FC2ブログ

カンツォーネ

カンツォーネ、イタリアン・ポップスの、“出来れば”知られざる話を致しましょう。

 
2
3
5
6
8
9
11
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

サンレモの歌手たち 504 ダニエラ、 クリス & サラトガ、 アントネラ・ベラン

★ダニエラ (vf) Daniela

本名ダニエラ・メルラ(Daniela Merla) 19551018日ミラノの北東40kmにある都市ベルガモ生、歌手。

 

                     Daniela    

 

活動期間:?

所属レコード会社OSI

サンレモ音楽祭出場1:1975年参加

 

 地方ののど自慢大会から出てきた新人で、1975年サンレモ音楽祭に出場が決まっていたマリーサ・フリジェリオ(Marisa Frigerio)が出場取止めとなり、急きょ代役として選ばれる幸運をつかみました。

 しかし参加費用は彼女の母親が支払う羽目となり、ダニエラの唯一のキャリアはサンレモ音楽祭参加歌手でした。その後の消息はつかめませんでした。

 

OSI-0005 (19752 OSI – CBS Sugar) Dolce Abitudine (甘い習慣)/ Piccolo Bambino Caro

                OSI-0005OSI-0005

 

 

ダニエラの国内盤はありません、以上です。

 

 

 

★クリス&サラトガ (compl) Kriss and Saratoga

1971年にトスカーナで結成されたヴォーカル&インスツルメンタル・バンド。

                              

                      KRISS AND SARATOGA    

 

活動期間1971 – 1975

レコード会社FonolaOSI

サンレモ音楽祭出場1:1975年参加

 

 

サンレモ音楽祭出場時のメンバー構成

・クリス (Kriss)、本名フェルッチョ・フラノスキーニ (Ferruccio Franceschini) ヴォーカル

・ベッペ・カッシーニ(Beppe Cascini)、本名ジュゼッペ・カッシーニ(Giuseppe Cascini) ドラムス

・ナンド・ベニーニ(Nando Benigni) キー・ボード

・ブルーノ・グッビーニ (Bruno Gubbiani)

・ジャンニ・ランキーニ (Gianni Ranchini)

 

 

 1971年フィレンツェの南東50kmの山中にある小都市トスカーナ州アレッツォ(Arezzo)で5人の若者がクリス&スメラルディ(Kriss E Gli Smeraldi)というバンドを結成しました。スメラルドはエメラルドの事です。

 

結成時クリス&スメラルディのメンバー構成

・フェルッチョ・フラノスキーニ (Ferruccio Franceschini) ヴォーカル

・ナンド・ベニーニ(Nando Benigni) キー・ボード

・ジュゼッペ・カッシーニ(Giuseppe Cascini) ドラムス

・ジャンニ・ランキーニ (Gianni Ranchini)

・ブルーノ・グッビーニ (Bruno Gubbiani)

 

 リーダーのフェルッチョ・フラノスキーニは痩せてキリストの様なのでクリスト。仇名は骸骨。メンバーはスメラルディからサラトガまでメンバー交代はありませんでしたが、バンド名だけは変わっていきました。

 

 彼らはミラノ北西40kmにある山中の小都市アローナ(Arona)に1929年設立され、現在も活動を続けているイタリア屈指の老舗レコード会社フォノテクニカ・フォノーラ(Fonotecnica- Fonola)のフォノーラからデビューしました。

 

 この会社はダンス音楽、民謡、地元の歌手のレコードを作るために設立されましたが、60年代にはサンレモ音楽祭出場曲やヒット曲のカヴァーを出して業績を上げました。クリス&スメラルディもそのひとつでした。

 

 71年クリス&スメラルディで最初のシングルはジョージ・ハリスン(George Harrison)の“マイ・スウィート・ロード”と、後にミドル・オブ・ザ・ロード (Middle Of The Road)が“チピ・チピ天国”として大ヒットさせるラリー・ストット (Lally Stott)の“僕はチャーピ・チープ”をカヴァーしました。

 

SP-8014 (1971 Fonola – Fonotecnica) My sweet Lord (マイ・スウィート・ロード)/Chirpy Chirpy Cheep Cheep (僕はチャーピ・チープ (チピ・チピ天国)) [come Kriss e gli Smeraldi]

SP-8014SP-8014  NP-2142NP-2142

NP-2142 (1973 Fonola – Fonotecnica) Sylvia's Mother (シルビアズ・マザー) [/L'Amore Mi Aiuterà (Starman) (スターマン) [come Kriss e il Gruppo 2000]

 

 73年2枚目でバンド名をクリス&グルッポ2000と変えて、ロック・バンドらしくアメリカのドクター・フック&メディスン・ショー(Dr.Hook & Medicine Show)の“シルビアズ・マザー”とデヴィッド・ボウイ(David Bowie)の“スターマン”をカヴァーしています。

 

 グルッポ2000名義でもう1枚、イ・リベルリ (I Ribelli)が67年カンタジーロのジローネCで歌った“望みなき思い”とブリティッシュ・ロック・バンド、ユーライア・ヒープ(Uriah Heep)の“サンライズ”をカヴァーしています。

 

NP-2143 (1973 Fonola – Fonotecnica) Pugni chiusi (望みなき思い)/Sunrise in you (サンライズ) [come Kriss e il Gruppo 2000]

NP-2143NP-2143  OSI-0003OSI-0003

OSI-0003 (19752 OSI – CBS Sugar) Piccolo Bambino Caro (小さな可愛い子)/Evadere

 

 1年間のブランクの後、三度バンド名をクリス&サラトガに変えて75年サンレモ音楽祭に出場します。出場決定の経過は分かりませんが、彼らもレコード会社が決まっていなかったのでOSIからレコードが出ます。 これを最後に彼らの名前は出なくなりました。

 

 

クリス & サラトガの国内盤はありません、以上です。


 

 

 

★アントネラ・ベラン (vf) Antonella Bellan

195943日トリノ生。歌手、女優、テレビ司会者、著述家、脚本家、映画プロデューサー

                     

                     Antonella Bellan

 

活動期間1970 現在

所属レコード会社Excelsius (Fonit Cetra)Las Vegas (Sidet)Cetra PBG ItalianaF1 Team

サンレモ音楽祭出場1:1975年参加

 

 

 1971年本格的に歌とピアノのレッスンを始めて、同年トリノで開催されたのど自慢「黄金の仮面」でフランコ・トッツィ(Franco Tozzi)やウンベルト・トッツィ(Umberto Tozzi)を見出したピエル・ベニート・グレコ(Pier Benito Greco)が作った“Fiori D'Arancio”を歌い優勝し、フィアット500の賞品を貰いましたが、僅か12月才アントネラは運転することが出来ませんでした。

72年ジリオラ・チンクェッティ(Gigliola Cinquetti)の“涙の小道(Qui Comando Io)”を採譜・構成した元アコーディオン奏者で作曲家・音楽プロデューサーのマリオ・ピオヴァーノ(Mario Piovano)に師事し、ピオヴァーノは彼女の優秀さを認めます。

 

 73年トリノのフォニット・チェトラでピエロール・ベニート・グレコが作った曲を吹込み、“Grande Torino”はサッカーの応援歌となりました。(ユヴェントスのサポーターソングか?)

 

EXS-0467 (1973 Excelsius Fonit Cetra) Grande Torino/Fiori D'Arancio [Antonella Bellan/Pietro Benito Greco]

EXS-0467EXS-0467  500-1072500-1072 

500-1072 (19752Las Vegas (Sidet) – PHONOGRAM) Lettera (手紙)/Il Regno D'Amore

 

 74年カストロカーロ新人コンテストに出場し、優勝はリリアナ・サヴォカ(Liliana Savoca)とデニセ&グロリア・カローレ(Denise e Gloria Calore)でしたが、何故か優勝歌手が75年サンレモ音楽祭に出ず、ラスベガス(シデット)からアントネラ・ベランが出場しました。歌ったのは“手紙”で事前検閲をされて一部歌詞の変更もあり、ベラン自身も意に添わぬ曲でした。おまけに予選敗退で彼女にとってサンレモ音楽祭には良い印象を残していませんでした。

 

 サンレモ音楽祭後フォニット・チェトラと5年契約を結びます。16才になりピエロ・パセロ(Piero Pasero)に師事し、本格的に古典と現代歌唱にピアノを習得し、演技の勉強もしています。

 

 フランコ・チェッリ(Franco Cerri)のTVヴァラエティ番組「Chitarra E Fagotto」のテーマソング“Chitarra E Blue Jean”を歌い、チェトラからシングル盤を出しました。B面は多分フランスのP.フランソワーズ(P. François)が作った曲のカヴァーのようですが元曲は分かっていません。

 

 若いアントネラがレコード会社と長期契約を結ぶことに関して周囲は反対のようでした。結果はチェトラからシングル盤を1枚出しただけで終わったようです。

 

SP-1604 (1975 Cetra ‎– Fonit Cetra) Chitarra E Blue Jeans/Libero Di Andare

SP-1604SP-1604 NP-003NP-003

NP-003 (1979 PBG Italiana ‎– P.B.G.) Il Sole Nuovo/Il Sole Nuovo (Base In Si Bemolle)

 

 78年からバレエ、ジャズ・ダンス、モダン・ダンス、アフロ・キューバ・ダンスのレッスンを始め90年まで続けました。79年正体不明のシングル盤が出ています。如何にも私製盤のようです。P.B.G.はピエル・ベニート・グレコ(Pier Benito Greco)でないでしょうか?

 

 80年代から90年代にかけてベランは舞台女優をしていました。フランスのジャン・ジュネ(Jean Genet)の原作をアルベルト・ネグリ(Alberto Negro)が演出した「Aspetto Sul Muro La Rivelazione Di Qualche Segreto Terribile」に出演したり、劇中で彼女のために書かれた曲を歌っていました。また「Invidia」ではジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)の“ベンツが欲しい(Mercedes Benz)”を劇中で歌っています。

 

 83年RAIでアルベルト・キャンタレット(Alberto Chiantaretto)とダニエレ・ピァンチョーラ・ラヴォーラ (Daniele Pianciola.Lavora)が製作・監督した16mm映画「VENERDÌ SERA, LUNEDÌ MATTINA」に出演しました。同年アメリカのロバート・シェクリイ(Robert Sheckley)の小説「Seventh Victim」に触発されアルベルト・ネグリが作った演劇ミュージカル「Fotogrammetria Criminale」でベランはコオリナ(Koorina)役を演じ、その後コオリナを芸名に使うことがありました。

     Fotogrammetria CriminaleAntonella Bellan (Fotogrammetria Criminale) 

 

 85年80年代のベランの代表作となる「Incantesimo Di Donna – Progetto Mata Hari」に出演します。

 

 また芸名クリスティーネ(Christine)でフィノッティ(Franco Finotti)が作った曲”Free’N’Easy”のレコードを出しています。

 

P-7359 (1985F1 Team ‎– Panarecord) Free 'N Easy (Vocal Version)/Free 'N Easy (Instrumental Version) [come Christine]

P-7359P-7359  DM-9323DM-9323

DM-9323 (1985F1 Team ‎– Panarecord) 12”Maxi Free 'N Easy (Vocal Version)/Free 'N Easy (Instrumental Version) [come Christine]

 

 87年「Violette Noziere」、8990年「Estreme Conseguenze」等に出演し、ベランは演出家ネグリとの仕事で女優のキャリアを積みレコードを出さない歌手となりました。

 

 

アントネラ・ベランの国内盤はありません、以上です。

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

cnz27hrio

Author:cnz27hrio
FC2ブログへようこそ! リンク切れの画像がある場合は、 http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio をご覧ください。

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR