・スタ-・オン・ステ-ジ  (CANZONE STAR ON STAGE)
2-
.マンマ <L>
(MAMMA <L>)

GXC-  301GXC- 30~1a  GXF-  8190GXF- 81~90a 

 

GXF-  8190 197925 SEVEN SEAS -キング 30cmLPサン・レモ音楽祭大全集 (FESTIVAL DI SAN REMO)
4-12.
かわいいキッス (UN BACIO PICCOLISSIMO)

 

NFA-9180110 1991JAZZY - ジャジー・プランニング 10CD Boxエンサクロペディア・オブ・カンツォーネ (ENCYCLOPEDIA OF CANZONE) 非ライセンス商品

3-.かわいいキッス (UN BACIO PICCOLISSIMO)

 

NFA-9180110NFA-91801~10a  KICP- 2159KICP- 215~9 

 

KICP- 2159 1992325SEVEN SEAS -キング 5CD Boxカンツォ-ネの歴史1200-1900 (LA STORIA DELLA CANZONE ITALIANA)
1-14.
舟人の歌
('O MARENARIELLO)
2-
.恋する兵士
('O SURDATO 'NNAMMURATO)
2-10.
太陽の土地
('O PAESE D''O SOLE)
3-
.サンタ・キア-ラ寺院 (MUNASTERIO E' SANTA CHIARA)

 

KIL-1002(MEDBAR- 002) 2006 MEDIANE - キング・インタナショナル (MEDIANE,Italy) CD 準国内盤

14.素晴らしきロ-マ(MA COME ROMA MAI

 

KIL-1002(MEDBAR- 002)KIL-1002 


サンレモの歌手たち 93 ブルーノ・ラウツィ、 レ・サーフ

ブルーノ・ラウツィ (vm) Bruno Lauzi

1937年8月8日-アフリカの旧イタリア領エリトリアのアスマラ(Asmara)生、2006年10月24日ミラノ郊外のペスキエラ・ボッロメオ没、自作自演歌手、作曲家、詩人、作家。

 

                    N-9582 

 

 第二次世界大戦後、本国のジェノヴァに引揚げて来てそこで育ちます。彼の芸術性は早い時期から現れ、友人のルイジ・テンコ(Luigi Tenco)と音楽の情熱を共有し、体育館のベンチでジャズ、ミュージカル映画の曲を書き始めたのです。1960年ジョルジョ・ガーベル(Giorgio Gaber)が出したモゴール(Mogol)作詞の“Bella のレコードはラウツィの処女作にもかかわらず、クレジットに彼の名前は出ませんでした。

 これ以降ソング・ライターとして活動が始まりました。62年ミゲルとカラヴァーナ(Miguel e i Caravana)の名義でジェノヴァ方言のブラジル調(ジェノヴァ方言とポルトガル語の音感が酷似しており)の歌を2曲作り、ミラノ・ダービー・クラブと言うキャバレーで歌っていました。

 彼が自分の名前でヒットを出したのは、ジノ・パオーリ(Gino Paoli)がレコード録音した一連の“リトルネライ(Ritornerai)、“君を奪う(Ti ruberò,)”、“マルゲリータ(Margherita)“、“イル・ポエタ(Il poeta)”などからです。

65年自ら歌手として唯一度のサンレモ音楽祭に出場し、“君の愛”を歌いましたが、それほど注目もされませんでした。しかし週間ヒット・ランキングに1週だけですが10位に入り、ラウツィにとっては大成功と言えます。

翌66年、彼の楽曲を管理するアリストン音楽出版が64年に作ったレコード会社アリストン(Ariston)に移籍しました。その後、キャヴァレーを仕事場とするリノ・トッフォーロ(Lino Toffolo)やエンツォ・ヤンナッチ(Enzo Jannacci)と仕事をするようになりました。70年POPPYからセルフ・カヴァーのシングル盤を出し、モゴール(Mogol)とルチオ・バッティスティ(Lucio Battisti)の作ったヌメーロ・ウーノ(Numero Uno)に移籍しました。

遅れてやって来たカンタウトゥーリ、ブルーノ・ラウツィの本領を発揮しだします。71年“アモーレ・カーロ・アモーレ・ベッロ(Amore caro, amore bello)”が年間第6位(週間ランク在位16週のナンバー・ワン・ヒット)の大成功を収めます。その後72年にバッティスティの“鷲(L'aquila)”、74年にマリオ・ラヴェッツィ(Mario Lavezzi)の“Molecole”、75年ピッポ・カルーソ(Pippo Caruso)の曲“La tartaruga”で再びナンバー・ワン・ヒット(年間第3位)と70年代で最も活躍したジェノヴァ派カンタウトゥーリの一人となりました。

晩年はパーキンソン病に苦しみながらもライヴ活動をつづけました。サンレモ音楽祭の96年新人部門参加曲“UN PO' DI TEMPO”、翌97年入賞曲“IL CAPO DEI GOCATTOLI”を歌ったマウリツィオ・ラウツィ (Maurizio Lauzi)は彼の息子です。

 

所属レコード会社は62~65年Galleria del CorsoCGD、 66~70年AristonLuv、 70年Poppy、70~82年Numero Uno、 85~91年?Five Record

 

ブルーノ・ラウツィの国内盤

SR- 3135 (19691020SEVEN SEAS - キング) 30cm 3LP Box カンツォ-ネ・スター大名鑑 (PANORAMA DI CANTANTI)
2-
.リトルネライ (RITORNERAI)

 

SR- 3135SR- 313~5  GW- 23940GW- 239~40a 

 

GW- 23940 (19733SEVEN SEAS - キング) 30cm 2Lラヴ・ミー・トゥナイト/くたばれサンレモ (NON FINALISTE DI SAN REMO)
1-
.君の愛 (IL TUO AMORE)

 

GXF-  8190 (197925SEVEN SEAS - キング) 30cm 10LP Boxサン・レモ音楽祭大全集 (FESTIVAL DI SAN REMO)
5-
.君の愛 (IL TUO AMORE)

 

GXF-  8190GXF- 81~90a  NFA-9180110NFA-91801~10a 

 

NFA-9180110 (199125JAZZY - ジャジー・プランニング)  10CD Boxエンサクロペディア・オブ・カンツォーネ (ENCYCLOPEDIA OF CANZONE) 非ライセンス商品
3-20.
君の愛 (IL TUO AMORE)

 

WQCP-  910 (2011111WARNER - ワーナー・ミュージック・ジャパン) CD 逢いびき~魅惑のイタリアン・ポップス~ (L'APPARTAMENTOITALIAN POPS COLLECTION)
12.
君を奪う (TI RUBERO')

 

             WQCP-  910WQCP- 910 

 

 

 

 

レ・サーフ (coro=f) Les Surfs

旧フランス領マダガスカル出身の6人兄弟のポップ・グループ、1963~71年の間フランスで活動しました。

グループの日本語表記でサーフスとなっている事もありますが、現地でフランス語表記か英語表記か確認できず、デビュー当時のフランス語表記のままとします。

 

                    Les Surfs

 

・ココ(Coco Rabaraona)1939年6月19日生。

パット (Pat Rabaraona)194113日生。

・ロッキー(Rocky Rabaraona1942年5月7日生。

デイブ Dave Rabaraona)194312生。

モニークMonique (Monikya) Rabaraona)1945年5月8日、1993年11月15日、パリで没。

・ニコール(Nicole Rabaraona)1946年7月21日生、2000年5月5日米サンディエゴで没。

 

ラボラオナ家の12人の子供たちの内4人兄弟と2姉妹は、1958年10月国営放送局のアマチュア・コンテストでプラターズ(The Platters)の“オンリー・ユー(Only you)”と“グレート・プリテンダー(The great pretender)”を歌い優勝し、マダガスカルではラボラオナの6人兄弟(Rabaraona 6 mianadahy)として有名になりました。その後、彼らはベリル(Les Béryls)と言うグループ名で有名歌手とマダガスカルでツアーをしていました。

1963年フランスの放送局パリ2チャンネル発足の式典にフランス政府の要請で出演、その後、レ・サーフ(Les Surfs)としてフランスで芸能活動をします。“天使のハンマー(Si j'avais un marteau / IF I HAD A HAMMER)”のカヴァー曲はフランス語やイタリア語などで録音されヒットしました。

65年サンレモ音楽祭に初出場し、その後66、67年と3年連続出場・入賞を果たしました。そしてヨーロッパ、中東各地をツアー、71年カナダ・ツアー中に解散、モニークとロッキーはそのままカナダでツアーを続け、2年間デュエットで歌っていました。

 

所属レコード会社(フランス)は63~67年?仏フェスティヴァル

 

 

レ・サーフの国内盤

LL-   892F (19663COLUMBIA INTERNATIONAL - 日本コロムビア) 花のささやき (IN UN FIORE)若さがあるさ (COSI' COME VIENE)

 

LL-   892FLL- 892・F  NFA-9180110NFA-91801~10a 

 

NFA-9180110 (1991JAZZY - ジャジー・プランニング) CD 10Boxエンサクロペディア・オブ・カンツォ-ネ (ENCYCLOPEDIA OF CANZONE) 非ライセンス商品

4-13 愛をささやくとき (QUANDO DICO CHE TI AMO)


プロフィール

cnz27hrio

Author:cnz27hrio
FC2ブログへようこそ! リンク切れの画像がある場合は、 http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio をご覧ください。

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR