FC2ブログ

カンツォーネ

カンツォーネ、イタリアン・ポップスの、“出来れば”知られざる話を致しましょう。

 
2
3
5
6
8
9
11
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

サンレモの歌手たち 524 プロフェーティ 4 (ダニー・ベスケット、ベッペ・ティランゾーニ)

 消息が分かる途中交代メンバーの内3人の残り2人、ダニー・ベスケットとベッペ・ティランゾーニについて紹介しましょう。

 

ダニー・ベスケット(Danny Besquet)

本名ダニエレ・バイマ・ベスケット(Daniele Baima Besquet)、生年月日、出生地不明、1966年-67年プロフェーティのベーシストとして在籍。歌手、ベース奏者、作曲家、音楽プロデューサー。

 

                           Danny Besquet                          

 

活動期間1966 – 1981

所属レコード会社CBS, Fonit, Carosello, Mucca, Polydor, Blu Records

サンレモ音楽祭出場0

サンレモ音楽祭出品0曲:

 

 

彼について私のブログ『サンレモの歌手たち 342 ニコラ・ディ・バリ 5』で書いていますので引用します。

 

 (74年)4月に(ニコラ・ディ・バリの)サンレモ入賞曲“村の狂人”の入ったアルバム「La colomba di carta」が出ました。(ニコラ・ディ・バリの)自作が5曲、タイトル曲の“La Colomba Di Carta”はアコースティック・ギターがバックの静かな始まりでだんだん盛り上げて語りも入るディ・バリ・スタイルの曲、ダニー・B・ベスケット(Danny B. Besquet)、ピエロ・デ・ベネデッティ(Piero De Benedetti)、ロモロ・フォルライ(Romolo Forlai)でした。ベスケットとは初仕事と思いますが、次のアルバム「愛の映像」に“夢の泉”も提供しています。面白い経歴なので、字数が余ればあとで紹介します。

 

(ご参考) ダニー・B・ベスケット (Danny B. Besquet)

ダニー・ベスケットはイ・プロフェーティ(I Profeti)にベーシストとして1966~7年在籍し、その後ニュー・ダダ(New Dada)の残党メンバーとフェリー、フランコ、レネ、ダニー&ギャビー(Ferry, Franco, Rene, Danny E Gaby)を組みローリング・ストーンズの前座公演を務めました。
 作家として名前が出るのは、73年サンレモ音楽祭にアドリアーノ・チェレンターノに提供したただ一つのチャンス(L'UNICA CHANCEが棄権曲となった頃からで、ディ・バリやナーダに提供をしましたが、特にチェレンターノが中心だったようです。
 6曲中4曲を提供し、共同プロデュースした78年のチェレンターノのアルバム「Ti avrò」は年間ベスト・アルバム13位、タイトル曲“Ti avrò”は年間ヒット・ランク5位のメガ・ヒット曲になります。

 余勢借ってベスケットはアメリカ生まれの同僚ロニー・ジャクソン(Ronnie Jackson)と作ったプロジェクトのジャイアンツはカリフォルニア・バーバンクにあるケンダン・スタジオで録音(ベック・ボガート&アピスのボガートがドラムスとして参加)したアルバム「妖しき閃光/ジャイアンツ」を出し、収録曲バックドアー・マン (BACKDOOR MAN)”はフェスティヴァルに出場、年間ヒット・ランク95位になります。(以上引用)

 


 

 ダニエレ・バイマ・ベスケットの経歴は、66年プロフェーティにベーシストとして参加したところからしか分かりません。67年にプロフェーティを辞めて、フェリー、フランコ、レネ、ダニー&ガビー(Ferry, Franco, Rene, Danny e Gaby)というグループに参加しました。当時メンバーのファースト・ネイムを並べたディノ、デシ & ビリ-(Dino, Desi & Billy)のような名前が流行っていました。

 

 このバンドは69年に“エリザベス(Elizabeth)”を出したマウリツィオ(本名Maurizio Arcieri)が65年に結成したバンド、ニュー・ダダ(New Dada)が基礎となっています。66年マウリツィオ・アルチエリがソロ歌手として独立、残ったメンバーのフェリー(Ferruccio "Ferry" Sansoni)、フランコ(Franco Sadanza)、レネ(Renato “Renè" Vignocchi)にパトリック・サムソン・グループ(Patrick Samson Group)のガビー、プロフェーティのダニー・ベスケットで結成しました。

 

 しかしCBSで2枚のシングルを出しただけで消えました。

 

2809(CBS) (1967 Mucca ‎– CBS Sugar) Un Treno Che Parte/Elegia Per L'amico Di Antonio

2809(CBS)2809(CBS)  3134(CBS)3134(CBS)

3134(CBS) (1967 Mucca ‎– CBS Sugar) Se Te Lo Raccontassi.../Quattro StagioniAntonio

 

 ダニーはパトリック・サムソンが再結成したバンド、パトリック・サムソン・セット(Patrick Samson Group)に参加します。彼がいつまでこのバンドに在籍していたか分かりません。バンドが69年カロセッロに移籍して2枚目のシングルB面“Soli Si Muore (Crimson And Clover) (クリムズンとクローバー”が69年年間ヒット・ランク27位に入る超特大ヒットとなり、その後はパトリック・サムソン単独名になります。バック・バンドのメンバーになったかは不明です。

 

SPF-31207 (1967 Fonit ‎– Fonit Cetra) Io E Il Tempo (ぼくと時) [Cantagiro 1967]/Sono Un Uomo (I'm A Man) (アイム・ア・マン - Spencer Davis Group)

SPF-31207SPF-31207  SPF-31209SPF-31209

SPF-31209 (1967 Fonit ‎– Fonit Cetra) Sono Nero (Give And Take - Jimmy Cliff)/ Lasciami Bere (Gin House Blues) (ジン・ハウス・ブル – Amen Corner)

  

LPQ-09048 (19683 Fonit ‎– Fonit Cetra) Patrick Samson Set/Sono Nero

LEL- 56 (1973 Music Parade – Fonit Cetra) Patrick Samson Set/Sono Nero

.Philly Dog (Walking The Dog) (犬もあるけば Rufus Thomas)

.Top (Step Out Of Your Mind) (ステップ・アウト・オブ・ユア・マインドAmerican Breed)

.Le Mura Stanno Per Crollare (Jericho - Dick Rivers)

.Lasciami Bere (Gin House Blues) (ジン・ハウス・ブルAmen Corner)

.Io E Il Tempo (ぼくと時)

.Tell Mama (テル・ママ Etta James)

.Stasera Canto Io (Funky Broadway) (ファンキ-・ブロ-ドウェイ Dyke & The Blazers)

.Bambolina (Any Day Now) (エニイ・デイ・ナウChuck Jackson)

.I Believe (アイ・ビリーブFrankie Laine)

10.Last Night (ラスト・ナイトMar-Keys)

11. Sono Nero (Give A Little, Take A Little (Give And Take) - Jimmy Cliff)

LPQ-09048LPQ-09048  LEL- 56LEL- 56

 

SPF-31250 (1968 Fonit ‎– Fonit Cetra) I Believe (アイ・ビリーブ)/ Le Mura Stanno Per Crollare (Jericho)

SPF-31250SPF-31250  CI-20224CI-20224

CI-20224 (1969 Carosello ‎– Carosello) Gloria (グローリア)/Laila, Laila

 

CI-20225 (1969 Carosello ‎– Carosello) Tanto Era Tanto Antico/ Soli Si Muore (Crimson And Clover) (クリムズンとクローバー Tommy James & Shondells)

CI-20225CI-20225  2060-0582060-058

2060-058 (1973 Polydor ‎ – Phonogram) Eri Tutto, Eri Niente, Eri La Mia Mente (Give Me Love (Give Me Peace On Theearth)) (ギヴ・ミー・ラヴ: ジョージ・ハリスン)/Juke Box [come PasettiB.Besquet & Dallaglio]

 

 73年ポリドールからパゼッティ、B・ベスケット&ダラリオのトリオでジョージ・ハリスンの“ギヴ・ミー・ラヴ”をカヴァーしました。

 

 73年初めてソロ歌手ダニー・B・ベスケットとしてムッカからシングル盤を出しました。

 

MUK-731 (1973 Mucca ‎– CBS Sugar) Questo È Lei/La Voglia Che Mi Dai [come Danny B. Besquet]

MUK-731MUK-731  MU-1MU-1

MU-1 (197411 Mucca ‎– RCA Italiana) She Loves You (シー・ラヴス・ユー)/In L.A [come West Coast Tr. Co.]

 

 翌74年ロニー・ジャクソンとウェスト・コーストTr. Co.というプロジェクトを立上げ、ビートルズの“シー・ラヴス・ユー”をカヴァーしました。

 

 5年後の79年ロニー・ジャクソンとジャイアンツ(Giants)というプロジェクト名で80年代初頭まで活動をします。

 

2060-198 (1979 Polydor ‎– Phonogram) Backdoor Man/Do You?

2060-1982060-198  2141-0872141-087

2141-087 (1979 Polydor – Phonogram) 12”-Maxi Backdoor Man/Do You?

2141-138 (1979 Polydor ‎– Phonogram) 12”-Maxi Everything Is Alright/Hollywood Queen

2141-1382141-138  2448-0882448-088

2448-088 (1979 Polydor ‎ – Phonogram) Giants

.Backdoor Man

.Everything Is Alright

.The Night Shift

.Do You?

.Oh Woman!

.Hollywood Queen

 

2060-237 (1981 Polydor Polygram) Rosko (Big City)/Let The People Say

2060-2372060-237  2448-1202448-120

2448-120 (1981 Polydor ‎ Polygram) Giants II

.Rosko (Big City)

.Used To Be The Fools

.Queens Of The Night

.Let The People Say

.Mediterranean Moon

.Voodoo Girl

.Beyond The Hill

.Better Way

 

 またライター、プロデューサーとしては主にアドリアーノ・チェレンターノ関係の仕事をしていました。

 

 

 

ダニー・ベスケットの国内盤(ジャイアンツとして)
DPQ-6153 (19798POLYDOR - ポリドール) バックドアー・マン (BACKDOOR MAN)/ドゥ・ユー? (DO YOU?)

 

DPQ-6153DPQ-6153  MPF-1245MPF-1245

MPF-1245 (19798POLYDOR - ポリドール) 30cmLP妖しき閃光/ジャイアンツ (GIANTS)
.バックドアー・マン (BACKDOOR MAN)

.エヴリシング・イズ・オールライト (EVERYTHING IS ALRIGHT)
.ザ・ナイト・シフト (THE NIGHT SHIFT)
.ドゥ・ユー? (DO YOU?)

.オ-ッ、ウーマン (OH, WOMAN!)

.ハリウッド・クィーン (HOLLYWOOD QUEEN)

 

 

 

ベッペ・ティランゾーニ (Beppe Tiranzoni)

本名ジュゼッペ・ティランゾーニ (Giuseppe Tiranzoni)

 

 

活動期間

所属レコード会社1971-現在

サンレモ音楽祭出場0回:

サンレモ音楽祭出品0

 

 

 1967年パヴィア(Pavia)で結成されたバンド、ヌーミ(I Numi)に70年加入し、71年彼ら唯一のアルバム「I Numi  ‎– Alpha Ralpha Boulevard」の製作に携わりました。

POLBP-708POL・BP-708  AMS-142LPAMS-142・LP

POLBP-708 (1971Polaris ‎– CBS Sugar) 30cmLP I Numi  ‎– Alpha Ralpha Boulevard (come I Numi)

VM-033 (1993Vinyl Magic ‎– Vinyl Magic) CD I Numi  ‎– Alpha Ralpha Boulevard

AK-1032 (2002Akarma ‎– Lord) CD I Numi  ‎– Alpha Ralpha Boulevard [8026575032156]

AMS-117CD (2009AMS ‎– Vinyl Magic) CD I Numi ‎– Alpha Ralpha Boulevard [8016158311730]

AMS-142LP (2018AMS ‎– BTF) 30cmLP I Numi  ‎– Alpha Ralpha Boulevard

.Alpha Ralpha Boulevard  

.San Miguel  

.La Nueva Eta'  

.Luce E Gloria Per Te  

.Furma Materiae Progredientis  

.325  

.Alpha Ralpha Reprise

VM-033 AK-1032 AMS-117・CD    

VM-033                           AK-1032                        AMS-117CD

 

 同年ドラムスのフリオ・ソッラッツィ(Furio Sollazzi)がルーチョ・ダッラ(Lucio Dalla)のバンドに参加するため去った時、グループは解散しました。当時の音源を93年CDとして発売しています。

 

NU- 1 (1993Minotauro - NU RECORDS) CD I NUMI - STORIA DI ZERO (come I Numi)

.Sorge L'Alba

.Il Vuoto

.Un Nuovo Mondo

.Ritorno Alla Realtà

.Grinton's Step (Il Passo Del Grintone) (Instrumental Bonus Track)

                              NU- 1NU- 1

 

 ヌーミのメンバーでベースのパオロ・ブッチェッリ(Paolo Buccelli) とベッペ・ティランゾーニがコルテ・デイ・ミラーコリ(Corte dei Miracoli) にと呼ばれる短命のグループを結成しました。日本でもアルバムが発売されたサヴォーナのバンドとは別のバンドです。

 

 このコルテ・デイ・ミラーコリが解散した後、ベッペはプロフェーティに入ったようです。

 

 

 

プロフェーティ 5 は次回に続きます


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

cnz27hrio

Author:cnz27hrio
FC2ブログへようこそ! リンク切れの画像がある場合は、 http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio をご覧ください。

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR