FC2ブログ

カンツォーネ

カンツォーネ、イタリアン・ポップスの、“出来れば”知られざる話を致しましょう。

 
2
3
5
6
8
9
11
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO)68 1975年-2

  またサンレモ音楽祭の話に戻しましょう。丁度1年前2017年7月9日から74年第24回サンレモ音楽祭ことを書きはじめ半年かかってしまいました。さて75年第25回のことを書くのはなかなか気の重い作業になります。何しろサンレモ史上最悪の大会で、出場歌手のデータ、顔写真が集まるかどうか書き始めるときには五里霧中でした。データ不足、欠落はお許しください。

 

     Piero Cotto        Angela Luce         Volpi Blu    

     ピエロ・コット (Carosello)     アンジェラ・ル-チェ (Hello)   レ・ヴォルピ・ブル- (Condor)

 

第25回 1975年2月27日()~3月1日() サンレモ市カジノ付属劇場

司会:マイク・ボンジョルノ (Mike Bongiorno)、サビーナ・チュッフィーニ (Sabina Ciuffini)
楽団指揮:エンリコ・シモネッティ(Enrico Simonetti)

再演奏音楽家:ジョニー・サックス(Johnny Sax)、ピエルジョルフォ・ファリーナ(Piergiorgio Farina)
オーガナイザー:サンレモ観光協会(Comune di Sanremo) 代行ナポレオーネ・カヴァリエーレ

芸術監督:ブルーノ・パレージ(Bruno Pallesi)

[]は外人歌手数

CBS Sugar 10[] CBS[]CiPiTi 2[] OSI 5[] ;Condor (Polaris)[]Agua Manda[]

Dischi Ricordi [0] (Ricordi 1[]);Carosello 2[] Mustang (Carosello) [] ; CAR-Juke Box[]; Euro International 1[0])

Fonit Cetra 4[]

Phonogram [0] (Fontana[] Sides 2[0] Sidet (Las Vegas) 1[0])

RCA Italiana [] (Hello 1[] Boston (Edig) [])

Bentler [] (Bentler 1[0]) Eldorado 1[0])

Ri Fi [] (North [])

King Universal 1[]

 

 開催1ヶ月前となって多揉めとなったサンレモ音楽祭ですが、2月になって数日後音楽祭の楽団を取仕切る総指揮者エンリコ・シモネッティ(Enrico Simonetti)が加わり、やっと出場曲、出場歌手の選定が急速に進みだしました。2月6日にはプルーノ・パレージから出場曲と出場歌手が発表されました。順不同でしたがいずれの場合もジルダが最初で、その公正さと透明性が問われました。

 

 サンレモ市とレコード会社の紛争はフォニット・チェトラ、リコルディおよびカロセッロが収拾に賛意を示しましたが、主要歌手の出場には協力しない姿勢を表します。最終的に出場歌手の7割が名前を知らない人たちで、出場経験歌手は4名その内スター歌手はロザンナ・フラテッロ(Rosanna Fratello)のみ、ロレンツォ・ピラート(Lorenzo Pilat)は66年にトリオ・デル・クラン(Trio del Clan)のメンバーとして、また68年にピラーデ(Pilade)として出場しましたがソング・ライターとしての存在の方が大きく、経験豊富な新人パオラ・ムジアーニ(Paola Musiani)ヴァレンティーナ・グレコ(Valentina Greco)は前年74年に出場しただけでした。

 

 音楽家としての実績があるのは2位になった女優からナポリターナ歌手となったアンジェラ・ルーチェ(Angela Luce)、ピエロとコットンフィールズ(Piero e I Cottonfields)のリーダーだったピエロ・コット(Piero Cotto)に、ニコとガッビアーニ(Nico e i Gabbiani)でヒットを出したリード・ヴォーカルのニコ・デイ・ガッビアーニ(Nico dei Gabbiani)、それとリショのバンド・リーダーであるエリー・ネーリ(Ely Neri)ぐらいです。外人歌手はただ一人、フランスのジャン=フランソワ・ミシェル(Jean François Michael)でした。フランスからはニコレッタ(Nicoletta)や出場経験のあるリシャール・アントニー(Richard Anthony)は曲まで決まっていましたが実現に至りませんでした。

 

 再演奏には音楽祭全体の指揮をするエンリコ・シモネッティにファウスト・パペッティ(Fausto Papetti)に次ぐサキソフォン奏者のジョニー・サックス(Johnny Sax)と68年サンレモ音楽祭に歌手で出場し、その後ヴァイオリン奏者として成功するミルバのいとこピエルジョルフォ・ファリーナ(Piergiorgio Farina)がソリストとして加わりました。

 

 

           Nuove Erbe         Goffredo Canarini(          Antonella Bellan         

           ヌオ-ヴェ・エルベ (OSI)         ゴフレド・カナリーニ (Carosello) アントネラ・ベラン (Sidet (Las Vegas))        

 

 

<入賞曲>

◇君がいた Sei stata tu Franco Tessandori – A.ValleronI – S.Piccolo) 出版社 PROPRIETA' DELL'AUTORE (作者個人管理) ジャンニ・ミリアルディ (vm) Gianni Migliardi King Universal – King UniversalNSP-56145 [45]

 

NSP-56145NSP-56145  OSI-0001OSI-0001 

 

◇可愛いミッキ-・マウスTopolino piccolo Franco Specchia - Paolo Prencipe) 出版社 PROPRIETA' DELL'AUTORE (作者個人管理) ヌオ-ヴェ・エルベ (duo) Nuove Erbe OSI – CBS SugarOSI-0001 [45]

 

 

 <参加曲> 

◆1975  アモ-レ・ミオ 1975 amore mio (Franco Specchia - Paolo Prencipe) 出版社 PROPRIETA' DELL'AUTORE (作者個人管理) エミ-・チェサロ- (vf) Emy Cesaroni (OSI – CBS SugarOSI-0002 [45]

 

 OSI-0002OSI-0002  SP-1576SP-1576 

 

◆今君に満足 Adesso basti tu (Gianni Meccia - Bruno Zambrini) 出版社 USIGNOLO - PULL ガブリエラ・サンナ (vf) Gabriella Sanna (CETRA – FONIT CETRASP-1576 [45]

 

 

◆甘い習慣 Dolce abitudine (Enzo Ceppani - Giuliano Rigo - Piero Montanaro) 出版社LA VOLPE ダニエラ (vf) Daniela (OSI CBS SugarOSI-0005 [45]

 

OSI-0005OSI-0005  SP-1577SP-1577 

 

◆愛のためでも In amore non si può mentire (Mario Cenci - Luigi Capello) 出版社GENERAL Mus.  エヴァ 2000 (compl) Eva 2000 (CETRA – FONIT CETRASP-1577 [45]

 

 

◆愛してます Innamorarsi Amedeo Olivares - Dino Sarti - Angelo De Lorenzo)出版社CHAPPELL - AGUA M'ANDA ジャン=フランソワ・ミシェル (vm=f) Jean François Michael (AGUA M'ANDA CBS SugarAG-9011 [45]

 

AG-9011AG-9011  500-1072500-1072 

 

◆手紙 Lettera Luciana Medini - Renato Scala - Mario Mellier - Pier Benito Greco) 出版社SIDETアントネラ・ベラン (vf) Antonella Bellan (LAS VEGAS (SIDET) PHONOGRAM500-1072 [45]

 

 

◆愛のマドンナ Madonna d'amore Lorenzo Pilat) 出版社SIAE ロレンツォ・ピラ- {ピラ-デ} (vm) Lorenzo Pilat (CBS CBS Sugar3114(CBS) [45]

 

3114(CBS)3114(CBS)  ZE-50286ZE-50286 

 

◆今日 Oggi Tino Cavalli) 出版社GALLETTI Gメン (compl) G. Men (BOSTON (EDIG) RCA ItalianaZE-50286 [45]

 

 

残りの参加曲は次回に続きます

 

 

       Gabriella Sanna          Stefania              ranco Raele        

      ガブリエラ・サンナ (Cetra)               ステファニア (OSI)     フランコとレ・ピッコレ・ドンネ (Car-Juke Box)

 

 

 初参加のレコード会社の内、次の2社を紹介します。

 

エウロ・インターナショナル(Euro International)も資料がほとんど見つからないレコード会社です。クィインタ・ファッチャ(Quinta Faccia)の“トレビの泉(Tornero)”が日本ではユナイテッド・アーティスツから出ているので、そのイタリア法人だと思います。

                   Euro International         

 

 

 ヘロー(Hello)は61年にサンレモ音楽祭に出場した歌手、俳優のルチアーノ・ロンディネラ(Luciano Rondinella)が60年代終わりにナポリで設立したレコード会社です。ロンディネラ家はナポリで名門の芸術家一族で、兄ジャコモ・ロンディネラ(Giacomo Rondinella)も62年サンレモ音楽祭に出場した歌手、俳優でした。

 ルチアーノは音楽産業の経営にも長けていて、60年代初めにはレコード会社イタルビート(Italbeat,)、ロンディネラ音楽出版(Edizioni Musicali Rondinella)を興し、そのレコード会社部門としてイタルビートを継承しながらヘロー・レーベルを設立。これらの会社で多くのナポリターナ歌手のレコードを発売しています。

 経営戦略は地元密着型の歌手達は自社でレコードを販売し、全国規模の有名大物歌手の販売はRCAイタリアーナに販売権を委ねる方法を取っています。

        ItalbeatItalbeat       HelloHello    

 

 

 

 

サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO)1975年は次回に続きます

 

・優勝・入賞曲と参加曲を含め全体を言う場合、出場曲と表現します。

・順位をつけない入賞曲の頭には""を、参加曲の頭には""を付けます。

・太字は国内盤で出ていた曲と歌手。

・サンプル音声ファイルは著作権侵害を避け、音声映像は貼り付けておりません。全曲聞きたい方はYou-Tubeを探してください。見つかることもあります。

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

cnz27hrio

Author:cnz27hrio
FC2ブログへようこそ! リンク切れの画像がある場合は、 http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio をご覧ください。

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR