カンツォーネ

カンツォーネ、イタリアン・ポップスの、“出来れば”知られざる話を致しましょう。

 
2
3
5
6
8
9
11
12
14
15
17
18
20
21
23
24
26
27
29
30
04

サンレモの歌手達 411 ペピーノ・ガリアルディ 5

ペピーノ・ガリアルディ (vm) Peppino Gagliardi

本名ジュゼッペ・ガリアルディ(GIUSEPPE GAG;LIARDI)、1940年5月25日ナポリ生、自作自演歌手。

 

                 NSP-56138NSP-56138

 

所属レコード会社Zeus, Jolly (SAAR), Det (CAM), King Universal, Philips, PG Records

サンレモ音楽祭出場:1965年参加、66位、68年参加、72年第位、73年第位、93年参加

 

 

 

 1972年サンレモ音楽祭で“すみれのように(Come Le Viole)“を歌い見事第2位、年間ヒット・ランク39位、カンツォニッシマに“シニョリネッラ”で出場しました。 彼の絶頂期を迎え、まずシングル盤“”を出しました。

 

NSP-56138 (1973King Universal – Fonit Cetra) Un Amore Grande/Acqua Dal Cielo ※ジャケット画像は顔写真画像をご参照

 

NSP-56139 (1973King Universal – Fonit Cetra) Come Un Ragazzino (夢に消えた詩)/Ricordando

                   NSP-56139NSP-56139 

 

 73年サンレモ音楽祭に“夢に消えた詩”で出場し、同じナポリ出身のペピーノ・ディ・カプリに次ぐ第2位で、二人のペピーノが上位を独占しました。この曲は年間ヒット・ランク43位になる好成績を収めました。

 

 しかしこの後、60年代の人気カンツォーネ歌手の多くが人気を落し、ガリアルディの名前がヒット・パレードを飾ったのは、この曲が最後となりました。フォノグラムのフィリップスに移籍します。

 この頃キング・ユニヴァーサルからこれまでのヒット曲を集めたベスト・アルバム「Sempre... Sempre...」が発売されました。

 

NLP- 106 (19732King Universal – King Universal) Sempre... Sempre...

LPLV-3369 (1974 Vis – ) Sempre...Peppino Gagliardi...Sempre

.Sempre Sempre (消え去らぬ夢) 1971年夏のディスク第2位

.Gocce Di Mare (海のしずく)

.L'Amore

.A Soffrire Sarò Io

.Per Una Volta Sola

.Visione (愛の情景)

.La Voce Che Cantava

.Ti Voglio

.La Ballata Dell'Uomo In Più (エラブツのバラード)

10.Pensando A Cosa Sei (君に続く道)

11.Al Pianoforte

12.Ricordando Andersen

NLP- 106NLP- 106  LPLV-3369LP・LV-3369

 

 フィリップス移籍第一弾は夏のディスク出場曲“La Mia Poesia”で決勝戦まで進みました。

 

6025-113 (1974Philips - Phonogram) La Mia Poesia /Ancora Più Vicino A Te

6025-1136025-113 6025- 1226025- 122

6025- 122 (1974 Philips - Phonogram) Vagabondo Della Verità /Che Cos'È

 

 フィリップス2枚目のシングル“Vagabondo Della Verità”とシングル曲の入ったカンツォーネ・アルバム、それから年末に新しいナポリターナのアルバムを出しました。フィリップスというイタリアでは弱いレーベルであったため、セールス的にも話題性も欠きましたが、音楽性においてナポリ音楽の最高峰に達しました。「Quanno Figlieto Chiagne E Vò Cantà Cerca 'Int 'A Sacca...E Dalle 'A Libbertà!」はナポリのレコード会社ラッキー・プラネッツからCD化されています。

 

6323-030L (1974 Philips - Phonogram) Vagabondo Della Verità

.Vagabondo Della Verità

.Ancora Più Vicino A Te

.La Mia Poesia

.Ragazzina

.Incontro A Te

.Se Mi Telefonassi

.Che Cos'È

.Felicità

.Un Diario

6323-030L6323-030・L 6323-0366323-036

6323-036 (197411 Philips - Phonogram) Quanno Figlieto Chiagne E Vò Cantà Cerca 'Int 'A Sacca...E Dalle 'A Libbertà!

6492-040 (1974 Fontana - Phonogram) PEPPINO GAGLIARDI - Quanno figlieto chiagne e vo' canta'

LKP- 560 (200911Lucky Planets -) CD Quanno Figlieto Chiagne E Vò Cantà Cerca 'Int 'A Sacca...E Dalle 'A Libbertà!

.Addò Vaie ? ...Chi Sape Niente...

.Uocche D'Oro

.Cumm'Aggio A Fa

.Sera Napulitana

.'O Primmo Ammore

.Palomma D'Oro

.N'Aucelluzzo

.Povero Cane

.T'Aggio Perduta

6492-0406492-040 LKP- 560LKP- 560

 

 69年DETレーベルが無くなった後、ナポリにある古巣のレコード会社ゼウスに自分のレーベルPGレコーズを作りましたが、個人会社では経営が大変で1年で、アウレリオ・フィエルロのキング・ユニヴァーサルに入社しました。そのキング・ユニヴァーサルもペピーノ・ガリアルディが去ったためか、あるいは会社の業績悪化で移籍せざるを得なかったのかわかりませんが、75年活動を停止しました。

 

 ガリアルディはPGレコードのディストリビューションをRCAイタリアーナに委ねました。シングル盤A面は80年サンレモ音楽祭に出場する若いナポリ生まれのカンタウトゥーリ、エンツォ・マレパッソ(Enzo Malepasso)にダイアノ(Daiano)、ガエターノ・アメンドローラ(AMENDOLA)が共作、B面はガリアルディとアメンドーラの作でした。

 

ZPG-50451 (1975 Pg Record – RCA Italiana) Dalla Sera All'Alba/Non Te Ne Andare Via

ZPG-50451ZPG-50451 ZSLPG-55650ZSLPG-55650

ZSLPG-55650 (1975 Pg Record – RCA Italiana) La Musica, La Gente Ed Io

LSM-1317 (1984 MusicA – CGD) La Musica, La Gente Ed Io

.Mia Cara

.Dalla Sera All'Alba

.Musica

.Che Stupido Ero Io

.Non Te Ne Andare Via

.Piccolo Io

.L'Odio Tanto E L'Amo Tanto

.Se (Non Avessi Avuto Te)

.Niente D'Importante

10.Fantasia

 

 アルバムも作り、10曲中7曲がアメンドーラの曲でした。

 

 翌76年ディストリビューターをドゥリウムに変更し、シングルとアルバムを出しますが、資料がすくないのを見ると、売れなかったのでしょう。

 

PGAl-102 (1976Pg Records - Durium) Se Tu Lo Vuoi Sarà/Paola

PGAl-102PG・Al-102  PGL-1001PGL-1001

PGL-1001 (1977 PG Records - Durium) Momenti

.Se Tu Lo Vuoi Sarà

.E Ti Ritrovo Qui

.Paola

.Un Vecchio Tanto Vecchio

.Il Tuo Viso Stanco

.All’Improvviso

.Amore Bello

.Non Importa Più

.Un Uomo Solo

10.Chi Sei Tu

 

 “Se Tu Lo Vuoi Sarà”はドスの利いた歌声を抑え気味に、ダニエル・センタ・クルツの“哀しみのソレアード”風な曲に仕立てています。

 

 古巣ナポリのゼウスからデビュー当時の曲とPGレコードを興した頃の曲を集めたベスト盤が出ました。下の帯の部分が黄色と赤の2種類ある(発売時期が違うのか?)のが確認されています。

 

BS-3004 (1976Zeus - Zeus) Peppino Gagliardi T'AMO E T'AMERO'

.T'Amo E T'Amerò(愛し、愛され)

.Piango

.Madison Italiano

.Ciento Notte (百の夜) 1969年第17回ナポリ音楽祭10

.N'Àngiulillo

.Tornerai Da Me

.'A Voce 'E Mamma

.Quanno Vuo' Tu'

.'A Canzone 'E Napule (ナポリの小唄)

10.Ascolta Mio Dio

11.L'Oscurità

12.'O Scugnizzo (いたずらっ子) 1969年第17回ナポリ音楽祭第3位

               BS-3004a BS-3004 BS-3004b  

 

 77年ディストリビューターはデビューしたナポリのゼウスに戻されます。RCAイタリアーナに委ねていた頃のアルバムからシングル・カットされた盤です。

 

KB-0001 (1977Pg Records - Zeus) Mia Cara/Fantasia

                       KB-0001KB-0001

 

 CGDは77年にCBSが分離独立し、急激に会社業績が落ち、その穴埋めに各社の旧譜をレンタルしてもらい、廉価盤シリーズのリネア・アッツーラ・シリーズを出しました。ペピーノ・ガリアルディの曲は活動停止したキング・ユニヴァーサル原盤の音源を使っています。

 

LA-97006 (1977Linea Azzurra – CGD) Peppino Gagliardi I Miei Successi...

.Settembre (秋への想い)1970年夏のディスク第2位

.La Ballata Dell'Uomo In Più (エラブツのバラード)

.Un Amore Grande

.Gocce Di Mare (海のしずく)

.La Voce Che Cantava

.Accanto A Chi (あるひとのそばで)

.Come Le Viole (すみれのように) 1972年サンレモ音楽祭第2位

.Come Un Ragazzino (夢に消えた詩)

. Ti Amo Così (待ちつづける春)

10.Signorinella (シニョリネッラ)

11.Love Story (ある愛の詩)

12.Sempre ... Sempre (消え去らぬ夢) 1971年夏のディスク第2位

LA-97006LA-97006 RELST-19384REL・ST-19384

RELST-19384 (1978 Penny - Ri Fi) Peppino Gagliardi

.Settembre (秋への想い)1970年夏のディスク第2位

.Come Le Viole (すみれのように) 1972年サンレモ音楽祭第2位

.Come Un Ragazzino (夢に消えた詩)

.Ti Amo Così (待ちつづける春)

.Signorinella (シニョリネッラ)

.Gocce Di Mare (海のしずく)

.Accanto A Chi (あるひとのそばで)

.Sempre... Sempre (消え去らぬ夢) 1971年夏のディスク第2位

.Love Story (ある愛の詩)

10.L'Amore

 

 翌78年はリフィもキング・ユニヴァーサル音源で廉価盤シリーズのペニーで編集ベストを発売しました。

 

 

 

ペピーノ・ガリアルディの国内盤

GW- 2334 (19731 SEVEN SEAS - キング) 30cm2LP忘れな草 から ガラスの部屋 まで/カンツォーネ・オン・シネマ・ダブル・デラックス (CANZONE ON CINEMA DOUBLE DELUZXE)

1-.ガラスの部屋 (CHE VUOLE QUESTA MUSICA STASERA)

 

GW- 2334GW- 233~4a GW- 23940GW- 239~40a

 

GW- 23940 (19733 SEVEN SEAS - キング) 30cm2LPラヴ・ミー・トゥナイト/くたばれサンレモ (NON FINALISTE DI SAN REMO)

2-.消え去らぬ影 (CHE VALE PER ME)

 

MAX-  29 (1973310 SEVEN SEAS - キング) 30cmLPイタリア映画MAX20 (ITALIAN FILM TEMES MAX 20)

.ガラスの部屋 (CHE VUOLE QUESTA MUSICA STASERA)

 

MAX-  29MAX- 29 SR- 817SR- 817

 

SR- 817 (19734 SEVEN SEAS - キング) 30cmLP若草の朝/カンツォニッシマ1972-1973 (CANZONISSIMA 197273)

12.シニョリネッラ (SIGNORINELLA)

 

HIT-2099 (1973425 SEVEN SEAS - キング) 夢に消えた詩 (COME UN RAGAZZINO)/消え去らぬ夢 (SEMPRE SEMPRE)

 

HIT-2099HIT-2099 GP- 316GP- 316

 

GP- 316 (19736 SEVEN SEAS - キング) 30cmLP 失われた愛を求めて/サン・レモ1973 (SAN REMO 1973)

.夢に消えた詩 (COME UN RAGAZZINO)

 

GW- 2478 (19738SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LP カンツォーネを歌おう/第6回カンツォーネ・コンクール課題曲集 (CANZONI DATI DI CONCORSO VOCI NUOVE)
2-
.ガラスの部屋
(CHE VUOLE QUESTA MUSICA STASERA)

GW- 2478GW- 247~8a NAX-022NAX-022

 

NAX-022 (19736 SEVEN SEAS - 国文社(キング)) 30cmLP スクリーン・ヨーロッパ (SCREEN EUROPE) 特販物

.ガラスの部屋 (CHE VUOLE QUESTA MUSICA STASERA)

 

GW- 25960  (19742SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LPカンツォーネ・ゴールデン・ベスト・ダブル・デラックス (CANZONE GOLDEN BEST DOUBLE DELUXE)
1-
.ガラスの部屋 (CHE VUOLE QUESTA MUSICA STASERA)

 

GW- 25960GW- 259~60a GW- 2656GW- 265~6a

 

GW- 2656  (19748SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LPカンツォーネを歌おう/第7回カンツォーネ・コンクール課題曲集 (CANZONI DATI DI CONCORSO VOCI NUOVE)
1-11.
夢に消えた詩 (COME UN RAGAZZINO)

 

FM-2045 (19749 SEVEN SEAS - キング) ガラスの部屋 (CHE VUOLE QUESTA MUSICA STASERA)/ サウンド・オブ・サイレンス (SOUND OF SILENCE) B面ステルヴィオ・チプリアーニ楽団 (Stelvio Cipriani)

 

FM-2045FM-2045  FMW-  212FMW- 21〜2a

FMW-  212 (1974 SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LP ヨーロッパ映画テーマのすべて (SCREEN MUSIC LIBRARYEUROPEAN FILM THEMES)

2-.ガラスの部屋 (CHE VUOLE QUESTA MUSICA STASERA)

 

 

 

ペピーノ・ガリアルディ6は1993年サンレモ音楽祭の後に続きます



サンレモの歌手たち 410 ペピーノ・ディ・カプリ 4、アルベルト・フェ-リ 1

ペピーノ・ディ・カプリ (vm)  Peppino Di Capri

本名ジュゼッペ・ファイエッラ(Giuseppe Faiella)1939年7月27日カプリ生、歌手。

1967年から2005年までサンレモ音楽祭に15回出場2回優勝しています。

 

              SPL- 710SPL- 710 

 

所属レコード会社Carisch, Splash, Baby Records, Dischi Ricordi, Polygram, Lucky Planets

サンレモ音楽祭出場15回:1967年参加、71年11位、73年優勝76年優勝、80年20位、85年9位、87年5位、88年17位、89年11位、90年入賞、92年(ペピーノ・ディ・カプリとピエトラ・モンテコルヴィーノ)14位、93年参加、95年(トリオ・メロディーとして)13位、2001年11位、05年入賞

 

 1972年は夏のディスクに出場した“失った金の鎖(Una Catena D'Oro)”が本選に残り、ヴェネチア国際音楽祭金ゴンドラ出場曲“孤独(Solo Io)”を、カンツォニッシマは“Amare di meno”、レジネッラ (Reginella)、サンタ・キアーラ寺院(Munasterio 'E Santa Chiara)、マガリ (Magari)を歌いました。またアルバム「PEPPINO DI CAPRI E I NEW ROCKERS - HITS VOL..2」が84位ながら、72年年間ベスト・アルバムに入りました。

 

 その実績で73年サンレモ音楽祭に出場し、デビュー15年目で“失われた愛を求めて(Un Grande Amore E Niente Più)”を歌い、初優勝をしました。優勝曲はその年の出場曲で一番ヒットし、年間ヒット・ランク29位の大成功を収めます。

 

SPH-1014 (1973Splash - Messaggerie Musicali) Un Grande Amore E Niente Più (失われた愛を求めて)/Per Favore Non Gridare

SPH-1014SPH-1014 SPH-1015SPH-1015

SPH-1015 (1973Splash - Messaggerie Musicali) Scusa/Piano Piano, Dolce Dolce (そっと優しく 

 

 次のシングルは“Scusa”で、何故かヒットしたのはB面“そっと優しく”、年間ヒット・ランク76位に入りました。

 

 ヒット曲の入ったアルバム「Peppino di Capri e i New Rockers」を出しますが、年間ベスト・アルバムに入りませんでした。時代は外国のロックか自国のロック系自作自演歌手が主流となり、ディ・カプリの従来型カンツォーネは次第と人気を失い始めました。

 

SPL- 705 (1973Splash - Messaggerie Musicali) LP Peppino di Capri e i New Rockers

SPLX-604 (2005Splash - Lucky Planets) CD Peppino di Capri e i New Rockers [8031274006049]

.Un Grande Amore E Niente Più (失われた愛を求めて)

.Che Cosa Mi Dai

.Piano Piano, Dolce Dolce (そっと優しく)

.In Quel Portone Sotto Casa MIa

.Intanto T'Ho Amata

.Il Musicista

.Non Dire Mai

.La Prima Sigaretta

.Per Cominciare Ancora insieme a Te

10.Non Penso Più A Lei

11.Per Favore Non Gridare

12.Magari (マガリ)

SPL- 705SPL- 705 SPLX-604SPLX-604

 

 毎年出しているナポリターナの名曲を集めたアルバムを出します。

 

SPL- 706 (1973Splash - Messaggerie Musicali) Napoli ieri - Napoli oggi Vol. III

Napoli Ieri

.Guapparia (ガッパリア)

.Palomma 'E Notte (蝶々の夜)

.Tammurriata Nera (黒い落し子)

.'O Marenariello (舟人の歌)

.Funtana All'Ombra (木陰の噴水)

.Munasterio 'E Santa Chiara (サンタ・キアーラ寺院)

Napoli Oggi

.Scusa

.Limone D'Oro

.Me Dice 'O Core

10.Se Ne So' Gghiute E Viole

11.'Na Canzone

12.Tu... (トウ) 1969年ナポリ音楽祭4位

SPL- 706SPL- 706 SPH-1016SPH-1016

SPH-1016 (197311Splash - Messaggerie Musicali) Champagne (想い出のシャンパン)/La Prima Sigaretta

 

 カンツォニッシマに出場し、“想い出のシャンパン”で最終戦に残りました。74年年間ヒット・ランク66位のヒットになりました。

 

 74年1枚目のシングル盤は、夏のディスク出場曲“愛はふしぎ”でした。最終戦には勧めませんでした。

 

SPH-1017 (1974Splash - Messaggerie Musicali) Amore Grande, Amore Mio (愛はふしぎ)/E Ridendo Ridendo

SPH-1017SPH-1017 SPH-1018SPH-1018

SPH-1018 (19745Splash - Messaggerie Musicali) Domani/Finale Scontato

 

 次のシングル盤はラジオの人気ヴァラエティ番組「Gran varietà」のテーマになった“Domani”でした。

 

 ヒットした“想い出のシャンパン”、夏のディスク出場曲“愛はふしぎ”などシングルで出した曲が入ったアルバム「Il giocatore」です。ジャケットがビロード貼りのデラックス版も出しました。

 

SPL- 708 (1974Splash - Messaggerie Musicali) Il giocatore

SPLL- 708 (1974Splash - Messaggerie Musicali) Il giocatore

.Il Giocatore

.Lei, Signora

.Lasciamo Stare

.Giuseppe

.Dove Vai?...

.Amore Grande, Amore Mio (愛はふしぎ)

.Non È Possibile

.Sarebbe Bello

10.Finale Scontato

11.Domani

12.Champagne (想い出のシャンパン)

SPL- 708SPL- 708 SPLL- 708NO IMAGE-WANTED 

 

 74年最後のシングルは年末のカンタジーロで歌う“Mai”でした。

 

SPH-1019 (1974Splash - Messaggerie Musicali) Mai/Lasciamo Stare

SPH-1019SPH-1019 SPL- 709SPL- 709

SPL- 709 (1975Splash - Messaggerie Musicali) Napoli ieri - Napoli oggi Vol. IV

.Santa Lucia Luntana... (遥かなるサンタ・ルチア)

.Vierno... ()

.Simmo 'E Napule...Paisà... (俺たちゃナポリッ子)

.Che T'Aggia Dì... (ケ・タッジャ・ディ)

.A Primma Nnammurata...

. Chi Si', Chi so'...

.Zingarella... (ジプシー娘)

.L'Ultima Sera...   

.Napule Sfurtunata...   

10.Felicità...   

11.Gelusia...

 

 74年も恒例のナポリターナのアルバム「Napoli ieri - Napoli oggi Vol. IV」を出しました。もう4集になりました。

 

75年夏のディスクに“小さな想い出”で出場しましたが、この年は本選に進めず参加曲の止まりでした。

 

SPH-1020 (19754Splash - Messaggerie Musicali) Un Piccolo Ricordo (小さな想い出)/Gelusia

             SPH-1020SPH-1020

 

 秋に開催されるヴェネチア国際音楽祭金のゴンドラ(スター歌手によるエキジビション)に“Amo”で出場しました。最初はB面が“Il Giocatore”で出ますが、B面を“Love Me As Though There Were No Tomorrow”に差替え、レコード番号を改めて再発売されました。

 

SPH-1021 (19759Splash - Messaggerie Musicali) Amo / Il Giocatore

SPH-1021SPH-1021 SPH-1022SPH-1022

SPH-1022 (1975Splash - Messaggerie Musicali) Amo/ Love Me As Though There Were No Tomorrow

 

 音楽祭出場曲を中心としたアルバム「1000 Giorni」を出します。1000日の意味ですが、サンレモ音楽祭優勝からなのでしょうか?

 

SPL- 710 (1975Splash - Messaggerie Musicali) 1000 Giorni ※ジャケット画像は顔写真画像をご参照

.Amo

.Un Piccolo Ricordo (小さな想い出)

.Piano Piano, Dolce Dolce (そっと優しく)

.Una Catena D'Oro (失った金の鎖)

.Un Grande Amore E Niente Più (失われた愛を求めて)

.Il Giocatore

.Lasciamo Stare

.Amare Di Meno

.Magari (マガリ)

10.Mai

11.Amore Grande, Amore Mio (愛はふしぎ)

12.Champagne (想い出のシャンパン)

 

 

 

ペピーノ・ディ・カプリの国内盤

GW- 2478 (19738 SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LP カンツォーネを歌おう回カンツォーネ・コンクール課題曲集 (CANZONI DATI DI CONCORSO VOCI NUOVE)
1-.
失われた愛を求めて
(UN GRANDE AMORE E NIENTE PIU')

GW- 2478 GW- 247~8a SR- 827SR- 827 

 

SR- 827  (19738 SEVEN SEAS - キング) 30cm LP失われた愛を求めて/ペピーノ・ディ・カプリ (UN GRANDE AMORE E NIENTE PIU'/PEPPINO DI CAPRI)
.
失われた愛を求めて (UN GRANDE AMORE E NIENTE PIU')

.
失った金の鎖 (UNA CATENA D'ORO)
.
マガリ
(MAGARI)
.
ロベルタ
(ROBERTA)
.
君だけの世界
(NESSUNO AL MONDO)
.
夜に
(E' SERA)
.
恋人と呼んで
(ME CHIAMME AMORE)
.
あなたのくちづけを
(I'TE VURRIA VASA)
.
雨が降る
(CHIOVE)
10.
病める人
(MALATIA)
11.
恋人よ眠らずに
(SCETATE)
12.
夜の声 (VOCE 'E NOTTE)

 

MAX-  34  (19739 SEVEN SEAS - キング) 30cm LPベスト・オブ・カンツォーネ (THE BEST OF CANZONE)
10.
失われた愛を求めて
(UN GRANDE AMORE E NIENTE PIU')

MAX-  34MAX- 34 GW- 25960GW- 259~60a

 

GW- 25960  (19742 SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LPカンツォーネ・ゴールデン・ベスト・ダブル・デラックス (CANZONE GOLDEN BEST DOUBLE DELUXE)
1-.
失われた愛を求めて
(UN GRANDE AMORE E NIENTE PIU')

SR- 861  (19743SEVEN SEAS - キング) 30cm LP太陽のとびら/カンツォニッシマ1973~74 (T CANZONISSIMA 197374)
.想い出のシャンパン
(CHAMPAGNE)

SR- 861SR- 861 GW- 2612GW- 261~2a 

 

GW- 2612  (19746SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LPサン・レモ優勝曲のすべて (I VINCITORI DI SAN REMO)
1-
.失われた愛を求めて (UN GRANDE AMORE E NIENTE PIU')

GW- 2656  (19748SEVEN SEAS - キング) 30cm 2LPカンツォーネを歌おう/第7回カンツォーネ・コンクール課題曲集 (CANZONI DATI DI CONCORSO VOCI NUOVE)
1-
.失われた愛を求めて (UN GRANDE AMORE E NIENTE PIU')

GW- 2656GW- 265~6a SR- 874SR- 874 

 

SR- 874  (19748SEVEN SEAS - キング) 30cm LP愛をたずねて/サン・ヴァンサン・フェスティヴァル (ST. VINCENT FESTIVAL) ※夏のディスク・フェスティヴァルの事です
.愛はふしぎ (AMORE GRANDE AMORE MIO)

GP- 382  (19759SEVEN SEAS - キング) 30cm LP サン・ヴァンサン音楽祭/夏のディスク・フェスティヴァル1975 (ST. VINCENT FESTIVAL)
.小さな想い出
(UN PICCOLO RICORDO)

             GP- 382GP- 382 

 

ペピーノ・ディ・カプリ 5は1976年サンレモ音楽祭の後に続きます。

 

 

 

★アルベルト・フェ-リ (vm) Alberto Feri

1953 7 24 日ローマとフィレンツェの中間にあるグロッセート(Grosseto)県の小さな山中の町アルチドッソ (Arcidosso)生、歌手。

 

                   Alberto Feri     

 

所属レコード会社: RCA ITALIANA, CiPiTi

サンレモ音楽祭出場2回:1973年参加、89年参加(サンタローザの一員として)

 

 1972年新人コンテストUna Voce Per Sanremoでジルダ・ジュリアーニ(Gilda Giuliani)と共に優勝し、サンレモ音楽祭の出場資格を得ます。

 

 RCAイタリアーナと契約しますが、米RCA社がヴェトナム戦争加担企業と見做され、その関係会社としてサンレモ音楽祭の出場を拒絶されます。ただ彼は新人コンテストの条件として出場権が与ており、例外措置で出場は出来たのですが、レコード会社からの支援は受けられず敗退。

 

PM-3699 RCA ITALIANA RCA ITALIANAOgni volta che mi pare 毎回思われる/ Ma Se Non È Amore Cosè

PM-3699PM-3699   CPTNP-1037CPT・NP-1037
CPTNP-1037 (1975CiPiTi - CBS Sugar) Sanremo/Festival Collage

 

 その後のレコード制作の記録は不明で、サンレモ主催者も気の毒に思ったのか75年のテーマソング歌手とします。

 

 彼は絶望することなく77年音楽グループのサンタローザ(Santarosa)を結成、89年再びサンレモ音楽祭に出場します。

 

アルベルト・フェーリの国内盤はありません

 

この続きは1989年サンレモ音楽祭の後、アルベルト・フェ-リ2(サンタローザ)で致します

 

サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO) 65 1973年-3

 第23回の出場候補曲は225曲の応募がありました。1曲1歌手制になったため、予め歌手たちが歌いたい曲を決め応募しております。内訳は男性歌手111人、女性歌手76人、バンド38グループでした。

 

 応募曲を職業の違う25人(ジャーナリスト5、俳優4、労働者3、会社員3、音楽家3にRAI、省庁、市町村の関係者)の選考委員が検討をします。その過程は透明性を確保するため、ジャーナリストや出版関係者の傍聴を認めました。30曲を選出し、サンレモ音楽祭出場資格与えたコンテストの勝者2人(ジルダ・ジュリアーニとアルベルト・フェーリ)の曲を加えた32曲を出場曲とします。

 

          Roberto Vecchioni         Lolita  

           ロベルト・ヴェッキオ- (DUCALE)          ロリータ (CAR JUKE BOX)

 

 

 

第23回 1973年3月8日()~10日() サンレモ市カジノ付属劇場

司会:マイク・ボンジョルノ (Mike Bongiorno)、ガブリエッラ・フェリノン (Gabriella Farinon)
楽団指揮: 16名の指揮者で演奏された。

オーガナイザー:サンレモ観光協会(Comune di Sanremo)とヴィトリオ・サルヴェッティ(Vittorio Salvetti)、芸術助監督ブルーノ・パルレージ(Bruno Pallesi
形式:出場曲数30曲を第1夜、第2夜に15曲を歌い、各夜の中から7曲の入賞曲を選出し最終夜に出場権を与え、最終夜に出場した中から優勝を決め2位から16位までの入賞曲を発表する。

 

 

[]は外人歌手数

RICORDI [] (RICORDI []); ARCOBALENO [], SIF [] CAR JUKE BOX[])

FONIT CETRA 7[]FONIT CETRA 4[]CAROSELLO 1[] KING UNIVERSAL[] DUCALE[]

PHONOGRAM [] (POLYDOR [] PHILIPS[] SIDET[])

CBS SUGAR [] CGD []CBS [] SPLASH[]

ARISTON []

DURIUM []

SAINT MARTIN 1[]

 

 

              Mocedades         Toni Santagata 

              モセダデス (NUVOLA/ZAFIRO)          トニ・サンタガータ (CETRA)

 

 新人コンテストの勝者アルベルト・フェーリ以外のRCAイタリアーナの歌手たちが不参加になった理由は、レコード会社側が出場を辞退したのではなく、主催者側が参加を認めませんでした。

 

 出場予定歌手は “Un’Auto targata TO”のルーチョ・ダッラ(Lucio Dalla)、 “Vento caldo”のイヴァノ・フォッサーティ(Ivano Fossati)、それにアントネッロ・ヴェンディッティ(Antonello Venditti)の名前が挙がっていました。RCAイタリアーナの親会社アメリカRCAは軍事用電子製品を生産し、ヴェトナム戦争加担企業であることを理由に出場を認めませんでした。

 

 この年から視聴者の投票はユニバック(Univac)の投票システムが採用され、審査員の投票は今までの、1票の投票方式や持ち点投票様式でなく、全ての曲を聞いた後に予め用意された10パターンの内、自分が一番良いと思う1パターンを選ぶ方式に変わりました。

 

 

              

  <参加曲>

◆エリーザ・エリーザ Elisa Elisa S.Bardotti - S.Endrigo) 出版社 USIGNOLO セルジョ・エンドリゴ (vm) Sergio Endrigo CETRA – FONIT CETRASP-1506 [45]

 

SP-1506SP-1506  HIT-2098HIT-2098

 

 

恋してるって私が Innamorata io? Al.Celentano - Chiaravalle出版社 TELCAR – LUISIANA ロリ (vf) Lolita CAR JUKE BOX – DISCHI RICORDICRJNP-1087 [45]

 

CRJNP-1087CRJ・NP-1087  1306(CGD)1306(CGD) 

 

ふしぎな気持 Mistero C.Mattone出版社 APRIL Mus. RCAジリオラ・チンクェッティ (vf) Gigliola Cinquetti CGD – CBS Sugar1306(CGD) [45]

 

 

僕の世界 Mondo mio G.Conte - M.Conte出版社 R.R.R. クリスチャン・デ・シ (vm) Christian De Sica RICORDI – DISCHI RICORDISRL-10689 [45]

 

SRL-10689SRL-10・689  PM-3699PM-3699 

 

毎回思われる Ogni volta che mi pare F.Evangelisti - M.Politano' - P.Pintucci出版社 RCA - ITアルベルト・フェ- (vm) Alberto Feri RCA ITALIANA – RCA ITALIANAPM-3699 [45]

 

 

◆哀れな男 (明日に生きる)  Povero L.Medini - M.Mellier出版社 SIDETジュニア・マッリ (vm) Junior Magli Las VegasSIDET – PHONOGRAMLVS-1063 [45]

 

LVS-1063LVS-1063a  CRJNP-1088CRJ・NP-1088 

 

◆スリ・スリ・バーネ・バーネ Sugli sugli bane bane A.M.Piccioli - P.Tomellieri出版社 TELCAR - LUISIANA 風の娘達 (coro) Figlie del Vento CAR JUKE BOX – DISCHI RICORDICRJNP-1088 [45]

 

 

◆去り行く君 Vado via L.Albertelli - E.Riccardi出版社 RITMI E CANZONI ドゥルピ (vm) Drupi RICORDI – DISCHI RICORDISRL-10688 [45]

 

SRL-10688SRL-10・688  DW-1086DW-1086 

 

 

◆灰色の街 Via Garibaldi T.Santagata出版社 FONIT CETRA トニ・サンタガ (vm) Toni Santagata CETRA – FONIT CETRASP-1508 [45]

 

                  SP-1508SP-1508 

 

 

<棄権曲>

・ただ一つのチャンス L'UNICA CHANCE D.B.BESQUET - Ad.CELENTANO) 出版社 CLAN アドリアーノ・チェレンターノ (vm) Adriano Celentano CLAN CELENTANO CBS SugarCLN- 1319 [45]

 

CLN- 1319CLN- 1319   SP-1505SP-1505 

 

<失格曲>

愛なきふるさと TERRA CHE NON SENTI A.PIAZZA) 出版社 FONIT CETRA ローザ・バリストレリ (vf) Rosa Balistreri (CETRA – FONIT CETRASP-1505 [45]

 

 

1973年サンレモ音楽祭出場は以上です。

 

 

 サンレモ音楽祭は新曲コンテストで厳しい規則がありますが、出場曲の失格があります。審査員や聴衆が先入観を持たずに厳正な審査する建前で、全てがサンレモの舞台で初披露する以前に歌唱・演奏してはならない、とされています。

 

 初めての失格は57年の“美しきもの (La cosa piu' bella)”で、他社が他の歌手で事前にレコードを出したためでした、2度目のローザ・バリストレリの“愛なきふるさと”です。本人が事前の放送番組「Stasera Rosa」で歌ってしまたようです。ただこの事前歌唱のチェックが厳密に行われていたかというと、前72年の優勝曲“虹の日々(I giorni dell'arcobaleno)”や“ジェザエル(Jesahel)”も事前に放送したと言われています。

 

 バリストレリ自身、何度も投獄され、歌も反体制的であり、“愛なきふるさと”の内容も音楽祭向きでないと思われていたので、相当の政治的判断が影響していると考えられています。彼女はサンレモ市内の劇場で「貧者のための音楽会」としてワンマン・コンサートを開きました。

 

 この後92年にジョー・スクィッロ(Jo Squillo)、96年にオルネラ・ヴァノーニ(Ornella Vanoni)が失格、2014年にリッカルド・シニガッリア(Riccardo Sinigallia)が順位除外(失格か?)になっています。

 

 

                Bassano 1       Rosa Balistreri 2         

                    バッサーノ (vm)               ローザ・バリストレリ (CETRA)    

 

 3番目に紹介するレコード会社はサン・マルタン(Saint Martin Record)です。英語読みすればセイント・マーティンですが、当時も河合秀朋さんはサン・マルタンと言っていたので、イタリアではわざわざフランス語読みにしたものとして扱います。 前72年にはシデット(SIDET)のディストリビューターとしてサンレモ音楽祭に参加したのですが、自社歌手を出場でなかったので73年に廻しました。

 

 65年サン・マルタン音楽出版が、当時イタリアの音楽業界で盛んに行われていた、音楽出版会社がレコード会社を作る流れの中、他社と同じように音楽出版社オーナーのジーノ・カゼッリ(Gino Caselli)がミラノにレコード会社を設立しました。活動期には中堅独立会社としての位置を占めていました。

 

 最初の成功は65年、女性歌手バルバラ・ローリー(Barbara Lory)が第1回ロンバルディア音楽祭で“Sei tu Milano”を歌い優勝した事でした。次の成功はバルバラが66年カンタジーロ・ジローネB(新人部門)に“悪い月(Male di luna)”を歌い12位、バンドのフナムボリは翌年のジローネC(グループ部門)には (i Funamboli)が“反対の仮定(Ipotesi egativa,)”で、68年夏のディスク・フェスティヴァルに“Come un'ombra”で出場するなど実績を残しました。

 

      設立時Saint Martin (1965)   Saint Martin     

 

 他にサンレモ経験のあるジャンニ・マスコロアキレ・トリアーニエッダ・オルラーリ、そして73年サンレモ音楽祭に出場しているリオネッロが在籍していました。また80年代に“ワーズ(Words (Don't Come Easy))”で世界的なヒットを出したフランス人歌手F.R.デイビッド(F.R. David)もイタリア在住時代に所属していました。

 

 73年サンレモ音楽祭にバッサーノを“カラ・アミーカ”で出場させることが出来ました。レコードのリリースは70年代末まで確認できますが、それ以降の消息は不明です。

 

 そしてもう1社、ミーナのデビュー会社イタルディスクの継承会社ドゥカーレ(Ducale)です。イタルディスクは56年にダビデ・マタロン(Davide Matalon)が興し、その音楽出版社として59年12月にドゥカーレを作ります。63年ミーナが移籍でイタルディスクを離れた以降、カー・ステレオ、カセット・テープのサプライ供給が主力となります。70年代に入りレコード制作を再開しますが、音楽出版会社のドゥカーレを社名としました。同社は現在もドゥカーレ・ミュージックとして活動を続けています。

          ITAL DISC      DUCALE(d)   DUCALE

                    

 

 

 

 

・優勝・入賞曲と参加曲を含め全体を言う場合、出場曲と表現します。

・順位をつけない入賞曲の頭には""を、参加曲の頭には""を付けます。

・太字は国内盤で出ていた曲と歌手。

・サンプル音声ファイルは著作権侵害を避け、なるべくAmazon MP3のサンプル音声を利用します。昔のイントロは長く、歌が出ないまま終わる曲があります。全曲聞きたい方はYou-Tubeを探してください。見つかることもあります。


サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO) 64 1973年-2

 この年の最大の話題は優勝、第二位の曲を歌ったのがペピーノ・ディ・カプリとペピーノ・ガリアルディの二人のペピーノは共にナポリの歌手だった。と言うことであればよかったのですが、またしてもサンレモ音楽祭のお騒がせ男アドリアーノ・チェレンターノが主役になってしまいました。

 

 3月6日、音楽祭の始まる前々夜に運営管理本部のヴィットリオ・サルヴェッティ(Vittorio Salvetti)と市会議員ナポレオーネ・カヴァリエーレ(Napoleone Cavaliere)宛てに1通の電報が届きます。発信人は出場歌手のアドリアーノ・チェレンターノからでした。

 

           Umberto Balsamo           Wess & Dori Ghezzi

        ウンベルト・バルサモ (POLYDOR)          ウェスとドリ・ゲッツィ (DURIUM)

 

 内容は「名も知らぬ歌手達が出場することで有名歌手の多くが出場できない事を思うと胃が痛み、胃炎になって出場できません。」ということでした。直ちに真偽を確認するために電話をしました。本人からの物で出場放棄とし、代替曲の選定をしませんでした。サンレモの「チェレンターノ・エスケープ事件」です。私も顔ぶれを見ると、そう言いたくなる気持ちも理解できなくもありません。

 

 しかし、クラウディオ・ビルラは風邪で寝込んだ時は会場にレコードだけでも流し、ボビー・ソロは声が出なかったためレコードに合わせ「口パク」だけで舞台に立ちました。過去に病欠した歌手はなく、サンレモ音楽祭はそのような厳しい場でした。チェレンターノは舞台から逃げたと思われても仕方がありません。

 

 

第23回 1973年3月8日()~10日() サンレモ市カジノ付属劇場

司会:マイク・ボンジョルノ (Mike Bongiorno)、ガブリエッラ・フェリノン (Gabriella Farinon)
楽団指揮: 16名の指揮者で演奏された。

オーガナイザー:サンレモ観光協会(Comune di Sanremo)とヴィトリオ・サルヴェッティ(Vittorio Salvetti)、芸術助監督ブルーノ・パルレージ(Bruno Pallesi
形式:出場曲数30曲を第1夜、第2夜に15曲を歌い、各夜の中から7曲の入賞曲を選出し最終夜に出場権を与え、最終夜に出場した中から優勝を決め2位から16位までの入賞曲を発表する。

 

[]は外人歌手数

RICORDI [] (RICORDI []); ARCOBALENO [], SIF [] CAR JUKE BOX[])

FONIT CETRA 7[]FONIT CETRA 4[]CAROSELLO 1[] KING UNIVERSAL[] DUCALE[]

PHONOGRAM [] (POLYDOR [] PHILIPS[] SIDET[])

CBS SUGAR [] CGD []CBS [] SPLASH[]

ARISTON []

DURIUM []

SAINT MARTIN 1[]

 

 

 さらに悪いことにローザ・バリストレリが大会規定に反し、音楽祭開始以前に出場曲を公に歌ってしまったことが判明しました。彼女の“愛なきふるさと”は失格となります。このことは次回お話ししましょう。結果32曲が30曲の出場曲になってしまいました。直前立ったため、イタリアでのコンピ盤、ルフェーブルの演奏盤はそのままこれらの曲は収録されます。

 

 後のヒット状況は最悪でした。前年は14曲の入賞曲の内ララ・サン・ポールを除く13曲が年間ヒット・ランクに入りましたが、73年は入所曲16曲中7曲しかランク・インせず半減となり、さらに出場棄権したアリドアーノ・チェレンターノの“ただ一つのチャンス”が37位で、優勝曲“失われた愛を求めて”の29位に次ぐ成績でした。これでサンレモ音楽祭の存在意義が問われかねません。

 

 

           CHRISTIAN DE SICA         Alessandro   

          クリスチャン・デ・シ- (RICORDI)       アレッサンドロ (CBS/CBS SUGAR)

 

 ジルダ・ジュリアーニは新人初参加で5位、年間ヒット・ランク42位の好成績でした。彼女は現在も続いている新人コンテストUna Voce Per Sanremoでアルベルト・フェーリと共に優勝し、出場資格を得ました。RCAイタリアーナが出場辞退したのか、アルベルトは彼一人の出場でまともなプロモートもなく参加曲に終わります。

 

 他の曲の年間ヒット・ランクの状況は第2位の“夢に消えた詩”43位、第3位の“愛遥かに”63位、“愛の果実”88位、“太陽の旗”94位、“美しい君(夢見るあなた)”47位でした。後にフランスで大ヒットしたため注目を浴びたドゥルピの“去り行く君”ですが、イタリアの年間ヒット・ランクでは100位以内には入っていません。

 

              

<入賞曲>

11美しい君 (夢見るあなた)  Come sei bella G.Bigazzi - C.Cavallaro) 出版社 APRIL Mus. <1170> イ・カマレオンティ (compl) Camaleonti (CBS CBS Sugar1293(CBS) [45]

 

1293(CBS) 1293(CBS)  ECPB-  251ECPB- 251

 

 

12若い恋人 Tu giovane amore mio D.Pieretti - F.Monachesi - R.Gianco - A.Nicorelli) 出版社 JUBAL <1131> ドナテッロ (vm) Donatello Ricordi – Dischi RicordiSRL-10690 [45]

 

SRL-10690SRL-10・690  CI-20347CI-20347 

13花開く世界 Il mondo è qui M.Remigi) 出版社 D'ANZI <1111> メモ・レミージ (vm) Memo Remigi CAROSELLO – FONIT CETRACI-20347 [45]

 

 

14想い出の3分 Tre minuti di ricordi M.Del Prete - A.Pintus) 出版社 TIBER <1065> アレッサンドロ (vm) Alessandro CBS – CBS Sugar1305(CBS) [45]

 

1305(CBS)1305(CBS)  ARCNP-2076ARC・NP-2076 

 

15異国の女 Straniera straniera F.Chiaravalle - F.Specchia) 出版社 TELCAR - LUISIANA <1050> リオネッロ (vm) Lionello ARCOBALENO – DISCHI RICORDIARCNP-2076 [45]

 

 

16木枯しの家 Una casa grande A.Lo Vecchio - N.Villa) 出版社 ALFIERE <990 > ララ・サン・ポ- (vf) Lara Saint Paul Polydor – Phonogram2060-047 [45]

 

              2060-0472060-047 

 

 

  <参加曲>

アディオ・アモ Addio amor G.M.Gallerani - G.Bosisio - M.Nobile出版社 USIGNOLO モセダデス (compl=sp) Mocedades NUVOLA (ZAFIRO,Spain) – FONIT CETRAIS-20119 [45]

 

IS-20119IS-20119  RARNP-77586RAR・NP-77586 

 

アンジェリ Angeline R.Marsella - Daiano出版社 COME IL VENTO - FRAGOLA BLU ポップ・トップス (compl=sp) Pop Tops RARE – SIFRARNP-77586 [45]

 

 

アニカ・ナ・オ Anika na-o A.Piccaredda - P.Cochis - P.Cassano出版社 DURIUM ジェット (compl) J. E. T. DURIUM – DURIUMLdA-7796 [45]

 

LdA-7796Ld・A-7796  SMR-1701SMR-1701 

 

カラ・アミ Cara amica P.Principe - V.Caruso出版社 SAINT MARTIN RECORD バッサ (vm) Bassano SAINT MARTIN – SAINT MARTIN RECORDSMR-1701 [45]

 

 

消え去った青い空 Dove andrai D.Mariano出版社 FRAGOLA BLU カルメン・アマ (vf) Carmen Amato RARE – SIFRARNP-77587 [45]

 

          RARNP-77587RAR・NP-77587 

 

 

 

 

 

次回の参加曲に続きます

 

 

 2社目に紹介するのはS...Società Italiana Fonografica)です。すでに「サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO 48 1968年」でニーノ・フェレールが出場した時に書いておりますが、イタリアでラーレ・レーベルを使い、73年にイタリア人歌手(カルメン・アマート)を初出場させておりますので、この場に取上げています。

          SIF      RARE

 

 54年フランスのエディ・バークレイ(Eddie Barclay)が興したバークレイ・レコード(Barclay Records)のイタリア法人で、68年ミラノで設立され、国内販売権はリフィが持ち、翌年からリコルディが販売権を持っています。

 当初FlècheRareRiviera、SIFのレーベルを発売しますが、本体のBarclayは69年までRCAイタリアーナ(64年まではSAARが発売)との契約が残っており、70年になって初めてSIFから出ました。リヴィエラは60年代のはじめフランスで新しい音楽の歌手のために創設したレーベルのベル・エアー(Bel Air)から生まれ、ラーレは同じく新たなグループ、バンドの音楽のために作られたレーベルでした。

 イタリア現地法人のSIFではイタリア系フランス人歌手ニーノ・フェレール(Nino Ferrer)やペーター・ホルムにリヴィエラを使い、イタリア人歌手にはラーレを使っています。ただ話はややこしいのですが、イタリアのリヴィエラはバークレイと別契約で65年頃はCGDから、68年SIFから販売されるようになりました。

 シングル盤ではCGD時代は接頭記号RIV、リフィ時代SIFNP、リコルディ時代RIVNPが使われます。ラーレもリフィ時代SIFNP、リコルディ時代RARNPが使用されました。

 本格的イタリア現地法人でのイタリア歌手のレコード制作が進むと、各レーベルトもRARNPに統一されていきます。

 SIFが立ち上がって間もなくはドン・バッキーピエロ・フォッカーチャロッキ-・ロバーツプリニオ・マッジロベルタ・マッツォーニたちが移籍し一時所属して活況をていした時期もありました。

 

 前回最終的に『最後はCGDに吸収合併された』としておりますが、リコルディに吸収されたという説もあります。いずれも「いつ」と言う事が不明なので、2説あることを書くにとどめます。

 

 

                  Carmen Amato       Pop Tops        

                    カルメン・アマ (SIF/RARE)        ポップ・トップス (SIF/RARE)

      

 

 

 

・優勝・入賞曲と参加曲を含め全体を言う場合、出場曲と表現します。

・順位をつけない入賞曲の頭には""を、参加曲の頭には""を付けます。

・太字は国内盤で出ていた曲と歌手。

・サンプル音声ファイルは著作権侵害を避け、なるべくAmazon MP3のサンプル音声を利用します。昔のイントロは長く、歌が出ないまま終わる曲があります。全曲聞きたい方はYou-Tubeを探してください。見つかることもあります。


サンレモ音楽祭 (FESTVAL DI SANREMO) 63 1973年-1

 前年はエリオ・ジガンテ(Elio Gigante)に代わりプロデューサー権限を出演する歌手の芸術監督に限定、また開催主体をサンレモ観光協会からサンレモ市の変更する大改革をしました。これも不景気で大物プロデューサーがお金を集めることが出来なくなり、自治体予算に頼らざるを得なくなったとも考えられます。

 

 1973年はサンレモ観光協会とフェスティバル・バールの発案者で司会者のヴィトリオ・サルヴェッティ(Vittorio Salvetti)が共同主催することになり、その下で芸術助監督としてサンレモ音楽祭出場歌手で、その後作詞家、レコード・プロデューサーとなったブルーノ・パルレージ(Bruno Pallesiが就きました。

 

 1972年サンレモ音楽祭から始まった1曲1歌手が歌うシングルキャスト制(ただし56年は新人コンテスト形式のためにシングル・キャスト)が引継がれます。この方法を補うため前年はフランク・プゥルセルを再演奏楽団指揮者として招きましたが、今回は同じくフランスのレーモン・ルフェーヴル(Raymond Lefe'vre)にその任を委ねました。

 

    Gilda Giuliani     Drupi   RAYMOND LEFE'VRE     

     ジルダ・ジュリアーニ (ARISTON)       ドゥルピ (RICORDI)     レーモン・ルフェーヴル (SIF/Riviera)

 

第22回 1973年3月8日()~10日() サンレモ市カジノ付属劇場

司会:マイク・ボンジョルノ (Mike Bongiorno)、ガブリエッラ・フェリノン (Gabriella Farinon)
楽団指揮: 16名の指揮者で演奏された。

オーガナイザー:サンレモ観光協会(Comune di Sanremo)とヴィトリオ・サルヴェッティ(Vittorio Salvetti)、芸術助監督ブルーノ・パルレージ(Bruno Pallesi
形式:出場曲数30曲を第1夜、第2夜に15曲を歌い、各夜の中から7曲の入賞曲を選出し最終夜に出場権を与え、最終夜に出場した中から優勝を決め2位から16位までの入賞曲を発表する。

 

前年はこのため歌手の労働組合が反発し、退会寸前までストライキをして実施が危ぶまれましたが、73年は歌手組合のストライキはなかったものの、サンレモ市内部の問題で、国営放送のRAIとの紛争紛争が起こり、予選の第1夜、第2夜が放送できず、決勝戦の最終夜のみしか生放送できなかったという事態になりました。

 

 出場歌手は30歌手(グループは1歌手)で、外人出場歌手も総て1歌手1曲の歌唱でした。

初出場17歌手(内外人歌手は2歌手)、出場レコード会社17社で初出場3社、外人歌手のみの出場会社はありませんでした。 ただし、その内リコルディ・グループに属するレコード会社が3社、フォニット・チェトラ・グループに属するレコード会社が3社、CBSシュガー・グループに属するレコード会社とフォノグラム・グループに属するレコード会社が各1社含まれています。

 
          J. E. T.
     Alberto Feri       

           ジェット (DURIUM)                アルベルト・フェーリ (RCA Italiana)

 

リコルディは前年3歌手から、73年は傘下の会社を含め9歌手(内外人1を含)、反対に前年最多6歌手だったRCAイタリアーナ・グループは新人歌手1名のみ、前年6だったフォニット・チェトラ・グループは7、フォノグラムもシデットがグループに入り3から4に各1増え、CBSシュガーは総数で変わらず、アリストンが1名増え2に、前年出場時代組のドゥリウムが2名で復活、サン・マルタンは自社歌手が出場し総数は変わらず1、EMIイタリアーナ、リフィ、サールは出場せず3社で4名減となりました。

 

[]は外人歌手数

RICORDI [] (RICORDI []); ARCOBALENO [], SIF [] CAR JUKE BOX[])

FONIT CETRA 7[]FONIT CETRA 4[] CAROSELLO 1[] KING UNIVERSAL[] DUCALE[]

PHONOGRAM [] (POLYDOR [] PHILIPS[] SIDET[])

CBS SUGAR [] CGD [] CBS [] SPLASH[]

ARISTON []

DURIUM []

SAINT MARTIN 1[]

 

 今まで顔写真を出来るだけジャケット画像を使うようにしましたが、かなりの歌手でサンレモ音楽祭出場曲以外に顔が映っているジャケットが見つかりませんでした。そのため多くを雑誌に載っていた写真を使っています。また統一性を保つためすべてモノクロ写真を使いました。

 

 

              

<優勝> 失われた愛を求めて Un grande amore e niente più (F.Califano - G.Wright - G.Faiella - C.Mattone) 出版社 RCA - SPLASH <1710> ペピーノ・ディ・カプリ (vm) Peppino Di Capri SPLASH – CBS SugarSPH-1014 [45]

 

  SPH-1014SPH-1014  HIT-2100HIT-2100 

 

 

<2位> 夢に消えた詩 Come un ragazzino G.Amendola - P.Gagliardi) 出版社 INDIOS <1482> ペピ-ノ・ガリアルディ (vm) Peppino Gagliardi King universal – Fonit CetraNSP-56139 [45]

 

 NSP-56139NSP-56139  HIT-2099HIT-2099

 

 

<3位> 愛遥かに Da troppo tempo (L.Albertelli - G.Colonnello) 出版社JUBAL < 1463 > ミルバ (vf) Milva RICORDI – Dischi RICORDISRL-10687 [45]

 

SRL-10687SRL-10・687   CM-  241CM- 241 

 

 

<入賞曲>

4位 愛の果実 Dolce frutto P.Minellono - U.Balsamo) 出版社出版社ILLER - USIGNOLO < 1430> リッキとポーヴェリ (coro) Ricchi e Poveri CETRA – FONIT CETRAPM-3637 [45]

 

SP-1507SP-1507  HIT-2098HIT-2098 

 

5位 待ちわびて Serena V.Pallavicini - Musikus - G.Mescoli) 出版社 ARISTON < 1413>ジルダ・ジュリアーニ (vf) Gilda Giuliani (ARISTON – ARISTONAR-0587 [45]

 

AR-0587AR-0587  HIT-2101HIT-2101 

 

 

6位 二つの恋と一つの涙 Tu nella mia vita Lubiak - P.Minellono - U.Balsamo - Arfemo) 出版社 FAMA - DURIUM < 1295> ウェスとドリ・ゲッツィ (duo) Wess & Dori Ghezzi CIRCUS – DURIUMCNA-9335 [45]

 

CNA-9335CN・A-9335  JET-2187JET-2187 

 

 

7位 さいころに生きる男 L'uomo che si gioca il cielo a dadi R.Vecchioni) 出版社 CHAPPELL <1246> ロベルト・ヴェッキオ- (vm) Roberto Vecchioni DUCALE – FONIT CETRADUC- 240 [45]

 

DUC- 240DUC- 240  6025-0856025-085

 

8位 太陽の旗 La bandiera di sole F.Leali - V.Pallavicini) 出版社 ESEDRA - VITTORIA <1226 > ファウスト・レアーリ (vm) Fausto Leali PHILIPS – PHONOGRAM6025-085 [45]

 

 

9位 アモーレ・ミオ Amore mio P.Minellono - U.Balsamo) 出版社 PEGASO <1224 > ウンベルト・バルサモ (vm) Umberto Balsamo POLYDOR PHONOGRAM)) 2060-048 [45]

 

2060-0482060-048  AR-0585AR-0585   

 

10位ふたりだけの旅 Mi son chiesta tante volte P.P.Preti - G.Guarnieri) 出版社出版社ARISTON <1197> アンナ・イデンティチ (vf) Anna Identici ARISTON – ARISTONAR-0585 [45]

 

 

次回の入賞曲に続きます

 

 73年初参加のレコード会社は2社アルコバレーノ(Arcobaleno )、サン・マルタン(Saint Martin)です、S...は訂正・追補で再度掲載します。まずアルコバレーノから紹介していきましょう。

 

 アルコバレーノとは虹のことで、1960年にナポリで設立された小さな会社です。設立間もなく販路拡大のためにミラノに支店を出しました。

 

 Arcobaleno 1  Arcobaleno b   Arcobaleno (1973)

     60年代前半            60年代後半            70年代

 

 この60年代前半はナポリ地元の音楽を出しています。主な歌手は64年(第12回)ナポリ音楽祭で“無益に(INUTILMENTE)”、65年(第13回)ナポリ音楽祭で“あなたを愛するひと(UNO A TE VO' BENE)”で入賞したニーノ・ソプラノ(Nino Soprano)、他社所属時代に4度ナポリ音楽祭に出場したルチアーノ・ルアルディ(Luciano Lualdi)、ニーノ・マルレッティ(Nino Marletti)、ジャンニ・レストゥッチ(Gianni Restucci)、65年代後半になるとエンツォ・ヴィターレ(Enzo Vitale)が、そしてナポリ以外の歌手はエンリコ・ムジアーニ(Enrico Musiani)がいました。

 

 60年代末にはナポリの本社を閉め、ミラノに本拠地を移しました。アリストンがディストリビューターにしていた71年に、イヴァン・グラツィアーニ(Ivan Graziani)たちが結成したアノニマー・サウンド(Anonima Sound)がCBS、ヌメロ・ウーノを経て移籍し、シングルとアルバムを作りました。

 

 72年、60年代半ばサン・マルタンからデビューし中堅レーベルを渡り歩いていたリオネッロ(Franco Lionello)が移籍してきて、これを機にディストリビューターをリコルディに変更、73年サンレモ音楽祭の出場権を得ました。リオネッロの歌った“異国の女(Straniera straniera)”は15位ながら入賞を果たしました。メジャー・レーベルの寡占状態のなかマイナーが入賞を果たすことは、珍しいことでした。

 

 私の持つ資料も少ないのですが、このサンレモ音楽祭出場の事以降ネット上でもアルコバレーノに関する情報が無くなります。

 

                Lionello            Figlie del Vento       

                  リオネッロ (ARCOBALENO)             風の娘達 (CAR JUKE BOX)

 

 

 

・優勝・入賞曲と参加曲を含め全体を言う場合、出場曲と表現します。

・順位をつけない入賞曲の頭には""を、参加曲の頭には""を付けます。

・太字は国内盤で出ていた曲と歌手。

・サンプル音声ファイルは著作権侵害を避け、音声映像は貼り付けておりません。全曲聞きたい方はYou-Tubeを探してください。見つかることもあります。


プロフィール

cnz27hrio

Author:cnz27hrio
FC2ブログへようこそ! リンク切れの画像がある場合は、 http://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio をご覧ください。

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR