FC2ブログ

カンツォーネ

カンツォーネ、イタリアン・ポップスの、“出来れば”知られざる話を致しましょう。

 
2
3
5
6
8
9
11
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

サンレモの歌手たち 514 ヌオーヴァ・ジェンテ 2、 オペラ 2 (ジェンス 2)

1970年、71年にサンレモ音楽祭に出場したジェンス(I Gens)は74年に解散しましたが、その内3人が75年に2つのバンドを結成し、奇しくも76年サンレモ音楽祭に両方のバンドが出場しましたので、一緒にご紹介しましょう。

ヌオーヴァ・ジェンテ (compl) Nuova Gente,{La}

元ジェンスのメンバー2人1975年にトリオのバンドを結成し、翌76年に解散しました。

 

                    Nuova Gente   

 

活動期間1975 – 1976

所属レコード会社 FMA, Durium

サンレモ音楽祭出場1回:1976年17.

サンレモ音楽祭出品1曲:

 

 

メンバー構成

・フィリッポ・ランドロ (Filippo Landro) 194915日シチリア北東部の都市メッシーナ生、元ジェンスのキーボード奏者。アレンジャーとしてリラ(Lira)名義を使うこともある。

・エットーレ・カルドゥッロ(Ettore Cardullo) 1948717日メッシーナ生、 元ジェンスのベーシスト。

・マリオ・ヴォランティ(Mario Volanti) 1953915日メッシーナ生、ギタリスト。後にラジオ・イタリアの音楽パーソナリティ。

 

 

 1974年プログレ・バンドのジェンスが解散した後、75年にメンバーのフィリッポ・ランドロとエットーレ・カルドゥッロはギタリストのマリオ・ヴォランティを加え、トリオ・バンドのヌオーヴァ・ジェンテを結成しました。

 

 バンドはムーグ・シンセサイザー演奏家のグァルディア-ノ・デル・ファ-ロ(Il Guardiano del Faro)として知られる、音楽プロデューサーのフェデリコ・モンティ・アルドゥイーニ(Federico Monti Arduini)が75年に設立したばかりのFMAと契約し、FMA最初のシングル盤“Tu Credi”を発売しました。

 

ZFM-50400 (19756FMA ‎– RCA Italiana) Tu Credi/ È Inutile

ZFM-50400ZFM-50400  ZFM-50403ZFM-5O403

ZFM-50403 (19762 FMA ‎– RCA Italiana) Che Sarei (恋の不安)/Fantasma D'Allegria

 

 アルドゥイーニのお陰か、翌76年のサンレモ音楽祭に“恋の不安”で出場しました。そして最下位の18位ですが入賞することが出来ました。

 

 しかしアルドゥイーニの方針かFMAは76年でレコード製作を中止し、グァルディア-ノ・デル・ファ-ロはチェトラに移籍し、ヌオーヴァ・ジェンテはドゥリウムに移籍しシングル盤“Dormi”を出しましたが、すぐに解散してしまいました。

 

LdAl-7947 (1976 Durium Durium) Dormi/Noi Contro Noi

             LdAl-7947Ld・Al-7947

 

 

ヌオーヴァ・ジェンテの国内盤はありません、以上です。

 

 

 

オペラ (compl) Opera,{Gli }

元ジェンスのリーダー、フィリベルト・リッカルディ (Filiberto Ricciardi)が75年に結成したバンド。85年まで活動を続けました。

 

                       Opera

 

活動期間1975 – 1985

所属レコード会社 CBS, Durium, Radio Records

サンレモ音楽祭出場3回:1976年9位、79年参加、81年参加

サンレモ音楽祭出品-曲:

公式サイト

 

 

 1974年プログレ・バンドのジェンスが解散た後、リーダーのイル・バロネットことフィリベルト・リッカルディは翌75年3人のメンバーを集めて4人編成のバンド、オペラ(Gli Opera)を結成しました。

 

結成及び1976年サンレモ音楽祭出場メンバー

・イル・バロネット(Il Baronetto本名フィリベルト・リッカルディ(Filiberto Ricciardi) (在籍1976-79): 1949415 日(25日説もあり)にメッシーナ生、リーダー、ヴォーカル、キーボード、元ジェンス(Gens)のリーダー。ウィリアム・リッカルディ (William Ricciardi)を使うこともあった。

・ピノ(Pino)本名ジュゼッペ・アレグロ(Giuseppe Allegro) ベース(在籍1976)

・ジミー(Jimmy)本名ジュゼッペ・マンティネオ(Giuseppe Mantineo) ギター(在籍1976-79)

・ヴィンチェンツォ・マッカニャーニ(Vincenzo Maccagnani) ドラム(在籍1976-79)

 

 CBSと契約し、フィリベルト・リッカルディ達が作ったフェスティヴァル・バール参加曲“Donna Di Chi”でデビューしました。

 

3260(CBS) (1975 CBS – CBS Sugar) Donna Di Chi/Se Tu, Se Mai

3260(CBS)3260(CBS)  4042(CBS)4042(CBS)

4042(CBS) (1976 CBS – CBS Sugar) L'Ho Persa Ancora (また失った恋)/Se Tu, Se Mai

 

 76年サンレモ音楽祭に“また失った恋”で出場し、9位になります。その後EMIに移籍しますが“Lei Bambina , Lei Signora”の一作だけでした。

 

3C006-18209 (1976EMI – EMI Italiana) Lei Bambina , Lei Signora/ara

3C006-182093C・006-18209  RB- 82RB- 82

RB- 82 (1976Record Bazaar CBS Sugar) Supergruppi

.L'Ho Persa Ancora

.Donna Di Chi

 

 76年CGD、CBS在籍バンドの編集ベスト盤が出ました。オペラも2曲入りました。


LdAl-7980 (1977 Durium - Durium) Stelle Su Di Noi /Cucciolo
LdAl-7980Ld・Al-7980 
LdAl-8001Ld・Al-8001

LdAl-8001 (1978 Durium - Durium) Re Salomone/Aria, Acqua, Terra E Fuoco

 

 翌77年再度ドゥリウムに移籍し、“Stelle Su Di Noi”でフェスティヴァルバールに参加します。78年彼らのレパートリーとクラシック音楽を融合させたロック・オペラ「Aria, Acqua, Terra E Fuoco」を上演し、その中の曲をシングル盤として出しました。

 

 リッカルディのプロデュース、アレンジでディアリオ(Il Diario)の“Piccolo Pierrot”が出ています。リッカルディ自身がディアリオに加わっていたのか不明です。

 

UP-10028 (1978 Up - SAAR) Piccolo Pierrot/Cristalli (comr Il Diario)

UP-10028UP-10028  LdAl-8038Ld・Al-8038

LdAl-8038 (1979 Durium - Durium) Il Diario Dei Segreti(秘密の日記)/1000 Anni Luce

 

 79年再びサンレモ音楽祭に“秘密の日記”で出場しますが、参加曲に止まります。この前後にメンバー変更がありました。

 

変更メンバー・79年サンレモ音楽祭出場メンバー

ピノ→・アントネッロ・バッリラ(Antonello Barrilà)ベース(在籍1979-81) 1952922日メッシーナ生

・ジミー→・カルロ・シモーネ(Carlo Simone)ギター

・ピッポ(Pippo)本名ジュゼッペ・アドルーノ(Giuseppe Adorno ) ドラム(在籍1979) ピノ・サルピエトーロ(Pino Salpietro)

 

 プログレ色を高めながらドゥリウムで後2枚シングル盤を出しています。

 

LdAl-8050 (1979 Durium - Durium) Volare Mai/ Vecchio Mercante

LdAl-8050Ld・Al-8050  LdAl-8078Ld・Al-8078

LdAl-8078 (1980 Durium - Durium) Lascia Che Sia/Senti

 

 81年サンレモ出場の前に結成メンバーは脱退し、途中加入のアントネッロ・バッリラと新メンバーはRCAイタリアーナに販売委託をしたラジオ・レコーズに移籍しました。81年サンレモ音楽祭には新バンドとして“Guerriero”で三度出場しますが入賞出来ませんでした。

 

再編成・81年サンレモ音楽祭出場メンバー

・ヴァンニ・コモッティ(Vanni Comotti) 195537日トレヴィリオ生

・レレ・ベッリン(Lele Bellin) 19561221日ボルゴ・ディ・コモ生

・マリオ・ランビアーゼ(Mario Lambiase) 1957215日トリノ生

・アントネッロ・バッリラ(Antonello Barrilà)

・マリオ・ヴァレンティ(Mario Volanti) 1953 9 22 日メッシーナ生

・ピエロ・パシーニ(Piero Pasini) ベーシスト、バッリラの後継(在籍1982-85)

 

ZBRR- 7210 (1981Radio Records –RCA Italiana) Guerriero/Con Lei

ZBRR- 7210ZBRR- 7210  ZBRR- 7233ZBRR- 7233

ZBRR- 7233 (1981Radio Records –RCA Italiana) Guai/Luce Del Mattino

 

 新メンバーはもう1枚“Guai”を出し、81年中にバッリラが脱退しますが、85年まで活動を続け解散をしました。

 

 ジェンス、オペラのリーダーだったフィリベルト・リッカルディはバンド脱退後、ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院オーボエ課程を修了し、クラシック界でテノール歌手となり本当の『オペラ』の世界で活躍しました。

 

 

 

オペラの国内盤

GP- 425 (19765 SEVEN SEAS - キング) 30cmLP第26回サンレモ音楽祭 (FESTIVAL DI SAN REMO 1976)

10.また失った恋     (L'HO PERSA ANCORA)

 

                         GP- 425GP- 425

 

 

オペラは以上です。

 

 

 

 

(ご参考)

ジェンス、{イ・} (compl) Gens,{ I } メンバー構成 (※太字は70年サンレモ音楽祭出場)

・イル・バロネット(Il Baronetto准男爵の意味)、本名フィリベルト・リッカルディ (Filiberto Ricciardi) 1949415 日(25日説もあり)にメッシーナ生、リーダー、ヴォーカル、ギタリスト (在籍1967-1971, 1972-1974)、フィリベルト・ウィリアム・リッカルディ (Filiberto William Ricciardi)を使っていた。75年に結成したオペラ(Gli Operaを結成。

・ピッポ(Pippo)本名フィリッポ・ランドロ (Filippo Landro) 194915日メッシーナ生、キーボード奏者。アレンジャーとしてリラ(Lira)名義を使うこともある。75年に結成したヌオーヴァ・ジェンテ(La Nuova Gente)のメンバーとして76年サンレモ音楽祭に出場。

・ヌヴォーラ・ジャッラ(Nuvola gialla 黄色い雲の意味)、本名エットーレ・カルドゥッロ(Ettore Cardullo) 1948717日メッシーナ生、 ベーシスト。75年に結成したヌオーヴァ・ジェンテ(La Nuova Gente)のメンバーとして76年サンレモ音楽祭に出場。

・ラ・シニョーラ・オミチーディ(La signora omicidi レディ・キラーズの意味)本名ジルベルト・ブルーノ(Gilberto Bruno) 194968日メッシーナ生、1971年オルツィヌオーヴィ(ブレーシャ)没。ギタリスト (在籍1967-1969)

・イル・レオーネ(Il leone)、本名ピノ・サルペトロ(Pino Salpietro) 194722日メッシーナ生。ベーシスト。

 

交代メンバー

・アルベルト・タディーニ(Alberto Tadini) 1950年カラヴァッジョ(ベルガモ)(Caravaggio (Bergamo)) 生、ヴォーカル、ギタリスト、1971

年サンレモ音楽祭でリード・ヴォーカル担当(在籍1971-1972)

・マウロ・クロッタ (Mauro Culotta) ギタリスト (在籍1969-1973)

・エンリコ・ビアンキ(Enrico Bianchi) ボーカル、キーボード

・ヴィンチェンツォ・コンバルド (Vincenzo Lombardo) ベーシスト


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

cnz27hrio

Author:cnz27hrio
FC2ブログへようこそ! リンク切れの画像がある場合は、 http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio をご覧ください。

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR