カンツォーネ

カンツォーネ、イタリアン・ポップスの、“出来れば”知られざる話を致しましょう。

 
2
3
5
6
8
9
11
12
14
15
17
18
20
21
23
24
26
27
29
30
06

サンレモの歌手たち 332 マウリツィオとファブリツィオ(+ラ・ビオンダ兄弟) 7

1971年サンレモ音楽祭に非公式ながらマウリツィオとファブリツィオともにラ・ビオンダ兄弟は舞台に上がっています。ラ・ビオンダとしてはサンレモ音楽祭に出場したことがないので、この場で彼らを紹介いたします。

 

☆ ラ・ビオンダ兄弟 (duo, compl) La Bionda

 ラ・ビオンダは、1970年代初頭にカルメロ・ラ・ビオンダとアンジェロ・ラ・ビオンダ兄弟により結成、イタロ・ディスコのスタイルを作った音楽デュオ。歌手、作詞・作曲家、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー。D..サウンド等、他のミュージシャンを加えた複数のプロジェクトを作った。

 

           BR-156111CDBR-156111・CD

 

属レコード会社Ricordi, Baby Records(La BiondaおよびD.D.Soundとして), Durium (The Oceansとして),  CGD (On Airとして), Blond Records, Let It Beat Records [La Bionda Music] (La BiondaおよびMad Boxとして)

サンレモ音楽祭出場1971年マルリツィオファブリツィオのバックとして非公式

サンレモ音楽祭出品1曲:1986年15位“君が愛しすぎて(Innamoratissimo (tu che fai battere forte il mio cuore))

 

・カルメロ・ラ・ビオンダ(Carmelo La Bionda)1949 2 2 日、シチリアの州都カターニアの郊外ラマッカ(a Ramacca)生、歌手、ギタリスト、作詞家、作・編曲家、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー。

 

・アンジェロ・ビオンダ(Angelo La Bionda)、本名ミケランジェロ・ラ・ビオンダ(Michelangelo La Bionda) 1952 8 25 日シチリアの州都カターニアの郊外ラマッカ(a Ramacca)生、歌手、ギタリスト、作詞家、作・編曲家、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー。

 

 1987年ラ・ビオンダとして久々の盤(CD)を出しました。ベビー・レコーズからなので、オリ  ジナル音源の編集ベスト盤とも思えますが、或はセルフカヴァーかもしれません。現物を聞いていないので確証はありません。

 

BR-156111CD (1987 Baby Records - ) CD One For You, One For Me ※ジャケット画像は顔写真画像をご参照

.There For Me (愛のために)

.One For You, One For Me (ワン・フォー・ユー・ワン・フォー・ミー)

.I Wanna Be Your Lover

.Bandido (さすらいのバディード)

.A Moment Of Sunshine

.Sandstorm (サンドストーム)

.High Energy

.You're So Fine

.Black And White (ブラック・アンド・ホワイト)

10.Desert Of Mars

11.Baby Make Love (ベイビー・メイク・ラブ)

12.Johnie Don't Go Away

13.Hey Woman (ヘイ・ウーマン)

14.Moonlight Palais (ムーンライト・パレス)

15.Will She Or Won't She (あなたが望むなら)

 

 94年ベビー・レコーズの原盤はBMGアリオラのRCAイタリアーナに売却されました。直ぐに94年と98年にBMGアリオラから復刻廉価盤シリーズ、リネア・トレからCDが出ました。

 

74321-177512 (1994Linea Tre – BMG Ariola) CD Dancing With La Bionda

74321-177512 (1998 Linea Tre – BMG Ricordi) CD Dancing With La Bionda

.Bandido (さすらいのバディード)

.Black And White (ブラック・アンド・ホワイト)

.High Energy

.Hey Woman (ヘイ・ウーマン)

.Moonlight Palais (ムーンライト・パレス)

.Baby Make Love (ベイビー・メイク・ラブ)

.One For You , One For Me

.You're So Fine

.I Wanna Be Your Lover

10.A Moment Of Sunshine

11.Desert Of Mars

12.There For Me (愛のために)

  74321-17751・2a 74321-177512 74321-17751・2b

 

 94年彼らのヒット曲“ワン・フォー・ユー・ワン・フォー・ミー”の95リミックスMaxiシングルを出しています。

 

LIB-107 (1994 Let It Beat Records - La Bionda Productions) 30cm MAXI 1 For U, One X Me

.(D.J. Fharley Remix)

.(Original Version)

.(Spanish Version)

LIB-107LIB-107  LIB-109LIB-109

LIB-109 (1994 Let It Beat Records - La Bionda Productions) 30cm MAXI Touch The Sky (come Mad Box)

.(Clip Edit)

.(Mad Edit)

.(Diapason Mix)

Mad Boxメンバー:Massimo Zucchelli, Mauro Bonasio, Carmelo & Michelangelo La Bionda

 

 勢い付いて新曲“Touch The Sky”をマッド・ボックス名義で発売、レット・イット・ビートは自分たちのレーベルです。

 

UMD-77565 (1998 Universal - ) CDs La Bionda Featuring  Sandra Gunn &  D.D. Klein - Eeah Dada

UNV-9813 (1998 Universal - ) 30cm MAXI La Bionda Featuring  Sandra Gunn &  D.D. Klein - Eeah Dada

(Mosso Summer Mix)

(Classic Version)

(Mosso Club Mix)

(Playloud Mix)

(Mosso Summer Edit)

UMD-77565UMD-77565  UNV-9813NO IMAGE-WANTED

 

 98年ユニヴァーサル・ミュージックで兄カルメロ・ラ・ビオンダ(Carmelo La Bionda)に女性ヴォーカル2人D.D.クレイン(D.D. Klein)とサンドラ・ガン(Sandra Gunn)でセルフカヴァーしたCDアルバムと、CDシングル、Maxiシングルを出しています。

 

UMD-77566 (1998 Universal - ) CD In Beatween

.Eeah Dada

.One For You One For Me

.Señor Alfredo

.Justify Emotions

.She's Not A Disco Lady (ディスコ・レディ)

.Bandido (さすらいのバディード)

.Chico Is Back In Puerto Rico

.1-2-3-4 Gimme Some More (ギミー・サム・モア)

.Café (カフェ)

10. Believin'

11.Chico Is Back In Puerto Rico (Playloud Mix)

12. Eeah Dada

12a (Mosso Summer Mix)

12b .(Silence)

12c.Believin' (Remix)

12d.(Silence)

12e.Señor Alfredo (Acapella)

12f.(Silence)

UMD-77566UMD-77566 74321-853742(2)74321-85374・2(2)

74321-853742(2) (2002 Flashback – BMG Ricordi) 2CDI Grandi Successi Originali - La Bionda

1-.One For You, One For Me (ワン・フォー・ユー・ワン・フォー・ミー)

1-.High Energy

1-.Moonlight Palais (ムーンライト・パレス)

1-.Baby Make Love (ベイビー・メイク・ラブ)

1-.Hey Woman (ヘイ・ウーマン)

1-.Black And White (ブラック・アンド・ホワイト)

1-.Deserts Of Mars (嘆きの荒野)

1-.Bandido (さすらいのバディード) 

1-.1-2-3-4 Gimme Some More (1~2~3~4ギミー・サム・モア)

1-10.Action

1-11.Listen To My Heart

1-12.Welcome Home (ウェルカム・ホーム)

2-.Tune It Up

2-.I Wanna Be Your Lover

2-.A Moment Of Sunshine

2-.There For Me (愛のために)

2-.You're So Fine

2-.Johnie Don't Go Away

2-.Sandstorm (サンドストーム)

2-.Will She Or Won't She (あなたが望むなら)

2-.Night Flight

2-10.Don't Cry Now

2-11.I Got Your Number

2-12.Cyclone Rock

 

 ベビー・レコーズの原盤権を買収したRCAイタリアーナはアメリカ・ソニーがBMGを買収したため、イタリアでも販売権がソニー・ミュージックとなり2009年編集ベスト盤CDが発売されました。

 

88697463642 (2009 Sony - Sony Music Entertainment) CD La Bionda  ‎Collections

.1-2-3-4 Gimme Some More (ギミー・サム・モア)

.One For You, One For Me (ワン・フォー・ユー・ワン・フォー・ミー)

.Bandido (さすらいのバディード)

.Baby Make Love (ベイビー・メイク・ラブ)

.Hey Woman (ヘイ・ウーマン)

.Johnie Don't Go Away

.Listen To My Heart

. Don't Cry Now

.I Wanna Be Your Lover

10.Cyclone Rock

11.I Got Your Number

12.Black And White (ブラック・アンド・ホワイト)

8869746364288697463642    LA BIONDA Feat. ZILLA   

不明 (201310Red Bullet) Come Back To My Life (Feat Zilla)

 

 2013年ラ・ビオンダはドイツのハノーヴァーで89年に生まれ、本名をクリスティーナ・ヘイン(Christina Hein)、芸名をジッラ(Zilla)をフューチャーした曲“Come Back To My Life”をオランダのレコード会社Red Bulletからリリースしました。

          

 

 

 

ラ・ビオンダの国内盤

SUX-188V (198011 OVERSEAS - テイチク) 30cmLP フーチー・クーチー/D..サウンド& TX115

.ユア・カイド・オブ・ミュージック (YOUR KIND OF MUSIC)

.マイ・バレリ-ナ (MY BALLERINA)

.カフェ (CAFE')

.フーチー・クーチー (HOOTCHIE COOTCHIE)

.ラヴ・ミー・トゥナイト (LOVE ME TONIGHT)

.1、2、3、4ギミ-・サム・モア (1, 2, 3, 4, GIMME SOME MORE)

 ※TX115

SUX-188VSUX-188・V TECX-25372TECX-25372 
 

TECX-25372 (19921121 OVERSEAS - テイチク) CD1~2~3~4ギミー・サム・モア/D.D.サウンド・ベスト・ヒッツ (1, 2, 3, 4, GIMME SOME MORE)

.1~2~3~4ギミ-・サム・モア (1, 2, 3, 4, GIMME SOME MORE)

.カフェ (CAFE’)

.ディスコ・ベース (DISCO BASS)

.ディスコ・ハワイ (HAWAII CALLS ME HOME)

.スィート・フリーダム (SWEET FREEDOM)

.ウイ・ライク・イット (WE LIKE IT)

.ブギー・ベース (BOOGIE BASS)

.バック・ストリート・ベイビー (BACK STREET BABY)

.シーズ・ノット・ア・ディスコ・レディ (SHE IS NOT A DISO LADY)

10.ショー・ミー・ユア・ラヴ (SHOW ME YOUR LOVE)

11.ショッピング・ベイビー (SHOPPING BABY)

12.スロー・モーション (SLOW MOTION)

 

 

 

マウリツィオとファブリツィオ(+ラ・ビオンダ兄弟)は以上です。



スポンサーサイト

サンレモの歌手たち 331 マウリツィオとファブリツィオ(+ラ・ビオンダ兄弟) 6

1971年サンレモ音楽祭に非公式ながらマウリツィオとファブリツィオともにラ・ビオンダ兄弟は舞台に上がっています。ラ・ビオンダとしてはサンレモ音楽祭に出場したことがないので、この場で彼らを紹介いたします。

 

☆ ラ・ビオンダ兄弟 (duo, compl) La Bionda

 ラ・ビオンダは、1970年代初頭にカルメロ・ラ・ビオンダとアンジェロ・ラ・ビオンダ兄弟により結成、イタロ・ディスコのスタイルを作った音楽デュオ。歌手、作詞・作曲家、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー。D..サウンド等、他のミュージシャンを加えた複数のプロジェクトを作った。

 

             BR-50246BR-50246       

 

所属レコード会社Ricordi, Baby Records(La BiondaおよびD.D.Soundとして), Durium (The Oceansとして),  CGD (On Airとして), Blond Records, Let It Beat Records [La Bionda Music] (La BiondaおよびMad Boxとして)

サンレモ音楽祭出場1971年マルリツィオファブリツィオのバックとして非公式

サンレモ音楽祭出品1曲:1986年15位“君が愛しすぎて(Innamoratissimo (tu che fai battere forte il mio cuore))

 

・カルメロ・ラ・ビオンダ(Carmelo La Bionda)1949 2 2 日、シチリアの州都カターニアの郊外ラマッカ(a Ramacca)生、歌手、ギタリスト、作詞家、作・編曲家、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー。

 

・アンジェロ・ビオンダ(Angelo La Bionda)、本名ミケランジェロ・ラ・ビオンダ(Michelangelo La Bionda) 1952 8 25 日シチリアの州都カターニアの郊外ラマッカ(a Ramacca)生、歌手、ギタリスト、作詞家、作・編曲家、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー。

 

D.D.サウンド名義で最後のアルバム「フーチー・クーチー」は80年年間ベスト・アルバム63位になります。

 

BR-56002 (1979 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) The Hootchie Cootchie フーチー・クーチー)

.Your Kind Of Music (ユア・カイド・オブ・ミュージック)

.My Ballerina (マイ・バレリーナ)

.Hootchie-Cootchie (フーチー・クーチー)

.Love Me Tonight (ラヴ・ミー・トゥナイト) 

             BR-56002BR-56002


BR-093 (1979 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Hootchie Cootchie (フーチー・クーチー) (Huci-Cuci)

BR-093BR-093 DISCOMIX-11DISCO・MIX-11

DISCOMIX-11 (1979 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) 30cm MAXI Hootchie-Cootchie (フーチー・クーチー) (Huci-Cuci)

 

D.D.サウンドの“フーチー・クーチー”は79年年間ヒット・ランク59位に入りました。何枚かのシングル盤に30cm45回転のMaxiシングルも発売されています。

 

 ラ・ビオンダのアルバム「High energy」は80年年間ベスト・アルバム42位になります。D.D.サウンドのプロジェクトは“フーチー・クーチー”で役割を終え(81年にシングルとMaxiシングルを出していますが)、この後はラ・ビオンダ名義の盤に戻ります。

 

BR-56001 (1979 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) High energy

.High Energy

.I Got Your Number

.Tune It Up

.Disco Roller

.Listen To My Heart

.Save Your Energy

BR-56001BR-56001 BR-50201BR-50201

BR-50201 (1979 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Disco roller/Tune it up

  Disco roller”は80年年間ヒット・ランク85位に入りました。ランキングの順位が落ちており、飽きられているのが良く判ります。

 

 アルバム「High energy」から2枚目のシングル盤を出しました。

 

BR-50206 (1979 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) I got your number/Listen to my heart 

             BR-50206BR-50206   

 

 ラ・ビオンダのアルバム「I wanna be your lover」は年間ベスト・アルバムのランキングに入らなくなりました。こうやって説明を書く方も特色のある盤が出てこないと、書くことがなくなってしまいます。

 

BR-56018 (1980 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) I wanna be your lover

.I Wanna Be Your Lover

.Johnie Don't Go Away

.Action

.A Moment Of Sunshine

.Night Flight

.You're So Fine

.One Thing's For Sure

.The Cyclone Rock

.Don't Cry Now

                  BR-56018BR-56018 

 

 ラ・ビオンダの“I wanna be your lover”は81年年間ヒット・ランク50位になりました。

 

BR-50229 (1980 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) I wanna be your lover/Action

BR-50229BR-50229 BAB-032BAB-03・2

BAB-032 (1980 Baby Records) I wanna be your lover/Action

 81年ラ・ビオンダとして最後のシングル盤“Boxes”を出します。

 

BR-50246 (1981 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Boxes/La la love you ※ジャケット画像は顔写真画像をご参照

              

 D..サウンドとしても中1年空きましたが、“Wake up in the night”のシングル盤とMaxiシングル盤を出し、このプロジェクトを終了させました。

 

BR-50248 (1981 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Wake up in the night/The night they invented disco

BR-50248BR-50248 BR-54009BR-54009

BR-54009 (1981 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) 30cm MAXI Wake up in the night/The night they invented disco

  84年カルメロ・ラ・ビオンダが初めてソロ歌手としてシングル盤とMaxiシングル盤をCBSディスキのブロンド・レコーズ・レーベルから出しました。BiondaBlondで彼らの興したレーベルとも思えますが、確証はありません。

 

BLDA-4559 (1984 Blond Records - CBS Dischi) I love you/Let's ask the night (solo Carmelo La Bionda)

BLDA-124559 (1984 Blond Records - CBS Dischi) 30cm MAXI I love you/Let's ask the night (solo Carmelo La Bionda)

BLDA-4559BLD・A-4559 BLDA-124559BLD・A-124559

 

 

 4年遡りますが80年からラ・ビオンダは新たな仕事に方向を転換していました。映画音楽の仕事でした。約20年間で13本携わっていたようです(以下ご参照)

 

ラ・ビオンダが関わったサウンドトラック(Colonne sonore)のフィルモグラフィー 

1980 - Poliziotto superpiù (レッドオメガ追撃作戦)

1981 - Chi trova un amico, trova un tesoro

1982 - Bello mio, bellezza mia

1983 - Cane e gatto

1984 - A tu per tu

1985 - Miami Supercops - I poliziotti dell'8ª strada

1987 - Roba da ricchi

1987 - L'estate sta finendo

1991 - Dedra in sogno

1995 - Ragazzi della notte

1997 - Potenza virtuale

1999 - L'ispettore Giusti

2001 - Survivor

 

DAI-30366 (1980 Durium - Durium) Supersnooper (Poliziotto Superpiu')

.Super Snooper

.Bad Guy, Good Guy

.Miami Beach

.Explosion

.Rocket Theme

.Do Ya

.Funky Snooper

.Synth Good Guy

DAI-30366D・AI-30・366 DE-3152DE-3152
DE-3152 (1980 Durium – Durium) Super Snooper [From the Original Soundtrack of the Movie "Super Snooper"]/Do Ya

 

 映画「Poliziotto Superpiu'」と映画「Chi Trova Un'Amico Trova Un Tesoro」ではジ・オーシャンズ(The Oceans)としてサントラを歌っています。

 

BR-56031 (1981 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Chi trova un amico trova un tesoro

.Movin' Crusin'

.Where Do The Children Play

.Zangiacomo's Band

.Music Never Dies

.Corbucci's Island

.No

.Charming Jack

.Sunshine

            BR-56031BR-56031

BR-50250 (1981 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Movin' Cruisin [del film: "Chi Trova Un'Amico Trova Un Tesoro"]/Corbucci's Island

 BR-50250 BR-50250 BR-50250  

 

CGD-10622 (1985 CGD - CGD Messaggerie Musicali) Movies / At The Movies

CGD-10622CGD-10622  CGD-15186CGD-15186

CGD-15186 (1985 CGD - CGD Messaggerie Musicali) 30cm MAXI Movies/At The Movies

 

 またを映画をテーマとした曲“Movies”や映画「Roba da ricchi」ではプロジェクト名オン・エア(On Air[メンバー: Carmelo La Bionda, Manuela Pedratti]としてテーマを歌っていました。

 

CGD-10778 (1987 CGD - CGD Messaggerie Musicali)The Generation Game (tratto dalla colonna sonora del film Roba da ricchi di Sergio Corbucci)/First Generation

CGD-10778CGD-10778  CGD-15345CGD-15345

CGD-15345 (1987 CGD - CGD Messaggerie Musicali) 30cm MAXI The Generation Game (Mix Version) /Last Generation (Clive Mix)

 

 

 

ラ・ビオンダの国内盤

RJ-7609 (19798 PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm LP最新ディスコ・ヒット情報 (DISCO HIT BOMB)

.さすらいのバディート (SONG FOR SMOKEY AND THE BANDIT)

 

RJ-7609RJ-7609  15PR-  13415PR- 13〜4a 

 

15PR-  134 (19799PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm 2LPディスコ大全集 (ALL ABOUT DISCO HITS)

1-.さすらいのバディート (SONG FOR SMOKEY AND THE BANDIT)

 

SFL- 2453 (19791125 PHILIPS - 日本フォノグラム) ベイビー・メイク・ラブ (BABY MAKE LOVE)/ムーンライト・パレス (MOONLIGHT PALAIS)

 

            SFL- 2453SFL- 2453 

 

D.D.サウンド名義)

RJ-7583 (19795PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm LPベスト・オブ・D.D.サウンド (THE BEST OF D.D.SOUND)

.カフェ (CAFE')

.ディスコ・ハワイ (HAWAII CALLS ME HOME)

.ショッピング・ベイビー (SHOPPING BABY)

.1~2~3~4ギミー・サム・モア (1, 2, 3, 4, GIMME SOME MORE)

.ディスコ・ベース (DISCO BASS)

.レッツ・シェアー・ラヴ (LET'S SHARE LOVE)

.ブギー・ベース (BOOGIE BASS)

 

RJ-7583RJ-7583  SFL- 2420SFL- 2420 

 

SFL- 2420 (197975 PHILIPS - 日本フォノグラム) ディスコ・ハワイ (HAWAII CALLS ME HOME)/ディスコ・レディ (SHI'S NOT A DISCO LADY)

 

RJ-7595 (19796 PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm LPディスコ・ヒット・ベスト14 (DISCO HIT BEST 14)

.カフェ (CAFE')

.1~2~3~4ギミー・サム・モア (1, 2, 3, 4, GIMME SOME MORE)

 

RJ-7595RJ-7595  RJ-7609RJ-7609   

 

RJ-7609 (19798 PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm LP最新ディスコ・ヒット情報 (DISCO HIT BOMB)

.ディスコ・ハワイ (HAWAII CALLS ME HOME)

.カフェ (CAFE')

 

15PR-  134 (19799PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm 2LPディスコ大全集 (ALL ABOUT DISCO HITS)

1-.カフェ (CAFE')

1-12.1~2~3~4ギミー・サム・モア (1, 2, 3, 4, GIMME SOME MORE)

 

15PR-  13415PR- 13〜4a  6PP-10026PP-1002   

 

6PP-1002 (19791025 PHILIPS - 日本フォノグラム) 1~2~3~4ギミー・サム・モア (1, 2, 3, 4, GIMME SOME MORE)/ディスコ・ベース (DISCO BASS)

 

SUX-185V (1980525OVERSEAS - テイチク) 30cmLPシー・サイド・ディスコ決定盤 (HADSCHI HALEF OMARDISCO HIT EXPLOSION)

.ラヴ・ミー・トゥナイト (LOVE ME TONIGHT)

15.フーチー・クーチー (HOOTCHIE COOTCHIE)

 

                     SUX-185VSUX-185・V 

 

MA-201V (19807OVERSEAS - テイチク) フーチー・クーチー (HOOTCHIE COOTCHIE)/ フーチー・クーチー [インストゥルメンタル] (HOOTCHIE COOTCHIE)

 

MA-201VMA-201・V  SUX-188VSUX-188・V 

 

SUX-188V (198011 OVERSEAS - テイチク) 30cmLP フーチー・クーチー/D..サウンド& TX115

.ユア・カイド・オブ・ミュージック (YOUR KIND OF MUSIC)

.マイ・バレリ-ナ (MY BALLERINA)

.カフェ (CAFE')

.フーチー・クーチー (HOOTCHIE COOTCHIE)

.ラヴ・ミー・トゥナイト (LOVE ME TONIGHT)

.1、2、3、4ギミ-・サム・モア (1, 2, 3, 4, GIMME SOME MORE)

 ※TX115

 

 

 

この後はマウリツィオとファブリツィオ(+ラ・ビオンダ兄弟)7が次回に続きます


サンレモの歌手たち 330 マウリツィオとファブリツィオ(+ラ・ビオンダ兄弟) 5

1971年サンレモ音楽祭に非公式ながらマウリツィオとファブリツィオともにラ・ビオンダ兄弟は舞台に上がっています。ラ・ビオンダとしてはサンレモ音楽祭に出場したことがないので、この場で彼らを紹介いたします。

☆ ラ・ビオンダ兄弟 (duo, compl) La Bionda

 ラ・ビオンダは、1970年代初頭にカルメロ・ラ・ビオンダとアンジェロ・ラ・ビオンダ兄弟により結成、イタロ・ディスコのスタイルを作った音楽デュオ。歌手、作詞・作曲家、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー。D..サウンド等、他のミュージシャンを加えた複数のプロジェクトを作った。

 

               LPX-016LPX-016             

 

所属レコード会社Ricordi, Baby Records(La BiondaおよびD.D.Soundとして), Durium (The Oceansとして),  CGD (On Airとして), Blond Records, Let It Beat Records [La Bionda Music] (La BiondaおよびMad Boxとして)

サンレモ音楽祭出場1971年マルリツィオファブリツィオのバックとして非公式

サンレモ音楽祭出品1曲:1986年15位“君が愛しすぎて(Innamoratissimo (tu che fai battere forte il mio cuore))

 

・カルメロ・ラ・ビオンダ(Carmelo La Bionda)1949 2 2 日、シチリアの州都カターニアの郊外ラマッカ(a Ramacca)生、歌手、ギタリスト、作詞家、作・編曲家、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー。

・アンジェロ・ビオンダ(Angelo La Bionda)、本名ミケランジェロ・ラ・ビオンダ(Michelangelo La Bionda) 1952 8 25 日シチリアの州都カターニアの郊外ラマッカ(a Ramacca)生、歌手、ギタリスト、作詞家、作・編曲家、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー。

 

 

D.D.サウンドの“ディスコ・ベース”は77年38位の大ヒット、LP「Disco Delivery」は77年年間ベスト・アルバム67位に入ります。次の“1~2~3~4ギミー・サム・モア”は78年年間ヒット・ランク31位、LP「1~2~3~4ギミー・サム・モア」は同年間ベスト・アルバム43位にランクイン。

 

LPX- 21 (1977 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) 1-2-3-4 Gimme Some More! (1~2~3~4ギミー・サム・モア)

.1, 2, 3, 4, Gimme Some More (1~2~3~4ギミー・サム・モア)

.Hawaii Calls Me Home (ディスコ・ハワイ)

.Sweet Freedom (スィート・フリーダム)

.Boogie Bass (ブギー・ベース)

.We Like It (ウイ・ライク・イット)

. So Sad (ソー・サッド)

                LPX- 21LPX- 21 

 

BR-045 (1977 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) 1-2-3-4 Gimme Some More!(1~2~3~4ギミー・サム・モア)!/ We Like It (ウイ・ライク・イット)

BR-045BR-045  DISCOMIX- 3DISCO・MIX- 3

DISCOMIX- 3 (19774 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) 30cm MAXI 1, 2, 3, 4, Gimme Some More (1~2~3~4ギミー・サム・モア)/ We Like It (ウイ・ライク・イット)

 

 第2弾は初回以上でナッジャールはD.D.サウンド計画が大成功だと確信します。ラ・ビオンダは自分の音楽もしたい願望があり、バラード曲も入れたアルバム「サンドストーム(驚異の砂塵)」を78年出しました。アルバムは年間ベスト・アルバム18位のメガ・ヒット。

 

LPX- 24 (1978 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) La Bionda (サンドストーム(驚異の砂塵)/ラ・ビオンダ)

.There For Me (愛のために)

.One For You, One For Me (ワン・フォー・ユー・ワン・フォー・ミー)

.Hey Woman (ヘイ・ウーマン)

.Sandstorm (サンドストーム)

.Song For Smokey And The Bandit (煙と盗賊)

LPX- 24LPX- 24  BR-056BR-056

BR-056 (1978 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) There For Me (愛のために)/ One For You, One For Me (ワン・フォー・ユー・ワン・フォー・ミー)

 

 B面のディスコ曲 “ワン・フォー・ユー・ワン・フォー・ミー” は78年年間ヒット・ランク44位のヒットです。ただ彼らが拘ったA面のバラード曲“愛のために (There For Me)”は当時ヒットをしませんでした。

 

 しかし“愛のためにを81年ダリダ (Dalida)が仏語で“Fini, La Comédie”としてカヴァー、それを2007年パティ・プラヴォー(Patty Pravo)がイタリア語で“Fini la Comédie”で逆カヴァーします。

 

49720 (1981Orlando International Shows – Carrere,France) Fini, La Comédie/ Marjolaine (Dalida)

4972049720  TOCP-50399TOCP-50399

TOCP-50399 (1997ANGEL – 東芝EMI) CDタイム・トゥ・セイ・グッドバイ/サラ・ブライトマン (Time To Say Goodbye)

.ゼア・フォー・ミー (There For Me)

 

 オリジナルの英語版は97年サラ・ブライトマン(Sarah Brightman)がアルバム「Time To Say Goodbye」でカヴァー、それを09年ポール・ポッツ(Paul Potts)がヘイリー・ウェステンラ(Hayley Westenra)と、これもイタリア語の逆カヴァー“Sei Con Me”として歌います。30年の時間を超えて歌われ、ラ・ビオンダもさぞかし満足した事でしょう。

 

  前年のアルバム「1~2~3~4ギミー・サム・モア」からもう1枚シングル・カットされました。

 

BR-065 (1978 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Hawaii Calls Me Home (ディスコ・ハワイ)/ Sweet Freedom (スィート・フリーダム)

               BR-065BR-065

 

 78年D.D.サウンドとして3枚目のアルバム「カフェ」を出し、79年年間ベスト・アルバム16位のメガヒットになります。

 

LPX- 26 (1978 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Cafè (カフェ/D..サウンド)

.Café (カフェ)

.She's Not A Disco Lady (ディスコ・レディ)

.Back Street Baby (バック・ストリート・ベイビー)

.Show Me Your Love (ショー・ミー・ユア・ラヴ)

LPX- 26LPX- 26  BR-069BR-069

BR-069 (1978 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Café (カフェ)/She's Not A Disco Lady (ディスコ・レディ)

 

 シングル・カットされた“カフェ”は79年年間ヒット・ランク55位になりました。

 

 ラ・ビオンダのアルバム「さすらいのバディード」に先駆け、先行シングル・カットで“ベイビー・メイク・ラブ”が発売され、79年年間ヒット・ランク62位になります。B面の“There's no other way”はアルバム未収録です。

 

BR-074 (1978 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Baby Make Love (ベイビー・メイク・ラブ)/There's no other way

BR-074BR-074 BR-085BR-085

BR-085 (1979 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Café (カフェ) (New American version)/ She's Not A Disco Lady (ディスコ・レディ)

 

 D.D.サウンドの“カフェ”も遂にアメリカに上陸、米エナジーで出したパーカッションを利かしたニュー・アメリカン・ヴァージョンを本国イタリアでも出します。

 

LPX- 30 (1979 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Bandido (さすらいのバディード)

.Deserts Of Mars (嘆きの荒野)

.Welcome Home (ウェルカム・ホーム)

.Moonlight Palais (ムーンライト・パレス)

.Baby Make Love (ベイビー・メイク・ラブ)

.Bandido (さすらいのバディート)

.Black And White (ブラック・アンド・ホワイト)

.Never Gonna Let You Go (ネバー・ゴナ・レット・ユー・ゴー)

.Will She Or Won't She (あなたが望むなら)

                LPX- 30LPX- 30 

 

 ラ・ビオンダ・ディスコ・アルバムとしては2枚目(BRの3枚目)が「さすらいのバディード」でした。79年年間ベスト・アルバム23位の大ヒット。

 

BR-084 (1979 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Bandido (さすらいのバディード)/ Welcome Home (ウェルカム・ホーム)

BR-084BR-084  DISCOMIX-10DISCO・MIX-10

DISCOMIX-10 (19794 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) 30cm Maxi Bandido (さすらいのバディード) (Spring Disco Mix/ Welcome Home (ウェルカム・ホーム) (Spring Disco Version)

 

 

 

ラ・ビオンダの国内盤

RJ-7511 (197810PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm LP サンドストーム(驚異の砂塵)/ラ・ビオンダ (SANDSTORM)

.愛のために (THERE FOR ME)

.ワン・フォー・ユー・ワン・フォー・ミー (ONE FOR YOU, ONE FOR ME)

.ヘイ・ウーマン (HEY WOMAN)

.サンドストーム (SANDSTORM)

.煙と盗賊 (SONG FOR SMOKEY AND THE BANDIT)

 

RJ-7511RJ-7511 SFL- 2325SFL- 2325

 

SFL- 2325 (197811 PHILIPS - 日本フォノグラム) サンドストーム (SANDSTORM)/愛のために (THERE FOR ME)

 

RJ-7548 (1978 PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm LP ディスコ・フィーバー'8'79D..サウンド、サンタ・エスメラルダほか (Disco Fever '78~'79)

.サンドストーム(驚異の砂塵)

 

RJ-7548RJ-7548.jpg  SFL- 2360SFL- 2360

 

SFL- 2360 (19791 PHILIPS - 日本フォノグラム) ワン・フォー・ユー・ワン・フォー・ミー (ONE FOR YOU, ONE FOR ME)/ヘイ・ウーマン (HEY WOMAN)

 RJ-7565 (19793PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm LP ザ・ディスコ (THE DISCO)

.ワン・フォー・ユー・ワン・フォー・ミー (ONE FOR YOU, ONE FOR ME)

           RJ-7565NO IMAGE-WANTED


SFL- 2407 (1979525 PHILIPS - 日本フォノグラム) さすらいのバンディード (BANDIDO)/ムーンライト・パレス (MOONLIGHT PALAIS) 

 SFL- 2407SFL- 2407 PJ-7592RJ-7592

 

RJ-7592 (19796PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm LP さすらいのバディート (SONG FOR SMOKEY AND THE BANDIT)

.嘆きの荒野 (DESERTS OF MARS)

.ウェルカム・ホーム (WELCOME HOME)

.ムーンライト・パレス (MOONLIGHT PALAIS)

.ベイビー・メイク・ラブ (BABY MAKE LOVE)

.さすらいのバディート (SONG FOR SMOKEY AND THE BANDIT)

.ブラック・アンド・ホワイト (BLACK AND WHITE)

.ネバー・ゴナ・レット・ユー・ゴー (NEVER GONNA LET YOU GO)

.あなたが望むなら (WILL SHE OR WON'T SHE)

 

D.D.サウンド名義)

SFL- 2390 (197925 PHILIPS - 日本フォノグラム) カフェ (CAFE')/バック・ストリート・ベイビー (BACK STREET BABY)

 

SFL- 2390SFL- 2390  RJ-7563RJ-7563

 

RJ-7563 (19793PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm LP カフェ/D..サウンド (CAFE'!)

.カフェ (CAFE')

.ディスコ・レディ (SHI'S NOT A DISCO LADY)

.バック・ストリート・ベイビー (BACK STREET BABY)

.ユア・ラヴ (SHOW ME YOUR LOVE)

この後はマウリツィオとファブリツィオ(+ラ・ビオンダ兄弟)6が次回に続きます

           


サンレモの歌手たち 329 マウリツィオとファブリツィオ(+ラ・ビオンダ兄弟) 4

1971年サンレモ音楽祭に非公式ながらマウリツィオとファブリツィオともにラ・ビオンダ兄弟は舞台に上がっています。ラ・ビオンダとしてはサンレモ音楽祭に出場したことがないので、この場で彼らを紹介いたします。

 

☆ ラ・ビオンダ兄弟 (duo, compl) La Bionda

 ラ・ビオンダは、1970年代初頭にカルメロ・ラ・ビオンダとアンジェロ・ラ・ビオンダ兄弟により結成、イタロ・ディスコのスタイルを作った音楽デュオ。歌手、作詞・作曲家、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー。D..サウンド等、他のミュージシャンを加えた複数のプロジェクトを作った。

 

                    SRL-10759SRL-10・759                                

 

所属レコード会社Ricordi, Baby Records(La BiondaおよびD.D.Soundとして), Durium (The Oceansとして),  CGD (On Airとして), Blond Records, Let It Beat Records [La Bionda Music] (La BiondaおよびMad Boxとして)

サンレモ音楽祭出場1971年マルリツィオファブリツィオのバックとして非公式

サンレモ音楽祭出品1曲:1986年15位“君が愛しすぎて(Innamoratissimo (tu che fai battere forte il mio cuore))

 

・カルメロ・ラ・ビオンダ(Carmelo La Bionda)1949 2 2 日、シチリアの州都カターニアの郊外ラマッカ(a Ramacca)生、歌手、ギタリスト、作詞家、作・編曲家、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー。

 

・アンジェロ・ビオンダ(Angelo La Bionda)、本名ミケランジェロ・ラ・ビオンダ(Michelangelo La Bionda) 1952 8 25 日シチリアの州都カターニアの郊外ラマッカ(a Ramacca)生、歌手、ギタリスト、作詞家、作・編曲家、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー。

 

 

 

 デビューしたアコースティックなフォークでは成功せず、作曲に励みます。ブルーノ・ラウツィやバルダン・ベンボとミア・マルティーニに曲を提供しています。

 アルバム「NEL MONDO, UNA COSA (カンツォーネのプリマドンナ)」では3曲“白い雪(NEVE BIANCA)”、“もうひとりの男(UN UOMO IN PIÙ)”、“いとしいあなた(Piccolo )”を提供。特に“いとしいあなたは72年年間ヒット・ランク15位のメガ・ヒットになりました。

 

SRL-10669 (1972Ricordi - Dischi Ricordi) Piccolo Uomo/Madre (Mother - John Lennon)

                    SRL-10669SRL-10・669  

 

 その後、“あなたに夢中(Mi Piace)”、“あなたが望むなら(Gentile Se Vuoi)”、“女友達(Amica)”とコンスタントに曲を提供。オルネラ・ヴァノーニにはアルバム「DETTAGLI(1973)に“夏のふたり(Come L'Estate)”、ロザンナ・フラテルロのアルバム「カンツォーネの新しいバラ(...Sono Nata In Un Paese Molto Lontano...)(1973) に“夜のめぐり逢い(Stasera Tu Ed Io)”、“水車小屋(Il Mulino)”を、ジョヴァンナ(Giovanna)に“QUANTO AMORE(1973)、先輩ブルーノ・ラウツィのアルバム「LAUZI OGGI(1974)に2曲“Passa Il Tempo”、“Photograph Man”提供、ライターとしての実力が認められます。

 

 75年リコルディで2枚目のアルバムを作ります。ロンドンのアップルスタジオで、キーボードはローリング・ストーンズのツアー同行後のニッキー・ホプキンス(Nicky Hopkins)を迎えていますが、彼らには遠い道程です。

 

SMRL-6171 (1975Ricordi - Dischi Ricordi) Ogni volta che tu te ne vai

.Ogni Volta Che Tu Te Ne Vai

.Tutto Va Bene

.Voci Del Giorno E Della Notte

.Lo Devi Fare

.Jo

.Vieni A Tempo

.Storia Di Marzo

.Non Mi Svegliare

.Prigioniera

10.Il Tuo Deserto

                     SMRL-6171SMRL-6171    

SRL-10759 (1975Ricordi - Dischi Ricordi) Ogni volta che tu te ne vai/Prigioniera ※ジャケット画像は顔写真画像をご参照

 

 アルバム・タイトル曲をシングル・カットします。これがリコルディで最後の盤でした。この年のファブリツィオ・デ・アンドレのアルバム「Fabrizio De André Vol. 8」に二人はギタリストとして参加します。フランチェスコ・デ・グレゴリ(Francesco De Gregori)にも関わっている記述がWikiにありますが確認できません。

 

 74年にエジプト系イタリア人フレディ・ナッジャール(Freddy Naggiar)が興したベビー・レコーズ(Baby Records 以下BRと略)から77年世界から注目を浴びるレコードを出します。空白の76年ですが、調べるとBRの歌手でチュニジア系フランス人俳優・監督ジョスリン(Jocelyn)の曲をブルーノ・ラウツィと共作したり編曲をし、BRに関わっています。

 

 ナッジャールはバブルガム・サウンド後の新しい音楽を作るという望みと、他社で埋もれた才能を見つける嗅覚、外国生まれの歌手、イタリア人に外人風の芸名を付け英語で歌わせる商才が備わっていました。

 

 BRの最初の成功はアメリカから流れて来たスティーヴン・シュラックス(Stephen Schlaks)の“ブルー・ドルフィン(Blue Dolphin)”でした。その後ラ・ビオンダのイタロ・ディスコで大当たり、80年代にはロンド・ヴェネチアーノ(Rondo' Veneziano)をデビューさせ、その頃には大物歌手の移籍が集中します。リッキとポーヴェリ、アル・バーノ&ロミナ・パワー、マルが入ります。

 

 82年には新たな“アイ・ライク・ショパン”のガゼボ(Gazebo)、85年デン・ハーロー(Den Harrow)がデビュー、ジリオラ・チンクェッティもBRから85年サンレモ音楽祭に出ています。ペピーノ・ディ・カプリも在籍、87年レ・オルメ(Le Orme)等が入り80年代の主要レーベルになります。

 

 しかし時代の変化は恐ろしく、隆盛を誇ったBRも94年に閉鎖されます。さてベビー・レコーズの歴史はこれまで、ラ・ビオンダの最も旬だった時代に話を戻します。

 

 BR移籍第一弾のアルバム・タイトル曲“Tutto Va Bene”は従来のアコースティックなフォーク調、良く言えば時代遅れのギルバート・オサリヴァン“アローン・アゲイン”風でした。“Non Mi Svegliare”では英国のニッキー・ホプキンス作曲以外は自作でしたが、彼らは注目をされません。

 

LPX-016 (1977 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Tutto va bene

.Prisoner

.Ogni Volta Che Tu Te Ne Vai

.Tutto Va Bene

.Lo Devi Fare

.Hey Jo

.Come Down Easy

.Storia Di Marzo

.Non Mi Svegliare

.Voci Del Giorno E Della Notte

10.Il Tuo Deserto

LPX-016LPX-016   BR-027BR-027

BR-027 (1977 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Prisoner/Come down easy

 

 移籍第一弾のアルバムからシングル・カットして発売します。

 

当時の欧州はジョルジョ・モロダー(名前の通りイタリア人)等が、ドイツのミュンヘンでドナ・サマー、シルヴァー・コンヴェンション達へディスコ用の単純で軽快な曲を制作、流行せていました。ナッジャールはラ・ビオンダにこれを歌わせます。ただリスクが大きいので、本場ミュンヘンのスタジオ・ミュージシャン使った別名のプロジェクトを先行させ、イタリア向けに状況を見て従来名のラ・ビオンダの盤を出すことにしました

 

 こうして生まれたのがD.D.サウンドでした。“ディスコ・ベース”は77年38位の大ヒット、LP「Disco Delivery」は77年年間ベスト・アルバム67位に入ります。

 

LPX-018 (1977 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Disco Delivery (pubblicato all'estero con il titolo Burning Love e la scaletta dei brani modificata)

.Burning Love (バーニング・ラブ)

.Shopping Baby (ショッピング・ベイビー)

.Disco Bass (ディスコ・ベース)

.Let's Share Love (レッツ・シェアー・ラヴ)

.Slow Motion (スロー・モーション)

LPX-018LPX-018   BR-031 BR-031  

BR-031 (1977 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Disco Bass (ディスコ・ベース)/ Disco Bass (ディスコ・ベース) (instrumental)

 

BR-041 (1977 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Burning Love (バーニング・ラブ)/ Shopping Baby (ショッピング・ベイビー)

BR-041BR-041   DISCOMIX- 2DISCO・MIX- 2

DISCOMIX- 2 (1977 Baby Records - CGD Messaggerie Musicali) Burning Love (バーニング・ラブ)/ Shopping Baby (ショッピング・ベイビー)

 

 

 

ラ・ビオンダの国内盤

D.D.サウンド名義)

SFL- 2273 (19786 PHILIPS - 日本フォノグラム) ディスコ・ベース (DISCO BASS)/ディスコ・ベース (パート2) (DISCO BASS (Part.2))

 

SFL- 2273SFL- 2273 SFL- 2290SFL- 2290

 

SFL- 2290 (19787 PHILIPS - 日本フォノグラム) 1~2~3~4ギミー・サム・モア (1, 2, 3, 4, GIMME SOME MORE)/ブギー・ベース (BOOGIE BASS)

 

RJ-7384 (19787PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm LP 1~2~3~4ギミー・サム・モア (1, 2, 3, 4, GIMME SOME MORE)

.1~2~3~4ギミー・サム・モア (1, 2, 3, 4, GIMME SOME MORE)

.ディスコ・ハワイ (HAWAII CALLS ME HOME)

.スィート・フリーダム (SWEET FREEDOM)

.ブギー・ベース (BOOGIE BASS)

.ウイ・ライク・イット (WE LIKE IT)

.ソー・サッド (SO SAD)

RJ-7384RJ-7384 RJ-7508RJ-7508

 

RJ-7508 (19789PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm LPディスコ・ベース/D.D.サウンド (DISCO BASS)

.バーニング・ラブ (BURNING LOVE)

.ショッピング・ベイビー (SHOPPING BABY)

.ディスコ・ベース (DISCO BASS)

.レッツ・シェアー・ラヴ (LET'S SHARE LOVE)

.スロー・モーション (SLOW MOTION)

 

RJ-7510 (197811PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm LP ウルトラ・ディスコ・ダイナマイト! (ULTRA DISCO DYNAMITE!)

.ディスコ・ベース (DISCO BASS)

.1~2~3~4ギミー・サム・モア (1, 2, 3, 4, GIMME SOME MORE)

 

RJ-7510RJ-7510  RJ-7548RJ-7548.jpg

 

RJ-7548 (1978 PHILIPS - 日本フォノグラム) 30cm LP ディスコ・フィーバー'8'79D..サウンド、サンタ・エスメラルダほか (Disco Fever '78~'79)

.1~2~3~4ギミー・サム・モア (1, 2, 3, 4, GIMME SOME MORE)

 

 

 

この後マウリツィオとファブリツィオ(+ラ・ビオンダ兄弟)5が次回に続きます

サンレモの歌手たち 328 マウリツィオとファブリツィオ(+ラ・ビオンダ兄弟) 3

★マウリツィオとファブリツィオ (duo) Maurizio & Fabrizio

1970年代初頭に活動していた兄弟デュオ・チーム。

 

CDE-10274CDE-10274  SP-1777SP-1777 

 

・マウリツィオ (Maurizio)

本名マウリツィオ・ファブリツィオ (Maurizio Fabrizio) 1952316 日ミラノ生、歌手、作曲家、指揮・編曲者、音楽プロデューサー。仇名ムーシ (Mushi)は余り使われず。

所属レコード会社:CBS

サンレモ音楽祭出場1回:1971年参加

 

・ファブリツィオ (Fabrizio)

本名サルヴァトーレ・ファブリツィオ(Salvatore Fabrizio1948830日にミラノ生、歌手、作詞・作曲家、音楽プロデューサー。芸名ポピ(Popi)としても知られています。

所属レコード会社:CBS, Fonit Cetra

サンレモ音楽祭出場1回:1971年参加

 

 

 1978年コメ・イル・ヴェントがポリドールの傘下に入ったことから、ミア・マルティーニは出来て3年しかたっていないWEAイタリアーナに移籍、翌79年にバルダン・ベンボのアルバムとシングル盤はポリドールから発売されました。

 

 79年にプーのプロデューサーだったジャンカルロ・ルカリエッロ (Giancarlo Lucariello) が興したパラディーゾ(Paradiso)はリカルド・フォッリ(Riccardo Fogli)、ヴィオラ・ヴァレンティーノ(Viola Valentino)、ジャンニ・トーニ(Gianni Togni)を擁し、ディストリビューションをCGDに委託しました。ファブリツィオ兄弟は彼らのアレンジ、楽団指揮の仕事を始めます。

 

 この頃兄サルヴァトーレは日本のTVアニメ「みつばちマーヤの冒険(L'ape Maia)」のイタリア版テーマなど多くのTV番組主題歌の作曲をしています。

 

 ポリドールとは方向性が違ったか、独立性が失われたのか、80年には独立レーベルとしてCGDにディストリビューションを任し、マルリツィオ・ファブリツィオはアルバムとシングル盤を発売しました。コメ・イル・ヴェントがレコード会社として出した最後の盤となりました。

 

CDE-10274 (1980 Come Il Vento - CGD Messaggerie Musicali) Segui me/Quando parlo di me ※ジャケット画像は顔写真画像をご参照

 

CDE-20221 (1980 Come Il Vento - CGD Messaggerie Musicali) Personaggi

.San Paolo  

.Quando Parlo Di Me  

.Il Violinista  

.Segui Me  

.L'Amore Non E Una Canzone  

."Ai Due Cialtroni"  

.L' Irlanda  

.Lalla 

 

             CDE-20221CDE-20221 

 

 ダリオ・バルダンベンボが81年に出したアルバムは、ディストリビューションを負っていたCGDからでした。音楽出版社としてコメ・イル・ヴェントは残りましたが、90年代の半ばにフォノグラム・グループに買取られています。

 

 兄サルヴァトーレは別の道を歩みだしたようで、82年フォニット・チェトラからポピ・ファブリツィオとして久々にシングル盤を出しています。

 

SP-1777 (1982Fonit Cetra - Fonit Cetra) Valentina/Nel Cielo (come Popi Fabrizio) ※ジャケット画像は顔写真画像をご参照

 

 兄は86年ポリグラムの芸術監督に就任し、ズッケロ (Zucchero)、ファビオ・コンカート(Fabio Concato)、ロサーナ・カザーレ(Rossana Casale)、ビアジョ・アントナッチ (Biagio Antonacci) 等、90年からBMGイタリアーナの芸術監督に就任、ピトゥーラ・フレスカ(I Pitura Freska)、ジョルジァ(Giorgia)他の新たな才能の発掘、育成をしました。

 

 95年自分のレコード会社PPMを設立し、レアンドロ・バルソッティ (Leandro Barsotti)、リサ (Lisa)などサンレモ音楽祭に出場させています。21世紀に入り、アフリカの諸問題に係るNGOに従事し、社会貢献活動に携わっています。

 

 弟マウリツィオはプロデューサー、アレンジャーとして続けマティア・バザール(Matia Bazar)の「レッド・コーナー(Red Corner)」はじめ、ミエッタ (Mietta)、カテリーナ・カセルリ(Caterina Caselli)、レナート・ゼロ(Renato Zero)、アル・バーノ(Al Bano)、スパーニャ(Spagna)ほか名だたる歌手と仕事をしています。

 

 21世紀に入りマッシーモ・ラニエリ (Massimo Ranieri)、アントネッロ・ヴェンディッチ(Antonello Venditti)、エロス・ラマッゾッティ(Eros Ramazzotti)等ともコラボレーションをしています。

 

 久々2011年女優カティア・アスタリタ (Katia Astarita)とコラボレーションしたCDを発売し、歌手としての存在をしめしました。

 

4029759071679 (2011Ottododici - Edel Music) Bella la vita - MAURIZIO FABRIZIO / KATIA ASTARITA

.Bella la vita

.Che sa di sale

.I migliori anni della nostra vita

.Acquarello

.Almeno tu nell'universo

.Profuma l'aria e dolce e tenero e' il vento

.Rosa (colonna sonora del film "Repuestos")

           40297590716794029759071679 

 

 

マウリツィオとファブリツィオは以上です。

 

 

 


1971年サンレモ音楽祭に非公式ながらマウリツィオとファブリツィオともにラ・ビオンダ兄弟は舞台に上がっています。ラ・ビオンダとしてはサンレモ音楽祭に出場したことがないので、この場で彼らを紹介いたします。

☆ ラ・ビオンダ兄弟 (duo, compl) La Bionda

 ラ・ビオンダは、1970年代初頭に結成された音楽デュオ。

 

                SRL-10698SRL-10・698 

 

所属レコード会社Ricordi, Baby Records(La BiondaおよびD.D.Soundとして), Durium (The Oceansとして),  CGD (On Airとして), Blond Records, Let It Beat Records [La Bionda Music] (La BiondaおよびMad Boxとして)

サンレモ音楽祭出場1971年マルリツィオファブリツィオのバックとして非公式

サンレモ音楽祭出品1曲:1986年15位“君が愛しすぎて(Innamoratissimo (tu che fai battere forte il mio cuore))

 

・カルメロ・ラ・ビオンダ(Carmelo La Bionda)1949 2 2 日、シチリアの州都カターニアの郊外ラマッカ(a Ramacca)生、歌手、作詞家、ギタリスト、作・編曲家、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー。

 

・アンジェロ・ビオンダ(Angelo La Bionda)本名ミケランジェロ・ラ・ビオンダ (Michelangelo La Bionda) 1952 8 25 日シチリアの州都カターニアの郊外ラマッカ(a Ramacca)生、歌手、ギタリスト、作詞家、作・編曲家、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー。

 

 シチリア出身と言うこと以外、生い立ちについては不明です。二人とも十代の後半にはミラノに住んでいます。明確なことはサルヴァトーレとマウリツィオ・ファブリツィオ兄弟がマルリツィオとファブリツィオとして兄弟デュオでデビューする1969年後半頃、彼らの近所に住んでいる音楽仲間だったと言うことです。

 

  ファブリツィオ兄弟にバンドに誘われてラ・ビオンダ兄弟はギタリストとして参加、やがてダリオ・バルダンベンボ(Dario Baldan Bembo) がキーボード、ドラムのフリオ・ボッゼッティ(Furio Bozzetti)が加わります。

 

 マウリツィオとファブリツィオとして70年デビューし、翌71年彼らはサンレモ音楽祭に“恋するふたり(Andata e ritornoでプロタゴニスティ(Protagonisti)がパートナーで出場しました。ラ・ビオンダ兄弟もバック・バンドとして出演しました。Panini出版Eddy Anselmi Festival di Sanremo p.752

 

 71年はバンドの出場が多いのを嫌ったのか、マルクとマルタ (Mark & Martha)も実際はスフラッシュ (The Splash)というバンドでしたが、デュエット扱いにされています。

 

 ラ・ビオンダも影の存在としてサンレモ音楽祭の舞台に上った彼らですが、表舞台に出るにはもう少し時間がかかります。ライターとしての仕事が先で、71年4月に出たカマレオンティのシングル盤B面の曲“Il Primo Del Mese”を兄弟と作詞家ルイジ・アルベルテッリ(Luigi Albertelli)が作っています。

 

 アルベルテッリを中心にファブリツィオ兄弟、ダリオ・バルダンベンボ、ブルーノ・ラウツィらとライターの仕事を広げていきます。 

 

 ウィキペディアではスタジオ・ミュージシャンをしながら、現代音楽と新しいトレンド音楽祭I Festival di musica d'avanguardia e di nuove tendenze)に出場したことになっています。音楽祭のウィキペディアでは、71〜74年までローマのタイタン・クラブで開催されたようで、日本で知られているプログレ、イタリア・ロックの面々が名を連ねていますが、ラ・ビオンダの名前は見つかりませんでした。

 

 ラ・ビオンダ兄弟は72年リコルディと契約し、レコードを出しています。プロデュースと作詞をブルーノ・ラウツィ、ラ・ビオンダ兄弟が作曲したアコースティックなフォークのアルバムでした。7、9が演奏のみで、バルダン・ベンボがキーボードを担当、6にエウジェニオ・フィナルディ (Eugenio Finardi) がハーモニカで参加しています。79年再発売のジャケットは写真を使ったものでした。

 

SMRL-6099 (197212Ricordi - Dischi Ricordi) Fratelli La Bionda s.r.l.

.Il Primo Giorno Dell'Anno

.La Diligenza

.Che Dispiacere Questa Città

.Il Coniglio Rosa

.Al Nord

.Io E Zaffaroni

.Stills [strumentali]

.Devo Andare

.Rag. [strumentali]

10.Al Mercato Dei Fiori

11.Il Primo Giorno Dell'Anno (Ripresa)

 SMRL-6099 SMRL-6099 SMRL-6099b  

 

 


SRL-10698 (1973Ricordi - Dischi Ricordi) Chi (È Più Solo Di Così)/Fragole e Nostalgia ※ジャケット画像は顔写真画像をご参照

アルバムと同じメンバー、A面がブルーノ・ラウツィ作詞、ラ・ビオンダ兄弟の作曲、B面は二人の自作です。

 
      

 

この後はマウリツィオとファブリツィオ(+ラ・ビオンダ兄弟)4が次回に続きます

サンレモの歌手たち 327 マウリツィオとファブリツィオ(+ラ・ビオンダ兄弟) 2

★マウリツィオとファブリツィオ (duo) Maurizio & Fabrizio

1970年代初頭に活動していた兄弟デュオ・チーム。

 

ZCVE-50424ZCVE-50424  ZBC-7016ZBC-7016

 

・マウリツィオ (Maurizio)

本名マウリツィオ・ファブリツィオ (Maurizio Fabrizio) 1952316 日ミラノ生、歌手、作曲家、指揮・編曲者、音楽プロデューサー。仇名ムーシ (Mushi)は余り使われず。

所属レコード会社:CBS

サンレモ音楽祭出場1回:1971年参加

 

・ファブリツィオ (Fabrizio)

名サルヴァトーレ・ファブリツィオ(Salvatore Fabrizio1948830日にミラノ生、歌手、作詞・作曲家、音楽プロデューサー。芸名ポピ(Popi)としても知られています。

所属レコード会社:CBS, Fonit Cetra

サンレモ音楽祭出場1回:1971年参加

 

 72年ラ・ビオンダ兄弟はリコルディからアルバム「Fratelli La Bionda s.r.l.」(マリオ・バルダン・ベンボが4曲キーボードで参加)でレコードデビューします。

 

※ラ・ビオンダ兄弟は71年サンレモ音楽祭に非公式ながら出場しています(以降は正式出場がないため)ので、サブ項目を設け紹介します。

 

 73年ミア・マルティーニの3rd.アルバム「Il Giorno Dopo (愛のメヌエット/ミア・マルティーニ)」以降(バルダン・ベンボは4th,,ラ・ビオンダ兄弟は5th.まで)、マウリツィオはミアがリコルディを去る6th.までアルバムに作曲を提供しました。

 

 彼らは自分たちの音楽出版社を作ってから5年、ラ・ビオンダ兄弟は72年にリコルディからアルバム・デビューしラ・ビオンダの道を進みましたが、同じ名前のレコード会社を設立します。RCAイタリアーナの傘下に入り75年5月ダリオ・バルダンベンボのレコード“.Aria”を出しました。75年年間ヒット・ランク23位の大ヒット、アルバムも年間ベスト・アルバム39位になり大成功でした。

 

 マウリツィオは74年オルネラ・ヴァノーニに“愛ゆえの彷徨(Fammi Andare Via)”、75年にはRCAイタリアーナの傘下に入ったおかげかパティ・プラヴォーに“Incontro”を提供し、一層作曲の幅を広げていきます。

 

 第2弾のレコードはファブリツィオ・マウリツィオの盤でした。全曲兄サルヴァトーレと共作でアルバム「Azzurri orizzonti」を出します。

 

ZSCVE-55743 (1975 Come Il Vento – RCA Italiana) Azzurri orizzonti

.Azzurri Orizzonti

.Storia Di Qualcuno

.Se Non Avessi Giulia

.Wendy

.Mexico

.Angela D.

.Campesino

.Piccola Canzone

ZSCVE-55743ZSCVE-55743  ZCVE-50421ZCVE-50421

ZCVE-50421 (1975 Come Il Vento – RCA Italiana) Azzurri orizzonti/Se non avessi Giulia

 

 同時にアルバム・タイトル曲“Azzurri orizzonti”と“Se non avessi Giulia”をシングル・カットして発売しています。

 

 レコード会社としては二人だけの歌手の盤を交互にだします。次はバルダン・ベンボでアルバム「Crescendo」とシングル・カットの“Crescendo/Gabbiani”を出します。B面が76年年間ヒット・ランク90位に、アルバムは91位になりました。 翌76年マウリツィオのシングルが出ます。会社はバルダン・ベンボの稼ぎが頼みとなっています。

 

ZCVE-50424 (1976Come Il Vento – RCA Italiana) Candy/Piccola canzone ※ジャケット画像は顔写真画像をご参照

 

 そこで助け舟となったのが、ミア・マルティーニでした。彼女がブレイクした時のアルバム制作に関わった事と、リコルディとの方針の違いで軋轢が生じ、旧知の友がいるコメ・イル・ヴェントに移籍してきました。

 

 ここで2年間に2枚のアルバムとシングル3枚を出します。ランク・インしたのはアルバム「Che vuoi che sia... se t'ho aspettato tanto」が76年年間ベスト・アルバム65位になったのみでした。コメ・イル・ヴェントへの移籍は評価が分かれるかもしれません。

 

 マウリツィオは新たな才能の必要性を痛感します。74年にRCAイタリアーナからデビューしたカンタウトゥーリ、アンジェロ・ブランドゥアルディ(Angelo Branduardi)に惚れ込みます。ヴァイオリンやギターを奏でながら中世の吟遊詩人のように歌います。

 

 マウリツィオは75〜80年までのアルバムのアレンジャーをします。年間ベスト・アルバム、2枚目が76年年間ベスト・アルバム85位、2、3枚目が共に77、78年2枚が5位、79年14位になる大成功と、お目出度い話なのですが、レコード会社も音楽出版社もコメ・イル・ヴェントではなく、会社には何の利益もないどころか、色々な出費が嵩み経営が急激に悪化します。

 

 弟との共作で名前が出るくらい大人しかった兄サルヴァトーレも社の窮地から彼らの出世作となったドナテッロのヒット曲“恋のとりこ(Malattia D'Amore)”をポピー・ファブリツィオ(Popy Fabrizio)名でカヴァーしたシングル盤を出します。経営面で効果があったとも思えません。

 

ZBC-7016 (1977 Come Il Vento – RCA Italiana) Malattia D'Amore/Campesino (come Popy Fabrizio) ※ジャケット画像は顔写真画像をご参照

              

 社長デル・ヴェッキオはブランドゥアルディの所属がポリドールであったこともあり、フォノグラムの傘下に入りポリドール・レーベルでレコードを出す選択をします。

 

 ブランドゥアルディに触発されて作ったプログレシブ・ロックで、ブランドゥアルディがヴァイオリンで参加しています。英語タイトル「Movements in the sky」でドイツ盤も出ています。

 

2448-075 (1978 Polydor - Phonogram) Movimenti nel cielo

200-248 (1978 Musiza - ) Movements in the sky (stampato in Germania)

.Cielo

.Pianeti

.Danza delle stelle

.Movenze degli anelli di Saturno

.Episodio lunare

6..Cielo

.Movimenti del cielo

..Il sole

.Nascita dei nuovi satelliti

10.Sputnik suite

11.Danza delle stelle
12.Movimenti del cielo

2448-0752448-075
 200-248200-248

 

この頃にマルリツィオが出したレコードが一番アグレッシブだったかもしれません。

 

2448-091 (1979 Polydor - Phonogram) Primo

.Grande Re

.Oltre I Confini Del Cielo

.Canzone A Lucia

.Aquilone

.Rosso L'ottobre

.Bandiera

.Buon Padre

.Attraversando I Tuoi Sentieri

.Quando Arriverà La Neve

10.Piccolo Re

2448-0912448-091 2060-2042060-204

2060-204 (1979 Polydor - Phonogram) Grande re/Buon padre

 

 バルダン・ベンボとブランドゥアルディの影響を受けたアルバムです。

 


 

マウリツィオとファブリツィオの国内盤(パルティチェッレのメンバーとして)

パルティチェッレの国内盤

DY-4606-1 (19714 SEVEN SEAS - キング) 30cmLP21回サンレモ音楽祭14ダイジェスト盤 (FESTIVAL DI SAN REMO 1971 DIGEST)

.ケ・サラ (CHE SARA')

 

DY-4606-1DY-4606-1 GW- 11920GW- 119~20a

 

GW- 11920 (1971 51 SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LP21回サンレモ音楽祭 (FESTIVAL DI SAN REMO 1971)

1-.ケ・サラ (CHE SARA')

 

MAX-  13 (1972610 SEVEN SEAS - キング) 30cmLP サン・レモ・ヒッツMAX20 (SAN REMO HITS MAX20)

.ケ・サラ (CHE SARA')

 

MAX-  13MAX- 13 GEM-  256GEM- 25~6a

 

GEM-  256 (19721025 SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LP GEMベスト・オブ・カンツォーネ (THE BEST OF CANZONE)

1-.ケ・サラ (CHE SARA')

 

MAX-  34 (19739 SEVEN SEAS - キング) 30cmLP ベスト・オブ・カンツォーネ (THE BEST OF CANZONE)

12.ケ・サラ (CHE SARA')

 

MAX-  34MAX- 34 NAS-1003NAS-1003

 

NAS-1003 (197 SEVEN SEAS - エリート制作キング) 30cmLP カンツォーネの世界 (THE WORLD OF CANZONE) 特販物

.ケ・サラ (CHE SARA')

 

K20P-  3634 (1983721 SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LPサンレモ音楽祭スペシャル昨日今日 (FESTIVAL DI SAN REMO IERI E OGGI)

2-.ケ・サラ (CHE SARA')

 

K20P-  3634K20P- 363~4a K20P-  4456K20P- 445~6a

 

K20P-  4456 (198475 SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LP 決定盤カンツォーネ (GOLDEN CANZONE DOUBLE DELUXE)

1-.ケ・サラ (CHE SARA')

 

K30Y- 2168 (1988115 SEVEN SEAS - キング) CD 決定盤カンツォーネ・ベスト20 (CANZONE BEST 20)

.ケ・サラ (CHE SARA')

 

K30Y- 2168K30Y- 2168 240E- 20135240E- 2013a

 

240E- 20135 (198965 SEVEN SEAS - キング) 3CD Box 決定盤カンツォーネのすべて~栄光のサンレモ (STRIA DELLA FESTIVA DI SANREMO)

3-.ケ・サラ (CHE SARA')

 

160E-520112 (1989105 SEVEN SEAS - キング) 2CD Box カンツォーネ全曲集 (GRANDE SUCCESSO DEL CANZONE ITALIANA)

1-17.ケ・サラ (CHE SARA')

 

               160E-520112160E-52011~2a

 

 

(ご参考) パルティチェッレ(compl‎Particelle, {Le}

 サンレモ音楽祭のバック・コーラスや映画音楽で知られるノーラ・オルランディ4+4のノーラの妹パオラ・オルランディ(Paola Orlandi)か60年代後半から活動していたミラノ4+4を元に結成したメンバー11人の音楽集団。

 71年サンレモ音楽祭に出場したセルジョ・メネガーレ、マウリツィオとファブリツィオの他にドナート・レンツェッティ、ルイジ・カペロット、アンディ、ジジ・アストリ、エローイザ・フランチア、ミレッラ・ボッシ、レッラ・エスポジトが所属していた。

 

FGS-5081(197012 CGD CBS Sugar) Azimut 1

.Are You Ready (Bianco E Nero・ユ・レディPacific Gas & Electric)   

.Where Are You Going To, My Love? (Se La Mia Mano Stringerai愛はいずこにBrotherhood of Man)   

.Me And My LIfe (Oh, Mia Bambinaミー・アンド・マイ・ライフTREMELOES)   

.Sympathy (L'UmanitàシンパシRARE BIRD)   

.Wild World (Ragazzina Senza Cuoreワイルド・ワールドCAT STEVENS)   

.Watching And Waiting (Oggi, Domani... ウォッチング・アンド・ウェイティングMOODY BLUES)   

.In America [フローラ・ファウナ&チェメント (FLORA FAUNA & CEMENTO)]

.Lady D'Arbanville (白いバラ CAT STEVENS)

.Per Te (あなたのためにPATTY PRAVO)

10.Dominique

11.Come Il Vento (風のように)

12.Vivo Per Te

FGS-5081FGS-5081 CGD-  131CGD- 131
CGD-  131 (19719 CGD – CBS Sugar) Per Amore /Oggi, Domani

寄集め感のある集団で、サンレモ出場歌手達のソロ活動もあり1年余りで解散したようです。

 

 

次回にマウリツィオとファブリツィオ(+ラ・ビオンダ兄弟) 3 が続きます


サンレモの歌手たち 326 マウリツィオとファブリツィオ(+ラ・ビオンダ兄弟) 1

マウリツィオとファブリツィオ (duo) Maurizio & Fabrizio

1970年代初頭に活動していた兄弟デュオ・チーム。

 

            5205(CBS)Maurizio & Fabrizio 

 

・ファブリツィオ (Fabrizio)

本名サルヴァトーレ・ファブリツィオ(Salvatore Fabrizio1948830日にミラノ生、歌手、作詞・作曲家、音楽プロデューサー。芸名ポピ(Popi)としても知られています。

所属レコード会社:CBS, Fonit Cetra

サンレモ音楽祭出場1回:1971年参加

サンレモ音楽祭出品1曲:1985年新人部門8位海の歌(Sul mare)

 

・マウリツィオ (Maurizio)

本名マウリツィオ・ファブリツィオ (Maurizio Fabrizio) 1952316 日ミラノ生、歌手、ギタリスト、作曲家、指揮・編曲者、音楽プロデューサー。仇名ムーシ (Mushi)は余り使われず。

所属レコード会社:CBS

サンレモ音楽祭出場1回:1971年参加

サンレモ音楽祭出品33内優勝:1971年参加飛行船(Il dirigibile)80年入賞あなたへのうた(I sing for you)82年優勝過ぎ行く日々の物語(Storie di tutti i giorni)、同入賞愛はめぐりあい(Romantici)83年優勝いつか愛の日が(Sarà quel che sarà)、同24Arriva arriva85いつまでも君を(Sulla buona strada)8613愛の星(Amore stella)、同20愛の花びら(Brividi)同新人部門優勝大きな愛(Grande grande amore)、同新人部門Ma non finisce mica qui8712恋のパピオン(Destino)、同15海の芳り(L'odore del mare)89宇宙の中であなただけ(Almeno tu nell'universo)、同19きのうにサヨナラ(A che servono gli dei)90年入賞Bisognerebbe non pensare che a te (Give me a reason)、同新人部門入賞L'età dell'oro91年入賞Io ti prego di ascoltare (Listen to me)、同入賞大地(Terra)( You're on my mind)9210In una notte così93年新人部門参加Ci vuole molto coraggio96年第不思議な私の運命(Strano il mio destino)、同これが私の人生(E' la mia vita)、同19Romanzo98年第新人部門第)“いつでも(Sempre)200213Del perduto amore05Che mistero è l'amore、同入賞Da grande06年入賞Lei ha la notte07年第Schiavo d'amore07年新人部門入賞Il Senso della vita09年入賞L'AMORE E' SEMPRE AMORE

 

 

 弟マウリツィオは、幼い11才からミラノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院に入り、ピアノ、作曲法、打楽器、ファゴットとコントラバス等クラシックの教育を受け、やがて弟はドラムとギターに興味を持つようになります。

 

 弟はミラノの音楽院に在籍し、兄サルヴァトーレは建築を勉強していました。二人は長い時間音楽に情熱をかたむけ、最初の曲“Come Il Vento (風のように)”を作曲していました。そして色々なレコード会社のオーディションを受けます。

 

 1969年9月29日午後、オーディションを受けるため、サール(SAAR)・レコードのミケーレ・デル・ヴェッキオ(Michele Del Vecchio)のオフィスに訪れ、最初の曲を歌った時から『コメ・イル・ヴェント』の構想は始りました。

 

 ミケーレこそが後にファブリツィオ兄弟と意気投合し、彼らの仲間を巻き込み『コメ・イル・ヴェント』というユニークな名前のレコード会社を興し、ヌメロ・ウーノに対抗する会社となっていきます。

 

 オーディションの1ヶ月後、即感かつ本能的な感覚でミケーレは、ドゥオーモの東、ピアッツェッタ・パッタリに『コメ・イル・ヴェント』という小さな音楽出版社のオフィスを構えました。

 

 ファブリツィオ兄弟は学校を止め、音楽活動に専念します。二人は夢見心地で近所で同世代の音楽仲間と祝賀会を開き、ビートルズの曲を演奏します。サルヴァトーレがベース、マルリツィオがドラム、二人の仲間がギターを弾きます。

 

 ギターの二人はミケランジェロ(Michelangelo)とカルメロ・ラ・ビオンダ(Carmelo La Bionda)の兄弟でした。後にラ・ビオンダ、D.D.サウンドとしてイタリアン・ディスコの代表的存在となります。

 

 数週間後、二人のキーボード奏者が加わります。フリオ・ボッゼッティ(Furio Bozzetti)とダリオ・バルダンベンボ(Dario Baldan Bembo)です。70年代の『コメ・イル・ヴェント』支えた人たちです。

 

  弟マウリツィオが俄然、曲作りに励みました。ミケーレは二人をレコード会社と契約できるよう取り計らいます。狙ったのはイタリアで本格展開をしたいCBSでした。

 

 リコルディからナンニ・リコルディと共に追放されたフランコ・クレパックス(Franco Crepax)はCGDに移り芸術監督に成りました。CBSがCGDに出資しCBSシュガーとなる前年の69年にはクレパックスはCBSレーベルの芸術監督をしていました。彼はファブリツィオ兄弟をイタリアのサイモン&ガーファンクルにしようと考えました(日本なら差詰め狩人か)。

 

 兄ポピ(PopiまたはPopy)と言う名前で歌手をし、コーラスのノーラ・オルランディの妹パオラ・オルランディが作ったミラノ4+4という合唱団のメンバーでもありました。

 

 二人はその頃ミラノ4+4から発展、結成された音楽集団パルティチェッレ(Le Particelle)にも参加します。そこには71年サンレモ音楽祭で同じ初出場をするセルジョ・メネガーレ (Sergio Menegale)も参加しています。

 

5205(CBS) (1970CBS – CBS Sugar) Come Il Vento (風のように)/Neve ジャケット画像は顔写真画像をご参照

 

兄弟デュオ、マウリツィオとファブリツィオは自分たちそのものといえる曲“Come Il Vento (風のように)”でデビューしました。

 

 1970年のヴェネチア国際音楽祭銀のゴンドラでデビューしたマウリツィオとファブリツィオは、もう1曲弟がルイス・アルベルテッリの詞に作曲した“恋のとりこ(Malattia D'Amore)”をドナテッロ(Donatello)が歌い優勝しました。

 

SRL-10609 (197010 Ricordi - Dischi Ricordi) Malattia D'Amore (恋のとりこ)/Storia di Un Fiore (花のものがたり)

SRL-10609SRL-10・609 DW-1029DW-1029 

DW-1029 (1971115日 RICORDI 日本グラモフォン) 恋のとりこ (MALATTIA D'AMORE)/花のものがたり (STORIA DI UN FIORE

 

 俄然ライターとしての実力が認められ、早くも翌71年のサンレモ音楽祭に“恋するふたり(Andata e ritorno)”でプロタゴニスティ(Protagonisti)がパートナーで出場しました。

 サンレモ本によるこのデュオは「フロントマン」でバックの音楽仲間ラ・ビオンダ兄弟も71年サンレモの舞台に上がっていたとのことです。

 また71年のサンレモにはライターとしてアンナ・イデンティチとアントワーヌが歌った参加曲“飛行船(Il dirigibile)”を作詞アルベルテッリ、作曲マルリツィオ・ファブリツィオとして出品しています。

 

7045(CBS) (19712CBS – CBS Sugar) Andata e ritorno (恋するふたり)/Marzo

 7045(CBS)7045(CBS)  7418(CBS)7418(CBS)a

7418(CBS) (1971CBS – CBS Sugar) Acqua Fresca , Viole e Sentimento /La Prima Volta 

 

 Acqua Fresca , Viole e Sentimento”はYou-Tubeの動画で存在確認がとれました。

 

7427(CBS) (1971CBS – CBS Sugar) Campagna Senza Fiori/Attenzione Occasione

 

Campagna Senza Fiori”はピクチャー・スリーブの画像が探し出せていません。レコードは売れなかったようです。彼らの所属していたパルティチェッレも72年頃には活動停止をし、彼らはライター、プロデューサー能力が勝る事を自覚し、二人はデュオ・チームも解散したもようです。

 

パルティチェッレのメンバーしての資料はこの項最後にある『ご参考』をご参照。

 

 70年9月当時の人気バンド、ディク・ディクがマウリツィオの曲“Vivo per te”をシングル盤(SRL-10610)で出してくれました。

 

SRL-10610 (19709Ricordi - Ricordi) Vivo per te/Quattro bicchieri di vino
SRL-10
610SRL-10・610 
SRL-10613SRL-10・613 
SRL-10613 (197010Ricordi - Ricordi) Vivo per te/Dove vai

 

 72年共作の中に兄弟も加わったノマーディの夏のディスク出場曲“ぼくはバガボンド(Io Vagabondo)”が入賞、弟は作詞家アルベルテッリと作ったピエロとコットン・フィールズ (Piero e Cotton Fields)が歌った“海のふたり(Due Delfini Bianchi)”も出品しました。

 

 同年ミア・マルティーニのセカンド・アルバム「Nel Mondo, Una Cosa (カンツォーネのプリマドンナ)」に初めて曲の提供“恋人たち (Amanti)”を、仲間のバルダン・ベンボは“私ひとりで(Donna sola)”、“船(La nave)”をラ・ビオンダ兄弟と一緒に“もうひとりの男(Un uomo in più)”、“いとしいあなた(Piccolo uomo)”、ラ・ビオンダ兄弟単独で“白い雪(Neve bianca)”の作曲を担当し、72年年間ヒット・ランクに“いとしいあなた”が15位、が“私ひとりで”同23位、年間ベスト・アルバムで33位になるなど『コメ・イル・ヴェント』は大いに貢献しました。

 

 

 

 

マウリツィオとファブリツィオ(+ラ・ビオンダ兄弟)2 は次回に続きます


サンレモの歌手たち 325 プロタゴニスティ、 セルジョ・メネガーレ

★イ・プロタゴニスティ、 (coro) I Protagonisti

1969結成された男性2人、女性2人のヴォーカル・グループ1971年に解散しました。

 

                                   M- 4Protagonisti 

 

所属レコード会社RCA Milano, RCA Italiana, Dischi Ricordi

サンレモ音楽祭出場1回:1971年参加

 

構成メンバー

・オスカー・アヴォガドロ(Oscar Avogadro) 195189日トリノ生、2010930日没、詳細は別項ご参照

・ルチアーノ・ベルタニョーリ(Luciano Bertagnoli) 1950年ミラノ生。

・グラチア (Grazia)本名マリア・グラチア・ポルチェッリ(Maria Grazia Porcelli) 1953年ミラノ生

・マリュッチア・ズロイ(Mariuccia Sgroi) 1953年ミラノ生

 

 トリノ生まれのオスカー・アヴォガドロがミラノの男女歌手でヴォーカル・クァルテットを結成し、1969年RCAイタリアーナと契約ができ、新生サブレーベルのRCAミラノからデビューしました。

 

 デビュー曲はフランスのジョルジュ・シュロン(Georges Chelon)の“Nous on s'aime ”のカヴァー曲で、秋に開催されたサンレモ音楽祭の登竜門の一つでもあるバリで行われる「成功の帆船(CARAVELLA DEI SUCCESSI)」、通称カラヴェッラ・デイ・バリに出場しました。

 

M- 4 (1969 RCA Milano - RCA Italina) Noi ci amiamo (Nous on s'aime)/Una bambina ※ジャケット画像は顔写真画像をご参照

 

 幸運にもこの“Noi ci amiamo”が70年年間ヒット・ランク68位のヒットとなります。この成功で本レーベルに昇格し2枚目のシングルは夏のディスク・フェスティヴァル出場曲でしたが、本選に進めませんでした。

 

PM-3512 (1970 RCA Italiana - RCA Italina) Un'avventura in più/Sole senza luce

PM-3512PM-3512 PM-3553PM-3553

PM-3553 (1970 RCA Italiana - RCA Italina) Questo ballo/Wigwam (ウィグワム)

 

 3枚目のB面はボブ・ディラン(Bob Dylan)のアルバム「セルフ・ポートレート (Self Portrait)」に入っている“ウィグワム(Wigwam)”のカヴァー。

 

 サンレモ音楽祭を意識したのか、年末にリコルディに移籍、マウリツィオとファブリツィオのパートナーとして“恋するふたり”を歌いましたが参加曲止まりです。

 

SRL-10633 (1971 Ricordi - Dischi Ricordi) Andata e ritorno (恋するふたり)/Primavera primavera

SRL-10633SRL-10・633 SRL-10654NO IMAGE-WANTED

SRL-10654 (1971 Ricordi - Dischi Ricordi) 4.000.000 Di Anni Fa /Che cosa c'è

 

 彼らの最後となる盤“4.000.000 Di Anni Fa”を出しますが売れなかったのでしょう、ジャケット画像が見つかりません。2年ほどの活動をしてプロタゴニスティは解散しました。ルチアーノは医学生に戻り、高校を中退したオスカーはそのまま作詞・作曲家で音楽の道を選びます

 

オスカー・アヴォガドロ(Oscar Avogadro)

歌手、作詞・作曲家

サンレモ音楽祭出品19曲:1976年第3位“雨の中の瞳(Gli occhi di tua madre)”、同9位“また失った恋(L'ho persa ancora)”、同17位“魂を探せ(Cercati un'anima)”、78年4位“暗がり(Il buio e tu)”、同参加“アンナ・アンナ(Anna Anna)”、79年第3位“暗闇の心(Quell'attimo in più)”、同6位“殿様気取り(A me mi piace vivere alla grande)”、同参加“チャオ・バルバレッラ(Ciao Barbarella)”、82年第入賞“愛を信じているから(Io no)”、83年第3位“ひな菊は知らない(Margherita non lo sa)”、84年7位“行かないで(Non scendo)”、85年新人部門参加“美しい青春(Bella gioventù)”、同参加“Luna nuova”、88年20位“本当の美しさ(Era bella davvero)”、同22位“ベッラ・カンツォ-ネ(Una bella canzone)”、89年16位“女心(Il cuore delle donne)”、90年新人部門参加“Malinconia d'ottobre”、2008年参加“Musica e Parole”、2009年参加“Il mio amore unico”

 

 オスカー初期の作詞は71年サンレモ音楽祭に出場したファビオ・トリオリの参加曲“彼女の顔”のB面“UnOra Soltanto”に見られます。

 

 本格化は70年代半ばからCGDの歌手、サンドロ・ジャコッベ、ロレダーナ・ベルテ、アルベルト・ラディウスやマリオ・ラヴェッツィ達とのコラボレーションはじめ、ジャンニ・ナザーロ、マルチェラ、その後はオルネラ・ヴァノーニ、フィオレッラ・マンノイアらに作詞を提供しました。

 

 2009年サンレモ音楽祭でドルチェネーラ (Dolcenera)が歌った“Il mio amore unico”が遺作となりました。

 

 

プロタゴニスティの国内盤

MW-2029 (19716RICORDI - 日本グラモフォン) 30cmLP サンレモ1971第21回サンレモ音楽祭 (SAN REMO 1971)

.恋するふたり (ANDATA E RITORNO)

 

             MW-2029MW-2029

 

 

プロタゴニスティは以上です。

 

 

 

★セルジョ・メネガーレ (vm) Sergio Menegale

1946 年1月10日(ウィキペディア等ネット上では6月24日説あり)ミラノノ生、歌手、作詞・作曲家。

 

                CGD-  129CGD- 129 

 

所属レコード会社CGDVIP (CBS Dischi)

サンレモ音楽祭出場1回:1971年14位、

サンレモ音楽祭出品3曲:1971年14位“ほほえみとパラダイス (Il sorriso, il paradiso)”、83年12位“恋の予感 (Avrò)”、84年新人部門参加“素敵な世界 (Se ti spogli)

 

 学校の友達とオペラ50(Opera 50)と言うバンドを始め、その後、ディク・ディクの・ピエトロ・“ピエトゥルッチョ”・モンタルベッティ (Pietro Pietruccio Montalbetti)の弟チェザーレ・モンタルベッティとデュオを組み、ポルトフィーノなどリヴィエラ地方で歌っていました。

 

 幸運にもCGDのスカウトに見出され、CGDと契約をします。まず新人歌手の大切な仕事は各社が作る1970年サンレモ音楽祭のコンピ(オムニバス)盤用のカヴァー曲の吹込みでした。彼はスーペル・グルッポとロッキー・ロバーツが歌った“できごと”でした。

 

FGS-5062 (1970 CGD – CBS Sugar) 30cmLP Sanremo '70

13.Accidenti (できごと)

FGS-5062FGS-5062 N-9769Sergio Menegale (N-9769)

N-9769 (1970 CGD – CBS Sugar) Odio e amo (憎んで愛して)/Occhi verdi

 

 デビュー曲は70年のカンタジーロのジローネB(新人部門)に出場する“憎んで愛して”でした。優勝のみ決定した大会でしたが、そこそこ評判はよかったようで、フェスティヴァル・バール(新人部門)やヴェネチア国際音楽祭・銀のゴンドラにも出場しました。

 

 一方でサンレモ音楽祭のバック・コーラスもしたノーラ・オルランディの妹が作った11人編成の音楽集団パルティチェッレ (Le Particelle)にも参加します。ここには71年サンレモ音楽祭に出場したデュオのマウリツィオとファブリツィオが在籍しています。

 

パルティチェッレのメンバーしての資料は

 「サンレモの歌手たち 327 マウリツィオとファブリツィオ 2」『ご参考』を参照ください (6月13日アップ予定 しばらくお待ちください)

 

 71年サンレモ音楽祭にウォーレンスコレクションをパートナーに“ほほえみとパラダイス”が決まりました。右往左往大会でしたが、このペアは最初から変更はなく、末席14位ですが入賞しました。

 

CGD-  103 (1971 CGD – CBS Sugar) Il sorriso, il paradiso (ほほえみとパラダイス)/Le ali con le piume

CGD-  103CGD- 103 FG-5089FG-5089

 FG-5089 (1971 CGD – CBS Sugar) 30cmLP Un Disco Per L'Estate 1971

13.Accidenti (私の家)

 

 71年夏のディスクでエキペ84が歌った“私の家”をコンピ盤用のカヴァーしました。

 

CGD-  129 (1971 CGD – CBS Sugar) La scusa/Il calcolatore ※ジャケット画像は顔写真画像をご参照

 

 この後パルティチェッレでの活動を続けたかは不明です。76年CBSシュガーのVIPからシングルを出します。これが確認できる最後の盤です。この年ロレダーナ・ベルテ (LOREDANA BERTE)に“秋のつぶやき(VOLEVI UN AMORE GRANDE)”を提供しています。

 

VIP-4432 (1976 VIP CBS Sugar) E la radio va/Balena

              VIP-4432VIP-4432

 

 その後は作詞・作曲活動をした筈ですが、確認できる資料は見当たりません。

82年アマンダ・レア(Amanda Lear)に書いた“Incredibilmente Donna”がヒット、作者として認知されサンレモ音楽祭には翌83年、84年にも出品しました。

 

ARL-37087 (1982Ariola CGD Messaggerie Musicali) Incredibilmente Donna/ Buon Viaggio (Amanda Lear)

ARL-37087ARL-37087 K07S-  465K07S- 465

K07S-  465 (1983KING –キング) 恋人よなぜ/初恋 (岸洋子)

 

 83年河合秀朋氏が岸洋子のアルバム「女の愛と生涯」プロデュース時に日本から依頼され、ピエロ・ソフィッチとの共作“恋人よなぜ”を提供しました。

 

90年代になりゼッキノ・ドロ子供音楽祭に多くの作品を提供しています。    

 

 

セルジョ・メネガーレの国内盤

GW-  734 1970420SEVEN SEAS –キング 30cm 2LP20回サンレモ音楽祭 (FESTIVAL DI SAN REMO 1970)
1-. できごと (ACCIDENTI)

 

 GW-  734GW- 73~4a SR- 464SR- 464

 

SR- 464 19701010 SEVEN SEAS –キング) 30cmLPカンタジーロ1970 (CANTAGIRO 1970)

13.憎んで愛して (ODIO E AMO)

 

DY-4606-1 (1971.4 SEVEN SEAS - キング) 30cmLP21回サンレモ音楽祭14ダイジェスト盤 (FESTIVAL DI SAN REMO 1971 DIGEST)

.ほほえみとパラダイス (IL SORRISO, IL PARADISO)

 

DY-4606-1DY-4606-1 GW- 11920GW- 119~20a

 

GW- 11920 (1971. 51 SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LP21回サンレモ音楽祭 (FESTIVAL DI SAN REMO 1971)

2-.ほほえみとパラダイス (IL SORRISO, IL PARADISO)

 

SR- 706 19701010 SEVEN SEAS –キング) 30cmLP夏のディスク・フェステイヴアル1971 (UN DISCO PER L'ESTATE 1971)

.私の家 (CASA MIA)

 

              SR- 706SR- 706

 

 

 

セルジョ・メネガーレは以上です。


サンレモの歌手たち 324 セルジョ・エンドリゴ 6、 ウォーレスコレクション

★セルジョ・エンドリゴ (vm) Sergio Endrigo

1933 年6月15日ポーラ(Pola - 現クロアチアのプーラ (Pula))生、2005年9月7日ローマ没)自作自演歌手。メジャー・デビュー前はセルジョ・ドリア(SERGIO DORIA)あるいはノタルニコラ(NOTARNICOLA)という名前を使った。

 

セルジョ・エンドリゴ(SERGIO ENDORIGO)、寡黙な男なのか? (1) ~セルジョ・エンドリゴ(SERGIO ENDORIGO)、寡黙な男なのか? (終) をご覧のうえ、お読みください。

 

             ORL-8203ORL-8203 

 

所属レコード会社Microstar, Pic-Nic, Tavola Rotonda (Ricordi), RCA Italiana, Fonit Cetra, Ricordi, Vanilla, New Enigma, GRD, DV More, Azzurra Music

サンレモ音楽祭出場9回:1966年11位入、67年7位、68年優勝、69年第2位、70年第3位、71年13位、73年参加、76年15位、86年12位

 

 

 66年から毎年のように出場していたサンレモ音楽祭ですが、3年ぶりの出場です。だた一度の入賞を逃した“海にいた時”、国内盤未発売(の筈)。

 

SRL-1079319762 Ricordi - Dischi RicordiQuando C'Era Il Mare (海にいた時)BARBARA

              SRL-10793SRL-10・793 

 

  76年TV大河ドラマ「Alle Origini Della Mafia(マフィアの起源:直訳)」の両面とも挿入歌、音楽はニーノ・ロータとジーノ・マリヌッツィJr.(Gino Marinuzzi Jr.),編曲・指揮はエンニオ・モリコーネと豪華な顔ぶれでした。

 

SMRL-6198 197611RICORDI – Dischi RicordiAlle origini della mafia (colonna sonora dell'omonimo sceneggiato televisivo)

.Scende La Notte

.E Cosi Sia
SMRL-6198 SMRL-6198 SRL-10826SRL-10・826
SRL-10826197611 Ricordi - Dischi RicordiScende la notte/E così sia

 

 チェトラから彼のヒット曲の再発シングルが出ました。

 

SPB- 431976CETRA – FONIT CETRAGirotondo Intorno Al Mondo (世界をつなぐ若者)Perchè Non Dormi Fratello (兄弟よなぜ寝ない)

                SPB- 43SPB- 43 

 

 

 

セルジョ・エンドドリゴの国内盤

GW- 2056 19728 SEVEN SEAS –キング 30cm 2LP歌に聞く華麗なる映画の世界 (SONGS FROM SCREEN THEMES)
2-10.真昼の用心棒 (BACK HOME SOMEDAY)

 

 GW- 2056GW- 205〜6a GW- 5115GW- 511~5

 

GW- 5115 197210 SEVEN SEAS –キング) 30cm 5LP Box 映画音楽大全集 (SCREEN MUSIC GALAXY)

4-.真昼の用心棒 (BACK HOME SOMEDAY)

 

OH-  22 197210 SEVEN SEAS –キング) 17cm CP さすらいのジャンゴ/マカロニ・ウェスタン・サントラ・ベスト4 (DJANGOWESTERN THEMES BEST 4)

.真昼の用心棒 (BACK HOME SOMEDAY)

 

OH-  22OH- 22 GEM-  256GEM- 25~6a

 

GEM-  256 19721025SEVEN SEAS –キング 30cm 2LP GEM/ベスト・オブ・カンツォ (THE BEST OF CANZONE)
2-.瞳はるかに (LONTANO DAGLI OCCHI)

 

 

 

この続きセルジョ・エンドリゴ 7はサンレモ音楽祭1973年の後です

 

 

 

 今回書くまでウォーレスコレクションいうグループが何であるか分かっていませんでした。サンレモ出場歌手と言うことで、当時シングル盤で出ていた“雨のエトランゼ”を聞いて、当時流行っていたビー・ジーズの“メロディ・フェア”のイマージと重なり合ったままでした。

★ザ・ウォーレス・コレクション (compl=bl) Wallace Collection

 1968年にベルギーの6人のメンバーで結成されたポップ・(アート・)ロック・バンド、1971年に解散したが、2005年再結成されました。

 

            3C006-047483C・006-04748

 

活動期間:1968-71、2005-

所属レコード会社:EMI

公式サイト:www.wallacecollection.net 

サンレモ音楽祭出場1回:1971年14位

 

サンレモ音楽祭出場メンバー

・シルヴァン・ヴァンホルム(Sylvain Vanholme)ギター、ヴォーカル

・マルク・エルエMarc Hérouet (Marc Manlyster) キーボード

・レイモン・ヴァンサン(Raymond Vincent) ヴァイオリン

・フレディ・ニウラン(Freddy Nieuland)ドラムス、ヴォーカル 2008年1月10日没(63才)

非結成時出場メンバー

・セルジュ・ヘザリン(Serge Ghezarian )ヴァイオリン

・ローラン・クーニック(Roland Ceunick)ベース

非出場結成メンバー

・ジャック・ナモット(Jacques Namotte) チェロ

・クリスチャン・ヤンセン(Christian Janssens) ベース

 

 68年にベルギーのブリュッセルでシルヴェスターズ・チーム(Sylvester's Team)に残った3人のメンバー、シルヴァン・ヴァンホルム、フレディ・ニウランとマルク・エルエにベースのクリスチャン・ヤンセン、ベルギー国立管弦楽団(the Belgian National Philharmonic Orchestra)のヴァイオリン奏者レイモン・ヴァンサン(Raymond Vincent)とチェロ奏者ジャック・ナモット(Jacques Namotte)が加わる形で16世紀(16th Century)と言うバンドを結成しました。

 

 結成後は本格的欧州デビューのため、渡英してロンドンを拠点に活動を開始します。ファースト・アルバム制作のためEMI本社のアビー・ロード・スタジオに行き、近くにある私立美術館ウォーレスコレクションがあることを知り、バンド名をウォーレスコレクションにかえ、アルバム・タイトルや収録曲“Laughing Cavalier (笑う騎士)”の曲名などもこの美術館に収蔵されている絵画名から頂いてしまいます。

 

(以下イタリア盤のみの紹介です。)

 

SPMCQ-31518 (3C062-04036) (1969 Parlophone EMI Italiana) Laughing Cavalier (笑う騎士)

.Get That Girl (ゲット・ザ・ガール)

.The Sea Disappeared (ザ・シー・ディサピアード)

.Get Back (ゲット・バック)

.Ragtime Lily (ラグタイム・リリー)

.Natacha (ナターシャ)

.Merry-Go-Round (メリー・ゴー・ラウンド)

.What's Goin' On (ワッツ・ゴーイン・オン)

.Fly Me To The Earth (フライ・ミー・トゥ・ジ・アース)

.Peru (ペルー)

10.Poor Old Sammy (プア・オールド・サミー)

11.Baby I Don't Mind (ベイビー・アイ・ドント・マインド)

12.Misery (ミザリー)

13.Laughing Cavalier (笑う騎士)

14.Daydream (デイドリーム)

SPMCQ-31518SPMCQ-31518 QMSP-16451QMSP-16451

QMSP-16451 (3C006-04047) ( (1969 Parlophone - EMI Italiana) Daydream (デイドリーム)/ Baby I Don't Mind (ベイビー・アイ・ドント・マインド)

 ファースト・アルバムからシングル・カットしたチャイコフスキーの「白鳥の湖」をベースにした「デイドリーム」が69年に21ヶ国で大ヒット、母国ベルギーで首位、フランスで3位になります。

 

もう1枚シングルカットされた“Fly Me To The Earth (フライ・ミー・トゥ・ジ・アース)”は彼らの本領であるチェロやバイオリンを前面に出したビートニック・サウンドで、これがイタリアでも当たり、70年年間ヒット・ランク36位の大ヒットになりました。

 

QMSP-16458 (3C006-04036) (1969 Parlophone - EMI Italiana) Fly Me To The Earth (フライ・ミー・トゥ・ジ・アース) /Love (ラヴ)

QMSP-16458QMSP-16458 3C006-040363C・006-04036

 

QMSP-16458 (3C006-04141) (1969 Parlophone - EMI Italiana Fly Me To The Earth (フライ・ミー・トゥ・ジ・アース) /Love (ラヴ)

QMSP-16458(3C006-04141)QMSP-16458 (3C・006-04141) 3C062-043773C・062-04377

3C062-04377 (1970 Parlophone – EMI Italiana) Wallace Collection (ウォーレス・コレクション)

.Bruxelles (Part 1) (ブリュッセル(パート1))

.We Gotta Do Something New (ウィー・ガッタ・ドゥ・サムシング・ニュー)

.Serenade (セレナーデ)

.Hocus Pocus (ホーカス・ポーカス)

.We Are Machines (ウィー・アー・マシーンズ)

.Love (ラヴ)

.Let Me Love Her (レット・ミー・ラヴ・ハー)

.Since You're Gone Forevermore (シンス・ユーアー・ゴーン・フォーエヴァーモア)

.Dear Beloved Secretary (ディア・ビラヴド・セクレタリー)

10.Tic Toc (ティック・トック)

11.Where (ホエア)

12.See The Man (シー・ザ・マン)

13.Bruxelles (Part 2) (ブリュッセル(パート2))

QMSP-16465 (3C006-04252M) (1969 Parlophone - EMI Italiana) Dear Beloved Secretary (ディア・ビラヴド・セクレタリー)/Hello Suzannah

QMSP-16465QMSP-16465 3C006-04252M3C・006-04252・M

 

 70年セカンド・アルバムを出します。前作よりもトータル・アルバムのを前面に出ています。これから“ディア・ビラヴド・セクレタリー”と完全な室内弦楽形式の“セレナーデ”がシングル・カットされました。

 

3C006-04332M (1970 Parlophone - EMI Italiana) Serenade (セレナーデ)/ Walk On Out

         3C006-04332M3C・006-04332・M 

 

 70年にはもう1枚フランス映画「La Maison(ラ・メゾン)」のサントラ盤がフランスとイタリアで発売されます。 

 

3C062-04582 (1970Odeon EMI Italiana) La Maison (Original Motion Picture Soundtrack)

.Parlez-moi D’Amour   

.Who Can Tell Me My Name    

.Reflections   

.Stop Teasing Me    

.Hey Bird   

.Single Man    

.Generique   

.Single Man   

.Phil   

10.Tension   

11.Adagio   

12.Single Man (Reprise)   

13.Parlez-moi D’Amour (Reprise)

3C062-045823C・062-04582 3C006-04705M3C・006-04705・M

3C006-04705M (1970 Parlophone - EMI Italiana) Parlez-Moi dAmour / Stop Teasing

 

 サントラ盤から“Parlez-Moi d’Amour”がシングル・カットされました。

 

 これらの実績で71年サンレモ音楽祭にセルジョ・メネガーレのパートナーで“ほほえみとパラダイス”を歌い14位入賞しました。

 

3C006-04748 (1971 Parlophone - EMI Italiana) Il Sorriso, Il Paradiso (ほほえみとパラダイス)/Just A Little Matter ジャケット画像は顔写真画像をご参照

 

 71年映画「雨のエトランゼ(Il Bel Mostro (Un Beau Monstre))」の曲“愛の運命”と“雨のエトランゼ”がでました。

 

3C006-11431 (1971 Pathe - EMI Italiana) My Way Of Loving You (愛の運命)/Stay (雨のエトランゼ)

                      3C006-114313C・006-11431

 

 国内盤も出たのですが、ウォーレスコレクションは解散してしまいます。

 

 

(ご参考)

OR- 2861 (19719 5ODEON -東芝音楽工業) 雨のエトランゼ (STAY)/ 愛の運命 (MY WAY OF LOVING YOU)

 

                        OR- 2861OR- 2861

 

 

ウォーレスコレクションのイタリア関係国内盤はありません、ウォーレスコレクションは以上です。


サンレモの歌手たち 323 セルジョ・エンドリゴ 5

サンレモの歌手たち 119 セルジョ・エンドリゴ 1サンレモの歌手たち 146 リキ・マイオッキ、セルジョ・エンドリゴ 2 サンレモの歌手たち 198 セルジョ・エンドリゴ 3, サンレモの歌手たち 271 セルジョ・エンドリゴ 4 のつづきです。

 

★セルジョ・エンドリゴ (vm) Sergio Endrigo

1933 年6月15日ポーラ(Pola - 現クロアチアのプーラ (Pula))生、2005年9月7日ローマ没)自作自演歌手。メジャー・デビュー前はセルジョ・ドリア(SERGIO DORIA)あるいはノタルニコラ(NOTARNICOLA)という名前を使った。

 

セルジョ・エンドリゴ(SERGIO ENDORIGO)、寡黙な男なのか? (1) ~セルジョ・エンドリゴ(SERGIO ENDORIGO)、寡黙な男なのか? (終) をご覧のうえ、お読みください。

 

             SRL-10725SRL-10・725

 

所属レコード会社Microstar, Pic-Nic, Tavola Rotonda (Ricordi), RCA Italiana, Fonit Cetra, Ricordi, Vanilla, New Enigma, GRD, DV More, Azzurra Music

サンレモ音楽祭出場9回:1966年11位入、67年7位、68年優勝、69年第2位、70年第3位、71年13位、73年参加、76年15位、86年12位

 

 9年いたフォニット・チェトラから古巣リコルディに移籍しました。当時リコルディの日本での販売権はポリドールにあり、新譜も情報も途絶えます。

 

 移籍第一弾のシングルはアルバム「La Voce Dell‘Uomo」の曲を先行発売します。ピクチャー・スリーブの裏面は男が後ろ手に縛られた後姿のアルバム写真を使っています。

 

SRL-10725 (1974 3 Ricordi - Dischi Ricordi) Una Casa Al Sole/Perché Le Ragazze anno Gli Occhi Così Grandi ジャケット画像は顔写真画像をご参照

 

SMRL-6122 1974 6RICORDI – RICORDI, ItalyLa Voce DellUomo (Dischi Ricordi, SMRL 6140 - Giugno 1974)

.Da Quando Ero Bambino
.La Voce Dell
Uomo
.Perch
é Le Ragazze anno Gli Occhi Così Grandi
.Nelle Mie Notti
.Non Sono Le Pietre Colorate
.Una Casa Al Sole
.Tu Sola Con Me
.Lei Non SI Vende Per Denaro
.Gli Uomini Soli
10. Il Nostro West

               SMRL-6122SMRL-6122 

 

 プロデューサーはディスキ・リコルディの創始者(業績不振で追放)でもあったナンニ・リコルディ(Nanni Ricordi、一部作詞の共作以外はエンドリゴの自作曲です。ジャケット写真は何となく不吉感があります。これに収録された“Nelle Mie Notti”はエンドリゴの晩年に大きく影を落とします。

 

 半年後にはチェトラの最後に作っていた様な子供向けアルバム、シングル盤を出しました。プロデュースは前作同様ナンニ・リコルディ、編曲・指揮は旧友ルイス・バカロフ、作詞・作曲はエンドリゴ本人を加えたこの3名でした。75年年間ヒット・ランク26位の大ヒットとなりました。ジャケットはエンドリゴの顔写真と、アルバムと同じ写真の2種類出ています。

 

SRL-10737 (1974 9 Ricordi - Dischi Ricordi) Ci vuole un fiore (花泥棒)/Mi ha fatto la mia mamma

SRL-10・737 SRL-10737 SRL-10・737a

 

SMRL-6145 197410RICORDI – Dischi Ricordi La voce dell'uomo Ci vuole un fiore

ORL-81311977Orizzonte – Dischi Ricordi La voce dell'uomo Ci vuole un fiore

.Ci Vuole Un Fiore (花泥棒)

.Un Signore Di Scandicci

.Napoleone (ナポレオン)

.Zucca Pelata

.Mi Ha Fatto La Mia Mamma

.Ho Visto Un Prato

.Le Parole

.Il Bambino Di Gesso

.Non Piangere

SMRL-6145SMRL-6145 ORL-8131ORL-8131

 

 アルバムも好調で、75年年間ベスト・アルバム83位に入りました。

 

 久々の大ヒットで旧在籍のRCAイタリアーナからもヒット曲の編集ベスト盤が出ました。これは77年に廉価盤シリーズリニア・トレでも再発売されています。

 

TNL1-1146 (19755 Linea Tre – RCA Italiana) Le canzoni di Sergio Endrigo

NL-31146 (197711 Linea Tre – RCA Italiana) Le canzoni di Sergio Endrigo

.Se Le Cose Stanno Così

.Basta Così (悲恋の掟)

.I Tuoi Vent'Anni (あなたの20才)

.Era D'Estate (真夏の出来事)