カンツォーネ

カンツォーネ、イタリアン・ポップスの、“出来れば”知られざる話を致しましょう。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
29
30
31
12

サンレモの歌手たち 202 リカルド・デル・トゥルコ1

リカルド・デル・トゥルコ (RICCARDO DEL TURCO)

1939 9 7 (1941年説あり) フィレンツェ北東郊外のフィエーゾレ生、自作自演歌手、レコード・プロデューサー。セルジョ・エンドリゴ(Sergio Endrigo)の義弟(奥さんが姉妹)。文字表記からはリッカルドが発音に近いと思いますが、レコード発売当時のリカルドを使用します。

※サンレモ音楽祭出場1969年入賞、82年入賞、84年入賞、93年参加(作家として楽曲提供)

 

N-9726Riccardo Del Turco (1969 N-9726) 

 

所属レコード会社:EMI Italiana (Columbia), RCA Italiana, CGD, Dischi Ricordi, Fonit Cetra

 

幼少期の資料がなく、20034月ジャンフランコ・グラモラ (Gianfranco Gramola)のインタビューで窺い知れますので、一部引用いたします。(http://www.intervisteromane.net/interviste%20pronte%202/riccardo_del_turco.htm

 

フィレンツェ郊外で生まれ、故郷を離れていません。父は保険代理店をしており、彼の将来も平凡だと思っていました。家庭環境は歌手や音楽家もいず、古いピアノがあるだけでした。

次第にピアノに興味を持つようになり、ナット・キング・コールやゲーリー・クーパーが好きな少年でした。後に父はリカルドが歌手の道を選んだこと、その結果に満足をしていました。

1955年地元の仲間とディアボリーチ(I Diabolici)というバンドを作り音楽活動を始め、翌56年放送開始したばかりのTVバラエディー番組「Primo applauso」の新人コーナーに出演をしました。57年ナイト・クラブのリッカルド・ラウキ(Riccardo Rauchi)楽団に歌手として雇われ、2年後59年に義兄弟となるセルジョ・エンドリゴ(Sergio Endrigo)が歌手兼ベーシストとして入ってきました。エンドリゴと同様にリッカルド・ラウキ楽団でクレジットなしですが、レコード・デビューをしています。

 

SCMQ-1420 (1960. Columbia – V.C.M.) Non sembra veroL'amore

 

この頃にローマなどのナイト・クラブでマリーノ・マリーニ(Marino Marini)、ピーター・ヴァン・ウッド(Peter Van Wood)の音楽家と接点を持ちました。リコルディ(58年設立)のオーナー、ナンニ・リコルディ(Nanni Ricordiに見出され、ルイジ・テンコ(Luigi Tenco)達とピエトラ・サンタ海岸にあるナイトクラブ・ブッソラでも働いたようです。

62年ナンニ・リコルディはリコルディを追われ、RCAイタリアーナの芸術監督に転籍、ジーノ・パオーリ、ウンベルト・ビンディ、セルジョ・エンドリゴなどナンニの弟子たちもRCAに移籍しました。そしてニンナの関係(だと思いますが)でリカルド・デル・トゥルコもRCAイタリアーナに入社しました。

翌63年、自作曲“LE COSE CHE NON CI DICIAMO”でソロ・レコード・デビューをします。ジャケット裏のクレジットにはセルジョ・エンドリゴとの共作とされています。B面はF.カラレージの曲ですが後にジーノ・パオーリがカヴァーしています。

 

PM45-3152 (1963. RCA Italiana - RCA Italiana) LE COSE CHE NON CI DICIAMOLA NOSTRA CASA(我々の家)

 

PM45-3152PM45-3152  PM45-3262PM45-3262 

 

 次の年64年に2枚のシングル盤を出しました。

 

PM45-3262 (1964. RCA Italiana - RCA Italiana) M'HANNO DETTO CHE(私に云って)/DIMMI SE VUOI

 

PM45-3296 (1964. RCA Italiana - RCA Italiana) PARLA DI TENON CHIUDERE LA PORTA

 

PM45-3296PM45-3296 N-9627N-9627

 

“私に云って”は64年秋RCAイタリアーナの歌手たちの「イタリヤ・カンツォーネ・フェスティバル」の一員で新人歌手として来日し、“私に云って”を日本で歌いました。

 65年サンレモ音楽祭にポール・アンカが歌う曲のパートナーにリカルドの名前もあがっていましたが、RCAイタリアーナの不参加でそのチャンスも失い、しかもRCAでは芽が出ず、失意のうちに66年CGDへ移籍します。その年は1枚だけシングル盤を出しています。

 

N-9627 (1966 CGD - CGD) Figlio unico Trem Das Onze 一人息子)/Quanto amore (君と生きたい)

 

 ブラジルのボサノバをカヴァーした曲でしたが年間ヒットランキング66位の大ヒットとなり、彼に運が向いてきたようです。年が変わり67年、4月に出た1枚目のシングルは夏のディスク・フェスティヴァルの参加曲でした。

 

N-9658 (1967.4. CGD – CGD) Uno tranquillo (ザイ・ザイ・ザイ (野ばらのひと))/Allora hai vinto tu (君と生きたい)

 

N-9658N-9658 N-9666N-9666 

 

 49曲参加し、9位入賞をしましたが、イタリアの年間ベスト100には入れませんでした。しかしフランスのジョー・ダッサンがカヴァー、野ばらのひと (SIFFLER SUR LA COLLINE)“としてヒットし日本でも、フレンチ・ポップスのカヴァーとして歌われるようになります。

 フランスを意識したのか、67年2枚目のシングルはジルベール・ベコーの“バラはあこがれ(L'IMPORTANT C'EST LA ROS)”のカヴァーでした。

 

N-9666 (1967.10. CGD – CGD) L'importante è la rosa (バラの憧れ(バラはあこがれ [I]))/Se è scritto nel cielo

 

68年再び夏のディスク・フェスティヴァルに挑戦します。68年はこのシングル盤1枚だけとなりますが、結果はなんと参加56曲の頂点、優勝曲になります。そして年間ヒットランキング第12位のメガ・ヒットで一躍大スターとなりました。

 

N-9682  (1968.1. CGD CGD) Luglio (冷たい太陽)/Il temporale

 

N-9682N-9682 N-9707N-9707

 

この大ヒットの実績で、リカルドは念願の69年サンレモ音楽祭に“愛の妙薬”をフランスのアントワーヌ(Antoine)をパートナーに初出場、初入賞を果たします。

 

N-9707 (1968.1. CGD – CGD) Cosa hai messo nel caffè? (愛の妙薬)/Commedia

 

 

 

 

リカルド・デル・トゥルコの国内盤

SHP-5376 (196410月 VICTOR – 日本ビクター) 30cm LP イタリアン・カンツォーネ・フェスティバル (ITALIAN CANZONE FESTIVAL)
. 私に云って (M'HANNO DETTO CHE)

 

SHP-5376SHP-5376 SH- 292SH- 292

 

SH- 292 (1967410日 SEVEN SEAS – キング) 30cm LP カンツォーネ専科第5集 (LE CANZONI D'ORA Vol.5)
11.
君と生きたい (QUANTO AMORE)

 

SR- 189 (1968710日 SEVEN SEAS – キング) 30cm LP ヒット・パレード・イン・イタリー第2集 (HIT PAREDE IN ITALY Vol.25)
11.
ザイ・ザイ・ザイ (UNO TRANQUILLO)
 

SR- 189SR- 189 HIT-1539HIT-1539

 

HIT-1539 (196891日 SEVEN SEAS – キング) 冷たい太陽 (LUGLIO)/バラの憧れ (L'IMPORTANTE E' LA ROSA)

 

 

◆“ザイ・ザイ・ザイ”のカヴァー曲“野ばらのひと”

ECPA-   15 (19725月 EPIC – CBSソニー) 野ばらのひと (SIFFLER SUR LA COLLINE)/イエロー・リバー (L'AMERIQUE)

 

ECPA-  15ECPA- 15  SOLJ-  17 SOLJ- 17

 

SOLJ-  17 (1972年 CBS SONY – CBSソニー)  30cm LPお別れしましょう/朝丘雪路 (YUKIJI ASAOKALOVE'S BEGINNING & END)
.野ばらのひと [日] (SIFFLER SUR LA COLLINE [J])


SOLA-  21  (19726月 CBS SONY – CBSソニー) 野ばらのひと[日] (SIFFLER SUR LA COLLINE [J])/生命をかけて[日] (IO TI DARO' DI PIU' [J]) 安芸ひろみ (AKI,HIROMI (vf=j))

 

SOLA-   21SOLA- 21 SOLJ-  33 SOLJ- 33

SOLJ-  33  (1972921日 CBS SONY – CBSソニー)  30cm LP野ばらのひと/安芸ひろみ (MOODS IN LOVEHIROMI AKI)
.野ばらのひと [日] (SIFFLER SUR LA COLLINE [J])

※カンツォーネとシャンソンのカヴァー・アルバム

 

SOLL-  110  (1975年 CBS SONY – CBSソニー)  30cm LP金井 克子の世界 まがり角の女●三角関係
.野ばらのひと [日] (SIFFLER SUR LA COLLINE [J])

 

SOLL-  110SOLL- 110 SKD- 3878SKD- 387~8a

 

SKD- 3878  (197612月 KING –キング)  30cm 2LP  洋子  カンツォ-ネ全集[後編] (KISHI YOUKO CANZONE Vol.2)
1-
.野ばらのひと [日] (SIFFLER SUR LA COLLINE [J])

 

リカルド・デル・トゥルコ2は82年サンレモ音楽祭の後に続きます


スポンサーサイト

サンレモの歌手たち 201 カルメン・ヴィラーニ2

カルメン・ヴィラーニ (CARMEN VILLANI)

1944年5月21日ボローニャの北北西30kmにある町ラヴァリーノ(Ravarino)生、歌手、女優、ショウ・ガール。

 

SP-1384Carmen Villani 1968 (SP-1384)  

 カルメンがカンツォニッシマ第1回戦で歌ったのはサンレモ音楽祭の入賞曲“ピッコラ・ピッコラ”とブルー・ベル時代の65年にヒットさせた“La verità”を歌い、第2回戦で“イエス”を歌っています。 “ピッコラ・ピッコラ”は世界で50万枚を売り上げ、ニューヨーク、リオ・デ・ジャネイロ、マドリード、パリ、ロンドンなどでコンサート開催、来日し成功をおさめ、ヨーロッパでは“二つのすみれ”もヒットしました。このチェトラ時代の2〜3年間がカルメン・ヴィラーニの絶頂期でした。

 

 

1967年フォニット・チェトラに移籍し、第17回サンレモ音楽祭にピノ・ドナッジォのパートナーとして“この愛に生きて(Io per amore)”で入賞(11位)となり、彼女のメジャー第一歩を歩みだしました。2枚目のシングルは、彼女にとってニ度目の夏のディスク・フェスティヴァルでしたが、“Io ho perduto te”は参加曲に終わり、話題にもなりませんでした。

SP-1335 (Cetra - Fonit Cetra 1967) Io ho perduto te/Grin - Grin - Grin (グリン・グリン・グリン)

 

SP-1335SP-1335 SP-1362SP-1362

 

SP-1362 (Cetra - Fonit Cetra 1968) Mi va di cantare (歌が出る))/ Questa sinfonia

67年のシングル盤は2枚のみで、本格的な活動は翌68年になってからでした。サンレモ音楽祭には出場しませんでしたが、ララ・サン・ポール(Lara Saint Paul)がルイ・アームストロング(Louis Armstrong)と歌った入賞曲“歌が出る(Mi va di cantare)”をカヴァーしています。

 

この年の2枚目が後々彼女の代表作となります。映画のサウンド・トラックにも使われた主題曲です。映画「IL PROFETA(愛の予言者 日本未公開)」にアルマンド・トロヴァヨーリが作ったテーマを歌いました。ブルーベル時代の終わりに同じくトロヴァヨーリが作った映画「アダルトリー・イタリアンスタイル (Adulterio all'italiana」の主題歌“バーダ・カテリーナ (BADA CATERINA)”と同じケースでした。

B面はTVクイズ番組“Su e giù (上と下)”のエンディング・テーマ・ソングで“Non prenderla sul serio”、直訳すれば「真剣にならないでください」で“カッカしないで!”と言ったところでしょうか?

SP-1365 (Cetra - Fonit Cetra 1968) Il profeta (愛の予言者)/Non prenderla sul serio (アップ・アンド・ダウン)

 

SP-1365SP-1365 SP-1366SP-1366 

 

SP-1366 (Cetra - Fonit Cetra 1968) E' la vita di una donnaQuesta sinfonia

 次に出たのが「In Casa」というTV番組の主題歌“E' la vita di una donna”ですが、どの放送局でどんな番組だったか判りません。B面は歌が出る”のB面に使われた曲です。

 

この年5枚出したシングル5枚の内の4番目は夏のディスク・フェスティヴァル参加曲でした。“Per dimenticare (忘れるために)”という曲でしたが入賞できず注目も浴びなかったようです。

SP-1368 (Cetra - Fonit Cetra 1968) Per dimenticare (忘れるために)Uno così

SP-1368SP-1368 


プロフィール

cnz27hrio

Author:cnz27hrio
FC2ブログへようこそ! リンク切れの画像がある場合は、 http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio をご覧ください。

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR